【妊娠3週】出血やおりものに変化がでる?フライング検査はアリ?

妊娠したかも…と思いはじめる妊娠3週目。
妊娠3週目は、最終生理が終わってから2週間ほど経過した時期で、妊娠超初期といわれます

ここでは、妊娠3週目の胎児やママの様子について紹介しましょう。

飲酒や喫煙、妊娠検査薬の使用についてなど、このころに多くみられる悩みについてもあわせて解説していきます。
正しい知識を得て悩みを解決し、快適な妊婦ライフを過ごしましょう。

妊娠3週目のママの変化

妊娠3週目は、“着床”が始まる大切な時期です。
体調などにはどのような変化がみられるのでしょうか。

体調・気分の変化

妊娠3週目にはいると、つぎのような変化があらわれることがあります。

  • 基礎体温で高温期が続く
  • おりものの変化
  • 胸の張り、痛み
  • 着床出血、着床痛
  • つわり
  • 情緒不安定

それぞれについては、のちほど詳しく解説します。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

妊娠3週目の赤ちゃんの変化

妊娠3週目の赤ちゃんは、どんな状況でしょうか。
ここでは、赤ちゃんがお腹のなかでどのように成長しているかをみていきましょう。

“胚”とよばれる受精卵が子宮内膜へ着床し、”胎芽”へ

受精と着床

妊娠3週目に入ったころの赤ちゃんは、ヒトの形はしておらず、“胚”と呼ばれる細胞の状態です。

排卵時に受精が成立したあとに、着床が始まります。
着床はおよそ12日で完了するので、妊娠3週目は着床期間です。

着床とは、受精卵が子宮内膜のほうへ向かっていくことをさします。
排卵後に受精が成立すれば受精卵が作られ、細胞分裂を繰り返しながら、卵管を通り子宮内膜へと向かっていくのです。

受精卵が子宮内膜へ完全に癒着したところで着床完了となり、赤ちゃんは“胎芽”になります。

赤ちゃんはわずか0.1mm!ヒトの形は確認できない

この頃の赤ちゃんは、わずか0.1mmしかありません。
重さは、0.1gほどです。

まだ赤ちゃんの元である細胞の状態で、子宮内膜の中にいます。
妊婦健診などでの超音波検査やCTでも確認できません

ヒトの形になるのは、もう少し先になります。

妊娠3週目のマイナートラブル

妊娠1ヶ月から妊娠2ヶ月

お腹のなかで赤ちゃんを本格的に育てていくスタート地点が、妊娠3週のこの頃です。

赤ちゃんが着床すると、ママにはhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌され始めます。
これは着床した子宮内膜に、”絨毛”という組織が作られる際にでてくるホルモンです。

hCGホルモンは、妊娠中のみに分泌されるホルモンで、妊娠初期は急激に増えます。
それによりママのホルモンバランスが変わり、色々な症状がでてきます

この症状が妊娠初期症状と言われます。
早い人は、このころから体調に変化が見られます。
代表的な症状をみていきましょう。

基礎体温で高温期が続く

正確には「マイナートラブル」ではありませんが、この頃あらわれるわかりやすい変化としては、基礎体温の上昇があげられます。

基礎体温は、生理日から低温期が続き、排卵日前後で高温期に突入します。
そして、通常はまた体温が下がり生理が始まるのですが、妊娠が成立すると高温期が継続されるのです。

生理周期にもよりますが、およそ17日ほど高温期が続けば、妊娠の可能性が高いといえます。
基礎体温の変化は、いちばん気が付きやすい妊娠兆候でしょう。

おりものの変化

妊娠により分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲンの影響で、おりものの量が増えます。
また、排卵日あたりの、ねばついたおりものではなく、白や透明のサラっとしたおりものになったという経験談が多いようです。

おりものの量が増えてきたら、膣内が不衛生になりがちです。
おりものシートなどを使って、清潔を保つよう心がけましょう。

胸の張り、痛み

生理が近づくときにおこる、胸が張ったり痛くなったりという「月経前症候群」と似たような症状が、妊娠初期にも起こります。

排卵後は、プロゲステロンが増加する時期です。
このプロゲステロンは血管拡張や、乳腺発達の促進作用があり、血管や乳腺が内側から広がることにより、乳房の張りや痛みにつながります。

月経前症候群は生理が始まると張りや痛みが治まりますが、生理予定日を過ぎてもこの症状が続く場合は妊娠初期症状で、妊娠の可能性が高いといえます。

着床出血、着床痛

着床出血は、その名のとおり着床時に起きる出血のことです。
着床の際に子宮内膜を傷つけてしまうことにより、出血が起きます。
この着床出血があるのは、妊婦さんの1~2%程度とも、10~20%程度ともいわれていますが、いずれにせよ少数派なようです。

着床出血が起こる時期は、排卵日から7~14日間
次の生理日と近いため、生理出血と混同しやすいですが、一般的に着床出血はごく少量と言われています。

着床出血は生理との区別がしにくいため、妊娠を希望している方にはとても悩ましい症状といえるでしょう。
血の色が真っ赤ではない(茶褐色や薄いピンク色)、出血量が少ない、出血期間が1日で終わったといった場合は、着床出血の可能性が高いようです。

着床痛には医学的根拠がない

着床痛には、医学的根拠はありません

妊娠初期には生理痛のような胃痛や腹痛といった症状が出やすいので、それを着床痛と感じる人もいるかもしれません。
また、お腹の中で大きな変化があるため、痛みが出たという気持ちになることもあるでしょう。

大切なのは無事に着床し妊娠を継続させていくことなので、着床痛についてはあまり神経質にならないことをおすすめします。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

つわり

つわりは妊娠5週目あたりからピークをむかえますが、早い人では妊娠3週目から始まります。
時期や症状の程度には個人差がありますが、ほとんどの人が体験するのではないでしょうか。

食べると吐いてしまうため食欲がなくなったり、空腹時に気持ち悪くなるといった「吐き気」が主な症状です。

つわりの原因としては、赤ちゃんを異物ととらえたアレルギー反応であるとする説や、ホルモンバランスの乱れとする説などがあります。

しかし、つわりが起こるメカニズムは医学的には解明されていません。
つわりの予防法や治療法はあまりないので、食べられるときに食べられるだけ食事することを心がけましょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

情緒不安定

妊娠3週ごろから情緒不安定になったり、イライラしやすくなる人も多いようです。
もちろん、妊娠発覚して今後の心配などで精神的にまいってしまうという理由もありますが、妊娠時のホルモンもおおいに関係しています。

妊娠後、母体ではプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えますが、このプロゲステロンが自律神経に影響を与えるのです。
自律神経が乱れると、イライラしたり、急に気分が落ち込んだりといった症状があらわれやすくなります。

集中力の低下も症状のひとつなので、仕事や車の運転にも影響がでるかもしれません。

車の運転は体調と相談しながら、極力控えたほうが無難でしょう。

また仕事がうまくいかなくなると、それが原因でさらにイライラするといった負のスパイラルにはまることもあります。
そうなる前に、妊娠初期症状だからしょうがない、と割り切ることも必要です。

パートナーに、女性の身体の仕組みを理解してもらうことも大切になります。
リラックスする時間を持つように心がけましょう。

妊娠3週目の妊婦さんの過ごし方

妊娠3週目では、つぎのような点に注意しながら過ごしましょう。

必要な栄養素を摂る

赤ちゃんを育てるために大切な葉酸は、積極的にとりましょう

最近では、妊娠する前から意識的に葉酸をとって、未来の妊娠に備えることが推奨されています。
厚生労働省によれば、赤ちゃんの先天性異常リスクをさげるためには、妊娠の少なくとも1ヶ月まえから妊娠初期のあいだは、食事以外からも毎日400㎍の葉酸をサプリメントなどから補給するべきだとしています。

葉酸サプリは、通販やドラッグストアで多くの種類が販売されていますので、うまく利用しましょう。

もう一つ大切な栄養素は鉄分です。
妊娠前から貧血気味な人はもちろん、今まで貧血とは無縁だった人でも妊娠すると貧血になりやすいものです。
とくに帝王切開をむかえる場合には、貧血は大敵ですし、鉄分不足から立ちくらみなどがおこり、転倒してしまう可能性もあります。
たかが貧血と軽視せずに、この頃から対策を取りましょう。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

無影響期の終わりに向けて環境改善を

妊娠3週目は”無影響期”とよばれ、普段の生活において大きく制限するものはまだないと考えるのが一般的なようです
風邪薬やアルコールを飲んでも、胎児におおきな影響はないとされています。

ママのお腹に入ったものは胎盤を通して赤ちゃんに入っていくので、胎盤ができていないこの時期は、影響が無いことも納得できます。

ただ、4週目になると、胎盤が作られてくるので注意が必要です。
遅くとも着床が完了する3週目の終わりごろまでには、禁酒、禁煙といった生活習慣を整えていきましょう

レントゲンをとっちゃったけど大丈夫?

妊娠に気づかないまま、子どものレントゲンに付き添ったり、歯医者で口元のレントゲンを撮ってしまったと心配している人もいるかもしれませんが、基本的には問題はありません
付き添いでは分厚いプロテクターをするでしょうし、歯医者などでの撮影では放射線量が少ないため、胎児には影響がないといわれています。

現時点で妊娠が継続されているのであれば、問題なかったと結論づけましょう。

性交渉は注意が必要

妊娠初期の性交渉は基本的に問題ありません。
ひと昔前は、性交渉が流産に繋がると言われていましたが、現在は胎児には影響が無いことがわかっています。

ただし、以下の場合には性交渉は控えましょう

  • 不正出血がある
  • 切迫流産、切迫早産の経験がある
  • 下腹部に痛みがある

不正出血の原因が子宮外妊娠である可能性もありますので、該当する方はすみやかに産婦人科を受診し、医師の指示をあおぎましょう。

また性交渉時の子宮収縮によって、切迫流産、切迫早産の可能性が高くなるため、経験がある方は注意が必要です。

妊娠3週目で気を付けたいこと

妊娠3週目では、どんなことに気をつければよいでしょうか。

前置胎盤

無事着床が完了すると、着床した場所にママと胎児をつなぐ”胎盤”作りがはじまります。
受精卵は子宮底部、つまりはいちばん奥のほうまで進み、そこで着床することが一般的です。
しかし、奥まで進まず手前の方で着床してしまうと、その後に作られる胎盤が子宮の出入り口をふさいでしまう場合があります。

このように、胎盤が子宮の出入り口にかぶさっている状態を”前置胎盤”といいます
この場合、出産時に胎児の通り道がふさがれるため、妊娠後期までこの状態が続くと帝王切開となるでしょう。

しかし、3週目の時点から妊娠後期までに子宮はどんどん広がります。
前置胎盤は治る人も多いので、この時点で前置胎盤であっても悩む必要はありません。

↓こちらの記事もあわせてチェック!

化学流産

妊娠3週目あたりから心配になる”化学流産”。
化学流産とは、受精後、着床が最後まで完了せず妊娠に至らなかった状況をいいます。

名前に流産とついていますが、妊娠したことにはならないので医学的には流産として扱われません
よって、初期流産とは別物です。
また流産ではないので、大きな出血や痛みなどはありません

最近は妊娠検査薬の精度が上がっていて、3週目で陽性を確認、つまりは受精を確認することにより、化学流産がわかります。
受精したという認識がなければ、化学流産はただの生理として扱われることでしょう。

着床に関することなので、化学流産を防ぐ方法は現時点では解明されていません
ママの行動や気持ちが原因となることもありません。
万が一化学流産となった場合でも、自分を責めるのはやめましょう。

妊娠検査薬での検査は4週目から

妊娠検査薬は、着床後に分泌されるhCGホルモンが尿中にあれば陽性反応がでます。
よって正確性を求めるのであれば、着床が完了する4週目以降に使用することが望ましいものです。

妊娠を切望している人にとっては、早く妊娠検査薬で確認したい気持ちはわかります。
最近の検査薬は精度が良くて、受精後から陽性反応が出ることもあるので、試しにやってみようという気持ちで検査してもよいかもしれません。
ただし、フライング検査で陽性が出たとしても、そのあとで化学流産してしまう可能性もあります

↓こちらの記事もあわせてチェック!

妊娠3週目、妊娠初期症状とうまく付き合おう

以上、妊娠3週目のママや胎児の状態を紹介しました。

妊娠が成立するこの時期。
母体では着床という大切なことが起きていて、ホルモンバランスが大きく変化するので、色々と不快な症状が出てきます。

生活で大きな制限はありませんので、リラックスを心がけ、不快な症状を乗り切りましょう

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク