アメリカの離乳食事情 メーカー編

アメリカで販売されている離乳食メーカー

アメリカの離乳食

旅行で日本を離れるとなると、親として特に心配なのが子どもの食事に関することではないでしょうか?

現在、日本で販売されている離乳食の数は500種類以上にものぼると言われています。その中で最もメジャーなブランドは、キューピーや和光堂、ピジョン、明治・森永、ビーンスタークなどが上げられますよね。メジャーなブランドが多いので自然と離乳食の数も多くなるのでしょう。

アメリカも日本と同じように沢山の離乳食が売られていますが、残念ながら日本ほどの種類はありません。売り場面積はさほど日本とは変わりませんが、メインとなるブランドは以下の3つです。

Gerber(ガーバー社)

Gerber(ガーバー社)

Gerber(ガーバー社)は、アメリカでは知らない人はいないというくらい、離乳食大手のブランドです。創業は1927年、母乳が出ない母親が子供たちに何をあげていいのかと考えたことがきっかけです。フルーツや野菜を使った離乳食を7か月の創業者の娘さんに作りながら、持ち運びのことを考え、子供のころからヘルシーな食生活に願いを込めて作られて会社です。

Earth Best (アースベスト社)

Earth Best

アースベスト社は、無農薬・遺伝子組み換えでない食品、成長ホルモン不使用、添加物や着色料不使用といった事を掲げている会社です。その為、離乳食はオーガニック食材にこだわった、安心安全の離乳食を提供し続けている会社なんです。

HappyFamily (ハッピーファミリー社)

HappyFamily

HappyFamily(ハッピーファミリー社)も、Earth Best(アースベスト社)と同じく、オーガニックの食材を使用して離乳食を作っている事で有名な会社です。手を汚さずに食べる事が出来るパウチタイプの離乳食の種類が豊富で、アメリカのママ達にも人気のメーカーさんなんです。

アメリカの離乳食業界は、上記の3社がメインとなっています。
各社それぞれにいい点がたくさんあり、昔から変わらず愛され続けているんです。親としては、子どもの口に入るものだから、旅行中も安心安全な食べ物を食べさせてあげたいですよね!アメリカを旅行する際には、各メーカーの方針を覚えておき、どのメーカーの離乳食を購入するかという判断材料として使ってみてくださいね!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク