【妊娠36週】胎児の大きさや胎動は?お腹の張りは?どう過ごせばいい?

妊娠36週で、ついに臨月である10ヶ月をむかえます。
体内で赤ちゃんを感じる大切な時間も残りわずかとなり、そわそわとしてしまうママも多いかもしれません。

母子ともに、お産の準備を本格的に始める妊娠36週目。
この時期に、ママと赤ちゃんに、どのような変化が起こるのかを確認していきましょう。
妊娠36週目のママが気をつけておきたいポイントから、おすすめの過ごし方まで、詳しくご紹介します。

妊娠36週目のママの変化

妊娠36週目のママは後期つわりも和らぎ、赤ちゃんとの対面に向けて気持ちが落ち着かなくなる頃です。
臨月をむかえたママの変化を確認していきましょう。

ママの体調の変化

まずはさっそく、妊娠36週目にママの体調はどのように変化をするかみていきます。

後期つわりが軽くなる

吐き気や胸やけといった後期つわりが軽くなります。
お産に向けて、子宮が下がってくることで肺や心臓、みぞおちあたりの圧迫感から解放されるため、吐き気や胸やけが軽減されるというわけです。

体重が増えやすい(食欲が増す)

後期つわりが和らぎ、食欲が戻ることで体重が増加しやすい時期です。
お腹が大きくなり、動きづらくなるためママの活動量も少なくなります。
そのため、急激な体重増加には気をつけてください。

体重増加の目安

妊娠36週の7日間で増える体重は、0.3~0.5kgが目安です。
食欲が戻ることで、食べ過ぎには注意しましょう。

この1週間で1kg以上、体重が増えてしまった場合は、医師に相談のもとダイエットや食生活の見直しを行ってください。

胎動が感じづらくなる

妊娠36週になると、以前よりも感じる胎動の数が減ります。

出産が近づき、胎児の頭が骨盤に固定されるため、胎動を感じづらくなります。
ただし、手足の動きは活発なままなので、胎動が全くなくなるということはないでしょう。

36週目のおなかの画像

 

  • お名前

あみんママ

  • 身長

164cm

  • 妊娠前体重

48.5kg

  • 36週目の体重

57.8kg

  • 妊娠前からの増加体重

9.3kg

 

  • お名前

Marikoママ

  • 身長

153.5cm

  • 妊娠前体重

43kg

  • 36週目の体重

53.6kg

  • 妊娠前からの増加体重

10.6kg

 

  • お名前

fujikoママ

  • 身長

158.5cm

  • 妊娠前体重

54.8kg

  • 36週目の体重

55.3kg

  • 妊娠前からの増加体重

0.5kg

36週目に向けておなかが大きくなる様子

みつごママ(三つ子を妊娠したママ)

まりこママ

あみんママ

妊婦検診の頻度が週1になる

臨月をむかえると、お産に向けて、詳しく母子の状態をチェックするために、妊婦検診の頻度は週1回になります。
では、どのような検診をおこなうのか内容をみていきましょう。

子宮口の確認をする

基本的に、36週目で子宮口が開くママは少ないようです。
しかし、なかには、36週目で子宮口が開き始めるママもいるようです。
臨月となり、「いつ生まれてきてもおかしくない」とお産の心構えを始めておきましょう。

血圧・尿蛋白の検査

血圧と尿蛋白の検査は、妊娠高血圧症候群妊娠中毒症)の兆候を知るためにおこないます。

NST(ノン・ストレス・テスト)

胎児心拍モニタリングといわれるNSTは、赤ちゃんが元気で、お産に耐えられる状態かどうかを調べる検査です。
ママのお腹に器具をつけて、大事の心拍数や胎動、子宮収縮について詳しく確認します。

赤ちゃんの正確な心拍数を測るため、検査に40分ほどかかる場合もあります。
これは、胎児が20分間隔で眠ったり、起きたりしているためです。
時間に余裕をもって、検診を受けましょう。

ストレスが減り、気持ちも楽に過ごせる

後期つわりが軽くなり、食欲も戻ることで、精神的に余裕を感じやすい時期です。

体調がよいことで「お出かけしたい」と考えるママもいるかもしれません。
ただし、臨月は「いつ出産してもおかしくない」状態。

すぐに病院へ迎える範囲で、お産に向けて穏やかに過ごしましょう。

妊娠36週目の胎児の変化

36週目をむかえた胎児は、新生児と変わらないくらいに成長しています。
お腹の中にいる赤ちゃんは、いつ生まれてきても大丈夫なように体を小さく丸めて、骨盤のほうまで下がってきます。

胎児の発育状況

36週目の胎児は、生まれるための準備を整えた状態です。

36週目の胎児の大きさ・体重

この時期の胎児は大きさ43cm~49cm、体重は2,000g~2,900gと個人差が大きいようです。

とくに医師からなにか告げられていない場合は、赤ちゃんが平均よりも小柄だったとしても心配する必要はありません。

36週の時点で赤ちゃんの体重が4,000gを超える場合は、難産になる可能性が高く、医師の判断で早めの出産を検討することがあります。

見た目は新生児と変わらない状態になる

36週目には、すべての器官が完成し、お腹の外で生きていくための機能が成熟しています。

自らエネルギーを生み出せるようになることで、寒さから身を守ってくれていた胎脂や胎毛も少なくなり、新生児の見た目に変わっていきます。

また、肝臓の機能が正常に働きだし、体内の水分量を適正に保てるようになることで、むくみがとれることも、見た目が新生児らしくなる理由のひとつです。
ほかにも、皮下脂肪が蓄えられていくことで、新生児特有の柔らかな体型に近づいていきます。

36週目の胎児がみせる行動・しぐさ

見た目はすっかり新生児である胎児が、36週目にみせる行動や、しぐさを確認していきましょう。

子宮内で自由に身動きが取れなくなる

36週目の胎児は、胎内で身動きが取りづらくなっています。

これは、胎児がすくすくと成長している証
大きくなったことで、体内で自由に動けるスペースが少なくなるため、動きづらくなるということです。

歩くようなしぐさをみせたり、光に反応する

エコー検査で、歩くようなしぐさや、ママのお腹にあてた光に反応する仕草を確認できることがあります。
正確にいうと、これはしぐさではなく、幼児特有の反射行動です。

足を前後に動かしているようにみえる「自動歩行反射」や、光に反応する「定位反応(オリエンティングレスポンス)」と呼ばれる原始反射は、胎児が正常に育っている証です。

妊娠36週目に起こりやすいマイナートラブル


つぎに、妊娠36週目に起こりやすいマイナートラブルをみていきます。

おなかの張り

この時期は、不規則にお腹の張りや痛みを感じることがあります。

頻度が不規則な場合は前駆陣痛

お腹の張る間隔が不規則で、痛み方もバラバラである場合は、「前駆陣痛」です。

前駆陣痛はしばらく安静にしていれば治まり、とくに産婦人科を受診する必要はありません。

前駆陣痛は、本陣痛前に子宮を柔らかくして安産につなぐ作用もあります。
安静にしていてもお腹の張りや痛みが治まらない場合は、前駆陣痛でない可能性もあるので産婦人科に連絡してみましょう。

むくみ

臨月をむかえたことで、体内の水分量が増えてむくみやすくなります。
また、子宮が大きくなることで、血液の巡りが悪くなることも、むくみやすい理由のひとつです。

むくみは出産まで続くので、なるべく血行をよくするように、入浴やマッサージなどを行い対策をしましょう。

頻尿・残尿感・尿漏れ

出産が近づき、子宮が下がることで、膀胱が圧迫され頻尿・残尿感・尿漏れといったマイナートラブルが起こります。

出産が終わるまで、子宮が膀胱を圧迫することがなくならないので、悩まされる方は多いかもしれません。

トイレが近くなるので、長時間お手洗いに行けないという状況を、なるべく作らないようにしましょう。

足の付け根や恥骨が痛む

子宮が下がることで、足の付け根部分や恥骨が圧迫され痛みを感じます。
痛みが強い場合は、転倒やケガの恐れもあるため、無理に動こうとせず、ウォーキングといった運動も控えるようにしてください。

妊娠36週目に気をつけたい病気・トラブル


妊娠36週目に気をつけたい病気・トラブルを確認していきましょう。

逆子

36週目時点で逆子の場合は、帝王切開を検討することがあります。
医師に帝王切開を持ちかけられることもあるかもしれません。

しかし、臨月をむかえたばかりの36週目は、外側から胎児を回転させて逆子を直す「外回転術」に最適な時期といわれています。
ただし、外回転術は経験と技術が必要なため、すべての医師が行えるものではないようです。

また、外回転術を行っていない病院もあります。
外回転術を受けたい場合は、かかりつけ医に相談し、外回転術の経験をもつ医師を紹介してもらいましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

この時期は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を発症しやすくなります。
後期つわりが和らぎ、食べ過ぎによる急激な体重の増加や、塩分の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群の原因になります。

高血圧以外にもむくみ、尿蛋白などの症状がひどくなった場合は、血管や臓器の障害を起こす可能性もあります。
ママの身体に異常が起こると、胎児も影響を受け、発育不全の原因になることもあり、診断後、即入院となるケースも。

妊娠高血圧症候群と診断された場合は、医師の指示に従い、生活の見直しを行いましょう。

児頭骨盤不均衡(CPD)

妊娠36週目以降、検査で胎児の頭と骨盤のバランスが合わない「児頭骨盤不均衡CPD)」を診断される可能性あります。

児頭骨盤不均衡(CPD)は胎児の頭が大きすぎるか、骨盤が狭すぎるという理由で、自然分娩が難しくなる状態をさします。

身長150cm以下の小柄なママや、栄養過多で胎児が大きくなりすぎている場合に、児頭骨盤不均衡(CPD)の可能性が高くなります。

児頭骨盤不均衡(CPD)の場合、帝王切開になりますが、実際のところ、胎児が骨盤を越えられるのか、お産が始まってみないと分からないことも多く、CPDと診断されても「自然分娩で大丈夫だった」というママもいるようです。

切迫早産

安静にしていてもお腹が張り続ける場合は、切迫早産の可能性があります。

切迫早産は早産になる一歩手前の状態なので、すみやかに病院に連絡をしましょう。
36週目は、赤ちゃんが育ってきているとはいえ、出産をするには早い時期です。
早産にならないように医師からアドバイスを受け、生活にも注意することが大切です。

早産

新生児と変わりがないほど、内臓や各種器官が成長しているとはいえ、36週目で産まれた場合は早産になります。

妊娠36週より前の早産と比べると、胎児が合併症などを起こすリスクは格段に下がりますが、NICU(新生児集中治療室)での治療が必要になる場合もあります。
36週目の胎児は、もう少しお腹の中で成長し、外の世界で生きるためのエネルギーを蓄える時期といえます。

本陣痛は規則的に起こる

お腹の張りや痛みが規則的に続いたり、間隔が徐々に短くなってきている場合には、本陣痛の可能性があります。

痛みの間隔が10分になったら、出産が迫っているので、急いで病院に向かってください。

妊娠の兆候は破水とおしるし

妊娠の兆候には、破水とおしるしがあります。

おしるしの場合は、気づいても慌てて病院に行く必要はありませんが、破水の場合は、感染症の恐れもあるので、急いで病院へ行きましょう。

ただし、妊娠の兆候は個人差が大きく、出産まで表れないこともあります。

妊娠36週目の過ごし方

お産まで1ヶ月を切る妊娠36週目は、出産に向けての準備期間として過ごすとよいでしょう。
そこで、妊娠36週目の過ごし方を確認していきましょう。

【食事面】栄養バランスの摂れた食事を心がける

食欲が戻り、つい食べ過ぎてしまう36週目は、量よりも栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

無理な食事制限はしない

この時期は体重が増えやすく、ダイエットを意識するママも多いようです。
ただし、お産にはエネルギーが必要なため、無理なカロリー制限はママの体力をうばってしまう可能性があります。

1日2,000カロリーを目安に、しっかりと食事を摂りましょう。

食べ過ぎにも注意

とはいえ、食べ過ぎにも気をつけましょう。

食欲もあり、体重も増えているのに、貧血気味なら要注意です。
カロリーだけで栄養がとれていない可能性があります。

食べ過ぎは妊娠高血圧症候群をひきおこす原因になったり、ママについた脂肪で赤ちゃんを圧迫してしまう恐れもあります。
また、栄養過多で赤ちゃんが大きくなりすぎた場合は、帝王切開になることも考えられます。

水分をしっかりと補給する

水分をしっかり摂り、体内の老廃物を排出しましょう。

この時期はむくみやすいため、水分を控えようとするママもいるようです。
しかし、マイナートラブルのむくみは、水分を控えただけで抑えられるものではありません。

水分をとることで血液量が増え、体内環境が整うので、1日コップ8杯を目安にしっかりと水分補給を行いましょう。

【運動面】お産に向けて軽い運動を日課にする

お産に向けた運動を日課に取り入れてみましょう。

とくに、股関節を柔軟にするスクワットは出産をスムーズにしてくれます
しかし、むくみや腰痛、恥骨痛がある場合は無理をせず、スキマ時間にできる階段の上り下りといった軽い運動を試してみましょう。

あぐらは骨盤を広げるストレッチに最適!

あぐらは妊婦のママにとって楽なポーズというだけでなく、骨盤を開きやすくする姿勢です。
骨盤を広げるストレッチとして、日常に取り入れてみるのもよいでしょう。

ただし、痛みを感じた場合には、無理に続けずに、ほかの楽な姿勢に切り換えましょう。

【生活面】無理をせず心穏やかに生活する

つわりも治まり、気持ちにも余裕を感じやすい36週目は、穏やかに過ごすことを意識して生活してみましょう。

妊婦ひとりでの遠出は控える

妊娠36週目は、いつお産になってもおかしくない時期なので、ひとりでの行動はなるべく控えたほうがよいでしょう。

食材や日用品の買い物は、出産の兆候などが起こったときに、すぐ病院に迎える範囲(車で30分圏内くらい)ですませましょう。
また、家族と連絡をとりやすくしておくのも大切です。

パートナーとの性生活はおやすみする

パートナーとの性生活はおやすみしましょう。
妊娠36週目のママは、身体がとてもデリケートになり、お腹が張ったり、痛みの原因になります。

胎動カウントで胎児との時間を作る

胎動をチェックする時間を作ってみましょう。

決まった時間に、落ち着いた状態で胎動をカウントすることで、赤ちゃんの様子を確認できます。

胎動の感じ方は人それぞれで、赤ちゃんによっても変わってくるものです。

胎動カウントで、いつもより胎動が少なく感じる場合は、お腹のなかで赤ちゃんが弱っている可能性もあります。
日頃から10回胎動を感じられる時間を確認しておくことで、変わったことがあれば、すぐに医師に相談することができるというわけです。

気分転換を忘れない

軽い運動をおこなったり、趣味を楽しむなど、ママの気分転換になる時間を作りましょう。

お産が近づいてきて、緊張をするママは多いようです。
出産にむけてストレスを溜め込み過ぎないようにしてください。

お産や出産後の準備をしておく

臨月をむかえた36週目から、お産に必要なものを準備しておきましょう。

いつ陣痛が始まってもよいように、病院に持っていくものをバッグにまとめて玄関先に用意しておいたり、陣痛を乗り切るためのグッズを探してみるのもよいでしょう。

また、産後は慌ただしく落ち着かないことが多いので、内祝いや出産届など、あらかじめ決めておけることは準備を始めておきましょう。

妊娠36週目はお産に向けた準備期間にしよう

妊娠36週目は臨月に突入し、お産に向けた心構えを始める時期です。

体調がよくなると、ついハメを外して食べ過ぎたり、外出したいという気持ちも湧いてくるかもしれませんが、活動的に過ごすのではなく、お産の準備をしながら穏やかに生活しましょう。

お産への緊張でストレスを溜め込まないように、気分転換も忘れないでくださいね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア