【妊娠30週】赤ちゃんの胎動は?エコー写真は?逆子だったら?

妊娠30週目に入ると、出産まではあと10週程度といわれています。
なかには、出産が楽しみである反面、不安な気持ちが多いママがいるかもしれません。

妊娠30週目は、赤ちゃんが大きな成長をします。
また、赤ちゃんの成長に伴い、ママの身体には変化が起きることがあります。

そこで今回は、妊娠30週目の赤ちゃんとママ、それぞれに起きる具体的な変化を中心に、注意点やオススメの過ごし方について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

妊娠30週目を迎えた赤ちゃんの様子

この頃になると、赤ちゃんは見た目が大きく変わるだけでなく、人としての機能も整ってきます。
具体的にどんな成長が見て取れるのかを確認していきます。

成長して体重が増える

赤ちゃんの大きさは410~430mmまでになり、1300~1700gもの重さまで成長します。
ママが、お腹の赤ちゃんがどんな姿勢でいるのかを把握できる大きさといわれています。
この先では、毎週約100~150gずつ大きくなっていきます。

身体の機能が発達してくる

この時期には、やわらかい産毛や眉毛、まつ毛がしっかりと生えてきています。
また骨盤の働きがほぼ完全になります。
その他、どのような機能が発達しているのかみていきましょう。

内臓器官や中枢神経の機能が発達する

心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が備わってきます。
人としての重要な機能が整い、新生児に徐々に近づいていることがわかります。

体温調節ができるようになる

この時期の赤ちゃんは、ママのことを頼らなくても自分自身で体温調節ができるようになります。
もしも、早産になったとしても、適切な処置を行えば、問題なく生きていけるくらいに成長してきています。

呼吸ができるようになる

呼吸機能が整ってくる時期で、出産に備え横隔膜を上下させ、呼吸に似た動き(呼吸様運動)ができるようになります。
そのため、お腹の中で赤ちゃんがしゃっくりをしているのを感じることができるママがいるかもしれません。

聴覚が完成に近づく

この頃、赤ちゃんの五感の発達は著しく、中でも聴覚は、外の音をはっきり聴き取ることができるくらいにしっかりと発達してきています。
本格的な胎教を始めるのに適した時期です。
クラシック音楽を流すことは、赤ちゃんにとっても、ママにとってもリラックス効果があるのでおすすめです。

また、パパが話しかけることで、赤ちゃんに「父親」だということを認識させるチャンスでもあります。

ママに免疫機能を補ってもらう

赤ちゃんは、お腹の中にいるときには無菌状態で安全です。
しかし、お腹の外に出たら有害な物質を撃退する免疫が必要になります。
この時期の赤ちゃんは、免疫機能をすべて自ら確立させることはできません。

ママに免疫機能を補ってもらうことで発達します。

ママにもらった免疫の抗体は、赤ちゃんが完全に自分で抗体を作れるようになる、出産後3ヶ月くらいまで使われ、赤ちゃんを守ってくれます。

胎内での生活の変化

体が大きく成長し、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。
子宮の壁に接近するくらいまで大きくなると、お腹の中で身動きがとりにくくなります。
すると、お腹の中での身体の位置がある程度固定されるため、胎動が減少するといわれています。

睡眠時間が長くなる

これまでは、長くても20分程度の睡眠サイクルで、うたた寝を繰り返していました。
妊娠30週目に入ると、五感が発達しているので、脳がそれらの情報を処理するために、もう少し長く眠ることが必要になってきます。
そのために睡眠時間が長くなるというわけです。

エコーで見た時の赤ちゃんの様子

妊娠30週目に入ったころの赤ちゃんをエコーで確認してみると、赤ちゃんは体をゆったりと動かしています。
体を折り曲げていて、少し苦しそうに見えるかもしれませんが、心配はいりません。

赤ちゃんにとっては一番落ち着く姿勢だといわれていますティヨガ、スイミングなどを普段の生活に取り入れてみるとよいでしょう。
ウォーキングを兼ねて赤ちゃん用品を買いに行ったりすると、ママのストレスの軽減やリフレッシュにもつながるのでオススメです。

妊娠30週目を迎えたママの様子

妊娠30週目のママの身体は、赤ちゃんの成長によって変化が起こることがあります。
どんな変化が起こるのかをみていきましょう。

体重が増える

妊娠30週目のママの体重は、増加傾向にあります。
赤ちゃんの平均出産体重は2500~4000gといわれています。
妊娠30週目を迎えるころ、お腹の赤ちゃんは1300~1700gまで成長することがあるため、出産体重と1kgしか、変わらないのです。
お腹にいる赤ちゃんの体重増加によってママの体重も増えます。

体重の増加に不安を抱いているママもいるかもしれませんが、妊娠前と比べて7~10kgまでの増加に問題はありません。
しかし、1週間のうちに、0.5kg以上急激に体重が増える場合には注意が必要です。
医師と相談の上で、食生活の見直しや軽い運動をおこなうことで、カロリーを消費しましょう。

お腹が大きくなり、胸が張ってくる

妊娠30週を含めた妊娠後期になると、女性ホルモンのエストロゲンが急増します。
エストロゲンには胸や子宮を大きくしたり、体内の水分を保持する働きがあります。
羊水量が増加と赤ちゃんの成長でママのお腹はますます大きくなっていきます。

子宮底長は27cm程までになります。
今まで以上にお腹が大きくなるため、足元を確認して慎重に行動するように心がけましょう。

また、女性ホルモンのエストロゲンの影響で、母乳を発達させるための乳腺が発達してきます。
そのため胸の張りが気になったり、痛みを伴うことがあります。

妊娠線ができやすくなる時期でもある

さらに、妊娠30週目は皮膚が急激に伸びて妊娠線ができやすくなる時期でもあります。
一番皮膚がのびるお腹以外に胸や太ももが大きくなるのでできやすくなります。

妊娠線は一度できると消すのが難しく、適切なケアが必要です。
保湿クリームやオイルで乾燥を防いだり、皮膚や粘膜に潤いを与えるビタミンAを積極的に摂取することがおすすめです。

プロゲステロンの増加がピークを迎える

プロゲステロンには、筋肉の収縮を防いで妊娠を維持したり、エストロゲンと同様に乳腺の発育を促進する機能があります。
このホルモンが妊娠30週目にピークを迎えます。

皮膚に変化があらわれる

脂肪がついて汗疹ができやすくなります。
また、体型の変化によって、脇の下や下半身に汗が溜まりやすくなり、痒みが出たり、静脈瘤ができることがあります。

痒みは夕方以降に出ても、翌朝引いていれば、一時的なもののため問題はありません。

このように、皮膚を清潔な状態に保つことが難しくなります。
通気性の良い服を着たり、お風呂上りにデオドラント用品を使って対策をしましょう。

胎動が減少する

胎動が減少して、赤ちゃんの危険を感じるママがいるかもしれません。
しかしそれほど心配することはありません。

出産に向けて、赤ちゃんは徐々にお腹の下のほうに移動し、頭が骨盤によって固定されます。
そのため、身動きがとりにくくなって胎動が減少していきます。ただし、胎動が数日途絶えてしまった場合は、切迫早産や、お腹の中の赤ちゃんが危険な状態にある可能性があるので、医師に相談しましょう。

おりものの変化

上記でも触れたエストロゲン分泌に伴い、おりものが増えることがあります。
におい、色、状態にも変化があらわれることがありますが、特に気になる場合には医師に相談するのが良いでしょう。

実際のお腹の画像

あみんママの妊娠30週目のお腹の大きさ
  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 30週目の体重
    54.9kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6.4kg
あみんママ2人目妊娠30週目のお腹の大きさ

  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 30週目の体重
    54.6kg
  • 妊娠前からの増加体重
    6.1kg
ちえママの妊娠30週目のお腹の大きさ
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 30週目の体重
    51.6kg
  • 妊娠前からの増加体重
    4.6kg
Marikoママの妊娠30週目のお腹の大きさ
  • お名前
    Marikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 30週目の体重
    50.9kg
  • 妊娠前からの増加体重
    7.9kg
ふじこママの妊娠30週目のお腹の大きさ

  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 30週目の体重
    53.9kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -900g
  • コメント
    逆子が治りました。よかった!

妊娠中お腹が大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

みつごママの妊娠・出産・産後の記録はこちらをご覧下さい

まりこママ

あみんママ

妊娠30週目に起こりやすいマイナートラブル

妊娠30週に入ると、ママはこれまではなかったいくつかのトラブルに悩まされるかもしれません。
ここではトラブルの症状と原因、適切な対処法についてみていきます。

尿漏れ

妊娠30週を迎える頃には、女性ホルモンのプロゲステロンの影響で、子宮付近の筋肉が緩むだけでなく、赤ちゃんの成長によって子宮が大きくなります。
そのため、膀胱への圧迫が生じてお腹に少し力を入れただけで尿が漏れてしまうことがあるのです。
くしゃみや咳をした時など、お腹への小さな衝撃で尿漏れが起こります。

尿漏れの対処方法

では、どうすれば尿漏れを防ぐことができるのでしょうか。
対処方法を紹介していきます。

おりものライナーや尿漏れパッドを準備する

最近では、尿漏れパッドにもマタニティマークが付けられているものがあるので、妊娠中でも買いやすくてオススメです。

我慢をして止められるものでもないのでこまめにトイレに行くように心がけるだけでなく、おりものライナーや尿漏れパッドを使いましょう

身体を冷やさないようにする

身体を冷やすと尿意を感じやすくなります。
特に妊娠後期になると、大きくなった子宮の影響から、血管が圧迫されて身体が冷えやすくなります。
中でも下半身は血流が悪くなっているので、なるべく冷やさないように、厚手の靴下を履いたり、足湯に浸かるのも良いかもしれません。

骨盤底筋群を鍛える

やり方は、力を抜いて深呼吸をしてから、おへそを胸の方にあげるように意識を向けて、お尻の穴と膣を絞めるように力を入れます。

この状態を10秒ほど保ち、そのままゆっくりと力を抜きます。

時間があるときなどに、行うとよいでしょう。
意識をして体の中心を締めるようにすると、赤ちゃんへの負担を抑えて骨盤底筋を鍛えることができます。

骨盤底筋群を鍛えることで出産に向けてホルモンの関係で骨盤が開き、骨盤底筋が弱くなるのを防ぎます。
また、産後の尿漏れ対策にもなるといわれています。

しかし、子宮口が開いている人が行うと、早産につながってしまう可能性があるので、始める前には一度医師に相談しましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に何らかの原因で高血圧になり、尿蛋白や血管障害、臓器障害などを発症する疾患のことを言います。
ひどいときには、胎盤に充分な血液を送ることが出来なくることがあります。
胎児に充分な血液が送れないと低体重児が生まれたり、胎盤の早期剥離が起きるだけでなく早産の危険がでてきます。

自覚症状として、手足のむくみがあります。
ただし、むくみは妊娠をした30%のママが経験するといわれていて、むくみが出るからといって必ずしも妊娠高血圧症候群だということではありません。

妊娠高血圧症候群は、はっきりとした原因が分かっていないため、確実な予防の方法はないことが特徴です。

太りすぎと注意を受けているママは、生活習慣の見直しを図って高血圧を回避することが必要です。
特に太りすぎだといわれていないママも、定期的に妊娠検診を受け、予防と早期発見に努めることが大切です。

切迫早産

早産とは、妊娠22週から37週未満に出産することです。
切迫早産とは、早産になる一歩手前のことを指します。

原因の一つに子宮頸管無力症があります。
これは、子宮の出口にあたる部分が陣痛とは関係なく開き始めてしまうものです。
また子宮の筋肉からできる良性の腫瘍の子宮筋腫や、特殊な形をした子宮が原因となって早産につながることもあります。

早産の兆候にはお腹の張りや痛み、出血、破水などがあります。
これらの非常事態が起こった場合には、なるべく早めに産婦人科に行きましょう。

早産には予防のための対策の方法がありません。
ただし、毎日の生活習慣をきちんと整えることでリスクを抑えることは可能です。

また、妊娠高血圧症候群と同様に、定期的な妊娠検診を受けることで、異常事態の早期発見と適切な対策が重要です。

妊娠30週目のママにオススメしたい過ごし方

妊娠30週目のママの様子や、マイナートラブルについて紹介しました。

つづいては、出産に向けて気をつけたいことを中心に、妊娠30週目をむかえたママのオススメの過ごし方を紹介します。

少し意識をかえるだけで、出産までの準備や、産後の生活に役立つことがあります。
ぜひ、生活の中に摂りいれてみてください。

食事面で体調を整える

この時期、ママはお腹はますます大きくなるため、これまでと比べて1日の運動量が減ってしまうかもしれません。

そうなると、エネルギーの消費量も少なくなり、これまでと同じ食事の仕方を続けると、大幅な体重の増加につながってしまう可能性があります。

体重の増えすぎは、むくみ、妊娠高血圧症候群、難産、産後の身体面の回復に影響が出てしまうことがあります。

そこで、ママは食事面で体調を整える必要があります。
次のことに注意しましょう。

  • 外食はなるべく避ける
  • 野菜を主食よりもたくさん摂る
  • 肉料理やスイーツを食べ続けない
  • 塩分を摂りすぎない
  • 糖分を摂りすぎない

また、赤ちゃんのとママの体のために、葉酸や鉄分、DHAやEPAなどを積極的に摂りましょう。


逆子対策をする

妊娠中期までは半数近くの人が逆子といわれていますが、妊娠30週を迎えるまでには自然に正常な体勢に戻ることが多いです。

しかし、妊娠30週目以降も逆子が続いてしまうと、赤ちゃんの成長が進むため子宮と赤ちゃんの間の空間が狭くなり、自然には治りにくくなる可能性が高くなります。

逆子のトラブルには、陣痛が起こる前に破水してしまう前期破水の状態になると、へその緒が先に外に出てしまう恐れなどがあります。
破水かなと思ったら、すぐに産婦人科に連絡をして受診するようにしましょう。

このようなトラブルを少しでも防ぐために、この時期には逆子を治す必要が出てきます。
医師と相談の上、逆子を元に戻す方法を検討するのが良いでしょう。
ここでは逆子対策に3つの方法をあげます。

  • 逆子体操
  • 逆子を直すツボにお灸をする
  • 手で子宮を押して赤ちゃんを動かす外回転術で逆子を直す

上記の方法はあくまで医師に相談の上行いましょう。

また、妊娠30週以降に逆子だったとしても、分娩までには元通りになることもあります。

身体を冷やさないようにする

妊娠中のママは普通の人よりも冷えやすい体質になってしまいます。
その原因はいくつかあげられます。

自律神経の乱れや女性ホルモンの分泌の乱れ、運動不足による筋肉量の低下などです。

ママが身体を冷やすと、血液の循環が悪くなってむくみやすくなったり、尿漏れになりやすくなったりします。

また、赤ちゃんは大事な頭を守るために、頭をお腹の温かいほうに向けてしまうため、逆子の原因になったりすることがあります。
さらに、お腹が張りやすくなったり、便秘や腰痛の原因になることがあります。

こうしたことを少しでも防ぐための冷え対策をみていきましょう。

身に着けるものに注意する

手足やお腹を締め付けるようなものは血流を悪くするため避けて、ゆったりとした格好を選びましょう。
また、室内であっても靴下を履くようにしたり、なるべく脚を出さずにタイツや長ズボンを履くように心がけましょう。

暖かい環境づくり

夏場になると、暑さからついエアコンを入れっぱなしにしてしまいますが、そのような室内の温度はママの身体から徐々に熱を奪っていってしまいます。
暑くても手足やお腹は冷やさないように注意しましょう。

入院の準備を始める

妊娠30週目は出産に向けて、どんなトラブルが起こってもおかしくない時期でしょう。何
か異変を感じた時のために、すぐに産婦人科に行ける準備をしておくことが大切です。

緊急で入院せざるを得なくなることもあります。
そんな万が一の時のために、この時期に必要なものを揃えてひとまとめにして、すぐに持ち出せるように準備しておくと良いでしょう。

さらに、時間帯や場所によっては、緊急時に産婦人科へ同行してもらえる人がいない可能性もあります。そういったときに、タクシーの番号のメモを持っておくことも役に立つでしょう。

赤ちゃんが生まれた時のための環境づくり

赤ちゃんが生まれるまでは、ママも家族も大変なことはたくさんあるかもしれません。
しかし、だからといって赤ちゃんが生まれた後のことを全く考えていないと、何か問題が起きた時にすぐに対応できない可能性があります。

赤ちゃんが生まれた時の環境づくりを、この時期あたりから始めてみるのはいかがでしょうか。
では、赤ちゃんのために、具体的にはどのようなことに注意する必要があるのでしょうか。

  • 寝室のスペース確保
  • 風通しがよく換気のしやすい環境を選ぶ
  • 快適な温度と湿度を保つ
    (室温22度~25度、湿度は50~60%が快適な温度と湿度の目安)
  • 赤ちゃんの手の届くところに物を置かない
  • 落下する危険のあるものがないかを確認

上記のようなことを特に心がけて、家族も赤ちゃんも、安全、安心して過ごせるような環境づくりをしましょう。

軽い運動を続ける

この時期は、お腹の大きさからどうしても運動不足になりがちなママも多いのではないでしょうか。

しかし、軽い運動を少しでも続けることで、さまざまなトラブルを避けることにつながり、安産を迎えることができます。

激しい運動は避けて、ウォーキングやマタニティヨガ、スイミングなどを普段の生活に取り入れてみるとよいでしょう。
ウォーキングを兼ねて赤ちゃん用品を買いに行ったりすると、ママのストレスの軽減やリフレッシュにもつながるのでオススメです。

妊娠30週目はお腹が大きくなるからそれに伴った変化を受け入れよう

妊娠30週目は、お腹が大きくなることでトラブルを感じやすい時期です。

また、出産が近づいていることから神経質になることや、ほかの妊婦さんと比較して心配になろことがあるかもしれません。

しかし、お腹の赤ちゃんの大きさや体重などは個人差があって当たり前です。
大きく平均を外れておらず、母子共に健康であれば心配はいりません。

もし、気になることがあれば、医師に相談し、ストレスを抱えないよう心掛けてください。
赤ちゃんがせっかく健康であっても、ママのストレスが赤ちゃんに悪影響を与えてしまうこともあります。
今はお腹にいる赤ちゃんが元気に成長してくれるを願って、穏やかな気持ちで毎日を過ごすとよいでしょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア