【妊娠35週】胎児の体重は?子宮口は開く?腹痛や出血はある?

妊娠35週で、9ヶ月目が終わります。
臨月を目前に控えた35週目のママは、お腹が大きくなることで、さまざまな症状に悩まされるようになります。

ママの体調が優れない方が多いいっぽうで、赤ちゃんは生まれるための準備をほとんど終えるころです。
妊娠35週目のママと赤ちゃんについて、詳しくみていきましょう。

妊娠35週のママの様子

まずは、妊娠35週目のママについて確認していきましょう。

体の変化

35週目のママは、お産に向けて身体が変化してくるころです。

子宮底長が30cmを超える

35週目には、子宮底長が30cmを超えるママが多いようです。

妊娠前よりも、およそ800倍の大きさになった子宮は、重さも20倍ほど増え、日常生活を送るなかで不便を感じることも増えるかもしれません。

子宮口が柔らかくなる

お産に向けて、子宮口が柔らかくなってくるころです。

子宮口が柔らかくなり、膣が緩むことで、おりものの量が増えたと感じるママが多いようです。
おりものの量が多くなり、破水と見分けがつかないというママもいます。

個人差はありますが、破水はおりものに比べて水っぽく、生臭く感じるようです。
また、トイレに入り、自分の意思で止められない場合は、破水の可能性があります。

破水は感染症を起こす恐れがあるため、急いで病院に向かいましょう。

子宮口が開きだすママもいる

すでに、子宮口が少しずつ開きだすママもいます。
子宮口が開くときは自覚症状がないため、医師に指摘されて初めて気づくママが多いようです。

35週目では、子宮口が開いたとしても、0.5~1cm程度のママがほとんどです。
子宮口が1cmほど開いていたとしても、すぐにお産が始まるわけではないので、焦らず心に余裕を持って過ごしましょう。

血液量が増加する

お産に向けて血液量は、妊娠前のおよそ1.5倍に増加します。

血液は優先的に赤ちゃんまで送られるため、血液量が増えたとしても、ママの脳へ送られる血液が減ります

また、血液量が増えても、赤血球の数自体は変わりません。
赤血球は酸素や栄養を運ぶ働きをします。

脳へ送られる酸素が減ることで、貧血や立ちくらみ、めまいといったマイナートラブルが起こりやすくなります。

体重増加しやすい

35週目は、ママの体重が増えやすい時期です。
お産に向けて子宮が下がることで、食欲が戻るママが多いためです。

体重が増えると産道に脂肪がつくため、難産リスクが高まります。
35週目に体重が500g以上増えた場合は、食べ過ぎている可能性があるので、医師の指示に従って、体重管理を行いましょう。

後期つわりで食べられない場合

食欲には個人差があるため、なかには小食になるママもいます。
大きくなった子宮に胃腸を圧迫され、吐き気や胃のむかつきを感じるママもいるようです。

お産に向けて、ママが体力をつけるためだけではなく、赤ちゃんにしっかりと栄養を送るために、少量でも高カロリーの食事を心がけましょう。

摂取カロリーの目安は、1日2,000~2,250カロリーです。
食事の回数を増やし、一度に食べる量を減らすことで、胃腸への負担を減らせます。

35週目のお腹の写真

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5kg

  • 35週目の体重

57.6kg

  • 妊娠前からの増加体重

9.1kg

 

  • お名前

あみんママ(2人目)

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5kg

  • 35週目の体重

57.6kg

  • 妊娠前からの増加体重

91.kg

 

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43kg

  • 35週目の体重

53.2kg

  • 妊娠前からの増加体重

10.2kg

 

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5kg

  • 妊娠前体重

54.8kg

  • 35週目の体重

54.8kg

  • 妊娠前からの増加体重

0g

35週目に向けてお腹が大きくなる動画

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

気分の変化

つぎに、ママの気分の変化をみていきましょう。

症状に悩まされて精神的につらくなる

35週目は、身体に起こるさまざまな症状に悩まされ、精神的につらいと感じるママが多いようです。

また、お腹が大きくなったことで、足の爪を切ったり、靴紐を結ぶといった日常動作がしづらくなります

できることが限られ、イライラとしてしまうママも多いようですが、ひとりで抱え込み過ぎないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れも影響する

35週目のママが、精神的につらいと感じる原因には、ホルモンバランスの乱れもあります。
お産に向け、ホルモンバランスが変化することで、情緒が不安定になるママが多いようです。

妊娠35週の赤ちゃんの様子


35週目の赤ちゃんの様子を確認していきましょう。

発育の様子

35週目の赤ちゃんは、生まれても大丈夫な状態に近づいているころです。
まずは、発育の様子をみていきましょう。

体重・身長

35週目の赤ちゃんは、体重1,900~2,700g、身長420~480mmと、大きく個人差が出てくるころです。

出産までの残り1ヶ月ほどで、およそ1kgほど成長する赤ちゃんが多く、医師から異常と診断されない限り、平均より小さくても心配ありません。

また、エコー検査で測定される体重には、2割ほど誤差が出ることもあり、ママは赤ちゃんの大きさで一喜一憂し過ぎないようにしましょう。

肺呼吸の準備ができる

35週目の赤ちゃんは、肺の機能が完成するころです。
肺機能が成熟すると、いつ生まれてきても問題なく呼吸できるようになります。

器官がほとんど完成する

肺以外にも、赤ちゃんの器官がほとんど完成し、生まれても大丈夫な状態に近づいています。

35週目はひと通りの器官が完成するころなので、万が一、早産になった場合でも、元気に成長する赤ちゃんが多くなります。
とはいえ、35週はまだお腹のなかで成長する時期なので、早産の場合は、発育遅延などのリスクがあります。

脳神経が発達する

赤ちゃんの脳神経は、発達が進みます。
35週目には、内側から頭蓋骨を押し上げるほど、脳が大きくなっていきます。

脳の完成は生まれてから

とはいえ、赤ちゃんの脳が完成するのは、出産後です。
胎内で完成してしまうと、頭が大きくなり、産道を通り抜けられなくなる可能性があるためです。

新生児の姿に近づいていく

35週目の赤ちゃんは、少しずつ新生児と変わらない姿に近づいていきます。

くびれができる

手首や足首に、くびれができてくるころです。
35週目には脂肪率がおよそ8%になり、皮下脂肪が増えたことで、ふっくら丸みを帯びてくる赤ちゃんが多いようです。

胎毛が抜けてくる

皮下脂肪がついてきたことで、赤ちゃんの体を守っていた胎毛が減ってくるころです。
お産が近づき、胎毛が減るいっぽう「胎脂」といわれる膜が、生まれてくるまで赤ちゃんを包んで守ります。

胎脂には、産道を通りやすくする潤滑剤のような役割があります。
また、生まれてからも、赤ちゃんの肌が乾燥しないように保護する働きもあります。

おなかの中での様子

35週目の赤ちゃんが、お腹のなかでどのように過ごしているのか、みていきましょう。

しゃっくりをする

35週目の赤ちゃんは、しゃっくりをすることがあります。
赤ちゃんがしゃっくりをする原因は、大人と同じように横隔膜が痙攣するためです。

赤ちゃんがしゃっくりをすることは、じつは妊娠20週ごろからあるようですが、ママが気付くのは赤ちゃんの身体が大きくなった35週目あたりが多いようです。

しゃっくりはトラブルではないので、しゃっくりができるほど赤ちゃんが成長したと考えましょう。

妊娠35週目に起こりやすいマイナートラブル


つぎに、35週目で起こりやすいマイナートラブルを確認していきます。

お腹の張り・腹痛

35週目は、不規則なお腹の張りや痛みに悩まされるママが多いようです。

前駆陣痛の可能性がある

お腹の張りや痛みが不規則に起こり、安静にしていれば治まる場合は、前駆陣痛の可能性があります。

前駆陣痛には、本陣痛に向けて子宮を柔らかくする作用があります。
痛みの感じ方に個人差がありますが、生理時の痛みのような下腹部痛を感じるママが多いようです。

立ちくらみ・めまい

35週目は立ちくらみやめまいといった、貧血のような症状に悩まされることも。

立ったり座ったりする動作でも、立ちくらみを起こして転倒してしまう可能性があります。
転倒すると、破水してしまう恐れがあるため、激しい運動は控え、できるだけゆっくりと動きましょう。

症状がひどい場合は、医師から鉄剤を処方してもらうことでよくなるママもいます。
また、カルシウムや鉄分が豊富な食材をとり、貧血対策をするのもおすすめです。

35週目は、お腹が大きくなり、座った状態が続くため、痔になることも。

痔になると、痛みにストレスを感じながら生活をするママも多く、出産中にいきむことがつらくなります
医師から痔の治療薬を処方してもらったり、治療用クッションを活用するようにしましょう。

尿漏れ

尿漏れに悩まされるママが多くなります。
ちょっとした動作でも尿漏れが起きてしまい、不快感を感じることがあります。

尿漏れは子宮が膀胱を圧迫することが原因のため、出産するまで続きます。
尿漏れシートや厚めの生理用ナプキンを常備しておくようにしましょう。

ただし、生理用のナプキンでは吸水率に限度があるため、かぶれてしまうママが多いようです。
こまめに取り換えることが難しいのであれば、尿漏れシートがおすすめです。

下痢

35週目は、お腹の調子が変わりやすく、下痢に悩まされることもあるようです。

下痢の原因は、子宮が腸を圧迫することのようですが、病気の可能性もあります
食中毒やウィルス性胃腸炎の恐れもあるため、下痢の症状がつらい場合は、病院に相談しましょう。

妊娠35週に気をつけたいこと


35週目に気をつけたことをみていきましょう。

出血はトラブルのサイン

35週目に出血があった場合は、子宮にトラブルが起こっている可能性があります。

常位胎盤早期剥離

出血があり、腹部に強い痛みが続く場合は、常位胎盤早期剝離の可能性があります。

常位胎盤早期剝離は、赤ちゃんとママを繋ぐ胎盤が剥がれてしまう症状です。
胎盤が剥がれると、赤ちゃんは酸素や栄養を受け取れなくなるため、命に関わります。

出血や激しい痛みを感じたときは、急いで病院に向かってください。

35週目の赤ちゃんは肺機能が整い、外の世界で呼吸できるほど成長しているので、出産しても生きていく力が備わってきています
常位胎盤早期剝離の場合は、一刻も早く赤ちゃんをお腹の外に出してあげることが大切です。

前置胎盤

痛みもなく、急に出血した場合は、前置胎盤の可能性があります。

前置胎盤は、胎盤が正常よりも低い位置にあり、赤ちゃんの出口を塞いでしまう症状です。

子宮の出口が塞がれているため、お産のときに大量出血する恐れがあり、前置胎盤と診断されたケースでは、ほとんどのママが帝王切開になります。

前置胎盤のママは、運動や家事を控え、できるだけ安静に過ごすように医師から指示されます。

逆子

35週目で逆子の場合は、出産予定日までになおる可能性があるため、逆子体操を行うようにしましょう。

帝王切開を決めるのは、臨月に入ってからのママが多いようです。
赤ちゃんの位置は毎日変化しているので、柔軟に対応することが大切です。

早産

35週目での出産は、早産になります。
破水やおしるしなど産徴(お産のサイン)があった場合は、早産の危険があります。

35週目の早産は、赤ちゃんの器官が一通り完成しているため、後遺症のリスクが低く、生存率も37週目以降の正期産とほとんど変わりません

体重が2,500gに満たないケースだと、低出生体重児で発育が遅れていることがあるので、NICU(新生児集中治療室)でしばらく育てるケースもあります。

妊娠35週の過ごし方


35週目のママの過ごし方を確認しましょう。

適度に運動をしよう

35週目は体重が増えやすいため、医師から止められていない限り、適度に運動をしましょう。
また、身体を動かしておくことで、骨盤まわりが柔らかくなり、安産に繋がりやすくなります

ウォーキングやヨガ、マタニティビクス、マタニティスイミングがおすすめです。

会陰マッサージをしよう

赤ちゃんがお腹から出てきやすくなるように、会陰マッサージをするとよいでしょう。

会陰とは、赤ちゃんが出てくる膣の出口から肛門のあいだの部分です。
分娩時に会陰が十分に伸びないと、赤ちゃんがなかなか外に出られず、はさみで切開する可能性があります。

また、切開をしなくても、赤ちゃんが出てくるときに「会陰殺傷」といって、会陰が破れてしまう恐れがあります。

会陰切開や会陰殺傷があった場合は、産後に会陰を縫合し、回復までに時間がかかるようです。

会陰マッサージを継続していると、会陰が伸びやすく、柔軟性が高くなるので、切開や会陰殺傷のリスクが低くなります

会陰マッサージのやり方

マッサージオイルをなじませた指を膣に少しだけ挿入し、ゆっくりとほぐすようにマッサージします。
膣の周辺をくるくる撫でるように、やさしくマッサージしてください。

会陰マッサージは、膣に雑菌が入らないように、清潔な状態でおこないましょう。
頻度は、週に2~3回、5分程度が目安です。

バースプランを立てよう

35週目ごろまでに、バースプランの提出をママにお願いする病院が増えてきたようです。

バースプランとは、出産から退院までのあいだ、ママがどのように過ごしたいか計画を立てることです。

提出したバースプラン通りにすべてが進むわけではありませんが、ママの希望を病院側に伝えるために大切な機会です。
また、病院からどこまでサポートしてもらえるのか知り、お互いに意見を交換しておく目的があります。

里帰りの移動は35週までに

里帰り出産を考えているなら、移動は35週目までに終えておいたほうがよいでしょう。

飛行機を利用する場合は、臨月をむかえると、搭乗に医師の診断書や同意書が必要になります
また、臨月はママの体調も変化しやすいので、安全のためにも35週目までに里帰りを済ませておきましょう。

周囲に協力を頼めるようにしておこう

お腹が大きくなり、身の回りのことを、ママひとりでこなすのが大変な時期です。

これから臨月を迎え、さらに体調や気持ちが落ち着かなくるママが多いので、今のうちから周囲に協力を頼めるようにしておきましょう。

ママひとりで抱え込み過ぎて、ストレスを感じていると、子宮の収縮が起こりづらくなり、難産になる可能性があります
ほかにも、ママのストレスが赤ちゃんの体調に悪影響を与える恐れもあります。

周囲に遠慮をせず、手を貸してほしいときには、協力をお願いしましょう。

妊娠35週は無理をせず臨月に備えよう


妊娠35週目は、体調が優れないことで、精神的にもつらいと感じるママが多いようです。

赤ちゃんは、外の世界に出てくるための準備をほとんど整えた状態ですから、ママも焦らず臨月に備えていってください。

身体がきついときは無理をせず、お産に向けてゆっくり過ごしましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。