妊娠4ヶ月(妊娠12週,13週,14週,15週)の過し方

妊娠4ヶ月目になると、つわりも落ち着いてきて、安定期まであともう少しといった段階です。
また、赤ちゃんの成長が進んで、お腹も大きくなります。

そんな身体の変化に伴ってか、妊娠4ヶ月目を迎えるママのなかには、イライラや不安が増えたといった声も…。

身体だけではなく、不安やイライラなど精神的な面で悩みを抱えている方が多いかもしれません。

そこで今回は妊娠4ヶ月目のママの身体の変化や赤ちゃんの様子、妊娠4ヶ月目に注意することなどを中心に紹介していきます。

妊娠4ヶ月目はどんな時期?


妊娠4ヶ月目は、今までとどのような違い、変化が出てくるのでしょうか。
妊娠4ヶ月といっても、そのなかの1週目、4週目を迎えるころでも違いがあるので、それぞれで紹介をしていきます。

妊娠12週目

妊娠12週目では、つわりの症状が緩和されてきたり、以前に比べてお腹が膨らんでくるようです。

また、すでに機能を開始している心臓・肺・腎臓・脳などに加えて、消化器官や肝臓・脾臓も機能し始めます。

妊娠12週目に入ると流産の可能性はだいぶ低下しますが、それでも妊娠12週目以降で約1.6%の確率で起こるといわれています。

妊娠13週目

妊娠13週目には赤ちゃんの頭に髪の毛が生えてきます。
身体の成長がどんどんと進んでいきます。

性器が形成されてくるので、性別が決まってきます。
ただし、エコーではまだはっきりとはわかりません。

妊娠20週頃から性別の判断がつくので、そのころを楽しみに待ちましょう。

妊娠14週目

妊娠14週目を迎えるころにはお腹もだいぶ大きくなってきています。

つわりがおさまってくる頃ではありますが、汗やおりものの量は多くなります。
マタニティ用の下着は通気性の良いものを選びましょう。

妊娠15週目

妊娠15週目の子宮の中では胎盤が完成します。
胎盤から赤ちゃんに栄養を運ぶため、食欲が増すママもいるようです。

母体に脂肪がつくと、産道にも脂肪がつきやすくなって、狭くなることがあるので、出産時に負担になる場合があります。
体重の増えすぎや食べ過ぎには十分に注意しましょう。

妊娠4ヶ月目、おなかの赤ちゃんはどんな様子?


妊娠4ヶ月目には、おなかの赤ちゃんの内臓などの器官、手足など骨格がほぼ完成します。
頭はピンポン玉くらいの大きさで、顔には産毛も生えてきます。

赤ちゃんの身長は約16センチ、体重は約100gと妊娠3ヶ月目に比べると身長は3倍、体重は5倍に成長しています。

指しゃぶりをするように!

妊娠4ヶ月目には、脳が発達して、反射行動が増えてきます。

エコーでもよく見受けられるようになるのが「吸てつ反射」と呼ばれる指しゃぶり。
この頃の赤ちゃんは、生まれてからおっぱいを飲めるように練習しているようです。

妊娠4ヶ月目、ママの身体の変化は?体重も増える?


妊娠前に標準的な体型だった方で、妊娠中の体重増加は7~12kgだといわれています。
おなかの赤ちゃんが大きくなるので、おなかがふくらんできて、見た目も変化します。

ママのおなかの中ではどんな変化が起きているのでしょうか。
みていきましょう。

子宮底長が測れるようになる

妊娠4ヶ月目は、恥骨の上から子宮の一番上までを指す「子宮底長」をメジャーを使って測れるようになります。
子宮底長を測ることで、子宮の膨らみから赤ちゃんの発育状態や羊水の量がわかります。

胎盤が完成

また、胎盤が完成するので、赤ちゃんは胎盤から栄養をもらうようになります。
胎盤には、たくさんの血管が集まっているので、血流が悪くなると、赤ちゃんに栄養が届きにくくなってしまいます。

