妊娠中のカルシウム摂取について


妊娠中のカルシウム摂取について

妊娠中のカルシウム摂取

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作るために無くてはならない大切な栄養素です。そのカルシウムが不足してしまうと、ママの身体に蓄えられているカルシウムから消費されてしまいます。その事により、ママ自身がカルシウム不足に陥ってしまい、将来「骨粗しょう症」になるリスクが高まってしまいます。妊娠中はママにとっても、赤ちゃんにとっても、カルシウムはとても大切な栄養素の一つなので、しっかりと摂るようにしましょう

カルシウムの効率のよい摂り方

カルシウムは、たんぱく質やビタミンDを含む食品と一緒に摂ると吸収率が高まるといわれています。ビタミンDは妊娠中に限らず、不足気味な栄養素の一つです。鮭・干ししいたけ・さば・さんまなどに多く含まれています。鮭のクリーム煮や鮭のグラタンだと、カルシウムとビタミンDが一緒に摂れるのでオススメです。他にも、ビタミンDは太陽の光を浴びる事で体内で作られる為、天気のいい日は運動を兼ねて散歩をするといいでしょう。「妊娠中の食事と栄養」のページでもカルシウムを多く含む食材について解説していますのでそちらもあわせてご覧下さい

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。