母子手帳はいつもらえる?もらう時期やもらい方、書き方まとめ

妊娠すると手にするもののひとつに母子手帳があります。
母子手帳はママと赤ちゃんの健康管理に欠かせません。

しかし、いつどこでもらうのか、どんな時に使うのか知らない方も多くいます。
また、紛失した際や引っ越しの際はどのように対処すればいいのでしょうか。

そこで今回は、母子手帳をもらう時期やもらい方、書き方などをご紹介していきます。

母子手帳とは

母子手帳は正式には「母子健康手帳」と呼ばれており、母子健康法に基づいて自治体から交付されるものです。

妊娠中のママや赤ちゃんの健康状態や、6歳までの子どもの経過を記録することができます。
予防接種や歯科検診、病気の経歴など、あとあと必要になるであろう情報を記録する項目もあります。
乳幼児身体発育曲線や便色の確認表など、育児に役立つ内容も掲載されているのです。

母子手帳が生まれたのは戦後の日本。
子どもの栄養失調や感染症が流行り、健康管理の一環で作られました。
当時は母子手帳を持っていることでミルクや砂糖などを優先的にもらうことができたのです。

今日では、母子手帳はママと子どもの健康管理や健康指導をするために役立っています。

母子手帳の役割

母子手帳ではママの妊娠中・出産の状態や、新生児・乳児・幼児と子どもの各成長ステージの状態を記録します。

妊娠中から出産、育児中は、同じ病院や医師にかかるわけではありません。
別の病院を受診しても過去の記録を参照して、正しい処置を受けられるようにするのが母子手帳の役割です。

また、記載されている項目を目安に、ママ自身で子どもの健康管理を行うことができるようにサポートする役割も担っていると言えます。

母子手帳のメリット

母子手帳を交付される際には、「妊婦健康診査受診票」が一緒に交付されます。
これは病院で妊婦検診を受ける際に、公費補助が受けられるものです。
妊婦さんは最低14回の妊婦検診が必要ですが、それにかかる料金のほとんどを、妊婦健康診査受診票でまかなうことができるのです。

母子手帳を持っていると、自治体の子育て支援サービスを受けることができます。
妊娠中のママを対象に両親学級を開催している自治体は多く、今後の子育ての勉強になります。

自治体でのサービスが受けられるだけでなく、普段の生活でも母子手帳は役に立つのです。
例えば、マタニティグッズやベビーグッズを取り扱っている店舗では、母子手帳の提示があれば割引をしてくれるところがあるのです。

筆者は近所のショッピングモールを利用する際に、インフォメーション窓口に母子手帳を提示して、優先駐車場の許可証をもらいました。
子どもが生後6か月になるまで有効で、店舗の出入り口のすぐ近くに車を停められるので非常にありがたかったです。

母子手帳をもらう時期

母子手帳は病院で妊娠検査を行い、胎児の心拍が確認されてからもらうのが一般的です。
胎児の心拍が確認できるのは妊娠6週~10週頃です。

心拍が確認された際に、医師から母子手帳をもらいにいくように案内されるでしょう。
その際に、医師から妊娠届出書が出される場合があり、それを以って自治体から母子手帳をもらいます。

妊娠届出書が医師から提供されなくても、自己申告で母子手帳をもらうことも可能です。

もし医師から母子手帳をもらってくるように案内されない場合は、妊娠届出書を出さない産婦人科かもしれませんので、聞いてみるといいでしょう。

母子手帳をもらう場所ともらい方

母子手帳をもらう際には、どこでどのようにもらえばいいのでしょうか。

母子手帳の交付は各自治体の窓口で

母子手帳は各市町村の役所か保健センターで交付されます。
医師から母子手帳をもらうように案内があれば、住民登録をしている市町村の窓口にいきます。

母子健康法第15条では、妊娠したら速やかに住んでいる市町村に届け出る必要があると記載されていますので、届出が遅れないようにしましょう。

母子手帳をもらう際に必要なもの

母子手帳をもらう際には、次のものを持っていきます。

  • 妊娠届出書
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証。外国人の場合は在留カード)
  • 印鑑

妊娠届出書は先に述べたように、医師が提供する場合がありますが、そうでなければ自分で用意する必要があります。
窓口で妊娠届出書を渡されその場で記入するか、自治体のHPからダウンロードして記入後に提出する方法があります。

妊娠届出書に記入する項目

  • 妊婦の個人情報(生年月日・住所・電話番号など)
  • 妊娠に関する情報(出産予定日・医療機関名など)
  • 過去の妊娠や病歴の情報
  • 生活習慣について(お酒・たばこなど)

必要書類の提出が完了すれば、母子手帳が交付されます。

妊娠届出は代理人でもできる

母子手帳をもらうための妊娠届出は原則、妊婦本人で行いますが、つわりなどで外出することが難しい場合は、ご家族が代理で窓口に届け出ることができます。

事前に妊婦さん自身で窓口に行けない理由を添えて、自治体の窓口に代理で申請が可能かきいてみることをおすすめします。
なお、代理人でも妊娠届出に必要事項を記入する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

続いて、母子手帳の種類をみていきましょう!

母子手帳の種類

母子手帳は自治体によってデザインが異なります。
年度ごとでデザインを変更している自治体もあれば、ディズニーなどのキャラクターを採用しているところもあります。

特に東日本大震災で影響を受けた市町村には、東京法規出版がディズニーキャラクターの母子手帳を自治体に無償提供しているようです。
東京都江東区や品川区などでは、母子手帳にミッフィーを採用しています。

デザインは異なっていても、中身の項目やグラフなどは共通していますので、妊婦さんや病院関係者は混乱することなく使用できます。

外国人専用の母子手帳もある

日本に住む外国人でも母子手帳が使えるように、外国語が併記されている母子手帳もあります。
英語やハングル語、中国語など8ヶ国語の母子手帳があり、在日外国人でも気軽に母子手帳を利用できるようになっています。

一般の母子手帳と異なる点として、「指差し受診対話集」があることです。
日本語が話せない外国人であっても、日本国内の病院でママ自身や子どもの状態を的確に伝えることができます。

外国語併記版の母子手帳は、ママ自身が日本人であってもパパが外国人の場合、希望すれば自治体から交付されることがあります。

主にママが使う母子手帳ですが、外国人のパパが母子手帳を利用するときのことを考えると、日本語と外国語が両方記載されている母子手帳は非常に役立つでしょう。

母子手帳の書き方

母子手帳には妊娠中や出産の状態、子どもの6歳までの状態を記録します。
こちらでは、母子手帳内の項目の中から特に使用する項目について説明します。

保護者・出生届出済証明

ママとパパの情報記入

「保護者・出生届出済証明」のページでは、「子の保護者」の欄に子どもの親の名前や住所などを記入します。
母子手帳を受け取ったら早めに記入しましょう。
記入していることで万が一母子手帳を紛失してしまった場合に、拾った人や警察から連絡が来るかもしれません。

「出生届済証明」の欄は、子どもが生まれた14日以内に出生届を出す際に、お住まいの役所が記入する箇所です。
子どもの氏名や出生場所、出生年月日を記入して市町村長の印鑑を押します。

「出生届済証明」は、出産育児一時金や育児休業給付金などの申請時に写しを求められる場合がありますので、子どもが生まれたら必ず記入してもらいましょう。

妊婦の健康状態

妊娠中の経過

下の表のようなページに、赤ちゃんの成長やママの体の様子などを記載してくれます。
左から順に説明していきたいと思います。

母子手帳

妊娠週数
妊婦健診を受けたときの週数(経過日数)

子宮底長
恥骨の上から子宮の一番上までの長さを表します。
子宮底長に関する詳しい内容や正常値の算出方法はこちらから

腹囲
お腹の周囲の長さを測ります。
(測定位置:おへそに近い位置または真上からぐるっと一周)
妊娠5か月目頃の健診から測定します。

体重
妊娠中の適正体重についての記事はこちらから

血圧
妊娠高血圧症候群の兆候を見逃さない為、毎回測定します。
血圧の正常値を詳しく知りたい方はこちらから

浮腫
「ふしゅ」と読み、むくみの事を言います。
-(マイナス)に丸が付くようなら正常ですが、+に丸がつくと若干浮腫みがちな状態にあります。
むくみの原因についてはこちら

尿蛋白
妊娠高血圧症候群を見逃さない為に毎回チェックします。
尿たんぱくが含まれていない場合は-(マイナス)に○がつきます。
尿タンパクについての詳しい内容はこちら

尿糖
妊娠高血圧症候群を見逃さない為に毎回チェックします。
尿糖が含まれていない場合は-(マイナス)に○がつきます。
尿糖に関しての詳しい記事はこちら

その他の検査
必要に応じて行った検査内容や結果をこちらに記入します。赤ちゃんの心拍などを記載することもあり、使い方は医師によって違います。

特記事項
投薬がある場合や、ママへの注意事項などを記入します。

梅毒血清反応
血液を採取し、梅毒に感染していないかを確認します。
実施日を記載。
梅毒について詳しく知りたい方はこちら

B型肝炎抗原検査
血液を採取し、B型肝炎に感染していないかを確認します。
実施日を記載。

血液型検査
血液を採取して、ABO式とRh式の血液型を調べておきます。
中でも重要なのがRh式で、Rhの型がママと胎児で異なっている場合、血液型不適合という事になり治療が必要となってきます。
血液型不適合に関しての詳しい記事はこちら

ほかにもこんなページがあります

色々なページ

出産に励んでいるママは、自分で細かい状況などを書き残す余裕などありません。
助産師さん達が母子手帳に書き残してくれた記録は、一生の思い出として残ります。

他にも、出産後の母体の回復状況であったり、初めて母乳をあげたときの事、産後初めて入浴した記録など、記録の内容はさまざまです。

色々なページ

今この瞬間は、感動したことや痛かったことなど、事細かに状況を覚えていますが、日々を過ごしていく中で、徐々に忘れてしまうような出来事や曖昧になってしまう出来事もあります。

出産というのは、ママにとっては命がけの大仕事となります。
ちょっとした内容でも記載しておけば、後々見返した時に「こんな事もあったなー」と鮮明に記憶が蘇ります。
母子手帳は、ママと赤ちゃんの事を記録に残す為の「日記」だと思って、大切に使っていきましょう。

母子手帳、こんな時どうする?

母子手帳を交付された後、さまざまな事情で再度交付手続きを行う必要がでたり、どうすればいいかわからないことがあるかもしれません。
下記のケースでは、どのような対応をすればいいのか見ていきましょう。

母子手帳を紛失してしまった

母子手帳を紛失してしまった場合、交付窓口に再度出向いて再交付してもらうことができます。
その際に、「母子健康手帳再交付申請書」という書類に必要事項を記入する必要があります。
今までの記録はかかりつけの病院にて再度記入してもらえる場合がありますので、確認することをおすすめします。

母子手帳にはママやパパ、子どもの個人情報が記載されているため、警察に紛失届を出したほうがいいでしょう。

なお、母子手帳と一緒に交付される「妊婦健康診査受診票」は紛失しても再発行できない場合がほとんどです。
妊婦健康診査受診票がないと妊婦検診の費用は全額自己負担になってしまいますので、紛失しないように、妊婦検診以外での外出時には家に保管しておくことをおすすめします。

母子手帳交付後に引っ越し

母子手帳は異なるデザインでも中身の項目は全国共通です。
よって、別の市町村に転入しても母子手帳を新たに発行する必要はありません。

ただし、転入先の自治体に妊娠届出をする必要があります。
その際には母子手帳の提示を求められますので、転入届出の際に持っていきましょう。

また、すでに持っている妊婦健康診査受診票は、転入先では使用できないことがありますので、未使用分の受診票を交付してもらってください。

里帰り出産

母子手帳は全国共通なので里帰り出産時でも使用できますが、妊婦健康診査受診票は住民票がある地域以外では使用できません。

里帰り出産の際には、健診費用は全額自己負担になってしまいますのでご注意ください。
自治体によっては、里帰り出産時の健診費用の助成制度を設けているところがありますので、確認してみるといいでしょう。

母子手帳交付後の流産や死産

母子手帳交付後(妊娠届出をした後)に流産や死産になった際には、必ず自治体に届け出てください。
日本の法律では妊娠12週以降の死産(流産・中絶を含む)は死産届を出すことになっています。

流産や死産でも、母子手帳を「赤ちゃんがお腹で生きていた証」としてキープしているお母さんたちが多くいます。

また、妊娠85日以降の流産・死産は出産育児一時金の支給対象になります。
申請するには自治体で「出生届済証明」の欄に記入する必要がありますので、母子手帳を保管しておきましょう。

母子手帳ケース

母子手帳は子どもが6歳になるまで大切に保管する必要があります。
また、健診時には母子手帳のほかにも必要なものを持っていく必要があるため、まとめて持ち運べる母子手帳ケースがおすすめです。

母子手帳ケースのメリット

母子手帳ケースのメリットとして、母子手帳と一緒に妊婦健康診査票など必要なものをまとめて持ち運べます。
バラバラに保管していると、健診時に忘れて全額自己負担になってしまうことがあるかもしれません。
病院を受診すると領収書やエコー写真などをもらいますが、ケースに入れればバッグの中でバラバラになることもありません。

いろいろなデザインの母子手帳ケース

母子手帳ケースは、マタニティグッズを扱うお店や通販サイトなどで手に入ります。
デザインが豊富で、価格も1,000円以内のものから数千円のものまであります。
好きなデザインや素材のケースを選んで、ぜひ役立ててください。

父子手帳や祖父母手帳もあるのをご存知でしたか?
詳しくみていきましょう!

父子手帳や祖父母手帳もある!

最近では、母子手帳のほかにも「父子手帳」や「祖父母手帳」というものが発行されていることをご存知でしょうか。
妊娠や出産、育児はママだけの問題ではありません。
パパや祖父母も積極的に育児に参加するために、こういった手帳を活用してみるのもいいかもしれません。

なお、父子手帳や祖父母手帳を、ホームページ上にてPDF形式で提供している自治体もあります。

イクメンへの道を描いた父子手帳

自治体によっては母子手帳とともに父子手帳を提供するところがあります。
こちらは岐阜県が発行している父子手帳で、妊娠や出産、育児における父親の役割や妻へのサポートの仕方などが記されています。

妊娠初期から後期、出産時、子どもの成長ステージごとに、パパができることが細かく書かれているので非常に便利です。

他にも宮崎県や宮城県仙台市など、複数の自治体が独自の父子手帳を発行しており、東京法規出版でも「父子健康手帳」を販売しています。

子育ての新常識がわかる祖父母手帳

埼玉県さいたま市などが発行する「祖父母手帳」は、祖父母がママや赤ちゃんと良好な関係を築きながら育児に参加できるようにサポートする目的で作られました。
“育児の昔と今”を比べ、祖父母の世代とは違う現在の子育てを知るきっかけとなります。

世代間のギャップから、祖父母と育児において意見の食い違いが生まれてしまうという悩みを上手にくみ取った手帳ではないでしょうか。

20歳まで使える母子手帳が誕生

2016年4月、一般社団法人「親子健康手帳普及協会」が20歳まで使える母子手帳を作成しました。
当初は海外に住む日本人に配布するために作られましたが、国内の自治体から使用したいという声があがり、すでに1万部が配布されたそうです。

発達障害を持つ子どもへの対応や児童虐待の増加防止などの課題に応えるだろうとされ、多くの自治体が取り入れようとしています。
早ければ2017年4月から複数の自治体で妊婦に配布され、ベビーザらスでも購入可能です。

母子手帳を上手に使おう

母子手帳のもらう時期やもらい方、使い方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
母子手帳は単にママと子どもの状態を記録するだけでなく、普段の生活にも役立てることができます。
ママと子ども、そしてその家族が健康で幸せに暮らしていくためにも、母子手帳を上手に活用してくださいね。

最近では母子手帳以外にも父子手帳や祖父母手帳といったママ以外の家族が利用する手帳も増えてきました。
妊娠や出産、育児をみんなで協力し、子どもにたくさんの愛情が注がれるような環境を作るためにも、これらの手帳もぜひ活用してみてください。

【編集部ピックアップ!「妊娠初期」関連記事】

妊娠初期の妊婦さんにぜひ意識してほしいのが「葉酸」の摂取です!

二分脊椎症や無脳症をおこす「神経管閉鎖障害」は、妊娠初期に葉酸を積極的に摂取することで発症リスクを下げることができます。

厚生労働省
では、妊娠1か月以上前から妊娠3か月の女性に対し、毎日食事からとる葉酸にプラスして、栄養補助食品(サプリメント)から400㎍の葉酸をとるように推奨しています。

高品質の葉酸サプリの情報はこちらの記事がおすすめ

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク