いいパパを目指すためにイクメンプロジェクトに参加しよう!

いいパパを目指すためにイクメンプロジェクトに参加しよう!

イクメンプロジェクト

イクメンプロジェクトというものがあるのをご存知ですか?厚生労働省が2010年から始めている取り組みの一つです。イクメンとは育児に積極的に参加する男性(メンズ)のことを「イクメン」といい、積極的に子育を楽しみ自らも成長していくパパのことを指します。

長妻昭元労働大臣が少子化を改善するために「イクメン、家事メンという言葉を流行らせたい」と国会で発言したことにより、男性の育児休業取得促進や子育て参加などを目的とした「イクメンプロジェクト」を始動。その後「イクメン」という言葉が浸透しました。積極的に育児をしていると公言するタレントも現れ、「イクメン」は2010年の流行語大賞トップ10に選ばれるほど言葉が浸透しました。

2010年に発足したイクメンプロジェクトってなに?

2010年6月に発足した「イクメンプロジェクト」ですが、一体どのようなプロジェクトなのでしょうか?

イクメンプロジェクトとは・・・世の中に育児に積極的に参加するイクメンが増えれば、妻であるママの生き方や子ども達の可能性、家族のあり方が変わり、社会全体ももっと豊かに成長していくという思いで、スタートしたプロジェクトです。

現在「育児休業を取得したい」と希望している男性が約30%いるのに対して、実際の取得率はわずか2.30%と言われています。厚生労働省としては、育児休暇取得率を2017年度には10%に、2020年度には13%に増やしていくことを目標とし、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の実現に取り組んでいくことを大きな目標として掲げています。

イクメンプロジェクトの目的って何?

上でもお話したようにイクメンプロジェクトの目的は、男性の「ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の実現」です。

日本は、他の先進国と比べてみると男性が家事・育児に参加する時間は、世界から見てもダントツで短いと言われているのをご存知でしょうか?昔の日本では、仕事をしている女性自体が少なかったので「家事・育児は女性の仕事」という風にとらえられてきました。

現在の日本では仕事と家庭を両立してる女性の方が圧倒的に多いのですが、昔のイメージだけがそのまま残り「家事・育児は女性の仕事」だと考えている男性もまだまだ多いのが現状なのです。この事で女性側が「子どもを作ると(仕事・家事のほかに)負担が増えるので面倒」「仕事をやめなければいけない」というイメージがついてしまっているために少子化が進んでいるとも言われているんですよ!

もしも、奥様が一人目以降お子様を欲しがらない場合は、パパが家事・育児に積極的でない事が問題になっているとも言われています。

一人目のお子様を産み、育ててみてパパが家事・育児を一切手伝ってくれず、ママが一人で仕事・家事・育児を背負っているという場合に、ママは子どもを増やしたくない(負担を増やしたくない)と考え、子どもが増えないとも言われています。

少子化が問題視されている今だからこそ、男性・女性共に生活スタイルを考え直してみることが大切なのです。男性に育児や家事に積極的に参加してもらい、仕事をしたいママを応援したり、共働きのママの負担を減らすための対策を考えようと立ち上げたのが、この「イクメンプロジェクト」なのです。

実際にどんなことをやっているの?

男性にも育児に積極的に参加してもらう為に、男性の育児休暇取得を推奨したり、男性用の育児手帳(父子手帳)を交付したりしています。イクメンプロジェクトの大きな一歩として、2010年6月にはパパ・ママ育児休業プラスという新制度を施行しています。パパ・ママ育児休業プラスについてはこちら

以前ご紹介した記事「パパも育児に役立つ父子手帳を持とう!」も、イクメンプロジェクトが関係しているものなんですよ!パパも育児に役立つ父子手帳を持とう!

他にも、イクメンプロジェクトのホームページ内で、イクメンパパさんの生活スタイルの紹介やインタビューなども掲載していますし、ワーク・ライフ・バランスを考えるための冊子などもダウンロードできるようになっています。

「男が家事・育児なんかやってられるか!」という、大正や昭和の時代から見ると、以前よりは男性も少しずつ家事に参加してくれる時代になっています。次は、男性が育児に積極的に協力していく時代がくるでしょう。そのときに、世の中の女性たちは自身の負担が減り、仕事や子どもを産むことに対してもっともっと積極的になっていくと思います。

男性は多くのプレッシャーやストレスにさらされており、仕事も忙しく大変である事は分かりますが「自分だけが毎日大変な思いをしている」と自己中心的な考え方にはならないようにしましょうね!ママ達だってとても大変なんですよ。結婚して、奇跡的に二人の愛の証である我が子を授かったのであれば、ママだけに育児を押し付けるのではなくパパ自身も子育てに積極的に参加して、わが子を育てることの楽しさを見出してくださいね♪

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?