妊娠中に円形脱毛症になってしまったら

妊娠中に円形脱毛症になってしまったら

妊娠中に円形脱毛症

妊娠中に気づいたら円形脱毛症になってしまっていたというママがいらっしゃいます。妊娠する前まではこのような症状はなかったのに、妊娠して急に円形脱毛ができたらビックリしちゃいますよね。妊娠中に起こる円形脱毛症の原因や対処法について学びましょう。

円形脱毛症って何?

まずは、円形脱毛症についてお話したいと思います。

円形脱毛症とは・・・頭に十円玉ぐらいの脱毛部分ができる自己免疫病の1つです。
円形脱毛症で悩んでいるのは男性というイメージが強い方もいらっしゃるようですが、実際には多くの女性たちも悩んでいる症状の一つです。自分では見えない部分に、気がつかないうちに出来ているという事が多く、他の方から指摘されて初めて気がつくという方も多くいらっしゃるようです。

円形脱毛症の主な症状とは?

一言で円形脱毛症と言っても、円形脱毛症には色々な種類があるんです。円形脱毛症には以下のような種類があります。

単発型
円形脱毛症の中で、最も多く見られる初期症状です。何の前触れもなく、頭髪に豆粒ぐらいから500円硬貨ぐらいの脱毛部分が1箇所~数箇所できる。
多発型
脱毛部分が2箇所以上あり、何度も繰り返す。髪の毛に限らず、全身のあちこちにあらわれる
びまん型
頭髪全体のたくさんの毛が抜ける症状
蛇行型
後頭部や前頭部の生えぎわに蛇のように細長く帯状につながって脱毛する
全頭型
多発型の症状が進行したもので、頭部全体に広がり、ほとんどの毛が抜け落ちてしまう症状
汎発型
すね毛など身体のあらゆる体毛が抜けおちる重い症状です

沢山の種類がある円形脱毛症。妊娠中に多いのは単発型や多発型です。殆どの方は、円形脱毛症になっても気がつかないレベル、または産後にはすっかり元に戻るケースが多いので、それほど心配する必要はありません。

妊娠中の円形脱毛症の原因とは?

円形脱毛症の原因は様々な説がありますが、アレルギーや精神的ストレスにより、髪の毛の毛根組織に対して、自己免疫が異常に働いてしまう「自己免疫疾患」の1つだといわれています。

妊娠中に円形脱毛症になってしまう原因は、妊娠して急激にホルモンバランスが崩れることや妊娠中のストレスによって、円形脱毛症になってしまうといわれています。

妊娠中に円形脱毛症になってしまったら

脱毛部分が小さかったり、数が少ない場合は、自然に治ることが多く、本人が気づかないうちに治ることもあります。広範囲にわたり脱毛していたり、期間が長引いている場合は適切な治療が必要になります。

妊娠中に円形脱毛症になってしまったら、産後まで様子を見る病院が多いようです。産後、ホルモンバランスが元に戻っても、円形脱毛症が改善しない場合は、抗アレルギー薬や塗り薬による治療を行います。

妊娠中に円形脱毛症が出来てしまった場合のケア

「円形脱毛症を見つけた」または「パパに指摘されて気がついた」など、今まで円形脱毛症とは無縁だったママさんにとっては、円形にハゲてしまった自分の頭を見るとショックがとても大きいですよね。ですが、気にしすぎてしまうと、これが原因で更に脱毛症が深刻になってしまう可能性もありますので、「妊娠中はこういう事もある!マイナートラブルの一つ!」として軽く受け止めてもらいたいと思います。

円形脱毛症を見つけたら以下のことを心がけましょう

  • ストレスフリーを心がける
  • 栄養バランスのとれた食事を心がける
  • 睡眠をしっかりとる
  • 適度な運動をとりいれる
  • お風呂で頭皮マッサージをする

妊娠がきっかけでおきた円形脱毛症は、比較的早く治る傾向にあるといわれています。気にしすぎてストレスが増えてしまわぬよう、ゆっくりと過ごしていきたいものですね♪

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク