【妊娠4週】生理っぽい症状?検査薬は反応する?赤ちゃんの状態は?

妊娠4週は妊娠2ヶ月の1週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠4週目のママの変化

妊娠4週目は、ちょうど生理予定日の時期です。
妊娠検査薬を使えば、陽性反応が出はじめるころでもあります。

妊娠1ヶ月から妊娠2ヶ月
妊娠4週目では、ママの体調や気分にどのような変化がみられるでしょうか。

体調の変化

個人差もありますが、代表的な変化は次のとおりです。

  • 熱っぽさ
  • 倦怠感・眠気
  • 便秘・下痢
  • 腹痛・下腹部痛
  • むくみ
  • 胸の張り・痛み
  • つわり・吐き気・胃もたれ
  • 味覚の変化
  • 頭痛
  • 着床出血
  • おりものの変化

気分の変化

いっぽう、心には、次のような変化があらわれることがあります。

  • 情緒不安定
  • 妊娠を知って、母親としての自覚が芽生えはじめる

妊娠中お腹が大きくなる様子

妊娠4週目の赤ちゃんの変化

赤ちゃんのほうには、つぎのような変化がみられます。

赤ちゃん=“胚”!器官がつくられはじめます

この時期の赤ちゃんは、“胚”と呼ばれます。
身体の器官がどんどん作られていく「器官形成期」にあたり、つぎの3パーツの胚葉ごとに成長していくわけです。

  • 【外胚葉】
    身体の外側部分をつくる。
    ※脳・神経・脊髄・皮膚・髪の毛・目(水晶体)・歯(エナメル質)な
  • 【中胚葉】
    身体の中心部分をつくる。
    ※骨・筋肉・リンパ組織・血管・心臓・肺・腎臓など
  • 【内胚葉】
    身体の内側部分をつくる。
    ※消化器官(胃腸など)・舌・扁桃腺・尿道・膀胱など

平均的な赤ちゃんの大きさは1~2ミリくらい

妊娠4週目の赤ちゃんは、まだ1~2ミリ程度の大きさしかありません。
そのため、それぞれの器官を肉眼で確認するのは難しい状態です。

「胎嚢(たいのう)」も、ふつうはまだ確認できません。

※「胎嚢(たいのう)」=赤ちゃんが入っている袋。

ママとのネットワーク“胎盤”が準備をスタート

この時期になると、胎盤が作られはじめます。
胎盤が完成するにはまだ2ヶ月ほどかかりますが、赤ちゃんの糞尿を排出したり、ママから酸素や栄養を受け取ることができるのです。

妊娠4週目のマイナートラブル

急激なホルモン変化がはじまるこの時期には、身体の不調を感じる人も多くなります。
具体的に、どのような症状があるのかみていきましょう。

便秘やむくみに悩まされる

妊娠によって発生する“ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)”というホルモンが、女性のホルモンバランスに変化をうみだします。

この時期は、女性ホルモンのひとつである“プロゲステロン(黄体ホルモン)”が活発化。
それによって体内に水分がためこまれやすくなり、むくみやすくなります。

腸内の水分まで栄養として身体にとられてしまうため、便秘を経験する人も多いようです。
なかには、便秘で腸内環境が悪化して下痢になったり、便秘と下痢を繰り返す人もいます。

その他生理と間違いやすい諸症状がでることも

胸の張りや痛み、ひどい眠気やだるさを感じる人もいるようです。
生理前の症状と似ているものが多いので、妊娠していても、生理と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

おりものが増えて不快に感じる場合もある

水っぽいサラサラのおりものが増え、不快に感じる人もいるようです。

また、妊娠中は身体の抵抗力がおち、感染症にかかりやすくなります。
もしおりものが臭かったり、色がついていたり、陰部にかゆみを感じる場合には、病気の可能性も考えられるため注意が必要です。

人によっては“つわり”がはじまるケースも

妊娠初期につきものの“つわり”は、多くの場合、妊娠5~6週目ごろからはじまるといわれています。
しかし早い人では、4週目のこの時期からおこることもあるようです。
つわりには何種類かあり、食べると気持ちが悪くなる「吐きづわり」以外にも、空腹だと気持ちが悪くなる「食べづわり」や、眠くてしかたない「眠りつわり」などさまざまあります。

つぎに、妊娠4週目で気をつけるべき点などをみていきましょう。

妊娠4週目で気を付けたいこと

妊娠4週の人、もしくは妊娠4週に該当すると思われる人は、つぎのことに気をつけましょう。

4週目の妊娠検査薬はあくまで【参考値】です!

妊娠4週が疑われる人は、妊娠検査薬で検査する人も多いでしょう。

けれど、妊娠検査薬で正確な判定ができるのは、一般的には妊娠5週目以降。
4週目だと、たとえ妊娠していたとしても、妊娠判定に必要な“hCGホルモン”の分泌量が不十分な可能性もあります。
この段階での妊娠検査薬の判定は、参考程度にとどめておいたほうが無難でしょう。

なお、生理予定日頃から使える“早期妊娠検査薬”というものもあります。

着床出血を生理と間違いやすい

生理予定日前後に出血があると、「生理がきた」と思う人が多いでしょう。
しかし、赤ちゃんが子宮内に着床するときや、胎盤を形成する過程で出血することもあるのです。
妊娠を計画していた場合には、こういった原因で出血がおこっている可能性も頭に入れて、結果がハッキリするまではそれなりの生活を送っておきましょう

大量の鮮血には要注意!

上記の着床出血などの場合には、出血量は少なく、ピンクっぽい色をしていることが多いようです。
しかし鮮血が大量に出ているような場合や、出血が長期間続くときには、赤ちゃんに何らかのトラブルが起きている可能性があるため、要注意になります。
出血がひどい場合や、すこしでも違和感がある場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。

妊娠4週目は、「初期流産」の確立も非常に高い時期です。
生理と同じような出血の為、気付かない事もあります。

「初期流産」の原因は、赤ちゃんに染色体の異常などがあり、これ以上育つ事ができないために起こるものがほとんどです。

妊娠がわかり、ママになった喜びの後に、残念ながら初期流産を経験したという話を耳にした事があるかもしれません。
「初期流産」は、決してママのせいではないと、旦那さんを含め、周りの方々が理解してあげる事も大切になります。

妊娠確定=胎嚢の確認は次週以降に持ち越し

病院を受診したさいに「妊娠確定」となるのは、一般には胎嚢が確認されてからになります。
赤ちゃんの胎嚢が確認できるのは、妊娠5週目以降の人がほとんどです。

妊娠が分かった時点で病院へ行く事をおすすめしますが、この時期は胎嚢が確認できず、1週間~4週間後に再来院するように言われるケースもあります。
※病院やママの状態によって、何週間後に再来院するかは異なってくるでしょう。

新米ママさんの場合は、子宮外妊娠など、初めての妊娠で不安要素も色々とあります。
妊娠がわかった時点で病院を訪れてもよいですが、診療費などが気になる人もいるかもしれません。
出血などの異常がなければ、6週目ごろに訪れてもよいでしょう。
※5週目でも胎嚢が確認出来ない場合もあります。

いずれにせよ、胎嚢が確認できるまでもう少しです。
あせらずに赤ちゃんの成長を待ちましょう。

“絶対過敏期”なので、薬やアルコール・タバコはNG!

“絶対過敏期”は、妊娠4~7週目です。
この時期に市販薬やアルコール、タバコなどを安易に摂取すると、お腹の赤ちゃんに悪影響が出てしまいます。
具体的には、発育不全や、流産・早産、中枢神経の異常や奇形といったリスクです。
妊娠しているかもしれない人は、飲酒や喫煙はひかえ、体調不良などで薬を飲む場合には、かならずドクターに相談しましょう。


積極的に【葉酸】をとろう!

赤ちゃんの先天性異常のリスクをさげるためには、すすんで“葉酸”もとりましょう
ママの葉酸が不足すると、お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」にかかるリスクが高まるのです。
厚生労働省は、妊娠初期の女性に対し、毎日食事から240μgの葉酸をとる以外にも、サプリメントから400μgの葉酸をとるよう推奨しています。

おすすめの過ごし方

妊娠4週目と思われる人は、つぎのようなことに目を向けてみましょう。

生活環境・健康上の不安を解消しておく

妊娠4週目の段階では、ひどいつわりといった、深刻なマイナートラブルに見舞われていない人もいるでしょう。
これから体調不良を感じたり、身体が重くなったりする人も多くなります。

もしも生活環境に問題があったり、虫歯などの治療が必要な場合には、まだカラダがうごく時期に改善しておくとあとあと楽でしょう。

ただしなんらかの治療をおこなう場合には、妊娠している可能性をドクターにしっかり伝えておく必要があります。

出産の計画をたてはじめる

最終生理の開始日がわかっている人は、ざっくりした出産予定日を計算することができます。
だいたいの出産予定日がわかれば、さきざきの予定がたてやすくなったり、楽しみが増えるかもしれません。

出産予定日の計算方法としては、以下の方法があります。

【出産予定日の計算方法1例】

  • 出産予定日=最終生理の開始日+280日
    ※生理周期が28日である前提

生理周期によっては計算がずれますので、くわしくは以下の記事をご参照ください。

また、この時期になったら、産院探しを視野に入れましょう。
人気の産院は、すぐに埋まってしまうといいます。
自分が納得できる出産を迎えられるよう、リサーチだけでも早めにスタートすると安心です。

イライラはうまく解消を!

妊娠初期は、身体だけでなく、ココロの不調も感じやすい時期です。
これはホルモンバランスが急激に変化するためで、誰にでも起こること。
情緒不安定になってもひとりで自己嫌悪におちいらず、だれかに相談してみましょう。

出産経験者の話も参考になるかもしれません。
ストレス解消できる趣味がある人は、身体に負担がかからない程度に楽しみましょう。

赤ちゃんのためにベストをつくしておこう!

妊娠4週目は、妊娠が確定していることは多くはないでしょうが、とてもデリケートで大切な時期です。

すこしでも妊娠に思い当たるようであれば、赤ちゃんのためにも、体調管理には細心の注意をはらっておきましょう。
また常用薬がある人は、すぐに病院に相談するべきです。

妊娠確定まであと少し。
身体に悪いことは避け、意識的に葉酸サプリをとるなどして、万全の体制で「その日」に備えましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク