顕微授精 (ICSI) の成功率は? 費用や流れ、リスクは?

不妊治療は、タイミング法に始まり、人工授精、体外受精と段階を踏んでステップアップしていきます。

その最後のステップが、顕微授精です。

顕微授精は、高度な生殖医療技術を要する治療法ですが、人工授精・体外受精で妊娠できないケースでも、妊娠の可能性があるため、受ける人が増える傾向にあります。

ここでは、顕微授精についてくわしくみていきましょう。

顕微授精 (ICSI) とは?


顕微授精とは、体外受精と同じように、卵子と精子を体内から取り出し、体外で受精・培養した後に、子宮に移植する方法です。

体外受精とほとんど同じ工程で進みますが、違うのは受精の方法。

体外受精では、シャーレーに入れた卵子に精子をふりかけて受精するのを待ちます。

しかし顕微授精では、顕微鏡を見ながら人為的に選んだ、ひとつの精子をガラス管を使って、卵子の中に注入するのです。

英語では、Intracytoplasmic Sperm Injection(卵細胞質内精子注入法)といい、その頭文字をとって、ICSI(イクシー)と呼ばれることもあります。

顕微授精は、不妊治療の最終ステップ

不妊治療は、一般的には、段階的に進められます。

タイミング法から、人工授精。
そして、人工授精から、体外受精とステップアップしていきます。

この記事もチェック!

しかし、体外受精をしても、全てのケースで受精に至るわけではありません。

体外受精をもっても受精が難しい、重度の男性不妊のご夫婦のために生まれたのが、顕微授精で、不妊治療の最終段階となります。

体外受精においては、卵子と精子を体外に取り出すものの、受精自体は、自然の流れに任されていました。

顕微授精は、精子をひとつ選んで、直接、卵子に注入する方法で、受精の確率がもっとも高い方法といえます。

体外受精では受精が不可能なケースでも、顕微授精をおこなうことで、受精する可能性がででてくるのです。

顕微授精は、体外受精で妊娠できなかった場合の最終段階の治療ですが、重度の男性不妊で「顕微授精以外に受精のチャンスがない」と医師に判断された場合は、最初から顕微授精がおこなわれることもあります。

顕微授精の対象は?

体外受精は、高度な医療技術と、人為的な精子選別作業をともなう不妊治療であり、誰にでもすすめられるものではありません。

具体的にどのようなご夫婦が対象になるかは、以下を参照してください。

受精障害

  • 体外受精を試みたけれど、受精に至らない場合。
  • 女性の抗精子抗体が強陽性で、精子を受け付けない場合。
  • 女性の年齢が高齢で、卵子の受精能力が低い場合。

このような受精障害がみられる場合は、顕微授精の適用対象となります。

重度の男性不妊

  • 総運動精子数が100万個以下の場合。
  • 射精精液の中に精子が認められない無精子症であるが、精巣内や精巣上体に精子が存在している場合。

上記のような場合、顕微授精以外の方法では、妊娠の可能性はまずないため、最初から顕微授精がおこなわれます。

顕微受精の具体的な方法と流れ


顕微授精の流れは、ほぼ体外受精と同じような流れになります。

前準備

卵子の育成

卵子、精子の採取

体外において受精

受精卵の培養

胚移植

黄体ホルモン補充

妊娠判定

顕微授精と、体外受精の違いは、受精の方法で、上記の「体外において受精」以外は、ほぼ同様の流れで進んでいきます。

詳しくは、こちらのページでご確認ください。

顕微授精の具体的な方法

顕微授精の場合は、体外受精とは全く異なった方法で、卵子と精子の受精を促します。

卵子、精子の採取までは同様ですが、その先は以下のような流れになるので、みていきましょう。

優れた精子をひとつ選別する

胚培養士は、採取された精子を顕微鏡で観察し、そのなかから、形状や運動能力から優良な精子をひとつ選びます。

選別した精子の尾の部分を、押しつぶして不動化処理を行います。

それにより精子が扱いやすくなり、尾部より卵子を活性化する物質が放出され、受精が促進されるといわれています。

ガラス管を使って、卵子に精子を注入する

採取した卵子は、培養液につけられ、卵子を覆っているたくさんの細胞を取り除き、観察しやすい状態にしておきます。

その中から、優良な卵子を選びます。

顕微鏡で観察しながら、卵子を固定し、細いガラス管を使って、精子を卵細胞質内に注入します。

無精子症の場合

無精子症は、男性の100人に1人という割合でみられます。

射精精液中に精子が存在しないという症状で、顕微授精がおこなわれる以前には、妊娠は不可能でした。

しかし、卵子に1個の精子を注入する顕微授精においては、生きた精子がひとつでもあれば、受精の可能性はあります。

そのために、精巣や精巣上体から、手術で精子を採取する必要があります。

手術で精子を採取

精子の採取には、主に、TESEと呼ばれる精巣精子採取術が用いられているようです。

閉塞性無精子症には、肉眼で精細管を採取するsimple TESEがおこなれます。
所要時間は30分程度です。

非閉塞性無精子症の場合には、顕微鏡を用いて精細感を採取するmicro TESEがおこなれます。
所要時間は30分から1時間半程度です。

いずれも、局部麻酔での手術で、日帰りでおこなうことが可能です。

精子を凍結保存

精子が採取できたら、凍結保存します。

そして、女性の採卵準備をはじめるのです。

卵子が採取できたら、精子を融解して、顕微授精をおこないます。

造精機能関連遺伝子の欠如

スウェーデンでおこなわれた大規模な調査では、手術で採取した精子を使用した妊娠で生まれた子どもの奇形率は、通常の妊娠において生まれた子どもの場合とほど変わらないという結果が出ています。

ただし、重度の男性不妊や、無精子症の患者さんのの5~10%に、造精機能に関する遺伝子の欠失がみられることがあるのです。

その場合、顕微授精で授かった赤ちゃんが男児であれば、遺伝子の欠失が遺伝します。

ただし、男性不妊の重症度に関しては、父親と同レベルになるとは限りません。

顕微授精の成功率


顕微授精を成功させるには、まずは、卵子と精子が受精することが大前提です。

卵子の中に直接、精子を注入する顕微授精ですが、それでも受精率は100%ではないのです。

また受精して、培養した胚を子宮に移植してとしても、100%着床するわけではありません

それぞれの成功率はどのくらいあるのか、少し詳しくみてみましょう。

顕微授精の受精率

顕微授精は、そのほかの方法に比べると受精率が高いといわれていますが、100%ではありません。

受精率は、病院やクリニックによっても異なり、70%以上とするところや、80%~90%のところもあります。

また、卵子や精子の質によっても左右されるので、高齢者の治療者が多い病院では、受精率が低めになることもあります。

顕微授精の妊娠率

受精した胚を子宮に移植し、その後、着床した場合に妊娠となります。

しかし、移植した胚が着床しなかったり、子宮外に着床してしまうケースもあるのです。

妊娠率は女性の年齢によって大きく変わってきますが、日本産科婦人科学会の2014年の集計では、25〜33歳の女性における胚移植直後の妊娠率は40%。
※体外受精、顕微授精、凍結胚移植を含む統計

34歳以降は、その割合が徐々に少なくなり、40歳では24.8%、45歳ではわずか6.5%となっています。

また着床して、妊娠できたとしても、女性の年齢が高齢になればなるほど、流産になるケースも増えるので、リスクは高いといえるでしょう。

顕微授精の費用


不妊治療の費用は、病院やクリニックで格差があり、体外受精の料金は、一般的に30〜50万円といわれています。

顕微受精では、受精させる段階で専門的な技術と、特別な医療機器が必要になるために、体外受精の金額よリも、さらに5〜10万円ほど高額になるようです。

また、精巣精子採取術で精子を採取した場合は、追加で10〜20万円ほどかかります。

さらに顕微授精の場合は、複数の卵子に精子の注入をした場合は、追加料金が発生したり、凍結保存の期間によっても金額が変わってくるのです。

そのため、全てをトータルした場合、100万円を超えてしまうケースも少なくありません。

ただし、採卵・授精・培養・移植と、細かく治療ごとに料金が設定されている病院がほとんどで、途中で中止になる場合は、その先の治療についての料金が発生しないシステムが採用されていることが多いようです。

このように、顕微受精は、かなり高額な不妊治療となりますが、保険は適用されず、全額自己負担になります。

顕微授精には助成金がある

顕微受精は、特定不妊治療になるために、助成金の対象です。

規定の条件を満たせば、国や地方自治体の助成金制度を受けられます。

助成金について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
詳しくチェック!

不妊治療専用保険がある

また、日本では、2016年に、初めて不妊治療用の民間の保険ができました。

不妊治療を始めてからでも加入できる保険です。

この記事もチェック!

医療費控除で還付金をもらえる

助成金や不妊治療専用保険の対象でない方も、医療費控除は使えます。

1年間にかかった医療費を確定申告することで、税金の還付金を受け取る方法です。

顕微授精をした方は、忘れずに申告しましょう。

詳しくは、下記をご覧ください。
詳しくチェック!

顕微授精のメリットとデメリット


顕微授精は、重度の男性不妊が原因でも、妊娠が可能になる高度な医療技術です。

メリットも多くありますが、問題点が全くないわけではありません。

最後に、顕微授精の利点とリスクについてまとめてみました。

顕微授精のメリット

  • 精子がひとつでもあれば、受精が可能
  • 生きている精子であれば、運動していなくても受精が可能
  • 奇形精子でも、染色体が正常であれば、受精が可能
  • 無精子症でも、精巣や精巣上体内に生きている精子があれば受精が可能

顕微授精のデメリットとリスク

  • 本来なら、自然の競争によって卵子と受精する精子が決まるところに、人によって人為的に精子が選択されるという倫理観の問題がある
  • 選んだ精子が正常な場合もあれば、異常な場合もある
  • 卵子に直接、精子を注入しても、必ずしも受精するとは限らない
  • 現在まで、顕微授精で生まれた子どもの先天性異常の発生確率は、通常の妊娠の場合とほぼ変わらないが、長期的に問題がないかどうかは、まだ確証が得られてない

上記以外に、体外受精における副作用や、リスク・トラブルと同じことが顕微授精でもおこりえます。

詳しくは、下記をご覧ください。
詳しくチェック!

不妊治療の最終ステップが顕微授精


顕微受精は、不妊治療の最終ステップです。

治療の流れは、ほぼ体外受精と同じですが、受精方法が異なります。

顕微授精では、卵子の中に精子を直接注入することで受精をうながすのです。

この顕微授精によって、重度の男性不妊が原因で妊娠できなかったご夫婦でも、子どもを授かれるようになりました。

しかし顕微授精には、高度な医療技術が必要なため、限られた医療機関でしかおこなわれず、治療費も高額です。

また、人為的に精子を選ぶことに対して、倫理的な問題を含んでもいます。

そのため、顕微授精を受けるかどうかは、ご夫婦と担当の専門医がよく相談し、納得した上で決定する必要があるでしょう。

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク