母子手帳はすぐれモノ

母子手帳の正式名称は「母子健康手帳」ですが、省略して母子手帳と呼ばれることが多いようです。この母子手帳は実はとてもすぐれモノ。

母子手帳には 妊娠中から出産、乳幼児期~小学校入学ごろまでの必要な情報が1冊にまとめられています。それだけではありません。 ママがどんな人か知ってもらえるように、家族構成から病気の既往歴、ママのお仕事や妊娠前の身長体重。さらには家族の連絡先や住宅事情まで。妊娠が分かった時からの経過、どんな出産だったか、出血は多かったか。赤ちゃんが生まれた時の状態や、黄疸や呼吸状態などの経過。母乳で育ったのか混合栄養か。
歩き始めたのはいつごろで、予防接種はどこまで受けているのか…。産院によっては、貧血の程度を示す検査結果や、どんな検査を受けたかなどの記録もしてくれます。

母子手帳は日本が誇れる文化のひとつ。他国には母子手帳の文化はありません。始まったのは戦前1942年で、物資配給が優先されるための保障や、受診しやすくする目的で使われていました。そのため、このころの母子手帳はいたってシンプル。たった数ページだけのペラペラの冊子でした。現在のように、赤ちゃんの成長記録欄がつくられたのは1980年ごろからで、まだ最近のことです。

30年くらい前にインドネシア人の医師が母子手帳の素晴らしさに着目し、現在ではインドネシア・メキシコ・パレスチナでも配布されつつあります。しかし「妊娠したら誰もが持っている」のは、世界中で日本だけ。さすが、日本!

こんな便利な母子手帳、活用しなくてはもったいない。たとえば医師や助産師に診察・相談するときは持参してほしい。医師や助産師は、母子手帳を確認し、必要な情報をピックアップしながら頭の中でアセスメントしています。しかし時々、「母子手帳を忘れた」もしくは「ママが記載するページに未記入」のことがあるのです。

「母子手帳がない」もしくは「未記入」であれば、ママに確認するための時間がかかり、医師や助産師に相談できる時間が短くなってしまいます。医師や助産師がチェックしているのは、分娩経過や発育状態だけではありません。

たとえば母乳相談の場合、その方に合ったアドバイスをするためには「母乳指導に熱心な産院で出産したのか」「どのような授乳指導を受けていたのだろうか」は事前に知りたい情報です。しかしママに直接確認しても、その方にとってはその産院での体験がすべてですから「ふつうだった」と思っている。こちらが得たい情報にたどりつくまで時間がかかってしまいます。しかし、母子手帳を確認すれば一目瞭然。たとえばこんなページを確認しています。

  • 「出産の記録ページに助産師名が載っているか」←助産師が立ち会わず看護師だけの場合は空欄です。助産師が不足している産院の場合、授乳指導が手薄だった可能性が高いのです。
  • 「赤ちゃんの退院時の体重は、生まれた時よりも増えているか」←母乳指導の時間が短く、ミルク会社の指導が熱心な産院の場合、出生直後からミルクを追加するため生理的体重減少がありません。

母子手帳を確認ペラペラと確認すると、これら「母乳育児に熱心な産院で出産したのか」「どのような授乳指導を受けていたのか」について、大体の推測ができるのです。

そして、時々「大体覚えているから、母子手帳がなくても聞かれればこたえられる」と考えているママもいます。

しかし、「医師・助産師が知りたい情報」と、「ママが必要と感じている情報」は一致していないことが多いものです。たとえば、妊娠中毒症のママさんから母乳相談を受けた場合、以下の情報を確認しています。

  • ママの年齢
  • 妊娠前の体重
  • 出身地
  • 妊娠何週ごろから蛋白尿が出ているか
  • 妊娠前の仕事は立ち仕事だったのか
  • 出産時の出血量
  • 出産直後のママの血圧と体重

等々・・・

母子手帳には、これらの情報が全てちりばめられており、ペラペラとめくりながら1分弱で頭の中でアセスメントしています。

しかし母子手帳がない場合、ひとつずつ聞きながら確認しなくてはいけません。時には、こちらが知りたい情報と、ママが答えた方がいいと考える内容がずれることもあり、その場合はすべてを確認するのに最低でも10分以上かかってしまいます。もちろん医師や助産師のトーク力によっても変わりますが、必要以上の時間を要することは確かです。その時間がなければ、ママにより具体的なアドバイスを進められるのに…と、もったいなく感じるのです。

また、ママが記載するページが未記入の場合も確認しなくてはいけません。たとえば、家族の名前が書いていない。たとえば、妊娠前の体重や結婚年齢が書いていない。たとえば、職業欄が書かれていない。

このような情報は「ママの健康や育児のアドバイスに必要なことがある」から記入欄があるわけで、個人的な好奇心から知りたいわけではありません。しかしその情報が、時には相談内容に関係なく、カルテ記載上確認しているだけのこともあります。

しかし未記入の場合は、「どんな漢字を書くのですか?」「ここに書いてもらえますか?」「ご主人は何歳ですか?」と確認しなくてはいけません。

このように、「母子手帳を忘れた」「空欄のページがある」場合、確認するための時間がかかり、「この時間がもったいないな」と感じるのです。決して、確認の労力を惜しんでいるわけではありません。限られた時間の中で、もしこの時間がなければ、「もっと具体的なアドバイスができたのに」と、歯がゆく感じるのです。

たった1冊に、必要な記録や情報がギュッと凝縮されているすぐれモノの母子手帳。医師や助産師に相談する限られた時間の中で少しでも自分に合った有益なアドバイスを得るためにも、持ち歩くことをお勧めします。そして、未記入のページがあればご自身で記載をお願いいたします。ママと赤ちゃんの記録・情報がギュッと凝縮されている母子手帳を大いに活用してくださいね。

こちらも合わせてご覧下さい母子手帳の受取方、見方、母子手用ケースの紹介

執筆者:さら助産院 直井亜紀

直井亜紀先生の母乳育児コラムはこちら

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク