ママ達が日々行っている家事・育児を給料に換算してみると年収○○万!?

ママ達の働きを計算してみると年収○○万!?

ママ達の働きを計算してみると年収○○万

ママ達が、当たり前のようにこなしている家事・育児ですが、実際にお給料制として考えたときに、どのくらいの賃金が支払われる事をこなしているのかを知っていますか?

米国の求人・求職情報提供会社「salary.com」が毎年母の日に試算して発表しているんです。そこで発表されている金額ですが・・・なんと主婦・育児業は【年収1200万円】という額に相当するといわれているんです。

ママ達が当たり前のようにこなしている主婦業を家政婦さんを雇ってやってもらうとしたら・・・。また、ベビーシッターさんを雇って育児をやってもらうとしたら・・・。家政婦やベビーシッターを雇ったと考えて計算していくのです。

もちろん、企業と同じように考え、勤務時間が8時間を越えた時間からは、残業割増や深夜割増にあたるので3割増で計算します。

そして、ご存知の通り、家事・育児は365日休みがありません。そのため、休日出勤の加算もつくと考えていきます。

このように計算した結果、ママ達が当たり前のように(賃金なく)やっている事を、試算してみると【年収1200万円】に相当するということが分かったんです。ママ達が当たり前のようにやっている事は、決して当たり前の事ではなく、家族の事を思って、やっている事なんですよ。そこは忘れないようにしましょうね!

ママにどんな言葉をかけてあげたらいい?

パパ達は、家事・育児を毎日こなしているママの気持ちを一番に考え、寄り添ってあげるようにしましょう。パパだって「仕事をするのは当たり前!家族を養うのは当たり前!」と言われたら、当然いい気持ちはしませんよね。でも、どんな言葉をかけてあげるといいのか分からないと言うパパ。一番簡単なのは自分が言われて、嬉しい言葉をかけてあげるといいんです。

  • 「いつもありがとう」
  • 「ママのおかげで助かっているよ」
  • 「いつも大変だと思うけど、僕や赤ちゃんのためにありがとう」

ママが精一杯頑張っていることを認めてあげましょう。たった一言だと感じますが、その一言があるのと、ないのとでは全然違います。

パパが仕事で忙しく、育児に参加できなくても、ママの努力や苦労、日々の大変さをパパがしっかりと見てくれている・評価してくれている・それを言葉にして言ってくれる・・・というだけで、ママ達は「明日もまた頑張ろう!」と思えるんですよ。

日ごろから「ありがたい」「ありがとう」と心の中で思っていても、言葉にしなければ伝わりません。ねぎらう気持ち、感謝の気持ちは日頃から言葉にして伝えるようにしましょう。夫婦の間で「何かをして当たり前」ということはありません。感謝の気持ちを持ち、お互いを尊重しあい、お互いが最大のよき理解者になるといいでしょう。ママの気持ちを察し、思いやる気持ちを伝えることで、夫婦の信頼関係も深まりますよ♪

あわせて以下もお読みください。

人間関係トレーナー 高島大先生のコラム

子育てをする全てのパパママへエールを込めて目には見えない奥さんのファインプレー

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク