仰臥位低血圧症候群について知っておこう

仰臥位低血圧症候群について知っておこう

仰臥位低血圧症候群

おなかが大きくなる妊娠中期から妊娠後期頃のママは仰臥位(天井を向いて寝る事)で寝るのは好ましくありません。仰臥位になると、急激な血圧低下を引き起こすことがあり、これを「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょううこうぐん)」といいます。

仰臥位低血圧症候群になる原因とは?

心臓を出発した血液は体中を巡り、静脈を通り集まって、また心臓に戻ってきます。 静脈が集まり心臓に戻る直前の血管を「下大静脈」といいます。これは体の中では背骨の前右側を走っています。

仰臥位で寝ると、大きくなった重たくなった子宮が背骨の右側にある下大静脈を圧迫して、血液が心臓に戻りにくくなり、血行不良を起こすことが原因です。

仰臥位低血圧症候群の主な症状とは?

仰臥位低血圧症候群は、ママと赤ちゃん、どちらにも症状(影響)があらわれます。

ママの症状

  • 悪心
  • めまい
  • 嘔吐
  • 頻脈
  • 顔面蒼白

仰臥位低血圧症候群になると、意識レベルが低下して酷い場合は気絶してしまう事があります。

おなかの赤ちゃんへの影響

仰臥位低血圧症候群が発生するとおなかの赤ちゃんの心拍数も急激に低下します。その状態が長く続いてしまうと、おなかの赤ちゃんが「低酸素状態」になってしまい、最悪の場合「胎児仮死」や「子宮内胎児発育遅延」を引き起こしてしまう可能性があります。

仰臥位低血圧症候群の予防法と対処法

上向に寝てしまい、気分が悪くなったり、気が薄れていく感じがした場合は、すぐに左側を下にして横になりましょう。こうすると、下大静脈の圧迫がなくなり、症状が軽くなっていき、回復します。予防方法は、“妊娠中期から後期は上向に寝ない”ということです。

仰向けに寝るほうが楽だという場合は、背中にクッションやタオルを入れて、少し角度をつけると(30度くらい傾斜をつけて)仰臥位低血圧症候群の予防になります。

妊娠後期におすすめな眠り方

おなかが大きくなってくる頃からは、シムスの体位がおすすめです。シムスの体位とは、体の左側を下にして、横向きになるシムスの体位です。

シムスの体位

足と足の間にクッションやタオルを挟む事でより楽な姿勢になります。シムスの体位は妊娠中のママには嬉しいメリットがたくさんあります。

  • 寝つきがよくなる
  • 全身の力が抜けてリラックスできる

など、シムスの体位はリラックスしてぐっすり眠る事ができるので、是非取り入れてみてくださいね。

おなかが大きくなったママは仰臥位低血圧症候群になるリスクがあることを覚えておきましょう。横になるときは、左側を下にするように気をつける、もし仰向けで横になりたいときは、クッションなどで角度をつけるようにしましょう。妊娠中はリラックスして十分に睡眠をとることが大切なので、自分にあった眠り方(体位)を見つけるようにしましょうね♪

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク