妊娠中のカフェインって大丈夫?お茶やコーヒー好きママのための対処法


お茶やコーヒーに含まれるカフェインについて

妊娠して、ほとんどの方が困る事・・・。それは、大好きなコーヒーや紅茶・お茶が制限される事ではないでしょうか。コーヒーを一日に何杯も飲む習慣があった方なら、なお更ではないでしょうか。

では、なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないのでしょうか?カフェインは、流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられています。

また、妊娠中はカルシウムの摂取は必要不可欠ですが、カフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによりカルシウムが流れ出てしまうと言う事です。カフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。

それ以外にも、ママがカフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、大人とは違いカフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまいます。カフェインは、赤ちゃんのからだにとても大きな負担をかけてしまうのです。それだけでなく、胎児の発育障害や胎児が死亡する原因としてカフェインが関係する場合があるという説があります。カフェインは、母体のアドレナリンを増やし、血流を減らしてしまいます。その為、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。

出産後(授乳期間中)もカフェインの摂取は避けたほうがよいでしょう。母乳を通してカフェインが赤ちゃんへ送られる為、赤ちゃんの落ち着きがなくなったり、興奮して泣きやまなかったりする事があります。また、カフェインを摂取していない場合に比べ、乳幼児突然死症候群の発症率が高まるという報告もありますので気をつけましょう。

カフェインは、どのようなものに含まれているのでしょうか。

  • コーヒー
  • お茶
  • 紅茶

上記の3つにカフェインが含まれている事は、一般的にもよく知られている事でしょう。ですが、カフェインは以下のものにも含まれています。

  • コーラ
  • ココア
  • チョコレート
  • 栄養ドリンク
  • 一部の医薬品

など・・・。意外に知られていないものも中にはあるのではないでしょうか。

私達が意識していないだけで、カフェインは色々なものに含まれています。「妊娠期間中、カフェインを全く摂取しない。」という事はとても難しい事です。

では、1日にどの程度なら許容範囲内なのでしょうか。スウェーデンの研究で、1日100mg以上カフェインを摂取している場合に流産する人が多く、しかも摂取量が増加するごとにその率が増加したという報告があります。

また、イギリスの研究では、妊娠8~12週の妊婦を対象にカフェインと出生体重の関係を調査した結果、一日にカフェイン100mg以下の人と比較して、1日100~199mgでは低出生体重児を出産するリスクが20パーセント高くなり、200~299mgでは40パーセント、300mg以上では50パーセントと報告されています。カフェインを大量に摂取していると、流産や低出生体重児のリスクが高くなるという事です。上記の研究結果から、1日100㎎以内の摂取であれば、ほとんど問題ないと言う事になります。

妊娠中のカフェイン

商品 カフェインの量
コーヒー(ドリップタイプ) 150ml 100mg
コーヒー(インスタント) 150ml 65mg
コーヒー(エスプレッソ) 40ml 77mg
コーヒー(カプチーノ) 150ml 50mg
コーヒー(カフェインレス) 150ml 1mg
紅茶 150ml 30mg
煎茶 150ml 30mg
玉露 150ml 180mg
抹茶 150ml 48mg
ほうじ茶 150ml 30mg
ウーロン茶 150ml 30mg
番茶 150ml 15mg
玄米茶 150ml 15mg
麦茶 150ml 0mg
ルイボスティー 150ml 0mg
杜仲茶 150ml 0mg
コーラ 350ml 34mg
ダイエットコーラ 350ml 45mg
ココア 150ml 10~50mg
カフェインを含む栄養ドリンク 100ml 50mg
板チョコ 50ml 20mg
イブA錠(解熱鎮痛薬) 1回分(2錠) 80mg
バファリンプラスS(解熱鎮痛薬) 1回分(2錠) 120mg

「1日100㎎以内の摂取であれば、ほとんど問題ない」と言われても、やはり気になってしまうのが現実です。「お茶が飲みたい!」「コーヒーが飲みたい!」「紅茶が飲みたい!」という欲求を我慢してしまっては、かえってストレスになってしまいます。その場合は、ノンカフェインのお茶・紅茶・コーヒーを選んで飲むようにしましょう。

ノンカフェイン(カフェインレス・デカフェ・ディカフェ・カフェインフリー)・・・本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを言います。

ノンカフェイン

ノンカフェインのお茶

たんぽぽ茶



>>tealifeのたんぽぽ茶の詳細はコチラ

たんぽぽ茶・・・妊娠・授乳中のママに不足しがちなビタミンC・B2と鉄分が含まれています。たんぽぽ茶には利尿作用があることから浮腫の解消になるほか、冷え性や便秘の改善、胃や肝臓の働きを助けるといったことがあげられます。たんぽぽ茶(コーヒー)で最も知られている効果は母乳の出を良くするというものです。

たんぽぽ茶はひよこクラブなどによく掲載されているのでご存知の方も多いかと思います。以下はたんぽぽ茶を購入したママのレビューです。赤ちゃんの部屋ではたんぽぽ茶を実際に注文して多数のママに飲んで頂きレビューを書いています。赤ちゃんの部屋によるTeaLifeのたんぽぽ茶のレビューはこちら

たんぽぽ茶の評価
たんぽぽ茶のレビュー
たんぽぽ茶のレビュー

黒豆茶

黒豆茶・・・黒豆には、黒い皮の部分にアントシアニンが多く含まれるほか、大豆イソフラボンやレシチンなどの栄養も豊富に含まれています。

ゴーヤー茶

ゴーヤ茶・・・ビタミンC・カロテン・カリウム・たんぱく質など栄養成分を豊富に含んでいます。ゴーヤ茶には疲労回復をはじめ、便秘の解消、胃腸の働きを活発にするなどのほか、血糖値を降下し安定させたり、肝機能を高める効能などが期待できると考えられています。

そば茶

そば茶・・・韃靼そば茶にはビタミンPの一種である(ルチン)という成分が多く含まれていることから、毛細血管を強化し動脈硬化を予防するほか、高血圧の予防や改善、糖尿病の予防といった効能などが期待できると考えられています。

ルイボスティー

ルイボスティー・・・妊婦さんやお子様に嬉しいノンカフェイン・低タンニン。フラボノイド(ポリフェノール)もたっぷり含まれています。

ほかにも、甜茶・杜仲茶・菊芋茶などがあります。

ノンカフェインの紅茶

AMOMAのハーブティー


カフェインレス紅茶(アールグレイ)

デカフェフルーツセレクション

ノンカフェイン生姜紅茶

ノンカフェインのコーヒー

Tea Life たんぽぽコーヒー


たんぽぽコーヒー

AMOMA たんぽぽコーヒー


たんぽぽコーヒー・・・たんぽぽ茶同様、妊娠・授乳中のママに不足しがちなビタミンC・B2と鉄分が含まれています。また、母乳の出を良くする効果があるので、産後のママにも人気の商品です。たんぽぽコーヒーに関してはこちらをご覧下さい

テスターズチョイス デカフェ

クライス カフェインレスインスタントコーヒー

ネスカフェ ゴールドブレンドカフェインレス

ノンカフェインのハーブティー

AMOMAマタニティブレンド

AMOMAマタニティブレンド・・・妊婦さんの為に助産師さんが開発したハーブティーです。お腹の中の赤ちゃんがすくすく育つ為に、良い胎盤を作る事を目的としたハーブティー。


安産ハーブティー

ノンカフェインのチョコレート

キャロブチップス

いなご豆を使用して作ったチョコレート(ココア)の代用品です。
チョコチップ状になっているので、手作りのケーキやマフィンなどにオススメです。

キャロブサクサクチョコレート

いなご豆を使用して作ったチョコレート(ココア)の代用品です。
豆アレルギーがある方はご注意ください。

上記で紹介したもの以外にも、たくさんのカフェインレスの商品があります。カフェインを含む食品を無理に我慢するのではなく、自分の口にあうカフェインレスの飲み物を見つける事で、大好きなコーヒーやハーブティーの香りで癒され、マタニティー生活でのストレスが少しでも軽くなればと思います。ぜひ、試してみてください。

ノンカフェイン番外編

ココアが飲みたいけれども・・・やっぱりカフェインが気になるという場合は、ネスレのミロをオススメ致します。ネスレのミロはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンD・マグネシウム・カルシウム・鉄分と栄養が豊富に含まれた麦芽飲料です。味はココア味となっている為、若干のカフェインは含まれていますがコーヒーの10分の1程度だと言われています。もしも、ココアを飲むことを危惧されているのであれば、ミロをオススメいたします。

ネスレ ミロ

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?