【妊娠15週】お腹の大きさは?腹痛や出血は?体重って増加する?

妊娠15週目は、妊娠4ヶ月の最後の週です。
あと1週間で「安定期」とよばれる時期に入ります。

個人差はありますが、安定期はつわりや流産のリスクが少なくなるママが増えます。
そのため、妊娠15週は、妊娠の分岐点といわれることもあるようです。

とはいえ、安定期を目前に新たな悩みや体調の変化も出てきたりと、心配ごとを抱えているママも多いようです。

また、出生前診断のひとつである羊水検査ができるのも、妊娠15週からです。

ここでは、妊娠15週ならではの気になる症状や身体の変化、赤ちゃんの様子などについて解説します。

妊娠15週目のお腹の大きさ

妊娠15週のママの子宮は、グレープフルーツくらいの大きさです。

妊娠15週を過ぎると、赤ちゃんはどんどん大きくなります。
個人差がありますが、ママのお腹のふくらみは服の上からわかることもあるようです。

衣服によるお腹の締め付けを避けるために、マタニティウエアやマタニティブラなどを揃えましょう。

妊娠15週目の体重の増加は?

妊娠15週目は、赤ちゃんも子宮もこれから急激に大きくなる前の段階で、体重の増加量は、妊娠前と比べてまだ2kg未満くらいのようです。

妊娠15週以降の1週間あたりの増加量は、0.3~0.5kgほどが目安です。

妊娠15週目で体重が妊娠前より5kg以上増加している妊婦の場合は、このままのペースで体重が増え続けると、妊娠高血圧症などのトラブルが起きる可能性が高くなるので注意が必要です。

つわりで体重が妊娠前より低下している場合は、母体の脂肪が落ちていると考えられます。
妊婦検診で赤ちゃんが順調に育っていれば、問題はありません。

食欲が増す時期!? 体重の増えすぎに要注意

妊娠15週目の子宮の中では、胎盤が完成するようです。

胎盤が完成すると、赤ちゃんへの酸素や栄養を運ぶ役目を胎盤が担うため、吐き気などのつわり症状が少なくなり気分が安定するママも増えるでしょう。

つわりがある時期は、吐き気によって食欲がなくなるため体重の増加が抑えられていました。
つわりの軽快とともに、食欲が増して食べ過ぎてしまうケースが多くみられます。

母体に脂肪がつきすぎると産道にも脂肪がつき狭くなるため、出産時の負担になる場合があるようです。

1週間に1回は体重を測ってみるなどして、体重管理を意識しましょう。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 15週目の体重
    49.9kg
  • 妊娠前からの増加体重
    1.4kg
  • コメント
    体調最悪で…ツワリピークの時と同じくらいしんどい。

  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 15週目の体重
    49.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    800g
  • コメント
    唾の出る量が少なくなりだいぶ楽になったが、夜は唾の量が増えるのでなかなか寝付けません。

  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 15週目の体重
    45.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -1.7kg

  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 15週目の体重
    43.2kg
  • 妊娠前からの増加体重
    200g

  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 15週目の体重
    47.6kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -7.2kg
  • コメント
    つわりの影響で体重減。

実際のお腹の画像

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠15週の赤ちゃんの大きさや成長は?

妊娠15週の胎児は、ほんの小さな受精卵だったころからみると、ずいぶん人間らしく成長しています。

ここでは、妊娠15週の赤ちゃんがどのくらい成長しているかについて、紹介します。

赤ちゃんの大きさと形

妊娠15週の赤ちゃんの身長は約15ⅽm、体重は40~100gです。

児頭大横径(たいじじとうだいおうけい)は、約25mm~35mmです。
児頭大横径とは赤ちゃんの頭部を計ったもので、最も広い幅の長さです。

大きさは個人差があります、経過が順調であれば心配はいりません。

妊娠15週の赤ちゃんは身体の骨や筋肉が目覚ましく成長して、身体の細部まで形ができあがります。
妊婦検診のエコー検査で、背骨が1本1本できているのがわかることもあるようです。

赤ちゃんの皮膚や産毛の様子

透き通っていた胎児の皮膚は不透明になり、皮膚に厚みが出てくるようです。
胎児の身体には産毛、頭には髪の毛がはえてきます。

吸啜反射・探索反射・嚥下反射が上手になる

吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)は、赤ちゃんが自分の親指に吸い付く反射です。
赤ちゃんは、指をなめるだけではなく、チュパチュパとしっかり指に吸い付きます。

探索反射(たんさくはんしゃ)は、赤ちゃんが自分の唇に何かが触れたときに、その方向を向く反射です。
産まれてきた赤ちゃんが、お母さんの乳首を探す反応もこの探索反射のひとつです。

嚥下反射(えんげはんしゃ)は、飲み込む反射です。
赤ちゃんはお腹の中で、羊水を飲んでおしっことして排出します。

気になる赤ちゃんの性別は?

赤ちゃんの性別は、精子と卵子が受精したときから決まっています。
しかし、男の子の身体は、はじめは女の子の形に見えているようです。

男の子の場合、妊娠12週頃に精巣がつくられ、精巣から男性ホルモンが分泌されることにより、赤ちゃんの性器が男の子らしく変化します。

妊娠15週は、妊婦検診で身体の外から性別を確認することはほとんどできません。
一般的に性別がわかる時期は、妊娠18~20週が最も多いようです。

妊娠15週で気をつけたい症状

妊娠15週頃は、もうすぐ安定期とはいえ、まだまだ安心できない時期です。
病院を受診したほうがよい症状もあるので、自分の身体の変化に気をつけて観察していきましょう。

突然の出血!これって異常?原因は?

妊娠中に出血があると、不安になるママが多いようです。

妊娠15週以降の出血は、さまざまな原因がありますが、わずかな出血でもすぐに診察を受けることをおすすめします。
なぜなら、妊娠の継続が難しい状態の初期症状として出血が起こっている場合があるからです。

原因その1:切迫流産・切迫早産

切迫流産・切迫早産は、流産・早産のリスクが高まった状態のことをいいます。

切迫早産は、出血の他に定期的なお腹の張りも、よくみられる症状のひとつです。
お腹の張りを感じたら、身体に無理がかからないよう安静に過ごすことが大切です。

出血、お腹の張りがあったら、必ず医師の診察を受けましょう。
赤ちゃんの心音がしっかり確認できれば、あまり心配ありません。


原因その2:子宮頸管(しきゅうけいかん)ポリープ

子宮頸管ポリープは、子宮頸管(子宮の出口の部分)にポリープ(できもの)ができることをいいます。

子宮頸管ポリープは、自然にとれるケースもみられますが、内診や性行為などで刺激されて出血を起こすことがあります。

子宮頸管ポリープが原因の出血は、妊娠の継続に影響はありません。

原因その3:子宮膣部びらん

子宮膣部びらんは、膣部の粘膜がただれた状態をいいます。

しかし、実際にただれているというより、女性の身体の構造上、粘膜が赤くなってただれているようにみえるだけという説もあるようです。

妊娠中は、身体の血液量が増えて粘膜が充血した状態になるので、ちょっとした刺激で出血する場合があります。

子宮膣部びらんによる出血は、おりものに血が混ざったような薄い色で、少量です。

子宮膣部びらんは、妊婦の半数は経験するようで、心配はいりません。

原因その4:前置胎盤

前置胎盤は、本来子宮の上の方にできる胎盤が、子宮口の近くや子宮口をふさぐようにできることをいいます。

前置胎盤は、出血しやすく、大量に出血する場合がありますが、慌てずに病院を受診しましょう。
腹痛はみられないことが多いようです。

妊娠の継続に影響が出ることもあるので、必ず医師の指示に従いましょう。

原因その5:常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離は、妊娠中に、胎盤が子宮の内側からはがれることをいいます。

激しい下腹部痛や不正出血、お腹がかちかちに張る重症な場合もあれば、自覚症状がほとんどなく、出血の量はあまり多くないケースもあるようです。

赤ちゃんの命が危険な状態に陥るだけでなく、母体にも危険なので、早急に病院を受診する必要があります。

重症になると胎動が弱まる場合もあるので、お腹に手を当てて胎動を感じる習慣をつけることがおすすめです。
また、自覚症状がなくても異常に早く気が付けるように、妊婦検診をきちんと受けましょう。

原因その6:子宮頸管無力症

子宮頸管無力症は、出産の時期より早く子宮口が開いてしまう病気です。
発症する確率は、1%未満と少ないですが、妊娠の継続に影響することがあるので、注意が必要です。

子宮頚管無力症の兆候や自覚症状はほとんどないため、妊婦検診を必ず受診し、医師の指示にがあれば、経過を観察する検査も受けましょう。

子宮頸管無力症が原因になる流産や早産を防ぐ方法として、子宮口を縛る処置や子宮頸部を縫う処置があります。

腹痛や足の付け根の痛み、腰痛が起こりやすい

妊娠15週頃のトラブルに「腹痛」「足の付け根の痛み」「腰痛」があります。
妊婦のこれらの痛みは、さまざまな原因があります。
身体の中で一体何が起きているのか、原因を詳しくみていきましょう。

原因その1:子宮が大きくなる

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠中期以降ぐんぐん大きくなります。

それにともない、子宮も大きくなっていくため、「チクチクする」「ズキズキする」といったお腹の痛みが起こるようです。

また、骨盤内で子宮を支えているじん帯が引っ張られるようになるため、足の付け根の痛みや下腹部痛、腰痛を感じるママも多くいます。

原因その2:腸の動きの低下による便秘

女性の身体は、妊娠するとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えます。
プロゲステロンは、腸の動きを低下させる作用があるため、便のスムーズな排出に影響を及ぼします。
さらに、大きくなった子宮に内臓が押されることも、便秘の原因になるようです。

便秘による腹痛の場合は、水分をこまめにとるようにしたり、食物繊維の多い食品を食べたり、トイレに行く習慣をつけたりして、便通をよくしましょう。

原因その3:身体の冷え

子宮が大きくなると骨盤内の血管が圧迫されて、血流がわるくなりがちです。
血流が悪くなると、筋肉がこわばった状態になり、痛みを感じることもあるようです。

腹痛と一緒に身体が冷えると感じている場合は、衣類や妊婦用腹巻などを使用して、身体を温めるましょう。

温かい食べ物や飲み物を積極的にとることもおすすめです。


要注意!すぐに病院受診が必要な腹痛もあります!

妊婦の腹痛は心配がないものもありますが、身体に異常が起きているサインとなる腹痛もあるようです。

ここからは、腹痛の原因としてすぐに病院を受診する必要のあるものを紹介します。

原因その1:感染症

妊娠中の母体は、免疫が低下しており、感染症にかかりやすい状態です。
妊娠中にカンジダやクラミジアなどの感染症にかかると、子宮の収縮が起こり、切迫流産になることもあるようです。
胎児が感染症にかかると命が危険におかされる可能性も高くなります。

腹痛の他の症状として、おりものに「黄色っぽい」「悪臭がする」という変化がみられます。
いつもと違うおりものがあれば、すぐに受診しましょう。

原因その2:子宮収縮

定期的にお腹が張るような痛みがあり、安静にしてもおさまらない場合は、子宮収縮が起きている可能性があります。

下記の項目に当てはまるようであれば、すぐに受診する必要があります。

・耐えられないくらいの強い痛みがある
・痛みがだんだん強くなる
・定期的(10分毎など)な痛みがある
・出血がある
・安静にしていてもなおらない
・胎動がわからない

常位胎盤早期剥離、子宮頸管無力症

その他の受診が必要な腹痛の原因は、「常位胎盤早期剥離」や「子宮頸管無力症」などがあります。

妊娠中期以降に頻度の多いトラブルですが、妊娠15週目でみられるケースもあるようです。

妊娠15週によくあるマイナートラブル


妊娠15週にみられるマイナートラブルをみていきましょう。

足にむくみ

妊娠15週を過ぎると子宮がさらに大きくなるため、血管が圧迫されるため、むくみが起こるママもいるようです。
とくに足のむくみが多くみられます。

塩分の濃いものばかり食べると、身体に水分がたまりやすくなるため、普段の料理は濃い味付けを控えましょう。
外食をするときはなるべく塩分の少ないものを選び、水を多めに飲むとよいでしょう。

改善方法は、枕などで足を高くして横になったり、手足の指を握ったり開いて動かしたりして、血液の流れをよくする手助けをしましょう。

貧血

妊娠すると、母体の循環血液量が増え、赤血球の生成が追い付かずに貧血になることが多いようです。

妊婦の貧血は、「鉄欠乏性貧血」であることが多いようで、食事による改善を心がけることが大切です。

鉄分は、鉄分だけでは吸収されにくい特徴があります。
鉄分と一緒に、「たんぱく質」「ビタミンC」「ビタミンB6」「ビタミンB12」などの栄養素をとることで吸収率が上がります。

おすすめの食品は、「肉類や魚」「卵」「大豆製品」「乳製品」「フルーツ」などで、栄養バランスよく食べるようにしましょう。

食事による改善がみられない場合は、病院で相談すると内服薬が処方される場合もあります。

また、貧血はビタミンB12や葉酸が不足しているケースも考えられます。



鼻血や鼻づまりが起こることも

妊娠して循環血液量が増えると、鼻の粘膜が充血して腫れ、「鼻血」が出やすくなる場合もあります。
腫れた鼻の粘膜が空気の通り道を狭くすることで、「鼻づまり」を感じるママもいるようです。

鼻血や鼻づまりが起きた場合は、心配せずに妊娠の影響だと考えて落ち着いて対処しましょう。

妊娠15週はこころ穏やかに過ごそう

妊娠15週は、さまざまなマイナートラブルがあります。
大切なことは、「身体の変化に気付くこと」そして、「落ち着いて対処すること」です。

症状は、赤ちゃんからママへのサインとして受け取り、身体を休ませたり、お腹に手を当てて深呼吸したりして、心を落ち着かせるとよいでしょう。

異常を感じたときに病院への電話がすぐできるように、連絡先を把握しておくことも大切です。

また、妊娠15週頃は、胎盤がほぼ完成する時期でもあります。
胎盤が完成すると、赤ちゃんは胎盤から酸素や成長に必要な栄養をもらうだけでなく、ママの食べた物を感じられるようになるといわれています。
赤ちゃんの脳神経が発達し、ママの「幸せな気持ち」や「ストレス」なども伝わるという説もあるようです。

ママが無理をしないで穏やかに生活することが、赤ちゃんにとってもよいことなのです。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク