【妊娠19週】胎児の大きさは?エコーの様子は?

妊娠19週は、妊娠5ヶ月の4週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠19週目のママの変化


19週に入ると、お腹のふくらみも少しずつ目立つようになったり、ポコポコと赤ちゃんが元気にお腹の中で動く胎動を感じたりするようになります。

わかりやすい身体の変化を感じることで、自分がママになるという意識が高まる方が多いようです。

19週の体調や気分の変化を、みていきましょう。

体調の変化

少しずつお腹が大きくなってきます。
乳腺も発達し、なかには初乳(初めての母乳)が出る方も。
乳腺の発達に合わせるように、バストも少しずつ大きくなります。

締め付けずゆったりとしたマタニティウエアや下着も必要になってくるでしょう。

また、出産の準備に向けて、骨盤がだんだんと緩んできます。
子宮が大きくなり骨盤が広がることで骨盤周辺に負担がかかり腰痛の症状がでてくる妊婦さんも多くいます。

気分の変化

つわりはほぼ落ち着き、赤ちゃんの性別がわかったり、胎動が感じられたりとママになる実感が高まる時期です。
また、基礎体温も通常体温に戻るためだるさやつらさも改善されていきます。

体調がよいと家事や仕事など、頑張ってつい無理をしてしまうこともあるでしょう。
しかし、お腹の張り、腹痛、不正出血などをそのまま放っておくと流産の危険性もでてきます。
安定期とはいえ、お腹の中には大事な命が育っていることを忘れずに。
無理をせず、落ち着いた日々の生活を心がけましょう。

実際のお腹の画像

 

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 19週目の体重

51.8Kg

  • 妊娠前からの増加体重

3.3kg

  • コメント

お腹がチクチクする時があります。痛みは一瞬だけ。腰も痛くなる事が多いです。

  • お名前

あみんママ(2人目)

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 19週目の体重

51.2Kg

  • 妊娠前からの増加体重

2.7Kg

  • コメント

朝夜の胎動がよくわかる様になりました。

  • お名前

ちえママ

  • 身長

155cm

  • 妊娠前体重

47Kg

  • 19週目の体重

47Kg

  • 妊娠前からの増加体重

0g

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43Kg

  • 19週目の体重

45.6Kg

  • 妊娠前からの増加体重

2.6Kg

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5cm

  • 妊娠前体重

54.8Kg

  • 19週目の体重

49.3Kg

  • 妊娠前からの増加体重

-5.5Kg

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠19週目の赤ちゃんの変化


ミリ単位だった赤ちゃんも、19週には250gほどまで成長します。
感覚器官が形成されたり、男女それぞれ外性器が作られてきます。

おなかの中で起こっていること

19週目に入ると、胎盤が完成することで、ママと赤ちゃんがしっかりと結びつき、流産の可能性はかなり低くなります。

赤ちゃんは感覚器官の発達が急激に進み、消化管から消化液を分泌します。
消化液には食物を分解して栄養を吸収しやすい働きがあります。
この消化液によって、体内の栄養吸収ができるようになります。

内臓では腎臓や膀胱も完成してくる時期です。
飲んだ羊水を排出します。

また、耳の形成、音を伝える内耳が完成してくるので、ママやパパの声も聞こえるようになります。

声に反応して動くこともあるかもしれません。
お腹に手をあてて、パパやママからどんどん話しかけてあげましょう。

平均的な赤ちゃんの大きさは250gくらい

赤ちゃんの大きさは、160~200㎜、200~280gまで成長しています。

白っぽかった肌は赤みのある肌色へ変化し、髪の毛や眉毛も生え始めます。
体型は3頭身から4頭身となり、どんどん赤ちゃんらしい姿になります。

性器もほぼ完成し、男女の性別がはっきりとわかるでしょう。
女の子は内側に性器があるため、見た目での性別判断は難しいようですが、子宮や卵管、膣などの女性器が完成することで、超音波検査でわかります。

また、19週にもなると、多くのママが胎動を感じます。
しかし、胎動の強さや感じ方は個人差もあり、人それぞれです。
常に動いている人や皮下脂肪の多い人は胎動を感じにくいこともあります。

赤ちゃんの大きさによっては、ほとんど胎動を感じないこともあります。
この時期に胎動を感じないからといって、そこまで神経質になる必要はありません。

家事や仕事の合間にひとりの時間を作ったり、静かな空間でお腹の赤ちゃんを意識してみたりしましょう。

また妊婦検診時に逆子といわれることもありますが、赤ちゃんはお腹の中でくるくると回って動いているときです。
元に戻る可能性が高いので、あまり心配しなくても大丈夫です。

妊娠19週目のマイナートラブル


マイナートラブルとは、妊娠中よくおこる不快な症状のことです。
個人差はありますが、多くの妊婦さんに見られる現象です。
早期に発見し、予防していきましょう。

妊娠線の予防

妊娠してお腹が大きくなるにつれて、妊娠線(ストレッチマーク)というあとが、お腹、胸、お尻、太ももなどに現れることがあります。

一度できてしまうと、完全に消えるのが難しいといわれる妊娠線。
お風呂上りに、妊娠線予防クリームなどの保湿剤を定期的に塗ったり、急激な体重増加をしないように体重管理をおこなう、適度な運動をするなどの対策をして予防をしましょう。

妊娠線は、赤ちゃんに悪影響はありません。
あまり気にしすぎて、ストレスをためないようにしましょう。

骨盤のゆるみから腰痛になることも

骨盤のゆるみや、大きくなるお腹の影響で、腰痛に悩む妊婦が増える時期です。

子宮が大きくなり、関節やじん帯あゆるむことで、骨盤周辺に負担がかかり、腰痛や股関節痛を引き起こします。

腰痛を感じるときは、適度に横になったり、椅子に座ったりするなど、休むことが大切です。

症状を改善するには、腹筋を鍛えるなど、筋肉をつけることが大切です。

妊娠中は、お腹に力を入れなくてもできる、ウォーキングやスクワットなどが効果的です。

運動後にたんぱく質を上手に摂り入れると、筋肉がつきやすくなります。
たんぱく質が豊富に含まれている食材は、牛乳などの乳製品、大豆、豆腐屋納豆などの大豆製品、小魚、鶏肉、脂身が少ない赤身の肉などです。

カロリーに気を付けながら、日々の献立を考えましょう。

お腹の張りにも気を付けましょう

妊娠中期は子宮が大きくなることによって、お腹の張りが現れやすくなります。
下腹部が突っ張るような張りを感じたり、規則的に腹痛があるときは、必ず休憩を取ったり安静にしたりしましょう。
無理をすると流産の危険性もあるので、不安なときは早めに病院に行きましょう。

切迫早産では、不正出血と合わせて定期的なお腹の張りが見られることも。
もし規則的にお腹が張る場合やお腹の張りが続くようなら、すぐに病院を受診しましょう。

妊娠19週目で気を付けたいこと


この時期にはどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

妊娠19週目には、体調の変化がおとずれるといわれています。
知識を知り、予防を心掛けるとよいでしょう。

シミや黒ずみがめだってくることも?

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌により、妊娠前よりメラニン色素を刺激する女性ホルモンが増えます。

そのため、シミ、そばかす、黒ずみなどが目立ってくることもあるようです。
外出前には日焼け止めを塗る、傘を持ち歩く、帽子やサングラスを装着する、などの紫外線対策が必要です。

また、お臍から下腹部にかけて縦に入る正中線や、乳首や脇の下などが黒ずむことがあります。

出産後には徐々に目立たなくなりますが、直射日光をあてないよう、UV対策をしっかりおこない、保湿をしましょう。

急な体重増加に気をつけましょう

妊娠19週を過ぎると、お腹の周りに皮下脂肪がつくようになります。

つわりが落ち着いてくるので、ついつい食べ過ぎてしまうことも。
この頃の食事内容や、食事の量が重要になってきます。

太りすぎや、急な体重増加は、妊娠高血圧症候群のリスクを高めたり、妊娠線ができてしまう原因になることもあります。

和食中心な低カロリーな食生活を心がけましょう。
また、ウォーキングやマタニティエクササイズなど、適度な運動を取り入れることも大切です。

おすすめの過ごし方


安定期に入り、流産のリスクが低くなるうえ、心身も安定するので、ママにとって過ごしやすい期間です。

体調を考慮しながら、ベビー用品を買いそろえたり、赤ちゃんの名前を考えたり、適度な運動をしたりとマタニティライフを過ごしましょう。

体調を考慮しながら適度な運動を始めましょう

この時期は、食事や運動など意識していても、皮下脂肪が増え、体重が増えやすい傾向にあります。

1週間に500g以上、1ヶ月に2㎏以上体重が増えないように意識しましょう。

また、妊娠中は、鉄分やカルシウム、たんぱく質やビタミンC、葉酸は意識してメニューに取り入れ、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

  • 鉄分妊娠中の貧血を予防します。
  • カルシウム赤ちゃんの歯や骨の発達を促します。
  • たんぱく質赤ちゃんの脳や筋肉の発達を促します。
  • ビタミンC体の免疫力を高めます。
  • 葉酸赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げ、貧血の予防にもなります。

有酸素運動のウォーキングは、急な体重増加を予防したり、出産のときに必要な骨盤の筋肉を鍛えることもできるので、おすすめです。
また、体を柔らかくするマタニティエクササイズもよいでしょう。

しかし、切迫流産などの心配のある人、お医者さんに止められている人は、運動は控えましょう。

心配や不安のある人は、お医者さんの相談の元、行うようにしましょう。
無理のない程度にして、日々の体調に気を配りながら続けるとよいでしょう。

無理をせずに落ち着いた生活を

つわりが落ち着き、体調がよくなってくると、つい仕事や家事を頑張ってしまいがちです。自分の体調と相談して生活をしましょう。

お腹が大きくなってくるので、体に負担もかかります。

子宮が大きくなり、下腹部の左右が突っ張るような痛みや張りを感じることもあります。
そんなときは、無理をせず、体を休めましょう。

ただ、痛みが強いとき、長く続くようなときは、赤ちゃんに異常が起きている可能性があります。
早めにお医者さんに診てもらいましょう。

安定期ではありますが、休養を十分にとり、疲れやストレスをためないようにしましょう。
無理をしないよう、落ち着いた生活を送ることを心がけましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク