【妊娠34週】胎児の体重は?赤ちゃんのエコーは?腹痛や陣痛はある?

妊娠34週は、月で数えると妊娠9ヶ月の3週目となります。
出産、産後の準備をし始め、お腹の膨らみは著しくなり、赤ちゃんに出会えるのが待ち遠しいママも多いことでしょう。

働いているママは、今週から産休に入ります。
産休中も定期的に上司と連絡をとっておくと、職場復帰もスムーズにいくことが多いようです。


妊娠34週目のママに腹痛や陣痛などはあるのか、赤ちゃんはどのくらいの大きさになっているのか、など、妊娠34週目の様子をみていきましょう。

妊娠34週目のママの変化


妊娠34週目では、あまりお腹が大きくなかったママでも「急にお腹が出た気がする」と感じることがあるようです。

お腹が膨らみ妊婦らしい姿に

ママのお腹が外から見て目立つようになり、妊婦らしい姿になります。

気分の変化

一般的には、お腹が大きくなったり、胎動を感じることで、ママ自身が「お母さんになる」という自覚が強くなるようです。
この時期は出産へ楽しみがあるいっぽう、近づく出産への不安を感じる方もいるようです。

実際のお腹の画像

  • お名前
    あみんママ
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • お名前
    あみんママ(2人目)
  • 身長
    164cm
  • 妊娠前体重
    48.5kg
  • 34週目の体重
    57.4kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.9kg
  • コメント
    ここにきてまた体重管理が難しいです。
    10kg増まであと1kgです(^^;
    相変わらず胃は気持ち悪くあまり食べれていませんが体重だけは増え続けています。
    腰は今までと違った位置が痛み出しました。
  • お名前
    ちえママ
  • 身長
    155cm
  • 妊娠前体重
    47kg
  • 34週目の体重
    52kg
  • 妊娠前からの増加体重
    5kg
  • お名前
    Malikoママ
  • 身長
    153.5cm
  • 妊娠前体重
    43kg
  • 34週目の体重
    51.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    8.3kg
  • お名前
    fujikoママ
  • 身長
    158.5cm
  • 妊娠前体重
    54.8kg
  • 34週目の体重
    54.3kg
  • 妊娠前からの増加体重
    -500g

妊娠中お腹が大きくなる様子



妊娠34週目の赤ちゃんの変化

妊娠34週目では、赤ちゃんがお腹を蹴ったり、動いたりするときに感じる胎動を強く感じることが増えてきます。
この時期は、赤ちゃんの大きさも日に日に増していきます。

お腹の中でおこっていること

妊娠34週目の胎児の発達は、最終段階に入り、身体の機能はほぼ産まれても問題ない程度に近づきます。

平均的な赤ちゃんの大きさは45cmくらい

  • 身長 約40~47cm
  • 体重 約1,400~2,900g

個人差はありますが、およそこのくらいのようです。

多くの産婦人科では、妊婦健診の際にエコー写真を渡してもらえます。
エコー写真の端には、その日の胎児の体重や身長が記されていますので、お腹の赤ちゃんの今の大きさが分かります。

内臓機能の発達

妊娠34週になると、赤ちゃんの内臓機能が発達します。
たとえば、肺機能の発達により、肺呼吸ができるようになります。
また、脳の発達により感情も発達しているので、外からの声に反応します
声をかけるとお腹を蹴ったり動いたり、といった反応をする赤ちゃんもいるようです。

徐々に骨もしっかり強くなってきます。
始めは頭蓋骨から硬くなりますが、34週になると身体全体の骨が丈夫になってきます

ママの身体には皮下脂肪がつき始めて、ふっくらしてきます。
万が一、早産で赤ちゃんが外に出ても、生きていける機能が備わってきます。

神経系が発達する

今まで以上に赤ちゃんの中枢神経や末梢神経が発達し、表情を変えたり指を動かしたりできるようになります。
自律神経も発達し、体温調節機能も充実してきます。

交感神経、副交感神経のバランスも整い、心拍や呼吸の働きも安定しています。

生活リズムがつき始める

赤ちゃんは昼夜の感覚はありませんが、20~30分おきに寝たり起きたりしています。
起きているときは、手や足を動かしたり、身体の向きを変えたりします。
このときに、ママは胎動を感じることがあります。

また、赤ちゃんはママのお腹の中で、排泄の練習をしています。
そのため、羊水を飲んで排泄することを繰り返します

妊娠34週の赤ちゃんのエコー

このころの赤ちゃんの姿は超音波検査(エコー検査)では、どのように見えるのでしょうか。
妊娠初期では経膣超音波検査ですが、34週目ではお腹の上からエコーをかける経腹超音波検査で赤ちゃんの様子を見ます。

妊娠中期までは胎児の身体全体がエコーで写し出されますが、34週目では身体の一部分だけが写ることが多いようです。
それだけ赤ちゃんが大きくなっているのです。

エコーから見える赤ちゃんの様子

妊娠34週目のエコー写真では、身体の細かい部位を見れます。

赤ちゃんが手を開いていたり、指しゃぶりをしていたりといった様子をリアルタイムで見られるので、ほほえましく感じるママもいるようです。


このエコー写真では、赤ちゃんの大腿骨の部分が写っています。
大腿骨の長さから、おおよその体の大きさを判断しています。

頭から背の部分です。
背中の方をママのおへそ側にして、頭を上の方を向けています。
このエコー写真では逆子のため、頭が子宮口の方にありません。

3Dエコーは表情まで分かる

医療機器の発達によって、現在では3Dエコーを導入している産婦人科があります。
3Dエコーでは、赤ちゃんの顔や形の凹凸、表情まで見ることができます。

この写真では、左目の近くに左手を置いているのがわかります。
目、鼻、口、唇の輪郭もはっきり見えています。

妊娠34週目のマイナートラブル


妊娠34週目では、腹痛や腰痛が起こりやすいようです。

妊娠後期の腹痛や腰痛は強い痛み、お腹の張り、出血に注意

妊娠後期に入ると、ときどき恥骨の痛みや生理痛のようなお腹の痛みを感じるママが多いようです。

これはリラキシンの影響で、関節やじん帯が緩むことから、腰痛や恥骨痛を感じることがあります。
リラキシンは妊娠中に分泌量が増える女性ホルモンで、関節やじん帯を緩める働きをします。

また、ママが少し無理をして身体を動かしすぎると、お腹が張ったり固くなったり、腹痛を感じたりするケースがあるようです。

今まではそれほど感じなかった腹痛をこのころに感じるようになった場合、お腹の赤ちゃんの様子が気になることもあるでしょう。
お腹の痛みによってはトラブルが発生している可能性があるので、妊娠中の腹痛はどんな状態なのか把握することが大切です。

妊娠34週に以下のような症状がある場合、医師の診断を仰ぎましょう。

注意するべき腹痛

  • 腹痛が頻繁に起こる
  • お腹の張るような痛み
  • 出血を伴う腹痛
  • 生理痛に似た痛み
  • シクシク刺すような痛み

乳首がかゆくなることも

妊娠34週目ころは「乳首がかゆくてたまらない」というママがでてくるようです。
とくに初めて妊娠したママは、かゆさに驚くことも。

かゆくなるのは、ホルモンバランスが変化し、赤ちゃんが生まれたあと、おっぱいをあげられるように乳腺や乳管が発達しているからです。
また、妊娠によるホルモンバランスの変化で、乳房全体が大きくなることも要因のひとつです。

あまりかいたりせずに、乳房や乳首を清潔にたもちましょう。
我慢できないほどかゆい場合は、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)の可能性もあるので、医師に相談しましょう。

手足のしびれ

この時期になると物をつかめないほど手足がしびれるケースがあります。

しびれの原因は、大きく4つ考えられます。

  • 血流が滞っている
  • 自律神経の乱れ
  • ビタミンB1不足
  • リラキシンの影響

1:血流が滞る

赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮も大きくなります。
その子宮がまわりの臓器や血管を圧迫することから、むくみやしびれが発生します。

2:自律神経の乱れ

また、妊娠中はホルモンバランスが一定になりません
ホルモンバランスの乱れやストレスから、自律神経が乱れやすくなり、血液の流れが悪くなることも。

3:ビタミンB1不足

ビタミンB1血行を促進する働きをもつ栄養素です。
妊娠中は、胎児に栄養をおくるため、母体はビタミンB1だけでなく栄養不足におちいりやすくなります。

食事でおぎなえていれば、問題ありませんが、足りてないと感じるのであれば、サプリメントで摂取してもよいでしょう。

妊婦さんに必須の「葉酸」 どんな成分?正しくとる方法は?

妊婦さんに必須の栄養素といえば「葉酸」。大事大事というけれど、具体的にどうして必要で、一日にどれくらいを摂ればいいのでしょうか。

4:リラキシンの影響

関節やじん帯をゆるませるリラキシンは、妊娠後期になると増えてきます
重くなった子宮が骨盤内で支えきれず、恥骨や坐骨神経を圧迫することで、血行不良がおこります。
その結果、むくみやしびれという症状がでることも。

対策方法

お風呂や温かい飲み物、食べ物で身体を温め、血流をよくしましょう
レッグウォーマー腹巻といった冷え対策も効果的です。
ただし、きゅうくつなものは、血行を悪くしてしまうので自分に合ったサイズを使うとよいでしょう。

手足のしびれている部分を、動かして血流をよくすると即効性があるようです。
手のしびれの対策は、グーチョキパーを繰り返すとよいでしょう。足のしびれは、足の指を曲げたり、伸ばしたりすることで血流がよくなります。

また、しびれている部分にシャワーをあてて温め、冷たい水で冷やす、再度温める、と繰り返すことで血流がよくなります。

足の位置を高くして寝ると、むくみが軽減されます。

足の付け根の痛み

足のつけ根が痛いのは、妊娠後期によくみられる症状のひとつです。

リラキシンと呼ばれるホルモンの影響で、じん帯や関節がゆるみ、出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けやすいようになります。
じん帯や関節がゆるむことで、内臓や身体を支える力が弱まり、骨や筋肉に大きな負荷がかかります。

また、子宮が重くなり、ほかの臓器を圧迫します。
リラキシンの影響でゆるんでいる恥骨結合部や股関節が、子宮の重さによって圧迫されるため、足の付け根が痛くなります。

多くのママが体験する痛みですが、我慢できないときは医師に相談しましょう。

妊娠34週目で気を付けたいこと


妊娠34週目では切迫早産、上位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)に注意が必要です。

切迫早産

「お腹が張る」というのは、子宮が収縮している状態です。
1日に1~2回程度であれば、できるだけ安静にして様子をみて問題ありません。

しかし、そもそもお腹が張ることはあまりよい症状であるとはいえません。
お腹の張りが10分間隔になり陣痛がおこる、安静にしていてもお腹の張りが収まらないなどの場合は、切迫早産の可能性があります。

切迫早産は、早産になりかかっているということです。

切迫早産の特徴は次のとおりです。

  • お腹が張り続ける、または頻繁に張る
  • 安静にしていても痛みが治まらない
  • 痛みが強くなる
  • 不正出血
  • 破水

このような場合は、すぐに診察を受けましょう。
なかでも、破水は羊水が足りなくなり、大変危険な状態です。

切迫早産の対処方法は、安静がもっとも重要だといわれています。
自宅安静だけでなく、入院になるケースもあり、場合によっては張り止めの服用や点滴がおこなわれます。

上位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

通常、胎盤がはがれるタイミングは出産した後です。
上位胎盤早期剝離(じょういたいばんそうきはくり)は、まだ赤ちゃんがお腹の中にいるにも関わらず、胎盤がはがれてしまうことをいいます。

赤ちゃんは胎盤を通して、酸素や栄養を受け取っているので、母体だけでなく、赤ちゃんにも大きな影響を及ぼします。

上位胎盤早期剥離の要因は、ふたつのケースがあります。
交通事故などの外傷によっておこるケースと、自然におこる場合です。

原因の多くは、なんらかの衝撃や過度のストレス、無理に動きすぎたことなどです。
激しい下腹部痛をともない、固く張ったままの状態が続く場合は、上位胎盤早期剥離というトラブルが起きている可能性があります。

上位胎盤早期剥離がおきて医療機関に運ばれた時点で、お腹の赤ちゃんが弱っている場合は、緊急帝王切開になるケースもあります。

帝王切開の 記事一覧

帝王切開の術後の痛みや傷について紹介しています。
ふたり目のことやお金のことも知っておきましょう。

34週の下腹部痛は、前駆陣痛の場合も

妊娠後期である9ケ月は、前駆陣痛があることも。

前駆陣痛は本陣痛とは異なり、赤ちゃんが出てくるものではありません
本陣痛が始まる前に、子宮を収縮させることで、赤ちゃんが通る「子宮頚管」や「子宮下部」を柔らかくする働きがあります。

痛みの症状は人それぞれですが、痛みを感じながら寝られるくらいの弱さのようです。
生理痛のような痛み、シクシクする痛み、など感じ方もさまざまです。
とくに夜や、横になっているときなど、ママがホッと安心して体を休めているときに起きることが多いようです。

前駆陣痛は不規則なので、本陣痛のように、一定の間隔での痛みはありません。
「お腹が張ったな」と何回か感じると、いつの間にか感じなくなっている、ということの繰り返しです。

また、毎日起きるわけでもありません。

おすすめの過ごし方


妊娠34週目は妊娠後期になり、臨月まであと少し。
出産に向けての準備をする期間です。

切迫早産などのリスクが大きくなる時期なので、お腹が張ったら横になるなど、できるだけ無理をしない生活をしましょう。

外出は、できるだけ近所で済ませる

まずはお腹の赤ちゃんと母体を一番に考えて過ごすことが大切です。

遠出をした先で腹痛になった場合、かかりつけの産科医で診てもらえないこともあります。
何が起きても大丈夫なように、最寄りで済ませられることであれば、できるだけ最寄りで済ませましょう。

万が一のときを考えて、外出時には母子手帳や保険証を持ち歩くようにするとよいでしょう。

適度な運動と休息をする

出産には、体力と筋力、身体の柔軟性が必要です。
ママの体力があると産後の回復も早くなります。

適度な運動は、部屋の掃除を、四つん這いで雑巾がけをする、家の周辺を散歩する、股関節を柔らかくするストレッチや柔軟体操をするなど、日常生活に取り入れると続けやすくなります。

しかし、無理をしすぎると、お腹が張ることも。
疲れたと感じたら無理をせずに身体を休めましょう。

また、妊娠後期は、足がむくみやすくなります。
多くの原因は、運動不足や塩分の取りすぎによるものが考えられます。
妊娠後期は子宮が大きくなるため、足の付け根が圧迫され血流が悪くなることで、さらにむくみやすくなるようです。

足を冷やさない、むくみをとるマッサージをする、寝るときは足を少し高い位置にあげる、ウォーキングをする、食生活を見直すなど、対策をおこないましょう。

お産に向けた入院準備や呼吸の練習

出産に向けた準備を始めましょう。

入院準備

そろそろ入院準備を始めるころです。
病院からもらったリストを確認して、必要なものをそろえましょう
ご主人などご家族と入院中の家事や生活について相談しておくとよいでしょう。

出産時の呼吸の練習

出産時の呼吸法の練習や出産のイメージトレーニングをして、出産の準備を始めましょう。
一般的には、深く呼吸すると陣痛の痛みをやわらげ、スムーズなお産になりやすいといわれています。

出産時の呼吸法は、「胸式呼吸」「複式呼吸などがあります。

病院によって異なりますので、呼吸方法は病院の指示に従いましょう。
どちらの呼吸法でも、息を吐いてから吸うのがポイントです。

特に初めてお産をするママは、不安や痛みなどで緊張して体がこわばってしまいます。
息を吐くことを意識して身体をリラックスさせてお産にのぞみましょう。

助産師や看護師の誘導で次第にコツがつかめてくるようです。
「上手にできない」とパニックにならないよう、痛みがきたら深呼吸すると覚えておくとよいでしょう。

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。