妊娠中、医療保険って本当に必要?

若いママさんや初の出産を控えているママさんなどは、医療保険に加入していない方も多いのではないでしょうか?
妊娠前に女性特約などがついた医療保険に加入している場合は、妊娠中や分娩時のトラブルなど、どの範囲まで保障がきくのかなど、もう一度保険の内容を確認してみましょう。

保険の「女性特約」とは

生命保険における特約の一つです。乳癌・子宮癌・子宮筋腫・卵巣腫瘍・妊娠出産時の入院など、女性特有の疾病で入院した場合に入院給付金が支払われる事を言います。

医療保険に加入するのはお金がもったいないと考えている方も多いようです。
ですが、いざという時に医療保険はとても役に立ちます。
特に妊娠中は何が起こるか分かりません。

女性が入院時の入院給付金を受け取る理由を調査したところ、67%の女性が妊娠・分娩に関する入院や手術で給付金を受け取っている事が分かりました(ライフネット生命調べ)。

妊娠中や分娩でのトラブルが人ごとだと考えてはいけません。
平成23年の厚生労働省の統計では、約5.2人に1人は帝王切開での出産という事が分かっています。
いざという時の為にお守りとして保険を持つことをオススメします。

妊娠が分かった後でも加入出来るのか

保険会社で条件は違いますが、妊娠中でも加入できる保険があります。
「○○週目までに加入が条件」などの条件がある保険会社がほとんどです。

また、残念ながらほとんどの医療保険で『特定部位不担保』という条件が付きます。

特定部位不担保とは

保険会社が定める特定部位に生じた疾病、またはその治療を目的とする入院や手術については、給付金の支払い対象とならないものを言います。
例えば医療保険に加入する前からヘルニアを患い通院していた場合、保険会社から部位不担保が設定された場合には、ヘルニアの手術を受けて入院しても給付金が支払われない、という事になります。

保険会社にもよりますが、過去に妊娠・出産を経験された事がある方で、妊娠の異常があった場合にも特定部位不担保(特定疾病不担保)の条件が設定される事があります。
妊娠の異常とは・・・帝王切開・切迫早産・切迫流産・子宮外妊娠・妊娠中毒症・死産などを言います。
上記の経験がある場合、子宮・卵巣・卵管などに特定部位不担保の条件が付くか、又は帝王切開・異常妊娠・異常分娩などに特定疾病不担保の条件がつく場合があります。

どのような事が保障されるのか

【ABCおかあさん保険】の場合

妊娠9週目までの加入が条件です。
保障が開始した後に発病した妊娠・出産のトラブル等に関する所定の手術を保障します。
吸引分娩や鉗子分娩も対象の手術に含まれます(入院は保障の対象外です)。

【ライフネット生命】の場合

下記の場合に給付金が受け取れます。

  • 重度のつわりや切迫流産・早産での入院
  • 流産や早産で入院し手術をした場合
  • 子宮頚管無力症で入院し手術をした場合
  • 帝王切開で出産した場合
  • 微弱陣痛などにより吸引分娩で出産した場合
  • 産褥感染症により入院した

など・・・

紹介した保険はごく一部です。
今の内に保険に加入しておきたいという方は、色々な保険会社の資料を請求して、加入条件を満たしているのか、またどのような事を保障してもらえるのかをしっかり見比べる事が重要と言えます。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク