【妊娠12週】出血や腹痛はある?お腹の大きさは?流産の確率は?

妊娠12週は妊娠4ヶ月の最初の週にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠12週は検診の方法や、流産時の処置方法が変わったり、出生前診断が可能となります。
母子健康手帳はこのころまでに交付してもらいましょう。

妊娠12週目のママの変化

体内のホルモンバランスが安定して上がっていた基礎体温が徐々に下がり、熱っぽさやだるさが解消されてきます。

つわりの症状が緩和

個人差はありますが、12~16週の間につわりが治まる人が多いようです。
まだつわりが続いていても、あともう少しの辛抱です。

少しお腹がふっくらしてくる

個人差はありますが、このころからお腹が膨らんできて、衣類がきつく感じるようになる人もいます。

マタニティーブラジャーやマタニティウェアを用意して着用しましょう。
わざわざマタニティウェアを買うことにためらいがある場合は、普段よりワンサイズ大きい服でも代用可能です。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 12週目の体重
    48.7kg
  • 妊娠前からの増加体重
    200g
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 12週目の体重
    48.8kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -6kg
  • コメント
    8w~12wあたりまでつわりで吐き続けでした。

妊娠12週目の赤ちゃんの変化

このころになると、だいぶ赤ちゃんらしい姿になってきます。

平均的な赤ちゃんの大きさは中指の第二関節くらい

この時期の赤ちゃんの平均的な大きさは、50~70mmで、体重は15~20gほど。
だいたい成人女性の中指の第二関節くらいの大きさです。

さまざまな臓器や器官が完成に近づく

胎盤が完成に近づきます。
実際に完成するのは15~16週ごろです。

すでに機能を開始している心臓・肺・腎臓・脳などに加えて、消化器官や肝臓・脾臓も機能し始めます。

鼻・口から肺までの気管ができあがり、羊水を飲み込んで呼吸の練習をはじめます。
膀胱が発達することで、飲んだ羊水をおしっことして排出することも。
羊水の中は無菌状態なので、それを飲んで排出した尿にも衛生的な問題はありません。

歯のもとや声帯まで作られています

乳歯のもとが完成し、さらには永久歯のもとまで作られ始めます。

赤ちゃんの歯には、お母さんの栄養状態や健康状態が大きく影響します。
カルシウムなどの栄養をきちんと摂取することを心掛けましょう。

すでに声帯が作られ、出産時に声を出す準備をしています。

見た目が赤ちゃんらしくなってくる

透明だった皮膚は、不透明になり、厚みを増して丈夫になってきます。

顔の造形がこまかくなってきて、エコー写真赤ちゃんの耳が見える場合がありますが、まだ音は聞こえません。

聞こえるようになるのは16週過ぎごろといわれています。
眉毛やまつげ、産毛などが生えてきます。

性器の形成が始まり、早い人だともう赤ちゃんの性別が分かることも。

エコー写真のココをチェック

エコー写真の主な記号の意味は次の通りです。

  • BPD(児頭大横径):頭の一番長い横幅
  • APTD(腹部前後径):お腹の前後の長さ
  • TTD(腹部横径):お腹の横幅の長さ
  • FL(大腿骨長):太ももの骨の長さ

今後は検診ごとに太ももの骨の長さであるFL(大腿骨長)をチェックすることで、赤ちゃんの成長を具体的に確認することができます。

検診の方法が変わります

1~2週間に1回だった診察が月1回になります。

お腹(下腹部)の上から機械をあてて広範囲を診る経腹超音波(エコー)検査が始まります。
お腹を出しやすいセパレートタイプのゆったりとした服装がおすすめです。

子宮底長を測れるようになり、巨大児・羊水過多・発育の遅れなどの胎児の早期異常を発見することができます。
子宮底長とは、恥骨の上から子宮の1番上までの長さのことで、測り方は仰向けに寝た状態でメジャーで測るだけと簡単です。

最近ではエコーからでも大きさが測れるようになったので、病院によっては子宮底長を測らないこともあります。

また、内診後に出血があった場合は出血量は少なく一両日中に収まることがほとんどのようです。
出血量が多かったり、腹痛がひどくなったり、血液の色が黒いというような場合はすぐに受診してください。

妊娠12週目のマイナートラブル

子宮が大きくなったり、ホルモンの分泌によってマイナートラブルが起こることがあります。

トイレが近くなる

子宮の大きさがグレープフルーツ大の大きさにまで成長し、膀胱が圧迫されることでトイレが近くなります。

トイレを我慢すると膀胱炎になってしまうことがありますので、尿意を感じたら我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

便秘になりやすい

妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されます。
このホルモンは子宮内膜の維持や乳腺の発達に作用するいっぽう、胃や腸の働きを鈍くする作用があります。

そのため、便秘になりやすい状態になります。
水や食物繊維を多めに摂るようにしたり、体調のいい日は散歩などの軽い運動で腸の動きを活発にして便秘を防ぎましょう。

腰痛が起きやすい

妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

リラキシンは卵巣、子宮、胎盤から月経前と妊娠3ヶ月頃~産後数日まで分泌される女性ホルモンの一つで、恥骨結合という部分を緩める効果があります。

恥骨結合を緩めることによって骨盤が開き、赤ちゃんの頭が骨盤を通る為のスペースを作り出して出産をスムーズに行えます。

リラキシンは恥骨結合部分以外にも、さまざまな関節部分を支えるじん帯を緩めます。

腰痛の予防・改善には日ごろの適度な運動とストレッチを行い、筋肉を柔らかくし、血行促進させると効果的です。

オススメしたい寝るときの姿勢

お腹が大きくなってきて、寝返りを打ちにくくなると腰痛悪化の原因になることも。
就寝時は身体の左側を下にして横になり、左足はまっすぐ伸ばして、右足を軽く曲げるシムスの体位で寝るのがおすすめです。

抱き枕があるとこの姿勢がとりやすくなります。

背中の筋力の不足により腰痛が起きる場合もあります。
立っているとき、座っているとき共に正しい姿勢をキープすることで身体を支える筋力がついてきます。

なかには妊娠が原因で、座骨神経痛を発症してしまう人もいます。
体重増加を緩やかにすることと適度な運動をすることが予防につながります。

肌トラブルやかゆみが起きることも

妊娠中は新陳代謝が活発になり、皮脂が過剰に分泌されてニキビやかゆみなどが出る人もいます。
毎日お風呂に入って清潔にしましょう。

女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)による色素沈着作用で、顔などにシミができやすくなったり、乳首や乳輪が黒ずむことがあります。

産後はほとんど元に戻りますので、気にし過ぎないようにしましょう。

鉄欠乏性貧血に注意

妊娠中は、赤ちゃんと胎盤の成長のためにより多くの鉄分が必要となり、鉄欠乏性貧血になる可能性が高まります。

めまいや動悸、疲れやすいなどの症状には注意が必要です。
食事で十分に鉄分が摂れない場合は、鉄剤やサプリもありますので、かかりつけ医に相談してください。

妊娠12週目で気をつけたいこと

そろそろ体重管理や妊娠線ケアなどが必要になります。
胎盤が完成に近づき流産の可能性は低くなりますが、気をつけなければいけないことがあります。

体重管理が始まります

急激に体重が増えると、腰痛が悪化したり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症のリスクも高まります。

また、脂肪がついて産道に狭くなってしまうと、お産が長引いたり、産道のまわりの組織が傷つきやすくなったりします。
とはいえ無理な食事制限などは赤ちゃんに十分は栄養を届けることができなくなってしまいますので、無理なダイエットはNGです。

妊娠前のBMI値で体重増加の範囲は決まります。

BMIの求め方
妊娠前の体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

BMI18.5未満の場合は9~12kg程度、BMI18.5~25未満の場合は7~12kg程度、BMI25以上の場合は5~7kg程度が体重増加の目安です。

妊娠後期は体重が増加しやすいので、初めのうちはあまり増えないよう注意しましょう。
体重計を用意して、毎日体重を測るようにしましょう。

妊娠線ケアを始めましょう

妊娠してお腹が大きくなると、皮膚が急激に引き延ばされ、ひび割れたり赤い筋ができることがあります。
お腹以外に乳房や太ももにもできることがあります。
産後は目立たなくなりますが、完全には消えません。

肌に潤いを与え、柔らかい状態にしておくことで妊娠線ができにくくなります。
毎日お風呂上りにクリームやオイルなどで保湿ケアを始めましょう。
お腹の大きさが目立つ前にケアを始めるのがおすすめです。

もし妊娠線ができてしまっても、程度を最小限にとどめるためにも保湿ケアは継続してく
ださい。

妊娠線予防のためには体重増加がゆるやかになるようコントロールすることも大切です。

タバコとアルコールはNG

妊娠中のタバコとアルコールの摂取は、赤ちゃんが発育障害や低体重児になる原因となりますのでやめましょう。

アルコールについては、1日に1杯程度なら赤ちゃんへの影響はないといわれることもありますが、どのくらいまでなら安全という明確な基準はありません。
摂取しない方が賢明でしょう。


カフェインの摂取と薬の服用

カフェインの過剰摂取も発育障害や低体重児の原因になるといわれています。

一般的に、コーヒーなら1日に1杯程度なら大丈夫とされています。

少量のカフェインにはリラックス効果がありますので、上手に取り入れましょう。
妊婦向けのハーブティーやたんぽぽコーヒーなどもおすすめです。

薬の服用は個人の判断ではおこなわず、かかりつけ医に相談しましょう。

マタニティブルー

マタニティブルーとは妊娠中や出産後に不安を感じ気分が落ち込むことです。
ホルモンバランスの乱れが原因と考えられていて、誰にでも起こりえます。

妊娠・出産に関する知識をつけて不安を取り払ったり、同じ妊婦の人や出産経験のある人に話を聞いてもらったりすることで解決することがあります。
女性ホルモンを整えるマタニティ向けのアロマテラピーなどがありますので、利用してみるのもいいでしょう。

セックスについて

妊娠の経過が順調で、お腹の痛みや出血、切迫流産などの兆候がなければ問題はありません。

精液に含まれるホルモンには子宮を収縮させる作用があるので、コンドームを使用しましょう。

お互いをいたわる気持ちを大切にし、お腹を圧迫しないように気をつけて、激しい動きは避けるようにしましょう。
お腹が張るような感じがあれば、中断してください。

おすすめの過ごし方


つわりが治まり気持ちに余裕が出てきたら、バランスの良い食生活を心掛けたり、先のことをいろいろ考えてみましょう。

バランスのよい食生活を

つわりが治まり、食欲が出てくる時期ですが、食べ過ぎには注意してください。
お母さんの食べたものが胎盤を通じて赤ちゃんの成長のための栄養となりますので、バランスの良い食事をとるようにしましょう。

積極的に摂りたい栄養は、たんぱく質・カルシウム・鉄分・葉酸などです。
身体を冷やさないことも重要なので、生姜を積極的に摂ったり、野菜は生よりも温野菜やスープにして摂りましょう。

もしもつわりで栄養を満足にとれないときは、サプリメントに頼るのもひとつの方法です。


安定期にしたいことを考える

あと1ヶ月ほどで安定期に入ります。
安定期に入ってからおこないたいマタニティヨガや、マタニティスイミングの教室などを探してみるなど、やりたいことについて調べてみましょう。

楽しいことを考えるのはマタニティブルー対策にもなります。

仕事をしている人は

引継ぎの準備は、余裕があるうちに早めにしておくと安心です。

お腹の張りや出血がある場合や仕事を控えるよう医師からの診断があった場合は、休職や退職も考慮しましょう。
出産後に職場復帰を考えている人は、職場の就業規則を必ず確認しておきましょう。

勤務先が加入している健康保険の保険料を自分で支払っている人は、妊娠4ヶ月から出産手当金の支払いの対象となります。

産休中に勤務先から給与が支払われない場合にそれを補てんするための制度です。
流産や死産となった場合でも受け取ることができます。

出産を機に退職した場合でも、1年以上在職し、退職日に出勤をせず、出産予定日より42日以内に退職した場合は対象となります。

パパに頼ろう

不安や悩みがあればパパに話してみましょう。
体調が悪いときは、料理や掃除などの家事をパパに手伝ってもらって家事の負担を減らしましょう。

妊婦検診に付き添ってもらって、一緒にお医者さんの話を聞いたり、エコーで赤ちゃんの様子を見たりすることで父親としての自覚ができてきます。

パパが喫煙家の場合は、家の中や近くでは吸わないようにしてもらいましょう。
赤ちゃんやパパ自身のためにも禁煙できるといいですね。

万が一のために知っておきたい、後期流産と中絶

後期流産とは、妊娠12週から22未満の流産のことです。

妊娠12週目に入ると、流産の可能性はだいぶ低下しますが、妊娠12週以降の後期流産は約1.6%の確率で起こるといわれています。
妊娠中の流産全体の約10%を占めます。

後期流産の原因は?

妊娠12週未満の初期の流産はおもに胎児側に問題のありましたが、妊娠12週目以降はお母さん側に問題がある場合に流産が起こりやすくなります。

原因としては、子宮筋腫や子宮奇形などの子宮の異常、子宮口が無自覚の内に開いて破水してしまう子宮頸管無力症、感染症などがあります。
早めの対処で流産まで至らず妊娠を継続することが可能です。
頻繁なお腹の張りや腹痛、不正出血など異常を感じたらすぐに受診するようにしましょう。

万が一、後期流産になってしまったら

促進剤を使って分娩と同じように陣痛を促して分娩し、赤ちゃんと胎盤などを外に出す処置をおこないます。

入院して、手術当日から翌日は安静に過ごします。
死産届を区役所に提出し、埋葬許可をもらって火葬をおこなう必要があります。

切迫流産とは?

切迫流産とは流産をしかけている状態のことです。

必ずしも流産になってしまうわけではなく、妊娠を継続できる可能性があります。
ストレスや冷えも切迫流産の原因となりえます。

中絶について

中絶は妊娠22週未満なら可能ですが、妊娠12週からは中期中絶となります。
手術方法やその後の手続きは後期流産と同様です。

妊娠12週未満での掻爬手術より費用が掛かります。
病院によって異なりますが、検査、手術、入院含めて20~50万ほどが目安です。
一般的に妊娠週数が進むほど、費用がかさみ、母体への影響も大きくなります。

さいごに

妊娠12週はママの変化はあまりありませんが、赤ちゃんは大きく成長しています。
検診の回数が減り、気持ちに余裕が出てくる時期です。
マイナートラブルが増えてきますが、明るい気持ちで過ごしましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク