【ベビーサイン協会が教える】赤ちゃんができるようになったベビーサイン(食べ物・飲み物編)

ベビーサインのお教室に通ってくださった生徒さんのアンケートをもとに、赤ちゃん達が実際に覚えて使ってくれたベビーサインをカテゴリー別に紹介します。

今回は、「食べ物・飲み物編」です。

【おっぱい。ミルク】のサインはどの赤ちゃんにも重要なサインなので、今回はそれ以外でランキングをつけました。

赤ちゃんができるようになった「食べ物・飲み物」サイン

第5位 おやつ

(アメリカ手話:開いた片手のひらの指先を軽く曲げたもう一方のてをあてて、クルクル回転させます。クッキーの型を抜く感じです。)

ちょっとお腹がすいた時に、ぐずらないで赤ちゃんが教えてくれるととっても助かります。

第4位 お茶


(アメリカ手話・日本手話共通の【飲む】の手の動きを代用しましょう。コップを持って飲む仕草です。)

夜のどがかわいちゃって寝られない…ってこと、赤ちゃんにもあるんですね。
そんなときにこのベビーサインがあると、ママもすぐに対応できてとっても助かります。

第3位 イチゴ


(日本手話:片手で鼻の頭を触る仕草)

季節のくだものですが、食べやすくおいしいので赤ちゃんたちが大好きな果物の一つですね。
手の動きも覚えやすくて簡単です。

第2位 リンゴ


(アメリカ手話:人差し指を伸ばして軽く握り、指先を曲げて頬にクルクルあてる)

離乳食からよく使う食材ですね。
絵本などにも出てくるので赤ちゃんたちが覚えて使える頻度も高いくだものです。

第1位 バナナ


(日本手話:片手でバナナを握り、もう一方の手で皮をむく仕草です)

堂々の1位は赤ちゃんたちの離乳食の定番=バナナ。
栄養価も満点でママたちの救世主的存在ですね。
手の動きが少し難しいですが、頑張って覚えてでも使いたい!と赤ちゃんたちも思うサインなんですね!

スポンサーリンク

食べ物サインを見せていく基本的なスタイル

赤ちゃん達は食べることが基本的に大好きです。

お食事のときに、おやつのときに赤ちゃんにその食べ物を食べさせる前に、まずは食べさせるものを見せながら

「さあ、今から【バナナ】食べるよ!」
「この【おやつ】食べたい?」

など問いかけをしてみましょう。

自分からベビーサインがまだできなくても、ちゃんと言葉の意味と手の動きを理解している段階まできていると、とってもうれしそうな表情で答えてくれると思います。

ただ、お食事のときに、おなかがすき過ぎてしまうとベビーサインも見ている余裕もなくご機嫌が悪くなることも。

そんなときにはベビーサインを見せることをあきらめて、さっさと食べ物を口元へ運んであげるとよいですね。

お食事のとき以外にも、絵本の中で見せることもできます。

お洋服やプレートの柄として見つけたら、そんなときにもすかさずベビーサインを添えて見せてあげてください。

あっちにもこっちにも大好きな食べものがいっぱい!とうれしくなりますね。

こんなやり取り遊びもお勧めです

1歳半ごろになると歩行がしっかりしてくるので、立って歩くという事以外に興味関心が移るようになります。

そんな時期の赤ちゃんたちは、大人のやることを実によく観察して、大人とやり取り遊びをすることをとても楽しむようになります。

お家に、プラスチックや木のくだものや食べ物のおもちゃがあれば、果物や食べ物のベビーサインに加えて、【ちょうだい】や【ありがとう】のベビーサインを見せながらやり取り遊びを楽しみましょう。

赤ちゃんにリンゴのおもちゃをもたせて、ママが【ちょうだい】と言いながらジェスチャーを見せます。

最初はなかなかママに手渡してくれないかもしれないけど、徐々にわかってきて楽しめるようになります。

渡してくれたらママは【ありがとう】とアメリカ手話の投げキッスをして受け取りましょう。

今度は、赤ちゃんに【リンゴ】どうぞと言いながらベビーサインを添えて、リンゴを渡します。

赤ちゃんが受け取ったら、【ありがとう】って言うんだよね!とベビーサインを添えて教えてあげましょう。

この繰り返しです。
赤ちゃんはくり返しが好きなので、飽きるまで付き合ってあげてくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー