【妊娠21週】ママのお腹の大きさは?胎児の大きさや体重は?

妊娠21週は妊娠6ヶ月の2週目です。
出産予定日まで残り21週となり、妊婦生活もちょうど半分のところまできました。
この時期の胎児は、筋肉の量も増え身体を大きく動かします。

そして、ママの身体にも新たな変化が出てくる頃です。
マイナートラブルが出てきたら早めに対応して、リラックスした気分で過ごしましょう。

妊娠21週目のママの変化


赤ちゃんは、ますます骨がしっかりしてきて筋肉も増えてきます。
それによってママもはっきりと胎動を感じるようになります。

寝たり起きたりのリズムができてくるので、決まった時間に胎動を感じることもあります。
つわりがひと段落したママは、頻度が増えてきた胎動に返事をする余裕もでてくるでしょう。
やさしくトントンとお腹に触れて合図をしたり、声をかけると赤ちゃんにも伝わります。

その他、目に見える変化も出てくる時期です。

体調の変化

具体的にはどのような変化が起こるのかをみていきましょう。

お腹がせりだす

お腹がグッとせりだし始め、目立つようになります。
それによって骨盤や腰椎が前方へ傾き、重心がズレて腰痛の症状が出てくるママもいます。

これは、重心がズレたままだと倒れてしまうので背中の筋肉が後方へと支えをとり、バランスを取っている「緊張状態」が続くことが原因で起こります。

そこで、姿勢に気を付けて過ごしたり、緊張した背中の筋肉がほぐれるよう温めたり、軽いストレッチをおこなうなどのケアをしていきましょう。

妊娠線ができる

お腹がせりだしてくると、腰痛だけでなく妊娠線が出てくることがあります。

妊娠線は、お腹の皮ふが伸び、皮下組織が切れてしまうことが原因でできます。
ケアをしないと出産後に痕が残るので、気になるママは早めに予防しましょう。

妊娠線ができにくい人は、皮ふの伸びがよいと考えられています。
しかし、妊娠中はホルモンの影響もあり、多くのママは肌が乾燥しやすい状態になっています。
妊娠線予防には、皮ふの伸びをよくするために保湿が重要です。

ベビー用品店やインターネットで、妊娠線専用のクリームが種類豊富に販売されています。
でも、専用品にこだわる必要はありません。

今まで使っていたボディーローションやボディーオイルが自分の体にあえば、それでよいでしょう。

ポイントは、保湿効果の高いものや、自然な成分でできているものを選びましょう。
高級なものを控えめに塗るより、出産までたっぷり塗り続けられるものがよいでしょう。
妊娠線は、太ももやお尻にできるので全身のケアが大切です。

母乳のようなものが出る

乳首から、母乳のような分泌物が出てくることがあります。
これは、「初乳」と呼ばれるもので、おっぱいの準備が進んでいる証拠です。

早すぎるものでも、異常なものでもありませんので安心してください。
逆に、分泌物が出ないからといってこの時期に気にすることでもありません。

基本的には何もせず、そのままで問題ありません。

初乳よりも、乳首の形が陥没していたり、扁平(へんぺい)の場合は、赤ちゃんが吸いにくくなる可能性があるので、助産師さんに相談するとよいでしょう。

乳房のマッサージは、子宮収縮をともなう可能性があるため妊娠初期には控えなければなりません。
しかし、妊娠中期の21週は、安定期とも呼ばれておりおっぱいのケアを始めてもよい時期とされています。

母乳は血液からつくられるので、乳房マッサージをおこなうことで血行が促進され、母乳の分泌をよくする効果が期待できます。
また、母乳が出やすくなる効果や、乳首が鍛えられることにより授乳中のトラブルを防げます。

まずは、乳首のお手入れから始め、本格的な乳房マッサージは妊娠後期になってからがよいでしょう。

お腹が張る

この頃のお腹の張りは、子宮の収縮による生理的な現象です。
子宮も、出産の準備が活発化してきているのです。

お腹の張りを感じたら、無理をせずに静かに過ごしましょう。
少し安静にしていると治まってくることが多いようです。

痛みが強い場合や、何度も痛くなる場合は、生理的な現象以外の原因が考えられるので、早めにかかりつけの婦人科で医師に相談しましょう。

気分の変化

安定期と呼ばれる時期に入り、つわりが落ち着いてくると穏やかな気分で過ごせます。
しかし、ホルモンバランスは整いません。

プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは、もともと女性にあるホルモンですが、流産を未然に防ぎ、妊娠を安定して継続させるために、妊娠中は多く分泌されるようです。

赤ちゃんを守るために必要なことですが、プロゲステロンの分泌量が増えることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とのバランスが崩れ、自律神経が乱れやすくなるようです。
イライラしたり、憂鬱になるなど、気分にムラができやすくなります。

マタニティブルーになる?

この時期、マタニティーブルーと呼ばれる気分の落ち込みを経験する妊婦さんが多くいます。

上記のプロゲステロンをはじめとする、女性ホルモンが胎盤をつくるために活発化するので気分の落ち込みを引き起こす作用が強まるのです。

また、これまで体験したことのないような心身の変化に戸惑ってしまい、それを受け止められない状態が続くとマタニティーブルーにつながります。

赤ちゃんを授かった幸せな気分から一転、妊娠生活でのトラブルなどで精神的に不安定になってしまうのです。

このようなときは我慢して、ひとりで抱え込まないことが大切です。

  • パートナーや友人に不安な気持ちを話す
  • 身体を程度に動かして気分を晴らす
  • 病院に相談する
  • 我慢していた食事や飲み物を一時的に摂取してリラックスする

飲食に関しては、制限を守れば多少は口にできるものもあります。
体重管理のプレッシャーや、カフェインの制限などがストレスに感じているママは、一時的にそのプレッシャーから解放されると気分が変わるかもしれません。

実際のお腹の画像

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 21週目の体重

52.5Kg

  • 妊娠前からの増加体重

4kg

  • コメント

お腹が張る事も痛みもなく過ごせています。

  • お名前

あみんママ(2人目)

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5Kg

  • 21週目の体重

52.4Kg

  • 妊娠前からの増加体重

3.9Kg

  • コメント

最近疲れやすくなりました。

  • お名前

ちえママ

  • 身長

155cm

  • 妊娠前体重

47Kg

  • 21週目の体重

46.9Kg

  • 妊娠前からの増加体重

-100g

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43Kg

  • 21週目の体重

47.3Kg

  • 妊娠前からの増加体重

4.3Kg

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5cm

  • 妊娠前体重

54.8Kg

  • 21週目の体重

49.2Kg

  • 妊娠前からの増加体重

-5.6Kg

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊娠21週目の赤ちゃんの変化


赤ちゃんにはどのような変化があるのでしょうか。

平均的な赤ちゃんの大きさはパイナップルくらい

赤ちゃんの大きさは平均190~250㎜、重さは300~450g程度です。
果物にたとえると、小さめのパイナップルくらいの大きさです。

5ヶ月の頃は、グレープフルーツくらいの大きさでした。
グレープフルーツとパイナップルを並べて置いてみると、赤ちゃんの成長が目に見えて感じられます。

お腹の中でおこっていること

赤ちゃんの髪の毛は濃くなり、まゆ毛やまつ毛が生えてきます。
胎脂という白いクリーム状の脂肪によって皮ふが保護されます。
この胎脂は分娩の時の潤滑の役目にもなります。

また、外性器もできてきて、身体に男女の違いがみられます。

エコー写真では動きが見えることも

エコーでは、胎児がまばたきをしていたり手のひらを握っている様子がみられることもあります。
ママのお腹の中をぐるっと回転してダイナミックに動くので、逆子になることも珍しくありませんがまだ心配はいりません。

タイミングがよければ、外性器の影が映ることもあります。
男の子の場合はわかりやすいでしょう。
しかし、まだはっきりとわからない人も多い時期です。

高齢出産などでダウン症を気にするママは、赤ちゃんの顔つきだけで判断するのではなく、母体血清マーカーテストが受けられるので、リスクを知った上で検討するとよいでしょう。
エコーのみでは、ダウン症の疑いは見つかりますが、診断にいたりません。


ママのお腹の中で光を感じるようになる

この頃の赤ちゃんは、今まで閉じていたまぶたが上下に分かれて、目が開くようになっていきます。
まだ、目が良く見えるわけではありませんが、まぶたが開くことで太陽の光や室内の強い光などの明るさを感じることができます。

天気がよい日は、外出をすると赤ちゃんもその光を感じることができますし、夜は室内を暗くして体を休めると赤ちゃんにも伝わります。

こうして、ママの生活リズムを自然と感じ取ることができるようになっていきます。
赤ちゃんのためにも、規則正しい生活が望まれます。

妊娠21週目のマイナートラブル


赤ちゃんの成長が目に見えて感じられるようになった半面、マイナートラブルも起こりやすくなります。
残り半分の妊婦生活を楽しむためにも、きちんとケアしていきましょう。

シミや肌荒れにはビタミン補給

妊娠中は、ホルモンバランスの影響でメラニン色素が生成されやすくなります。
これによってシミやそばかすができます。
ビタミンCに予防効果が期待できますので摂取を心がけましょう。

ビタミンCが豊富に含まれている食物

  • ピーマン
  • アセロラジュース
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • キウイフルーツ
  • いちご、など

また、肌荒れの症状も出やすくなります。
ホルモンバランスの乱れから、肌の水分量が減って乾燥肌になったり、脂性肌になったりと肌質がかたよります。

水分や栄養を十分にとり水分不足にならないようにしましょう。
肌が敏感になっている場合は、敏感肌用の石けんや化粧品に変えるとよいでしょう。

l

虫歯に注意

妊娠中は、女性ホルモンの影響で虫歯や歯周病になりやすくなります。
またこの時期は、つわりのむかつきを紛らわせるために頻繁に口にしていたアメやガムが原因で、お口のトラブルが起きるケースも多いようでうs。

歯周病の菌が増えると、陣痛促進作用のあるホルモンが分泌されます。
これが早産の原因につながることも考えられます。

つわりの間、歯磨きがつらくて控えていたママは、安定期のうちに歯科検診に行くとよいでしょう。

便秘と痔はセットで考えよう

妊娠中は、胎児の成長とともに子宮が大きくなります。
それによって、直腸周囲の血管を圧迫し、血液の流れが悪くなります。
これがしこりとなり、いぼ痔となるのです。

また、硬くなった便を無理に出そうとすると肛門の出口付近が切れることがあります。
これが、切れ痔です。
便秘によって便が出しにくくなったことが原因です。

食物繊維の摂取や十分な水分の摂取で、便秘予防をしましょう。
身体を温めることも、便秘や痔の予防につながります。

悪化させないためには、病院で医師に早めの相談をしましょう。
多くの妊婦さんが経験することなので、恥ずかしがることはありません。

助産師さんにもお話ししておくと、出産時に脱肛しないよう配慮してくれます。

足がつるのはカルシウムで回避

足がつる、こむらがえりの原因は、冷えや大きくなったお腹が下半身を圧迫して血流が悪くなることと考えられています。
夏場でも、シャワーだけですませず湯船につかって温まりましょう。

また、筋肉や神経の働きに重要な、カルシウムやミネラル不足も足がつる原因です。
食事に牛乳や海藻類を取り入れるようにしましょう。

妊娠21週目で気を付けたいこと


大きくなってきたお腹で、足元は見えにくくなっていきます。
バランスも崩しやすくなりますので、少しの段差など日常生活でも注意が必要です。

体重の管理と向き合おう

つわりが落ち着いてきたママは、食欲も戻ってきます。
今までの反動で、たくさんの量を食べたり甘いお菓子が恋しく感じる方もいるようです。
ここで気をつけなくてはならないのが、体重の管理です。

安定期に体重を増やしすぎると、妊娠中毒症を引き起こすリスクが高くなります。
また、妊娠糖尿病によって赤ちゃんが巨大児になることもあります。
このリスクを減らすことができるのは、赤ちゃんを守っているママです。

この時期の妊婦さんの体重増加の目安は、1週間で200~400gです。
ただし、これは妊娠前のBMIが標準だった場合です。
もともと、やせ型のママやつわりで妊娠前より体重が減ってしまったママはこの限りではありません。

赤ちゃんの成長とともに、子宮内の羊水や血液量も増加するので体重も増加しやすくなります。
無理なく身体を動かしたり、上手に食欲のコントロールをしたりして、体重の増えすぎ注意しましょう。

ママのイライラが胎児に伝わる?

聴覚も発達してきた胎児は、ママのイライラも感じやすくなります。
また胎盤を通して、ママのイライラから生成されたホルモンが胎児へ伝わります。

この悪い感情のホルモンばかり届けられている胎児は、慢性的なストレス状態になり、情緒障害を起こしやすくなります。

マイナートラブルや体型の急激な変化も起こる時期ですが、上手に気分転換してストレスをためないようにしましょう。

おすすめの過ごし方


妊娠21週目のママはどのように過ごせばよいのでしょうか。

楽な体勢をみつける

「お腹が大きくなってきて寝にくい」と感じる方には、身体の左側を下にして横向きに寝る「シムス体位」という寝方をオススメします。
この体位は血流の循環がよくなり、リラックスできる効果があります。

ポイント

  • 左足は真っ直ぐ伸ばす
  • 右足は付け根から前へだし、膝はくの字に曲げる
  • お腹に負担がかからない程度にうつ伏せの体勢をとる

苦しい場合は、丸めた毛布や抱き枕などを布団と身体の間にいれると楽になります。

全く同じでなくても大丈夫です。
抱き枕やクッションを利用するなど、自分が楽だと感じる姿勢をみつけて、ゆっくり身体をやすめてください。

名前を考え始める

赤ちゃんの性別がわかったラッキーなママは、家族と一緒に赤ちゃんの名前を考えるのもよいでしょう。

名づけの方法はさまざまです。

  • 神社やお寺などに依頼して姓名判断をした名前をいただく
  • 両親でインターネットや名づけ本を使い姓名判断をして決める
  • 祖父母に決めてもらう

そのほか、代々伝わる漢字を入れたり、パパやママの気に入った響きを優先する方もいるようです。

日本では、名前に使える漢字に決まりはありますが、読み方に関しては決まりはありません。

ただし、性別がわかっているといっても、エコーでみる限りのもので確実なものではありません。
今の時期はまだ、いくつか候補をあげておくとよいでしょう。

赤ちゃんがママのお腹にいられる貴重な時間が妊娠期間です。
無理は禁物ですが、体調のよい日は日焼け対策をして散歩へ出かけましょう。
運動になりますし、気分転換にもなります。

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。