食生活はもちろんのこと、おなかの冷え対策にも気をつけましょう。

前置胎盤とは

ようやくできた胎盤が「前置胎盤」であるケースがあります。
前置胎盤とは、赤ちゃんがでてくる子宮口の近くにできてしまったり、子宮口をふさいでいることをいいます。

しかし、前置胎盤といっても、子宮が大きくなっていくにつれて、胎盤が上がってくるので、妊娠4ヶ月の地点では様子をみるということが多いようです。

妊娠4ヶ月目、ママたちの悩みとは


赤ちゃんの成長に伴い、気をつけなくてはならないことも増えてきて、心の負担も増えてくるようです。

妊娠4ヶ月目を迎えるママたちが悩む問題について紹介をしていきます。

おなかが大きくなって体型の変化が気になる…

妊娠4ヶ月目を迎えると、おなかがふっくらとしてくるので、かなり太ったように感じてしまうことがあるようです。

産後にきちんとケアをすれば、体型も戻せるので心配いりません。
妊娠線などは妊娠前からケアしておくとより効果的です。

つわりが治まって食欲が復活

おなかが大きくなり、体型の変化が気になる一方で「つわりが治まって食欲が復活」という方もいるようです。

食べ過ぎによって、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症を起こしていろいろな症状へ発展して母子ともに危険な状態に陥ることがあります。
食べ過ぎには要注意です。

旦那さんが嫌…ガルガル期がやってくる?

妊娠4ヶ月目を迎えたママのなかには「旦那さんが嫌…」「近づいてほしくない」など旦那さんや周りの人に対して「ガルガル期」を経験する方がいるようです。

ガルガル期とは、妊娠中期から出産後のママにあるといわれていて、赤ちゃんを守りたいという本能から周りを敵とみなして受け入れられなくなってしまうことです。

旦那さんをはじめ、義理の母や父、友人に対して嫌悪感を感じるなど様々なケースがあります。

「赤ちゃんを守りたい」という本能からなので、仕方のないことです。
周りに理解してもらうか、距離をとるのも一つの方法です。

妊娠4ヶ月目には、性交渉はOK?

妊娠初期では、流産の危険性から性交渉を避けてきたという方が多いでしょう。

性交渉は夫婦のコミュニケーションにも繋がるので、体調を考慮しながら行ってみると良いかもしれません。
感染症の危険や、精子による子宮収縮を避けるためにも、コンドームは必ずしましょう。

妊娠4ヶ月目、知っておきたい母体のトラブル


ここまで、妊娠4ヶ月目の様子やママたちが抱える悩みについて紹介をしてきました。
身体や精神的な面でも様々な変化を感じるようです。

つづいては、そんな妊娠中のママが知っておくべき母体のトラブルについて紹介します。
ちょっとした体調の変化が、今抱えている悩みより大きなストレスのもとになってしまうこともあります。

また、症状によっては赤ちゃんに危険が及ぶ場合もあるので、しっかりと知識を入れておきましょう。

おりもの

妊娠4ヶ月目を迎えると、赤ちゃんを出産しやすくするために膣がゆるくなって、おりものが増えてきます。

妊娠前に比べると量が多いと感じるかもしれませんが、心配はいりません。
サラサラしていて、色が濃くなるのは正常です。

においや色は大丈夫?感染症の可能性も

ただし、おりものの色が黄色や黄緑、灰色の場合には感染症を起こしている可能性があります。
茶褐色、ピンク色も切迫流産の可能性があるので、異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。

この記事もチェック!

下腹部痛

妊娠4ヶ月目では、赤ちゃんの成長に伴って子宮が伸びることで下腹部痛を感じるケースがあります。
また、ストレスによっても下腹部痛が起きることがあります。

安静にしても痛みが出たり、出血がある際には病院に行きましょう。

妊娠中はホルモンバランスの変化があり、汗の量も増えます。
汗脇パッドや制汗剤、汗ふきシートなどを上手く使って、汗をかいたままにしないようにしましょう。
汗をかいたままでは、冷えの原因、かゆみやかぶれの原因にも繋がります。

腰痛

赤ちゃんが成長して、以前に比べると身体が重くなっています。

身体のバランスを保つために背中をそらせたり、腰に負担をかけることが増えてくるため、腰痛の原因になります。
疲れたら座って休むなど腰に負担をかけないようにしましょう。

貧血

胎盤が完成したことで、赤ちゃんに栄養が行き渡るようになります。

そのため、多くの血液を持って行かれて、ママの身体が「貧血」状態になることがあります。
貧血を起こしてふらついて、おなかをぶつけたり、倒れてしまうなどの危険性があるので、貧血は侮れません。

さらに、出産の際には、血圧が低いと出血量が増えてしまったり、出産後に母乳が上手くできないことがあります。
妊娠中だけでなく、産後に向けても「貧血」の対策は重要です。

妊娠4ヶ月の時にママがしておくべきこと


妊娠4ヶ月で、体調が落ち着いてきたとはいえ、身体や赤ちゃんのために注意することはまだまだ多いです。
妊娠4ヶ月の時に、身体や心のためにしておくべきこととはどんなことでしょうか。

バランスの良い食事をとる

妊娠中は、ママの血液を通じて、胎盤から赤ちゃんに栄養が届きます。

葉酸、鉄分やカルシウム、ビタミンなど、身体に必要な栄養素を食事からバランスよく摂取しましょう。

この記事もチェック!

葉酸は妊娠4ヶ月目にも必須の成分

葉酸はビタミンB12とともに血液を増やす作用があります。
そのため「貧血」に気を付けるべき妊娠4ヶ月目にも必須の成分といえます。

下記は、厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量です。

    【厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量】

  • 妊娠1か月以上前~妊娠3か月:通常摂取量240㎍+400㎍
  • 妊娠4か月目~正産期:通常摂取量240㎍+240㎍
  • 授乳期:通常摂取量240㎍+100㎍

妊娠4ヶ月は、食事から240㎍、サプリから240㎍必要とされています。

この記事もチェック!

マタニティ向けの下着にシフトする

妊娠するとおっぱいを出す為に大きくなってきます。

バストは、前へ大きくなるのではなく、乳房の下半分から脇へボリュームを増していきます。
脇部分には乳腺といものがあり、乳腺ではミルクをつくるという大切役割があります。

一般のブラジャーはこの乳腺部分を真ん中に寄せてバストアップするように作られていますが、 マタニティブラジャーは乳腺を保護する為にバストの変化を妨げない作りになっています。

また、マタニティブラジャーを使うのは産前だけではなく、産後も使用します。
産後は赤ちゃんに授乳する時にカップを開いたり、横にずらしたりする機能が活躍します!

胸を出しやすく、いつでも授乳きるデザインになっています。
マタニティ専用のブラジャーの着用時期は妊娠中期ぐらいからが良いでしょう。

一般のショーツはお腹を覆うことができず、お腹を冷やしてしまったり、ゴムの部分が子宮を圧迫してしまうことがありますが、マタニティ用のショーツはおへそが隠れるくらいのサイズに作られていて、子宮を締め付けることなく赤ちゃんを冷えから守ってくれるようになっています。

そのため、マタニティ用の下着を準備しておくことをオススメします。

歯の治療を済ませておく

妊娠中は、歯ブラシを口のなかに入れることもつらくなって、歯磨きを避けてしまう方がいるようです。
妊娠中は唾液の分泌量も減るのげ虫歯にもなりやすいです。

妊娠4ヶ月目あたりは、レントゲンの撮影で胎児に悪影響を与えることも減るのと、おなかも膨らんできたあたりで仰向けにもなりやすいです。

おなかがより大きくなってくると治療を受けに行くのもつらくなると思うので、はやめに歯の治療を済ませておきましょう。

妊娠線のケアを行いましょう

妊娠4ヶ月(12週目~15週目)あたりから妊娠線に気をつけるようにしたほうが良いでしょう。

この頃になると食欲が増して体重の増加、乳房が大きくなるなど体の変化とともに妊娠線が現れます。
妊娠線はクリームによるマッサージで予防する事も出来ますので、やらないで後悔するよりはしっかりと対策をしておいたほうが良いでしょう。
この記事もチェック!

妊娠4ヶ月目は安定期まであと一歩!身体と心に無理はしないように


一般的には、妊娠5ヶ月目を迎えるころ、安定期に入ります。
妊娠4ヶ月目になると、赤ちゃんの成長を感じることができ、ママになる実感が高まる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、ママの身体も、赤ちゃんもまだまだ気を付けることがたくさんあります。
身体の無理はもちろんのこと、精神的な面でもストレスを溜めすぎないようにしましょう。

母体の安全も考えつつ、安定期に向けて、ママの気分転換も増やしていけると良いですね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア