分娩方法を決めておこう

分娩方法を決めておこう

分娩方法

出産と聞くと、ようやく我が子に会える期待感と、分娩に対しての不安感が入り混じり、とても複雑な心境になるのではないかと思います。特に初めて出産を体験されるママさんは、不安感の方が大きいのではないでしょうか。

分娩方法は、経膣分娩と帝王切開の二種類に分けられます。帝王切開は、皆さんがご存知の通りお腹を切って赤ちゃんを取り出す方法です。経膣分娩は、自然の流れで出産に挑む自然分娩と陣痛促進剤や局所麻酔を使用する医療処置が必要な分娩の二種に分かれます。下の図を見て確認してみましょう。

※下記の分娩方法は、全ての病院で対応しているわけではありません。一般的なラマーズ法分娩・帝王切開以外の分娩方法を希望される方は、通院中の病院へ希望している分娩方法の対応が可能か確認してみてくだいさい。

分娩方法

【経膣分娩】の種類を細かく見てみましょう

自然分娩

一般的な出産方法で、赤ちゃんが産道を通って膣から出てきます。分娩台に仰向けで横になり、自然の流れで出産します。

水中分娩

水中分娩の様子
水中分娩の設備が整った病院でしか受ける事ができません。30度ほどの温水の中で出産を行います。

温水に浸かりながら出産することで、心と身体のリラックスと陣痛の痛みが和らげる目的があるとされています。赤ちゃんも羊水から水中という似たような環境に生まれてくる為、ストレスが少ないといわれています。またドイツの統計によると、水中分娩は通常の分娩に比べて、会陰切開の割合が半分だと言われています。水中分娩は、逆子多胎妊娠(双子や三つ子)・早産などの場合は対応できません。

座位分娩

座位分娩の様子
座位分娩用の分娩椅子がある病院でしか受ける事ができません。座位分娩の方が、普通分娩(寝て行う分娩法)よりもお腹に力が入りやすく、赤ちゃんが骨盤に沿って自然に下がりやすくなると言われています。

フリースタイル分娩(アクティブバース)

フリースタイル分娩の様子

助産院で多く取り入れられている方法で、病院では対応していないところがほとんどです。ママが一番楽で、いきみやすい体勢で出産にのぞむ事ができます。

また、出産場所も決められていないので入院室内の畳間・ベッドなど、ママが出産しやすい場所での出産が可能です。
四つん這いの体勢や、物または旦那様にしがみつき前かがみ膝立ちの体勢などさまざまな体勢で行われます。

ラマーズ法

日本では多くの産院で取り入れられている一般的な出産方法です。出産が始まると、子宮の収縮や産道が開く痛みによって身体が緊張してしまいます。息を吐く事で身体の力が抜け、余分な緊張が和らぐ為リラックスできます。

ラマーズ法は、「出産の基本はリラックス」だと考えられており「ヒッ・ヒッ・フー」という呼吸法を取り入れています。息を吸う動作は、身体を緊張させてしまうのでラマーズ法は息を吸う動作は意識していません。息を吐く事で、緊張していた筋肉をゆるめ、リラックスする事が目的です。

リーブ法

中国医学の気功を取り入れた方法です。
リーブ法の名称は、リラックス(Relaxation)、イメージ(Imagination)、エクササイズ(Exercise)、呼吸する(Breathing)の頭文字を取っています。出産中は、お腹の中の赤ちゃんが徐々に下がっていく事をイメージし、全身に気を巡らす事でスムーズな出産を導きます。妊娠中から呼吸法(腹式呼吸)、リラックス法、イメージトレーニングなどの練習を行います。

ソフロロジー

ヨガや瞑想法を取り入れた出産方法です。
全身の筋肉をリラックスさせる為の訓練法にヨガや禅の考え方を組み込んでいます。イメージトレーニングで、陣痛を痛みとしてとらえるのではなく、赤ちゃんを生み出す力として受け入れる事で出産への不安を取り除き出産をスムーズに導きます。

【医療処置が必要な分娩】の種類を細かく見てみましょう

無痛分娩(和痛分娩)

こちらも最近耳にする事が増えてきました。分娩の痛みを和らげる為に、局所麻酔を使用する分娩方法です。局所麻酔を使用する為、意識もあり、赤ちゃんが産道を通る感覚も感じる事が出来ます。ですが、痛みの様子を見ながら麻酔の量を調節するので「全く痛みが無い!」と言う事ではありません。麻酔を使用しない経膣分娩よりも少し痛みが和らぐと考えておいた方がよいでしょう。

無痛分娩(和痛分娩)のメリット・デメリットも合わせてご覧下さい

計画分娩

分娩日を前もって決め、人工的に陣痛を起こし出産する方法です。赤ちゃんの発育が悪い場合や、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症にかかり、早めに出産したほうが良いと判断された場合に計画分娩を行います。また、病院側の都合(人手不足)やママさん側の都合で分娩日が決まっていた方がいい場合に計画分娩を行う事もあります。

吸引・鉗子分娩

赤ちゃんが子宮頚部まで降りてきているが、急いで取り出さなければ危険だと判断された場合や、ママの体力が限界に近づき、難産を回避する手段として用いられます。

吸引
吸引器に接続されたプラスチックや金属製の吸引カップを赤ちゃんの頭につけて、吸引器の吸引力で吸い出します。
吸引器で引っ張り出された赤ちゃんの頭は、赤くなりコブのようになります。これは時間が経つにつれ、自然に治りますので心配はいりません。鉗子分娩とは、二枚のヘラのようなもので赤ちゃんの頭をはさんで引き出す方法です。

鉗子分娩
鉗子は操作や扱いが難しいため、日本では吸引器を使って引き出す方法が主流とされています。吸引分娩と鉗子分娩の詳細についてはこちら

【帝王切開】の種類を細かく見てみよう

こちらも広く認知されているのではないでしょうか。経膣分娩では、母体・赤ちゃんに危険が生じると判断した場合に、ママのお腹を切開して、子宮から直接赤ちゃんを取り出す方法です。

帝王切開をする際は、局所麻酔のため赤ちゃんが生まれた時の産声を聞く事が出来ます。手術が始まり、腹部を切って赤ちゃんを取り出すまでにかかる時間は約5~10分程度。その後、傷跡の縫合などで手術は約1時間程度で終わるとされています。傷の回復状況にもよりますが、経膣分娩の方よりも入院日数が2~3日長くなります。

帝王切開の場合、切開方法は「縦切開」と「横切開」の二種類あります。どちらの方法で切開するかはお医者様の判断で決まります。

縦切開と横切開

予定帝王切開

健診であらかじめ経膣分娩が難しいと判断された場合に、出産予定日を決め計画的に行う帝王切開。予定帝王切開はどういう場合に行われるのか見てみましょう。

逆子
逆子の姿勢によっては経膣分娩が可能な場合もありますが、医師が危険の可能性があると判断した場合は念のため帝王切開になる事もあります。
妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症がある
妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症があり、母体が経膣分娩に耐えられないと医師が判断した場合に帝王切開になります。ママ自身に持病がある場合も帝王切開になる事もあります。
児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)
児頭骨盤不均衡とは、胎児の頭と母体の骨盤の大きさが釣り合っていないために経腟分娩が難しい状態を言います。骨盤の大きさと赤ちゃんの頭の大きさが不釣合いだと判断された場合、妊娠36週目以降にレントゲンを撮り確認します。その結果、経膣分娩が難しいと判断された場合に帝王切開になります。また、この理由で初産が帝王切開になった場合は、二回目以降の出産も帝王切開となります。
多児妊娠
双子以上の出産の場合、医師の判断で帝王切開になる場合があります。また、赤ちゃん達が逆子になっている場合は確実に帝王切開になります。
感染症にかかっている場合
ママが感染症にかかっている場合、赤ちゃんへの感染を防ぐ為に帝王切開となります。感染症とは、性器ヘルペスやエイズ(後天性免疫不全症候群)の事をいいます。性器ヘルペスの場合は、医師の判断で経膣分娩が可能になる場合もあります。
前置胎盤
健診の際に「前置胎盤」と診断された場合も帝王切開となります。

緊急帝王切開

妊娠中や分娩中に予期せぬ事態が起こり、緊急でとり行われる帝王切開を緊急帝王切開と言います。緊急帝王切開はどういう場合に行われるのか見てみましょう。

赤ちゃんの心拍が低下した時
何らかの原因で赤ちゃんの心拍が低下すると、一刻を争う事態なので、緊急で帝王切開し赤ちゃんを出してあげなければいけません。
破水したのに赤ちゃんが生まれてこない
破水したが陣痛が始まらない、または微弱陣痛が続き出産が始まらないなど、このような場合子宮内感染を起こす危険があります。医師の判断で緊急帝王切開になる事があります。
常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
赤ちゃんが出てくるよりも先に胎盤が剥がれてしまうと大量出血が起こります。その場合、母子共に危険な状態となるので緊急帝王切開となります。
過強陣痛
子宮の収縮が異常に強かったり、持続時間が長すぎたり、周期が短い場合を過強陣痛といいます。過強陣痛が続き子宮破裂が疑われる場合、緊急帝王切開となります。
過期産
42週を過ぎると、胎盤の機能が低下してきたり、羊水の量が少なくなってきたりします。予定日を二週間過ぎても出産の兆候が見られない場合に緊急帝王切開となる事があります。過期産についてはこちら

その他の分娩方法を見てみましょう

誘発分娩

出産予定日よりも大幅に遅れているが出産の兆候がない場合や、胎盤機能が低下している場合にとられる分娩方法です。陣痛促進剤などを用いて分娩を誘発します。陣痛促進剤によるトラブルについてはこちら

LDR

陣痛から出産、産後の入院までを一つの部屋で過ごします。ベッドに出産に必要な装置や機材が取り付けられている為、出産が近づくと入院用ベッドが分娩台に早変わりします。その為、陣痛でツライ中分娩室へ移動・・・なんて事は必要ありません。産後も同じ部屋へ入院するので、移動せずそのまま休む事が出来るのでママにとってはとても有り難いですね。

催眠出産

催眠出産(Hypnobirthing(ヒプノバージング))は、イギリスの産婦人科医が開発した出産方法です。英王室のキャサリン妃が分娩方法として「催眠出産」を選択した事で広くその名が広まりました。催眠出産についてはこちらのコラムをご覧下さい

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。