妊娠2週


排卵から受精、そして着床

上の動画は妊娠から9週目までのアニメーションです。

妊娠2週目になるとママのお腹の中では神秘的な出来事が沢山起きています。妊娠2週目は排卵の時期にあたり、排卵後約24時間の間に射精を伴う性行為を行った場合、又は射精を伴う性行為後、約0~5日の間に排卵(排卵された卵子の寿命は約24時間)した場合(精子の寿命が平均2~6日程度の為)に受精する確率が高くなります。下の図を見ながら受精から着床までの様子を学びましょう。

卵巣から卵子の放出
月経(生理)が正常な周期の方の場合だと、排卵して約12~16日後に月経が起こります。但し、排卵後に妊娠が成立した場合は月経は起こりません。左の図は月に1回、卵巣から卵子が放出(排卵)される様子です。女性の体で作られる卵子は一生のうちに400個程度だと言われていて、成熟した女性の卵巣では毎月15~20個の卵胞がが育ちます。

卵子が卵管へ移動
排卵された卵子は卵管(ファロピウス管)に取り込まれます。この時、卵管で精子が待ち構えているか卵子が卵管に到達した時にタイミングよく精子が卵管に到達するかのどちらかの場合にたった1つの精子が卵子の細胞膜を破って中に入り、その瞬間に受精が成立します。そして受精した瞬間に赤ちゃんの性別も決まります。まれに2つ卵子が2つの精子と受精することがありますが、これが卵生双生児の誕生になります。

受精と着床
受精した卵子(受精卵)は細胞分裂を繰り返し着床できる場所を求めて子宮へ移動し、受精してから約1週間ほどで着床します。着床する時期は妊娠3週目にあたります。

妊娠1ヶ月~2ヶ月の週数表

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。