ABO式血液型不適合妊娠について

ABO式血液型不適合妊娠

妊娠に気づき、初めて産婦人科を訪れると、様々な検査を受ける事となります。その中の一つに、「血液型検査」があります。今さら何の為に、血液型を調べる必要があるのか不思議に思う方もいるかと思います。

ABO式とRh式

血液型は、ABO式とRh式の二種類に分けることが出来ます。ABO式とは・・・みなさんがよく知っているA型・B型・O型・AB型で表す4種類の血液型のことです。Rh式とは・・・血液中に含まれるRh抗原を持っている(+)か、持っていない(-)かを表したものです。

ABO式とRh式

赤血球にA抗原が付着している血液をもった方が「A型」、B抗原が付着している血液をもった方が「B型」、AとB、両方の抗原が付着している血液をもった方が「AB型」となり、A・Bどちらの抗原も持たない方を「O型」としています。

A型の型は、体内にB抗原が無いため、Bに対する抗体をもっています。B型の型は、体内にA抗原が無いため、Aに対する抗体をもっています。AB型は、どちらの抗原も体内にあるため、抗体を作りません。O型は、どちらの抗原も無いため、A・Bどちらの抗体も保有しています。

通常は、赤ちゃんとママの血液が混ざり合わないようになっていますが、何らかの原因により、胎児の血液が母体に流れ込んでしまうことがあります。その際、血液型の組み合わせ次第では「血液型不適合妊娠」と呼ばれる状態になり、「胎児新生児溶血性疾患」という疾患を招いてしまうことがあります。

胎児新生児溶血性疾患とは?

ママの血液中に、胎児の血液型に反応する抗体(免疫)が含まれている場合に起こります。

ママの血液中にある抗体が、赤ちゃんの血液中へと入り込む事で、赤ちゃんの血中に含まれている抗原を、攻撃してしまいます。それにより、胎児の赤血球が破壊されてしまい、胎児が貧血になってしまったり、黄疸の症状が出ることがあります。そのような症状を招くことを「胎児新生児溶血性疾患」と言います。ABO式血液型不適合に関しては、貧血・黄疸どちらも、軽度で済むといわれているので、あまり心配はいりません。「ABO式血液型不適合妊娠」よりも「Rh式血液型不適合妊娠」の方を注意すべきとされています。Rh式血液型不適合妊娠についての詳しい記事はコチラから

必ず胎児新生児溶血性疾患になるの?

必ずという事ではありません。母体がO型で、胎児がA型またはB型の場合の0.7~2%に黄疸や軽い貧血の症状がでる事があります。ABO式の場合は、元々ママの血液中に抗体が存在する為、初産の場合でも起こりえます。もしも、ABO式の血液型不適合妊娠だと診断されても、胎児に軽い貧血・黄疸などの症状が出ることはありますが、それ以外の重度の症状が出ることは殆ど無いとされています。たとえママの血液が胎児へ混入したとしても、混入する血液量はごく僅かなので、重い症状になるほどではないということです。

上でもお話しましたが、ABO式血液型不適合妊娠は、そこまで重度の症状を招くことはありません。O型のママが、A型もしくはB型のお子さんを身ごもったときに、赤ちゃんの貧血や黄疸が見られることがあります。健診にしっかりと通い、担当医の指示に従っていれば、問題ありませんので、重く考えないようにしましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク