プラノバールを飲んで吐き気が…これって副作用?生理こないのはなぜ?

「プラノバール」というホルモン剤の名前は、聞いたことがある方もいるでしょう。
プラノバールは月経のトラブルや、不妊治療などにしばしば用いられる薬です。

効果や副作用の有無、また飲みかたなどは十分に理解しておく必要のある薬です。

そこで今回はプラノバールの基本や、服用することでどんな副作用があるのか、また服用中の注意点などについてご紹介します。

プラノバールってなに?


では、そもそもプラノバールとはどういった薬なのでしょうか。

プラノバールには、「プロゲステロン」といわれる黄体ホルモン「エストロゲン」という卵胞ホルモンが配合されているホルモン剤です。

黄体ホルモンは、妊娠するためには不可欠なホルモンであり、受精卵が着床しやすいよう子宮内環境を整える作用のあるホルモンです。

また卵胞ホルモンとはその名の通り、卵胞の成長を促したり、基礎体温を上げたり、受精しやすくするため子宮内膜を厚くしたりと、妊娠するために必要なホルモンです。

このふたつのホルモンは女性の月経周期や排卵リズムに、直接働きかけるホルモンです。

そのためこれらのホルモンが正常に分泌されることが、妊娠するための条件ともいえます。

プラノバールは、このふたつのホルモンバランスを人工的にコントロールできる薬です。

不妊治療にはもちろんのこと、月経不順やその他の月経トラブルを改善するために用いられています。

この記事もチェック!

プラノバールを飲んで得られる効果とは?


プラノバールを服用すると、どのような効果が得られるのでしょうか。

プラノバールは生理周期をコントロールできる

大切なイベントごとが控えている場合、生理と重ならないか心配になった経験は女性ならばどなたもあるでしょう。

プラノバールはそういった場合に、生理周期を遅らせたり、逆に早めたりとある程度コントロールできます。

服用している間は排卵を抑制するため、飲み続けている間は生理が来ないのです。

もちろんいつまでも延長しつづけることは難しいので、イベントが終わったら服用をやめましょう。

服用をやめると3~4日で生理が来ます。

その逆に、生理を早める方法もあります。
次回の生理が来る前から飲み始め、イベントの日より前に生理を終わらせるわけです。

いずれにしても、初めてプラノバールを服用する場合には、医師からアドバイスをしっかりもらうようにしましょう。

プラノバールは不妊治療にも

プラノバールを服用すると、過多月経などの生理不順や卵巣機能不全、月経困難症といった不妊症の原因となるような症状を改善することに繋がります。

ホルモンバランスを整えることで、子宮内環境をよくする効果も期待できます。

子宮環境が整うと、正常に卵子が形成され、精子も入り込みやすくなるので、受精しやすくなるのです。

また、女性が生涯のうちに作ることのできる卵子の数は生まれながらにして決まっており、高齢になると卵子の数は減っていきます。

そのため、卵子を温存するために、一時的に生理を止める措置をとることも稀にあります。

このように、プラノバールは生理や排卵作用に直接働きかけるため、不妊治療に用いられます。
ただし、不妊治療で服用する場合、身体の状態は個人差があるので医師の指示を守りましょう。

この記事もチェック!

避妊効果もある

プラノバールは排卵をしないようにコントロールすることができるため、しばしば避妊薬としても使われます。

排卵しなければ受精もできないので、妊娠する可能性を下げられるのです。

しかし、飲み続けていることが前提なので、飲み忘れなどがあった場合には妊娠の可能性も必然的に上がってきます。
避妊目的での服用の場合は、用法をきちんと守ってくださいね。

この記事もチェック!

プラノバールに副作用はある?

次に、気になるプラノバールの副作用について説明していきます。

一般的にみられる副作用は?

プラノバールには女性ホルモンが配合されており、人工的にホルモンバランスを変化させることができると説明しました。

そのため、どうしてもホルモンバランスが変化するので、副作用が起こることはよくあります。

ただ、服用のリズムに身体が慣れてくると、だんだん副作用は現れにくくなります。
初めて飲むという方は、多くの人が副作用を経験するでしょう。

では、どのような副作用があるのでしょうか。

    【副作用としてみられる症状】

  • 吐き気や嘔吐
  • 胸の張り
  • 身体のほてり
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • お腹の痛み
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 眠気
  • 食欲不振
  • 倦怠感がある
  • おりものが増える
  • めまい、息切れ

以上のような症状が多くみられます。
これらの副作用は一般的な症状なので、服用を止める必要はありません。

続けているうちに副作用は軽くなるとはいえ、あまりにひどい場合には医師に相談しましょう。

注意すべき副作用は?

先に述べた副作用は一般的なもの、ホルモンバランスの変化が影響していることがほとんどです。
そのため心配はいりませんが、服用時に注意すべき副作用がひとつあります。

プラノバールを服用することで「血栓症」のリスクが、服用しない場合よりも高まります。

血栓症とは、血液中に血栓ができて、血管が詰まってしまう症状をいいます。
このことにより、手足がしびれたり、激しい頭痛、意識が朦朧とするなど重大な症状がでることもあります。

血栓症は血管が詰まってしまうため、最悪の場合には脳梗塞や心筋梗塞に繋がり死に至る可能性さえあるのです。

そのため、血栓症と思われる以下のような症状が出た場合には直ちに医療機関を受診するようにしてください。

  • 足の突然の痛み・腫れ、脱力・まひ
  • 突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み
  • 激しい頭痛
  • 舌のもつれ・しゃべりにくいと感じる
  • 突然の視力障害

また、血栓症のリスクを下げるため、服用中の喫煙はなるべく避けるようにしましょう。

吐き気はいつまで続くの?

プラノバールの副作用でもっとも多い症状は吐き気でしょう。

軽いものであれば、数日で体が慣れてくることもあります。
一般に2~3周期分を服用し続けると副作用は起こらなくなるようです。

また、就寝前に服用し寝ている間に吐き気のピークが過ぎるように工夫もできます。

程度は個人差があるものなので、日常生活に支障をきたすほどひどい場合には、医師に相談したうえで服用を中止することもあります。

医師によっては吐き気止めを処方してくれる場合もあるので、かかりつけ医師のアドバイスを受けましょう。

プラノバール服用中、こんなときはどうする?


プラノバールが初めての方は自分の身体に起こる変化や、症状に不安を覚えることもあるでしょう。
ここでは、服用中のトラブルについて解説します。

飲み忘れてしまった!

プラノバールは毎日、継続して服用しなければならない薬です。
しかし、外出していたり、仕事が忙しいと飲み忘れてしまうこともありえます。

プラノバールはよく低用量ピルと勘違いされやすいのですが、低用量のものほど厳守ではありません。
そのため、プラノバールの場合は飲み忘れに気が付いた時点で服用するか、1回分スキップして、次の服用時間に飲むようにしましょう。

飲み忘れたからといって、2回分をいちどに服用することは避けましょう。
身体に負担をかけ、副作用が強く出る場合もあります。

また、2~3日以上飲み忘れてしまった場合は、排卵が起こり生理がくることもあるため、産婦人科医に相談してくださいね。

服用をやめたのに生理がこない!

プラノバールを服用している間は、排卵が起こらないので生理も来ないことを説明しました。
服用を止めたら血液内のホルモン量が減るので、生理がくるようになる仕組みです。

そのため、服用をストップしてから通常3~4日で生理がくるのが一般的です。
ただし、個人差があるため1週間程度は様子をみてもいいでしょう。

それでも来ない場合には、病院で相談しましょう。
排卵誘発剤などできっかけを与えて、生理周期がもとに戻ることがほとんどです。

太りやすくなった!

プラノバールを服用して太ったという話を耳にすることがあります。

これは副作用ではなく女性ホルモンの特徴からくるものです。

女性ホルモン自体に、水分を含んだり脂肪をため込みやすい性質があるため、女性ホルモンが体内に増えることで、むくみなどを感じやすくなります。

服用を止めると、女性ホルモンの量も正常になるので、さほど気にならなくなるでしょう。

おわりに


プラノバールの服用は、一定期間、毎日継続しなければいけなかったり副作用とうまく付き合っていかなければなりません。

しかしプラノバールによって、女性特有の月経や排卵リズムを整えることができるので、女性にとっては強い味方ともなるでしょう。

使用前には目的に合わせて医師に質問し、よく理解したうえで使用しましょう。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク