粉ミルクの種類を画像付きで解説

豊富な種類の粉ミルクと飲料を詳しく解説!

ほほえみらくらくキューブの特徴は、なんといってもスプーンの軽量無しで簡単にミルクを作れてしまう事です。添加物を何も加えず、明治ほほえみをそのまま固めました。顆粒タイプと同じ栄養成分なので、一緒にお使いいただけます。
赤ちゃんにとって最良の栄養は母乳ですが、母乳が足りないときに「いままでのミルクでいいのかしら。」「ミルクアレルギー疾患用のミルクはどうかな?」などで悩んでいるママ・パパが安心していただける育児用ミルクです。大きなたんぱく質はミルクアレルギーの原因になることがあります。「E赤ちゃん」はこの大きなたんぱく質を、すべて小さなたんぱく質「ペプチド」にし、消化吸収に配慮しています。(ただし、ミルクアレルギー疾患用ではありません。)
母乳研究と最新の乳児栄養の知識にもとづいてつくられた育児用ミルクで、母乳の成分とバランスに近づけて作られています。
良質な牛乳乳清たんぱく質を酵素分解するとともに、乳糖を含まない、風味と溶けのよさを実現したミルクアレルギーの赤ちゃんのための粉ミルクです。乳児の成長・育成に必要な脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルを消化吸収しやすい形でバランスよく配合しています。
満9か月頃になると、離乳食も3回食が始まり、栄養の中心は母乳や育児用ミルクから離乳食へと移ってきます。この成長期には、各栄養素をバランスよく補ってあげることが大切です。ぐんぐんは、牛乳では不足しがちな鉄やビタミンC、ビタミンDを豊富に含みますので、3歳頃までの栄養補給に適したフォローアップミルクです。栄養をバランスよく補給します。
育児用ミルクや牛乳などを与えた時に下痢や湿疹などの症状が出る乳幼児にお使いいただけます。アレルギー性を著しく低減した良質の乳たんぱく質消化物とアミノ酸を配合し、母乳のアミノ酸バランスに近づけています。※ニューMA‐1は、医師に牛乳たんぱく質の摂取制限を指示された場合に限り、必ず医師、管理栄養士等のご指導に従ってお使いください。
「ビーンスタークすこやか」は、母乳が足りないときや与えられないときに母乳の代わりにお使いいただくために作られたミルクです。母乳に近づけるため、最新の母乳研究をもとに、「リボ核酸」「シアル酸」「DHA」「ヌクレオチド」「母乳オリゴ糖(ガラクトシルラクトース)」など母乳に含まれている成分を配合しています。
満9ヵ月頃からのすくすく成長していく時期に必要な鉄分など、離乳食では不足しがちな栄養素を、おいしくバランスよく、補給することができます。

その他のベビー用飲料

ベビー用の麦茶で、ノンカフェインです。対象年齢は1ヶ月頃からです。
飲みきりサイズ125ml×3個パック。おふろあがりやおでかけの後、汗をかいた時などに。赤ちゃんの体液と同じ浸透圧で、失われた水分や電解質を体内にスムーズに吸収します。対象年齢は3カ月頃からです。
りんごと、7種類の野菜(にんじん、トマト、アスパラガス、赤ピーマン、黄ピーマン、かぼちゃ、ほうれんそう)をブレンドした香料、食塩、砂糖無添加の飲料。対象年齢は7カ月頃からです。
にんじん汁50%、りんご果汁50%の香料・食塩・砂糖不使用飲料です。対象年齢は7カ月頃からです。
注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク