妊婦のカフェインはなぜダメ?1日の摂取量は?取りすぎの影響は?

妊娠をすると、自分の身体はもちろん、待望の赤ちゃんの健やかな成長のために、いろんな食べ物に気をつけなければなりません。

そのなかのひとつが、カフェインではないでしょうか。

妊婦はコーヒーなどのカフェインが含まれる飲み物はダメなんだそう。
マタニティライフを快適に過ごすためにも、1日に摂取できる量、カフェインが及ぼすさまざまな影響について、正しい知識を身につけていきましょう。

カフェインってなに?

カフェインは、コーヒー豆だけではなく、緑茶や紅茶などの葉茶、チョコレートの原料であるカカオ豆などに含まれている食品成分のひとつです。
食品添加物としてもさまざまな食品や薬剤に使われています。

カフェインには、中枢神経を刺激して緊張させ、血管や心筋などの収縮をうながしたり、基礎代謝を活発にする働きがあります。
また、覚醒作用があるので集中力を高める反面、アドレナリンを放出させることにより、リラックス効果があるといわれています。

仕事中や、ストレスなどで疲労がたまったときや、眠気を覚ましたいときに、コーヒーを飲みたくなるのは、体がカフェインの作用を覚えているからなのでしょう。

妊娠中のカフェインは、いつからいつまで控えたほうがいい?

カフェインが多く含まれる食品は、妊娠初期から控えたほうが安全です。

妊娠初期の胎盤が形成されるまでの間は、血管が収縮されることで、お腹が張り、流産のリスクがあります。

妊娠中期、後期、出産前後には、胎児の発育に影響を与える可能性があります。
また、妊娠初期と同様、血管が収縮することで早産が引き起こされるリスクはぬぐえません。

出産後は、授乳するならカフェインを控えましょう。
その理由は、授乳期間中にママがカフェインを摂取すると、母乳にカフェインが含まれてしまうためです。
カフェインが赤ちゃんに作用して、なかなか眠らないなどの影響が考えられます。

このように、妊娠後は授乳期間中まで、カフェインの量に注意をはらうことになります。

母体と胎児にどんな影響があるの?

カフェインを摂取すると、ママのからだやお腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があるのでしょうか。

母体への影響

妊婦には多くの栄養素が必要です。
なかでもカルシウムや鉄分は、胎児の発育に深くかかわる栄養素です。

カフェインにはポリフェノールの一種である「タンニン」という成分が含まれています。

カフェインを取ると、利尿作用があることは知られていますが、せっかく体内に取り入れたカルシウムや鉄分とタンニンが結合し、排尿とともに大切な栄養素を体外へ排出してしまうのです。

そのため、カフェインを摂りすぎると、母体が慢性的なカルシウム不足になったり、貧血を起こしやすくなったりすることがあります。

妊娠中期からお腹が大きくなってくると胃が圧迫されてきます。
このころにカフェインを多く摂取すると、カフェインが消化器系や胃液の分泌を活発にするため、胃もたれや、吐き気、下痢などの症状を引き起こすことがあります。

また、妊娠後期になると肝機能が低下してくるため、カフェインの摂取により高血圧を誘発してしまう可能性があります。
妊娠中毒症になるのを防ぐためにも、カフェインの摂取量をコントロールしましょう。

赤ちゃんへの影響

ママがカフェインを摂りすぎると、赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。

母体の体内にあるカフェインは、必要なほかの栄養素と同じように、胎盤を簡単に通過して胎児へ送られてしまいます。

しかし、胎児は肝臓や代謝機能がまだまだ未発達ですので、カフェインを体外に排出することが大変むずかしく、小さな胎児の身体や脳にカフェインがどんどん蓄積されていってしまうのです。

また、カフェインには血管を収縮させる作用があるため、母体から胎盤へ送られる血液が減少する可能性があります。
血液が減ると、胎盤の形成に影響がでたり、赤ちゃんへの酸素や栄養素が十分にいきわたらなくなります。

海外の研究機関によると、妊娠中のカフェインの過剰摂取は、胎児に下記のようなリスクがあると報告されています。

  • 低酸素状態
  • 発育障害
  • 発育遅延
  • 低体重児
  • 早産・死産など

母乳に含まれるカフェイン

また、出産後、ママが授乳期間中にカフェインを摂取すると、母乳を通してカフェインが赤ちゃんに与えられてしまいます。

母乳は血液が原料のため、母乳に含まれるカフェインの量は摂取した量の0.5~1%程度といわれています。
意外と少なく感じるかもしれませんが、大人の体重を50kgと仮定すると、赤ちゃんは約3kg、1/17ほどしかありません。
たとえ少量であっても、赤ちゃんへの影響は大きくなります。

いっぽう、生後すぐの赤ちゃんがカフェインを消化するのにかかる時間は、約3日、大人の約15倍の時間がかかるといわれています。
成長とともに、カフェインを消化する時間は短くなり、生後3ヶ月で約1日に短縮されるようです。

カフェインによる影響は、赤ちゃんが興奮しやすく、落ち着きがない、泣き止まないなどの症状があらわれるようです。

また、喫煙とカフェイン摂取が重なった場合は、乳幼児突然死症候群のリスクが高まるといわれています。

妊婦が1日に摂取できるカフェインの量は?

妊婦が1日に摂取できるカフェインの目安量はどれくらいでしょうか。

WHO(世界保健機関)をはじめとする、各国のリスク管理機関による注意喚起によると200~300mgとなっています。

イギリスの研究では、妊娠8~12週の妊婦を対象にカフェインと出生体重の関係を調査した結果、1日にカフェイン100mg以下の人と比較して、1日100~199mgでは低出生体重児を出産するリスクが20%高くなり、200~299mgでは40%、300mg以上では50%と報告されています。

スウェーデンの研究では、1日100mg以上カフェインを摂取している場合に流産する人が多く、しかも摂取量が増加するごとにその率が増加したという報告があります。

総合して考えると、妊婦が1日に摂取してもよいカフェインの量は、100mg以内にするとほとんど問題ないといわれています。

カフェインには鉄分の吸収を妨げる働きがあるため、カフェインが含まれたコーヒーや紅茶などを飲むのであれば、食後30分以上の時間をおいて摂取するほうがよいようです。

カフェインを減らす工夫

妊娠する前から常習的にコーヒーなどのカフェインを大量に摂取していた場合は、マグカップから小さなカップに変えてみるとか、飲む回数を減らす、薄めて飲むなど、カフェインの摂取量をできるだけ抑えられるよう、自分で工夫をしてみましょう。

また、冷たい飲み物は体を冷やすので、できるだけ温かい飲み物を選ぶように心がけましょう。

食品別カフェイン含有量一覧

カフェインは、どのようなものに含まれているのでしょうか。

  • コーヒー
  • お茶
  • 紅茶

上記の3つにカフェインが含まれている事は、一般的にもよく知られています。
しかし、カフェインは以下のものにも含まれています。

  • コーラ
  • ココア
  • チョコレート
  • 栄養ドリンク
  • 一部の医薬品など

中には意外と知られていない食品があるのではないでしょうか。

普段、意識していないだけで、カフェインはさまざまなものに含まれており、カフェインをまったく摂取しないというのは難しいことです。

どれくらいのカフェインが含まれているのか、下記の一覧を目安として1日に摂取できる100mgの量を確認してみましょう。

妊娠中のカフェイン

商品 カフェインの量
コーヒー(ドリップタイプ) 150ml 100mg
コーヒー(インスタント) 150ml 65mg
コーヒー(エスプレッソ) 40ml 77mg
コーヒー(カプチーノ) 150ml 50mg
コーヒー(カフェインレス) 150ml 1mg
紅茶 150ml 30mg
煎茶 150ml 30mg
玉露 150ml 180mg
抹茶 150ml 48mg
ほうじ茶 150ml 30mg
ウーロン茶 150ml 30mg
番茶 150ml 15mg
玄米茶 150ml 15mg
麦茶 150ml 0mg
ルイボスティー 150ml 0mg
杜仲茶 150ml 0mg
コーラ 350ml 34mg
ダイエットコーラ 350ml 45mg
ココア 150ml 10~50mg
カフェインを含む栄養ドリンク 100ml 50mg
板チョコ 50ml 20mg
イブA錠(解熱鎮痛薬) 1回分(2錠) 80mg
バファリンプラスS(解熱鎮痛薬) 1回分(2錠) 120mg

妊婦におすすめのノンカフェインのお茶・コーヒー

「1日100㎎以内の摂取であれば、ほとんど問題ない」といわれても、やはり気になってしまう方が多いようです。
しかし、「お茶が飲みたい!」「コーヒーが飲みたい!」「紅茶が飲みたい!」という欲求を我慢してしまっては、かえってストレスになってしまいます。
その場合は、ノンカフェインのお茶・紅茶・コーヒーを選んで飲むようにしましょう。

ノンカフェイン(カフェインレス・デカフェ・ディカフェ・カフェインフリー)とは
本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを言います。

ノンカフェインのお茶

たんぽぽ茶



>>tealifeのたんぽぽ茶の詳細はコチラ

たんぽぽ茶…妊娠・授乳中のママに不足しがちなビタミンC・B2と鉄分が含まれています。
たんぽぽ茶には利尿作用があることから浮腫の解消になるほか、冷え性や便秘の改善、胃や肝臓の働きを助けるといったことがあげられます。
たんぽぽ茶(コーヒー)で最も知られている効果は母乳の出を良くするというものです。

たんぽぽ茶はひよこクラブなどによく掲載されているのでご存知の方も多いかと思います。
以下はたんぽぽ茶を購入したママのレビューです。
赤ちゃんの部屋ではたんぽぽ茶を実際に注文して多数のママに飲んで頂きレビューを書いています。
赤ちゃんの部屋によるTeaLifeのたんぽぽ茶のレビューはこちら

たんぽぽ茶の評価
たんぽぽ茶のレビュー
たんぽぽ茶のレビュー

黒豆茶

黒豆茶…黒豆には、黒い皮の部分にアントシアニンが多く含まれるほか、大豆イソフラボンやレシチンなどの栄養も豊富に含まれています。

ゴーヤー茶

ゴーヤ茶…ビタミンC・カロテン・カリウム・たんぱく質など栄養成分を豊富に含んでいます。
ゴーヤ茶には疲労回復をはじめ、便秘の解消、胃腸の働きを活発にするなどのほか、血糖値を降下し安定させたり、肝機能を高める効能などが期待できると考えられています。

そば茶

そば茶…韃靼そば茶にはビタミンPの一種である「ルチン」という成分が多く含まれていることから、毛細血管を強化し動脈硬化を予防するほか、高血圧の予防や改善、糖尿病の予防といった効能などが期待できると考えられています。

ルイボスティー

ルイボスティー…妊婦さんやお子様に嬉しいノンカフェイン・低タンニン。
フラボノイド(ポリフェノール)もたっぷり含まれています。

ほかにも、甜茶・杜仲茶・菊芋茶などがあります。

ノンカフェインの紅茶

カフェインレス紅茶(アールグレイ)

デカフェフルーツセレクション

ノンカフェイン生姜紅茶

ノンカフェインのコーヒー

Tea Life たんぽぽコーヒー


たんぽぽコーヒー
≫Tea Life「たんぽぽコーヒー」の詳細はこちら

AMOMA たんぽぽコーヒー



≫AMOMA「たんぽぽコーヒー」の詳細はこちら

たんぽぽコーヒー…たんぽぽ茶同様、妊娠・授乳中のママに不足しがちなビタミンC・B2と鉄分が含まれています。
また、母乳の出を良くする効果があるので、産後のママにも人気の商品です。たんぽぽコーヒーに関してはこちらをご覧下さい

テスターズチョイス デカフェ

クライス カフェインレスインスタントコーヒー

ネスカフェ ゴールドブレンドカフェインレス

ノンカフェインのハーブティー

AMOMAマタニティブレンド

AMOMAマタニティブレンド…妊婦さんの為に助産師さんが開発しました。
お腹の中の赤ちゃんがすくすく育つ為に、良い胎盤を作る事を目的としたハーブティーです。


≫AMOMAハーブティー「マタニティブレンド」の詳細はこちら

安産ハーブティー

ノンカフェインのチョコレート

飲み物以外にもノンカフェインで作られているものがあります。
チョコレートもその一つです。

キャロブチップス

いなご豆を使用して作ったチョコレート(ココア)の代用品です。
チョコチップ状になっているので、手作りのケーキやマフィンなどにオススメです。

キャロブサクサクチョコレート

いなご豆を使用して作ったチョコレート(ココア)の代用品です。
豆アレルギーがある方はご注意ください。

他にもたくさんのカフェインレスの商品があります。
カフェインを含む食品を無理に我慢するのではなく、自分の口にあうカフェインレスの飲み物を見つけましょう。
大好きなコーヒーやハーブティーの香りで癒され、マタニティー生活でのストレスを少しでも軽くしてください。
ぜひ、試してみてください。

ノンカフェイン番外編

ココアが飲みたいけれども、やっぱりカフェインが気になるという場合は、ネスレのミロをオススメ致します。
ネスレのミロはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンD・マグネシウム・カルシウム・鉄分と栄養が豊富に含まれた麦芽飲料です。
味はココア味となっている為、若干のカフェインは含まれていますがコーヒーの10分の1程度だと言われています。
もしも、ココアを飲むことを危惧されているのであれば、ミロをオススメいたします。

ネスレ ミロ

おわりに

カフェインが、妊娠中から授乳期までの長い間、母体や胎児にさまざまな影響を与えることがわかりました。
カフェイン以外にもタバコのように、妊婦は控えたほうがよいものがあります。

母体と赤ちゃんへの影響をしっかり考えたうえで、カフェインの摂取量をコントロールするとよいでしょう。

毎日の食生活を見直し、ストレスをためないようにすることが大切です。
ノンカフェインの自分に合った温かい飲み物を見つけておくとよいでしょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク