破水の原因や見分け方、対処方法まとめ

一般的な出産の流れとしては、陣痛が来て、子宮口が十分に開いてから破水するのが理想的です。

しかし、妊娠37週を越えると、いつ破水してもおかしくはありません。
なかには、陣痛が来る前に破水するケースもあります。

そんなときに慌てないためにも、破水の見わけ方や、対処方法、原因などをまとめてみました。

破水とは


お母さんの子宮のなかにいるは赤ちゃんは、羊水とともに、卵膜に包まれています。
その卵膜が破れて、中の羊水が外に流れて出てしまうことを破水といいます。

破水した場合、どのように羊水が流れ出るのかは、個人差があります。
プチンと何か割れるような音がして大量に流れ出す人もいれば、ちょろちょろと出るだけの人もいます。

流れ出る羊水の量が少量の場合は、尿漏れと間違えやすく、破水と気づくのに時間がかかる場合もあります。

破水の種類

陣痛が始まり、子宮口が全開になってから破水するのが理想的ですが、それ以前に破水することもあります。

破水の時期によって、名称や対処の方法が異なりますので、下記を参考にしてください。

適時破水

陣痛開始後、子宮口が全開(10cm)になってから破水することを、適時破水と呼びます。
もっとも理想的なパターンといえます。

早期破水

陣痛はあるが、子宮口がまだ開ききっていない段階で、破水することを早期破水といいます。

子宮口は全開ではありませんが、本陣痛があり、分娩が始まっている流れでの破水ですので、とくに心配はありません。
感染予防をしながら、分娩の進行を見守ります。

前期破水

陣痛が始まってない状態で、破水することを前期破水といいます。
PROM(プロム)と呼ばれることもあります。

胎児を包み込んでいた卵膜が破れてしまっている状態ですので、放っておくと、外部からの細菌が侵入し、赤ちゃんが感染する危険があります。

ですので、破水に気がついたら、すぐに病院に連絡してください。

破水と尿もれ、おしるしの見分け方

臨月以降は、大きくなった子宮で膀胱が圧迫されるため、妊婦さんは尿もれをおこしやすくなっています。

また、破水した場合でも、じわじわ、ちょろちょろとしか出ないこともあり、初めてのお産の場合は、破水と尿もれの見分け方がわからないという方も多くいます。

そこで、ここでは、破水、尿もれ、おしるし、おりもののそれぞれの特徴をご紹介しますので、見分けるときの参考にしてください

破水

色は、透明か白く濁っていることが多いのですが、中には黄色や黄緑色の場合もあります。

匂いには、個人差があります。
生臭い、精子の臭い、独特の異臭がするという声もあれば、無臭のこともあります。

粘り気はなく、さらさらとした液体です。
動いたときだけでなく、じっとしていても、ちょろちょろ出てくることがあり、自分の意思では止められません。

高位破水の場合は特に注意が必要

子宮の高い位置で、羊膜が破けておこる破水を高位破水といいます。

高位破水の場合、子宮の出口とは反対側の高い位置から羊水が流れ出るため、少量しか出ないことがほとんどで、尿もれと勘違いされることがあります。

自分の意思で止められるかどうかと匂いで、尿漏れか破水か判断する必要があります。

自分で判断できない場合は、産婦人科に電話して相談してください。
病院で検査すれば、すぐに尿か羊水かはわかります。

尿もれ

色は黄色で、アンモニア臭がします。

くしゃみをしたり、お腹に力をいれたときに出ます。
自分の意思で止めることができます

おしるし

少量の出血をともない、ピンク色や、茶褐色のことが多いのですが、中には、生理のときのような鮮血色のこともあり、人ぞれぞれです。

少し粘り気があります。
少量下着につく程度の人から、少しまとまった量の出血があったという人まで量には個人差があります。

おしるし後、数日から1週間以内に陣痛が始まることが多いといわれます。

おりもの

色は、透明あるいは、半透明のことが多いが、黄色や茶色っぽい場合もあります。
酸っぱい匂いがします。

粘り気が強く、ゼリー状のこともあります。

破水したときは、どうすればいいの?


自宅や外出先で、破水したことに気づいたら、まずは落ち着いて、かかりつけの産婦人科に電話で連絡をしましょう。
ご自身の症状、状態を詳しく説明してください。

陣痛の間隔がまだ短くなっていなくても、破水した場合はすぐに病院に連絡しましょう。

また、陣痛が始まっていなくても37週以降で破水した場合は、そのまま分娩となることがほとんどですので、入院の準備をして病院に向かうことになります。

大きめのナプキンをあてて、車かタクシーで病院に向かいましょう。
大量に羊水が流れ出る場合もありますので、バスタオルや、防水シートがあれば安心です。

妊娠37週以降の正産期であれば、いつ破水してもおかしくありません。

出産予定日はあくまでも、予定日にすぎません。
それ以前に出産となるケースも多くありますので、妊娠後期に入ったら、大きめのナプキンを常に携帯したり、いつでも入院できるように入院に必要なものをまとめておくと安心です。

37週未満で破水した場合や、破水かどうかわからないときも、必ず、産院に電話して指示をあおいでください。

破水している場合は、放置しておくと赤ちゃんの感染症をひきおこす可能性があります。
いつもと違う間隔を感じたら、自己判断せずに、産婦人科の先生の診断を仰いでください。

破水したときの注意点

もしも破水したときは下記に注意をしましょう。

お風呂やウォシュレットは厳禁

破水後は、外からの雑菌が侵入するのを防ぐためにも、シャワーや入浴、トイレでのウォシュレットの使用は厳禁です。

子宮内に雑菌が入ってしまうと、赤ちゃんが感染する可能性があります。

夜中に破水した場合は?

破水したかなと思ったら、たとえ夜中であっても、朝になるのを待たずにすぐに産婦人科に連絡して、指示に従ってください。

破水したら、間も無く分娩が始まることも多いですし、そうでなくても、感染を予防する処置をする必要があるからです。

自分で運転しないこと

陣痛がないからといって、自分で車を運転するのはよくありません。

37週以降であれば、破水後、24時間以内に陣痛が始まるケースも多いのです。

徒歩や公共の交通機関の利用もおすすめできません。
家族の誰かに運転してもらうか、マタニティタクシーを利用しましょう

救急車を呼んでもいいの?

前期破水の場合、破水があっても、すぐに出産することは稀です。

出産までは時間がかかることがほとんどですので、救急車を呼ぶ必要はありません。

立っていられないほどの痛みがある、大量の出血がある、赤ちゃんの頭が出てきているというような緊急事態でない限り、病院から、タクシーか自宅の車で来院するように指示されることがほとんどです。

逆子の場合は、早急に来院を

通常の場合は、破水しても、赤ちゃんに頭が子宮口を塞いでいるために、一度に羊水が出てしまうことはありません。

しかし、逆子の場合は、羊水が大量に流出したり、へその緒(臍帯)が先に出てしまい、赤ちゃんの首を絞めてしまうこともあり危険です。
破水したら、歩かず、なるべく横になって、すぐに病院に向かう必要があります。

前期破水した場合の対処法


適時破水や本陣痛開始後の破水である早期破水の場合は、そのまま分娩することになります。

しかし、陣痛前の前期破水の場合は、妊娠週数によって、その後の対応が変わってきます。

妊娠37週以降

37週以降の正産期であれば、胎児は十分に成長しているため、感染予防をしながら、そのまま出産の処置がとられます。

ほとんどの場合は、24時間以内に陣痛がおこり、分娩が始まります。

陣痛が始まらない場合は、陣痛促進剤を使うこともあります。


妊娠34~36週

妊娠34~36週の場合は、そのまま入院し、感染予防をしながら、なるべく妊娠期間を延長させる措置が取られます。

しかし、赤ちゃんの呼吸機能が十分に発達している場合は、感染のリスクを減らすために、すぐに分娩となることもあります。



妊娠34週未満

妊娠34週未満の場合、赤ちゃんの肺の成長が不十分なため、体外で呼吸するのが難しい場合があります。

そのような場合は、感染予防しながら、薬で子宮の収縮を抑え、赤ちゃんができるだけ長く子宮内にとどまれるようにします

しかし、感染症が見られる場合には、赤ちゃんが未熟な状態でも出産せざるを得ません。
その場合は、新生児集中治療室や(NICU)や未熟児室(GCU)などの設備が整った病院へ転院しての分娩となることもあります。

前期破水の原因は?

前期破水がおこる原因には、次のようなものが考えらます。

子宮内の感染症

前期破水がおこる原因でもっとも多いのが子宮内の感染症です。
卵膜は、脱落膜、絨毛膜、羊膜の3つの層から成っています。
このうちの絨毛膜と羊膜が感染すると、炎症をおこし、卵膜が破けやすくなってしまいます。

子宮内圧の高まり

羊水過多症や、双子や三つ子などの多胎妊娠の場合、子宮内の圧力が高まります。
子宮内圧が高くなると、卵膜への負担がかかり、破れやすくなります。

子宮への大きな刺激

重い荷物を持ったり、性交や、転倒など、子宮への過度の刺激も、卵膜を圧迫し、前期破水を起こす原因になります。

破水しても落ち着いて対処しましょう


37週以降の場合は、上記のような原因がない場合でも、前期破水はおこりえます。

初産の場合は、破水すると、パニックになるママもいるようです。

予定日がまだ先だとしても、妊娠後期になったら、入院の準備や心づもりはしておきたいものです。

破水したかもと感じられるときは、まずは、落ち着いて、産婦人科に電話で連絡して、指示を仰ぎましょう。
陣痛がないのに破水するケースも意外に多く、そのほとんどがそのまま分娩に至ります。

慌てず、落ち着いて、対処できるよう、日頃から、しっかりと準備しておくことが大切です。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク