会陰切開(えいんせっかい)について


会陰切開ってどんな処置?

会陰切開

会陰とは、腟口と肛門の間の部分です。「会陰切開」は、出産の際に赤ちゃんの出口を広げる為に、会陰を切開する処置です。切開方法には二通りのやり方があります。
会陰切開

正中切開
Aの線のように肛門側に切開をします。
正中側切開
Bの線のように7時または5時方向に切開を加える。
側切開
Cの線のように横側に近い場所を切開します。

どんな時に必要?

会陰切開は必ず必要な処置ではありません。切開せずにできるだけ自然にのびるのを待つ病産院と、お産の時間を短縮し、ママと赤ちゃんの負担を軽くしたほうがいいと考える病産院があります。

しかし、どうしても会陰切開が必要な場合もあります。例えば、いきんでいないときでも産道の出口から赤ちゃんの頭が見えるようになったときに会陰がもうこれ以上は伸びないと判断さた場合や、逆子の場合などがあります。

初産の場合は、ほとんどの医師が会陰切開をおこないます。病産院にもよりますが、初産の場合は大体7割程度のママが会陰切開の処置を受けています。

痛みと産後の会陰切開の傷について

通常、会陰切開をする時は、局所麻酔をしてから切開するので、痛みはあまりありません。それに、赤ちゃんが膣口か出ようとする為、圧迫されて会陰部の感覚が鈍くなっています。陣痛の激しい痛みに紛れて、切開されたことに気づかないママもいます。分娩後には切開したところを縫合をしますが、チクチクする程度の痛みの時と、ある程度の痛みを伴う事があります。

切開の時の痛みよりもあとの痛みに悩むママが結構多いです。痛みの感じ方には個人差がありますが、一ヶ月もあれば痛みは無くなっています。傷を早く回復させる為には排便や排尿などで不潔になりやすい部部なので、清潔に保つようにしましょう。又、痛くてイスなどに座れないときは、ドーナツ型のクッションを使用すると楽に座れます。痛みが我慢できない場合は医師に相談して鎮痛薬を処方してもらいましょう。会陰切開の傷は1ヶ月程度でほとんどなくなります。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク