妊娠して理由もなく鼻血が出るようになる事がある

妊娠中のびっくりトラブル・鼻血

妊娠中の鼻血

妊娠すると、思いもよらないちょっとしたトラブルが頻繁に起こってしまうもの。

「鼻血が出やすくなる」妊婦さんが少なくないということをご存知でしょうか?妊娠と鼻血とは、一見まったく関係のないように思えることではありますが、どうして鼻血が出てしまうのでしょうか?

また、しょっちゅう鼻血が出るようになってしまった…という場合、赤ちゃんに何か影響があるの?何かの病気なの?と不安になってしまうこともあるでしょう。ではなぜ妊娠をきっかけに鼻血が出るようになってしまうのでしょうか?

妊娠中になぜ鼻血が出やすくなるの?

まず、どうして妊娠すると鼻血が出やすくなってしまうのか、その原因を見ていきましょう。

大きな理由として挙げられるのは、血流が増えることです。妊娠すると、赤ちゃんをおなかで育てていくために、血液に栄養をプラスして赤ちゃんに送り込んでいきますよね。そうすると、どうしても今までの血流ではパワー不足となってしまいますから、血流量が増えていきます。妊娠中によくあるトラブルのひとつ、貧血になりやすいというのもこのためですね。

そのため、多くの血液がお母さんの体をぐるぐるとめぐっていくため、ちょっとした刺激でも出血しやすい状態になってしまうというわけなんです。鼻をかんだときなど、本当に普段のちょっとしたタイミングで鼻血が出始めることが多いので、不安になる方もいらっしゃると思います。しかも、一度出た鼻血がなかなか止まらないということも少なくありません。これも血流が多くなっているため、一度出血するとなかなか止まりにくいということになるんですね。

妊娠中の鼻血が止まりにくい理由

血流が増えたということに関わって、もうひとつ。血流は増えたとしても、そのぶん血小板などの血液成分までもが一緒に増えたわけではありません。血流量が増えても成分はもとのままですから、そのぶん薄い血液が体を巡っているという状態になっているということです。妊婦さんが貧血になりやすいというのも、納得できるのではないでしょうか。

また、鼻血が出やすい・止まりにくいというのは、出血を止める働きをする血小板が血液量の割に少ないからということも関係していると言われています。

今までまったく鼻血を出したことがなかったのに、妊娠してから何度も鼻血が出るようになってしまった…と不安を抱えているお母さん。同じように、鼻血が出やすくなってしまったという悩みを抱えている方は多いですし、赤ちゃんに何らかの影響があるということもありませんから、安心してくださいね。ただ、あまり出血が止まらないということや、出かけるときなどにしょっちゅう鼻血が出るなど、生活に支障が出てしまうというときには病院に相談してみましょう。

慌てないで!正しい鼻血の止め方を知ろう

ところで、正しい鼻血の止め方をご存知でしょうか?

鼻血の止め方に関しては、上を向くということや首の後ろをチョップするように叩くなど、いろいろな説が言われていますよね。…しかし、上記のような止め方というのはむしろ鼻血を悪化させてしまったり、そのほかにも首の痛みなどがあらわれてしまうことになりかねません。

鼻血の止め方としては、指で鼻をつまんで圧迫するのが正解。また、ティッシュを使う方法としては、一度鼻に差し込んだらこまめにかえるのではなく、しばらくそのままにしておくことです。

ティッシュが血みどろになってしまう!というときには交換してもOKですが、基本的には固くしたティッシュを鼻に詰めて、血液が固まって鼻血が止まるまで静かにしておきましょう。

このときの姿勢としては、よく言われているような上向きになるのではなく、少し下を向くようにしてください。これは、上向きだと鼻血がのどを伝っていってしまうからです。もし血液がのどに流れてきたら口から吐き出し、口をゆすぐと気持ち悪さも解消されるでしょう。

一過性のものだとはいえ、やっぱり血が出るとびっくりしてしまうもの。冷静に対処すればすぐに出血は止まりますし、赤ちゃんにも影響はありませんから落ち着いて処置していきましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。