【妊娠5週】妊娠発覚?胎嚢が見える?つわりは?心の変化は?

この記事の監修医師
ポートサイド女性総合クリニックビバリータ・院長
清水なほみ先生
http://www.vivalita.com/index.html

日本産科婦人科学会専門医。日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。 「ビバリータ」とは輝くような魅力的な女性のこと。心も体も健康であるように、女性の立場を生かしたアドバイスをおこなっている。

妊娠5週は妊娠2ヶ月の2週目にあたります。
この時期は、ママや赤ちゃんにどのような変化が起こるのでしょうか。

妊娠5週目のママの変化

妊娠5週目は、生理予定日からちょうど1週間がたったころ。
単なる生理の遅れと思っていたのが、妊娠の可能性に思いいたる人が多くなる時期です。

妊娠1ヶ月から妊娠2ヶ月
ママの体調や気分には、具体的には次のような変化が見られます。

体調・気分の変化

  • つわり、胸やけ
  • 食の好みの変化
  • 体温上昇、熱っぽい
  • 倦怠感、眠気、めまい
  • 胸の張り
  • 下腹部の張り、ひきつれ
  • 便秘、下痢
  • おりものの変化
  • 情緒不安定

妊娠5週目の赤ちゃんの変化

赤ちゃんの方はどうでしょうか。
妊娠5週目には、お腹の中の赤ちゃんには次のような変化が見られます。

早い人だと胎嚢が確認できる時期

妊娠5週目の赤ちゃんはまだ卵型に近い形。
超音波検査で、赤ちゃんが入っている“胎嚢”が確認でき始める時期でもあります。

【胎嚢とは?】
胎嚢は赤ちゃんを包んでいる袋状のもの。
これが確認できると赤ちゃんが子宮に着床できた合図になります。

妊娠検査薬でのチェックが陽性なだけでは、まだ「妊娠確定」とは言えません。
子宮の中の正しい位置に胎嚢が確認できた段階で“異所性妊娠”ではなかったことが確定し、まずはひと安心です。

ただし4週目でお話ししたように、最終月経から計算した5週目に検査をうけても胎嚢が確認できない場合もあります。

何事にも個人差があります
気を落とさず、正常妊娠かどうかが確認できるまで次の検査を待ちましょう。

平均的な赤ちゃんの大きさは2~5mmくらい

妊娠5週目の赤ちゃんの大きさは2~5mm程度しかありません。

小さいとはいっても、毎日急スピードで成長しています。

赤ちゃんの体の器官がどんどん作られていく

赤ちゃんの体のなかでは、目、耳、鼻、口といった顔のパーツや、手足のもととなる突起状のもの、胃腸や肝臓といった消化器官、肺やへその緒、心臓や大動脈の形成も進みます。

5週目の終わり以降には、いよいよ赤ちゃんの心臓が動きはじめ、血液が流れ始めます。
そうなると検査でも心拍が確認でき、「100%妊娠確定」となります。

5週目の検査のときにはまだここまで進んでいないことがほとんど。
焦らず、6週目以降の検査を待ちましょう。

妊娠5週目のマイナートラブル

妊娠初期には、さまざまな体調不良がつきものです。
これは急激なホルモン変化が原因。
具体的に、どのようなマイナートラブルに見舞われるのかみていきましょう。

本格的な「つわり」がスタート

妊娠5週目に入ると、人によっては本格的なつわりがはじまります。
つわりの症状は、重い人や、ムカムカする程度の人、全くない人、長期間苦しむ人と、実にさまざまです。

つわりで食事がとりづらい人は、小分けにして食べる、体調が落ち着いている時間につまめるように準備しておくなど工夫を。

あまりにもつわりがひどく食事がのどを通らなければ、医師や助産師に相談しましょう。

このとき、食べられない場合でも水分だけはこまめに補給を。
水分すら口にできない場合は、点滴や入院が必要になる場合もあります。

腹痛、倦怠感といった諸症状で悩むことも

妊娠初期は、つわり以外にも、体のだるさや熱っぽさ、眠気、胸焼け、腹痛、胸の張り、めまい、おりもの、便秘、下痢といったさまざまな不調を感じやすいもの。

妊娠に気づかないまま市販薬を飲んだ、ということもよくあります。

市販薬を服用した場合はどの薬をどのくらい継続して飲んだかを医師にしっかり伝えましょう。

心のバランスも崩しがちに

この時期は、ホルモンバランスの変化によって感情のコントロールが効かなくなることがあります。

家族に心の状態を話して理解を得るのもよいでしょう。

妊娠5週目の妊婦さんの過ごし方

妊娠5週目のママが、今後のためにこのタイミングで考えておきたいこと・用意したいことをピックアップしました。

早めに産院探しを始めよう

最初の妊娠検査は近所のクリニックに行く人が多いでしょう。
けれど出産するとなると、そこでは設備的に対応できない可能性があります。

地域によっては分娩予約の締め切りが5~6週である病院もありますので、妊娠が分かったらできるだけ早く「どこで産むのか」を決めて予約を入れましょう。

婦人科・産婦人科の紹介

産婦人科選びに悩んでいる女性は多くいます。
病院の特徴や力を入れていることを紹介した記事はこちらです。

「葉酸」「鉄分」など栄養をたっぷりと

妊娠中は赤ちゃんとママの体のために、たっぷり栄養を摂りましょう。

赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減する葉酸や、血液や骨の元となる鉄分カルシウムは積極的にとりたい栄養素です。

【厚生労働省がすすめる葉酸の摂取】
厚生労働省は、妊娠1か月以上前~妊娠3か月までは、食事でとる葉酸(推奨量240㎍)のほかに毎日400㎍を栄養補助食品(サプリメントなど)から摂取することを推奨しています。

妊娠4か月目からは、食事から240㎍+栄養補助食品から240㎍の摂取を推奨しています。

≫【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・成分・値段で徹底比較!

ビタミンB12ビタミンCをあわせてとることで、より効率的い栄養を吸収できます。
ビタミンKも骨を丈夫にします。

ただし、つわりがあると思うようにバランスの良い食事をとることができないことも多々あります。

つわりが治まってから栄養のバランスを整えても十分間に合います。
ビタミンB6を意識的にとると症状が緩和されることがあります。

無理をせず安静に

妊娠初期のうちは流産しやすい時期でもあります。

すべての妊婦さんの15%は自然流産ですが、その大部分は妊娠12週目までに起こると言われています。

妊娠初期の流産の原因は、ほとんどが偶発的に起きる胎児の染色体異常のため、生活習慣に注意をしたから流産を防げるというものではありません。

しかしなるべく身体に無理な負担がかからないよう、極端に重いものを持ったり、体を冷やしたりしないように気づかいましょう。

トラブルが深刻なら時短労働・休職を見すえて

働くママにとって、マイナートラブルはとても厄介なもの。
ひどくなると仕事への影響も出てきます。

そんな時は無理せずに、医師に相談し、勤務時間の短縮や休業などを検討してみましょう。

「仕事を軽減する必要がある」「通勤時間の調整」など、お医者さんから指導を受けた場合、「母性健康管理指導注意事項連絡カード」に、記入をしてもらいます。

それを勤務先に提出すると、勤務時間の短縮や、休業することができます。
妊娠しても働きたいという意志はあっても、からだが言う事を聞いてくれないこともあります。

責任感の強いママは、仕事先への罪悪感を感じる場合もあるかもしれませんが、ママと大事な小さな命を皆で守るよう法律で定められています。
赤ちゃんのためにも、安心して ゆっくり休みましょう。

【母性健康管理指導注意事項連絡カードとは?】
母健連絡カードは、主治医等が行った指導事項の内容を、仕事を持つ妊産婦から事業主へ明確に伝えるのに役立つカードです。

つわりを楽にする方法については下記もご参考にどうぞ。

妊娠5週目で気を付けたいこと

妊娠5週目の人は、特に次のことに注意しましょう。

先天性異常のリスクに注意

妊娠初期のこの時期は、赤ちゃんのさまざまな器官が作られる時期なので、できるだけ影響が出るものを避けた方がいい時期です。

風疹にかかると、お腹の赤ちゃんに心疾患や難聴、白内障といった障害がでることがあります。

アルコールやタバコもご法度です。
ママの飲酒や喫煙が原因で流産、早産、低体重、奇形、障害などのリスクが高まりますので、出産後、授乳が終わるまでは摂取は控えましょう。

また薬を服用したり、葉酸が不足することでも先天性疾患にみまわれることも。

不調があったら自己判断で薬を飲んだりせず、ドクターに相談しましょう。

おかしいと思ったらすぐ病院へ

つぎのような症状が現れると、流産や、胎児になんらかの危険がある可能性があります。
違和感を感じたら、念のためすぐに産婦人科を受診しましょう。

【妊娠5週目:危険な症状の一例】

  • 鮮血(赤、ピンク)の出血
  • 腹痛が続く、子宮の締め付け感

妊娠検査薬で陽性なら、すぐに産婦人科へ

妊娠5週目は、とても大事な時期です。
妊娠検査薬で陽性になっても、子宮外妊娠や流産などの危険がまだまだ大きい、気が抜けないときです。
早めに医療機関を受診して、医療機関とつながっておくことが、何かあった時の対応をスムーズにしますので、妊娠反応が確認されたらまずは早めに受診しましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事の監修医師・専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク