傷病手当金の金額と対象者について

傷病手当金とは?

傷病手当金とは、妊娠して産休に入る前に病気やケガなどで連続4日以上お仕事を休んでしまい、その分の給料が出ない場合に健康保険から給料の2/3が支給される制度です。支給期間は4日目から最長1年6ヶ月です。休んだ期間が3日以内の場合は、支給の対象外となりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

傷病手当金の受給対象者とは?

勤務先の健康保険(共済組合)に加入していて、連続で4日以上休んでいることが条件となります。パパの扶養に入っていたり、国民健康保険に加入している場合は対象外となるので注意してください。

妊娠中だと切迫早産や、つわり(重症妊娠悪阻)、流産、妊娠高血圧症候群、子宮頸管縫縮術など、入院や自宅での安静が必要だとお医者様に診断された場合に傷病手当金の対象となります。

※子宮頸管縫縮術とは・・・頸管無力症などで子宮口が開いてしまうのを予防するために子宮口を縫合する手術のことです。頸管無力症についてはこちら

金額はいくらもらえるの?

休職中に職場からお給料が出ない場合、4日目以降から日給の2/3相当の金額が日数分が支給されます。

傷病手当金の金額

休職中にお給料を貰っている場合には、傷病手当金は支給されませんので注意しましょう。ただし、傷病手当金の額よりお給料の方が少ない場合は、その差額が支給されます。

手続きはどうしたらいいの?

休業から4日目以降2年以内に必要書類を集めて勤務先の担当の方へ提出、または健康保険組合などに提出します。

必要な書類は、下の通りです

  • 傷病手当金支給申請書
  • 出勤簿の写し
  • 賃金台帳の写し

※傷病手当金支給申請書は、健康保険組合などのホームページからダウンロードする事ができます。この方法で入手する事が出来ない場合は職場で申請書を準備してもらえないか確認してみましょう。

傷病手当金支給申請書を入手したらお医者様に必要事項を記入してもらいましょう。その際に注意しておきたいのが、休職した日付の記入です。傷病手当金の支給は休職して4日目以降からが対象となりますので、休業初日の日付をお医者様に記入してもらわなければいけません。

傷病手当金の対象期間

間違えて支給対象となる4日目の日付を記入してしまうと、その日が休業初日とみなされていまい、3日分が支給対象外となり3日分損をしていまいますので気をつけましょう。

マイナンバー制度についての注意点

2016年からマイナンバー制度が導入されました。そのため、平成28年1月以降の傷病手当金の申請については、マイナンバーの個人番号を提出しなければいけません。中にはマイナンバーを受け取り拒否をしたママもいらっしゃるかもしれません。そのような場合は、住民票がある市区町村役場へ行き、マイナンバーの再発行を依頼するようにしてください。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク