妊娠後期に入ったら飲み会や外出は控えよう!

妊娠後期に入ったら飲み会や外出は控えよう!

妊娠後期に入ったら飲み会や外出は控えよう

いよいよ赤ちゃんが誕生するまでの日が迫ってきました。初めてパパになるという方は、不安や緊張した日々を過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この時期は、「パパになる自覚が芽生えない」「どうやってパパになったらいいのか分からない」と不安になる方が多いようなのですが、赤ちゃんと触れ合ううちに徐々にパパとして成長していけますので、心配しすぎないようにしましょうね!ただ、どんなパパになりたいかという理想だけはもっていて欲しいとおもいます。

さて、話がずれてしまいましたが・・・パパ達と同じように緊張した日々を送っているのがママ達です。特に出産経験のないママにとっては「これが陣痛なの?」「これは破水なの?」と分からないことだらけで、出産予定日が近づくにつれて色々な事で悩んでいます。

「え?陣痛なのかどうか分からないなんてあるの?」と思ってしまう男性が多くいらっしゃるようですが、実は臨月に入ると「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」と言って、本物の陣痛と同じように強い腹痛に襲われる事があります。

その、前駆陣痛は1度だけでなく、出産までの間に何度か起こる事があります。なので「どうせ今回も前駆陣痛だろう」と油断していたら、病院に向かう車の中で出産してしまった・・・なんて話もあります。それくらい陣痛に似た強い痛みを伴うんです。ほとんどの妊婦が経験、前駆陣痛ってなに?

なぜ、このような話をするかと言うと、妊娠後期はこのように、陣痛のような痛みや破水のような症状などで緊急で産院へ駆け込む事が増えてきます。そんな時にパパが友人や同僚などとお酒を飲んでおり、ママからの電話に気づかなかったり、気づいたとしてもお酒を飲んでいるので運転が出来なかったりする場合があるとママがとても困ってしまうんです。毎晩のようにお酒を飲みに行くという方は、ママが妊娠後期に入った頃からは飲みの席を減らすようにしましょうね!

実は意外と多いパパの失敗・・・

実は、お酒を飲んでいたり、友人と出かけている時にママからの電話に気がつかなかったという事がとても多いようなんです。ママに陣痛の兆候があらわれ、パパに電話するも電話に出ず・・・。ママが一人でどうにか入院の準備をすませ、タクシーに乗り込み、病院に行くと、そのまま分娩台に乗せられてしまい出産。パパが家に帰るとママがおらず、ママに連絡すると、数時間前に我が子が誕生していたという話が意外と多いんです。

ママとしては、初めての出産だからと立会い出産を希望していたり、立会い出産でなくても分娩室の前で待っていて欲しいなど、誕生の瞬間を一緒に喜びたいという希望があったかもしれないのに、結局はパパと連絡が取れず、心細いまま一人で出産してしまったという方がいらっしゃるんですよ。ママにとっては人生の中で結婚と同じくらいの一大イベントです。そんな人生で一位、二位を争うくらいの大イベントを「一人で出産した」「パパが飲みに行っていた」なんてことになったら、ママとしては一生引きずってしまうくらいのショックを受けてしまいます。

「じゃあ、お酒を飲みに行くなっていうの?」と思うでしょうが、そうではありません。もしも飲みに行かなければいけないような状況であれば、早めにママに連絡し、かならず着信に気づくような状態にしておきましょう。また、周りの方には奥さんの出産が近いと言う事を伝えておき、もしもの場合は飲みの席を抜けるという旨をしっかりと伝えておきましょう。早い段階でママから「お腹が張っている」という連絡が来た場合は、夜に病院へ連れて行く可能性があるのでお酒を飲まないなどの工夫をしましょうね!

出産を夫婦で一緒に乗り越えるためにも、日ごろからママとのコミュニケーションをとっておきましょう!パパとしても、急にママから「産まれそう!」と連絡がきても焦ってしまいますよね!体調に不安がある時や、出産の兆候がある時、病院にいく可能性がある時は、早い段階で連絡するようにママにお願いをしておきましょう!

ストレス社会で一生懸命お仕事をしているパパ達にとっては息抜きやストレス発散の時間を削られるのは、とても面白くない話ですよね!ですが、ママ達はやりたい事・食べたいもの・飲みたいものなどを10か月も制限されているのです。そして、ママ達は赤ちゃんが1歳になる頃まで母乳をあげますので、飲みたいものや食べたいものなどの制限は出産後も続いていきます。約2年以上も、ママ達は欲求を我慢していくこととなるので、パパ達は「自分だけ楽しいことを我慢させられている」という風に考えないようにしましょうね!

出産の際に一番となりにいて欲しい人は愛するパパですし、生命が産まれる奇跡の瞬間に、しっかりと夫婦で挑んでいただきたいです。10か月もの間、お腹の中で赤ちゃんを大切に育て、頑張ってきたママに、出産の際は寄り添い、赤ちゃんが産まれたらねぎらいの言葉や感謝の言葉をかけてあげてほしいと思います。

パパになる事の不安やストレス、ケンカが増えた生活・・・幸になれるのか・・・そんな悩みや不安を抱えているパパは以下をご覧下さい。ママとパパに贈る家族という事

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。