妊娠中の動悸・・・原因と対策について

妊娠中によくあるマイナートラブル・動悸

妊娠中の動悸

走ったわけでも運動したわけでもないのに、心臓がドキドキ…自分でコントロールできずドキドキして苦しい、そんな「動悸」を経験したことは誰でも一度はあるのではないでしょうか。

動悸はさまざまなことが原因で起こると言われています。

たとえば、よくあるのが貧血や発熱。そのほかにもアルコールによるものや心臓の疾患、自律神経障害、脱水症状などさまざまです。

そんな動悸が起きやすいと言われているのが「妊娠中」です。妊娠中はさまざまな変化が起きやすいのですが、中でも動悸は妊婦さんの約半分が経験したことがあると言われています。妊娠中に起きやすいマイナートラブルについてはこちら

では、なぜ妊娠中に動悸が起きやすくなってしまうのでしょうか。また、動悸が頻繁に起こっても赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

妊娠中に起こる動悸の原因って…?

まず、妊娠中に起こる動悸で考えられる原因なのですが、多くは病気ではなく一過性のものです。妊娠すると、赤ちゃんに栄養や酸素を送るためにお母さんの血流量がぐんと増えます。ですが、血の量が増えたからといってその成分も増えたわけではありません…これを「水血症」といいます。

つまり、成分が少ないため薄い血となるので、そのぶん心臓をたくさん動かして栄養をどんどん送っていかなくてはなりません。そのために動悸がしたり、息切れがするというわけなんですね。

次に、赤ちゃんがどんどん成長して大きくなっていくにつれて、さらに動悸が起こりやすくなります。おなかの中で大きくなった赤ちゃんはお母さんの体の中で小さく丸まってはいますが、胎動であちこちを押してみたり、さらにお母さんの臓器を押し上げたり圧迫します。胃が押されてあまり食べ物を食べられなくなった…ということと同じように、肺も圧迫されてしまうので息がしづらくなったり、動悸がしやすくなるというわけなんです。

また、赤ちゃんが大きくなればなるほどたくさんの酸素・栄養を送らなくてはなりませんよね。そのため、さらにたくさんの血液を作らなくてはなりませんから、よけいに動悸がしやすくなってしまうんです。お母さんにとってはちょっと辛い時期ではありますが、それだけたくさんの栄養を赤ちゃんにしっかりと送っているということです。

そして、もうひとつはストレスです。どんどん変わっていく体、体調の変化、夫に対しての不満、そして出産への不安…。お母さんの体には、さまざまなストレスがのしかかっていますよね。

積み重なったストレスは自律神経の働きを悪くしてしまうのですが、自律神経は体の中のさまざまな部分の働きを調節している監視役。その働きが低下すれば、呼吸器や消化器などさまざまなところにトラブルが発生してしまい、動悸も起こりやすくなるんです。

妊娠中はホルモンバランスの乱れによって、特にこういったストレスを強く受けやすくなってしまいます。いつもはなんてことのない夫の何気ない一言にも敏感になってしまい、ストレスとなってしまうこともありますよね。

このように、妊娠中は動悸が起こりやすい状況になってしまうんです。

つらい動悸…どんな対策方法がある?

…とはいえ、やっぱり頻繁に動悸がすると辛いもの・・・。では、どのように対策をしたら良いのでしょうか?

先ほども述べましたが、まずはお母さんの血液が薄いということが大きな原因です。あまりにも動悸がひどいという場合には、鉄剤を処方してもらうこともできますので、産院に相談しましょう。

上のお子さんがいらっしゃるという方や仕事をしているという方はなかなかゆっくりできないとは思いますが、動悸がひどくて倒れてしまった…ということにならないようできるだけ休憩を。

また、眠るときに大きくなったおなかに圧迫されて、なかなか寝付けない…ということもありますよね。中には仰向けに眠るのがラクだという方もいらっしゃいますが、おなかが大きい妊娠後期には仰向け寝は避けておきましょう。というのも、仰向けを仰臥位(ぎょうがい)と言いますが、大きくなったおなかが血管を圧迫して血圧が下がってしまう「仰臥位低血圧症候群」に陥ってしまうことがあるからです。

ですから、これを防ぐためにも動悸をラクにするためにも横向きに眠るようにしてみましょう。一般的に妊婦さんは左を下にして眠ると動悸を感じにくく、息がしやすく眠りやすいと言われています。妊婦さんにオススメの姿勢はシムスの体位

ただ、妊娠後期になると胃のつかえ・胃液の逆流が起こるようになります。この場合には逆に胃の出口が下になるように右を下にして眠ると眠りやすくなるということなので、自分がラクだと思う方向で寝てくださいね。

そして、ストレスによる動悸の場合にはお風呂に浸かる、妊婦さんは細切れ睡眠になりやすいので、できるだけ昼寝をするなど睡眠を摂るように心がけてみてくださいね。特に湯船にゆっくりと浸かるのは自律神経の働きを良くしてくれますし、血行も良くなるので血液(酸素)がめぐりやすくなります。

張り止めの副作用、つらい動悸…

もうひとつ、妊娠中の動悸としてよくあるのが「張り止めを飲んだとき」です。これはおなかの張りを抑えるための薬なのですが、多くの方が副作用として動悸を感じます。しばらくすればおさまりますが、座っても横になっても動悸が止まらない…ということで、副作用が怖いために張り止めを飲みたくないという方もいるほど。

副作用として動悸を感じると知っているからと言って放置せず、動悸の症状がひどい場合や、いつもと違う症状がある場合はすぐに医師に相談しましょう。

筆者の妊娠中の動悸体験談

筆者の体験談としては、大げさではなく「本当に死んでしまうのでは?」と思ってしまうほど動悸がひどいものでした。特に、冬場に暖房のきいたところへ行くとバクバクと動悸が起こりやすくなり、そのままその場に座り込んでしまったり目の前が砂嵐状態になってしまうこともしばしば。これは何かの病気じゃないの?と思い、産院で医師に相談して血液検査も行いましたが特に貧血の悪い数値でもなく、やはり妊娠中に起こる動悸・息切れだったということになりました。

そして行った対策ですが、何かをするごとにできるだけ休憩をとるようにしました。外出先の暖房がきいたお店などでは上着をすぐ脱いで、建物の中では薄着でいるようにしたり、外の空気をできるだけ吸うようにすると落ち着きました。

また、電車の中で立っているときにも動悸がしやすかったので、乗り物の中ではできるだけ座るようにしたり、深呼吸で乗り切るようにしました。それでもクラクラしてしまう…というときもあったので、万が一に備えてマタニティマークをバッグにつけるように対策もしました。マタニティマークをつける事により、危険な目にあう方がいらっしゃるようです。マタニティマークの危険性と必要性についてはこちら

妊娠中に動悸を感じるようになったという方は、妊娠する前はまったく動悸なんてしなかったのに…ということが多いようです。息苦しかったりドキドキしたりと、体にはもちろん精神的にまいってしまうこともある動悸。赤ちゃんを出産すれば回復することがほとんどですから、一時的なものだと思って休憩をとりながらうまく過ごしていきましょう。※動悸を感じるようになった場合はまずは担当医に相談しましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?