排卵誘発剤は妊娠率があがる?効果とリスク、種類や費用は?

排卵誘発剤は、不妊治療において質のよい卵子を育て、排卵率を高めるために不可欠で、排卵障害の治療などに使用されるものです。

しかし、効果があるいっぽうで、副作用がおこることもあります。

安心して、不妊治療をすすめるためにも、排卵誘発剤についての最低限の知識はもっておきたいもの。

ここでは、排卵誘発剤の効果やリスク、薬剤の種類やそれぞれの特徴などをまとめてみました。

排卵誘発剤は妊娠率をあげる


排卵誘発剤という響きから、無理やり排卵させるようなマイナスなイメージをもっている女性も多いようです。

実際に、人によっては、副作用がでる場合もあり、素人判断で使えるものではありません。

しかし、不妊治療における妊娠率をアップするためには、排卵誘発剤が欠かせないのも事実です。

では、この排卵誘発剤とは、どのような薬なのでしょうか?

この記事もチェック!

排卵誘発剤とは

排卵誘発剤は、卵子を育てる働きがあり、卵巣で成長する卵胞の数を増やします。

無排卵症など、排卵障害の治療や、排卵障害による不妊治療にも使用されている薬です。

また検査で排卵は確認されているのに、なかなか妊娠しない場合においても、より良質の卵子を得るために使われます。

排卵誘発剤には、内服薬、点鼻薬、注射などさまざまな種類があります。

排卵誘発剤の効果

排卵誘発剤を使うことで、卵巣で成長する卵胞の数が増えます。

たくさんの卵胞を育てることにより、より質のよい卵子を入手できるということです。

さらに、排卵率もアップします。

妊娠するためには、第1に排卵されること、第2に良質の卵子が必要です。

そのため、質のよい卵子を育て、排卵率をアップする排卵誘発剤を使うことは、妊娠率を高めることに繋がるのです。

排卵の仕組みと排卵誘発剤の関係性は?


正常な排卵の流れと、排卵誘発剤の関係性をみていきましょう。

排卵の流れ

卵巣には、一生分の卵子が、原始卵胞という形で蓄えられています。

脳から発せられるホルモンは、毎月、原始卵胞のうちの20個程の成長をうながし育てるのです。

約2週間後に、育った卵胞うち、ひとつだけが20mmほどに成熟し、卵巣から卵子が飛び出します。

このようにして卵巣から飛び出した卵子は、卵管に取り込まれ、卵巣の中に残った卵子は、消滅します。

卵管から子宮に移動した卵子は、精子と受精することで受精卵となりますが、受精できなかった卵子はそのまま死滅し、10日〜2週間後には生理がきます。

これが排卵の一連の流れです。

排卵に必要な女性ホルモン

上記のように、正常な排卵がおこるためには、女性ホルモンの働きが欠かせません。

まず最初に、脳の視床下部からGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)が分泌されます。

これが脳の下垂体に刺激を与え、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)を分泌させます。

  • FSH(卵胞刺激ホルモン)は、卵胞の発育を促すホルモン。
  • LH(黄体化ホルモン)は、排卵を促すホルモン。

このふたつのホルモンが卵巣に働きかけることで、排卵がおこる仕組みになっているのです。

不足しているホルモンを補うのが排卵誘発剤

正常な排卵がおこるためには、上記で説明した女性ホルモンの働きが必要不可欠です。

しかし、なんらかの理由で、ホルモンの分泌が不足したり過剰になったりすると、卵胞の発育が不十分になったり、排卵されないなどの排卵障害がおこります。

排卵障害は、女性の不妊の原因のひとつであり、排卵障害の女性が妊娠するためには、排卵障害の治療が必要です。

このように、ホルモンが正常に分泌されないことが原因で不妊となるケースは、排卵誘発剤は、有効な治療方法といえるでしょう。

排卵誘発剤が処方されるその他のケース

排卵障害の女性の治療において、排卵誘発剤は欠かせない治療薬です。

しかし、排卵が正常にある場合でも、排卵誘発剤が適用される場合があります。

自然周期で妊娠できない場合

検査で排卵が正常な場合、タイミング法や人工授精で、最初は自然周期での妊娠を試みることがほとんどです。

しかし、その方法で半年以上妊娠できなかった場合は、より質の高い卵子を育成し、排卵率を上げるためにも、低〜中刺激の排卵誘発剤が使われます。

この記事もチェック!

体外受精・顕微授精をおこなう場合

体外受精・顕微授精は、1度に複数個の卵子を採取する方針が取られます。

卵子がひとつのケースよりも、複数個あるほうが、受精卵を得られる確率が高まるためです。

そのため、複数個の成熟した卵胞が得られる、刺激の強い排卵誘発剤が使用されることが多くなります。

受精段階で複数個の受精卵が得られた場合は、ひとつだけを胚移植し、残りは凍結保存して、次回の不妊治療に使えるのです。

この記事もチェック!

排卵誘発剤の種類


排卵誘発剤には、経口薬、点鼻薬、注射とさまざまな種類があります。

また、単独で使われることよりも、複数の排卵誘発剤を組み合わせて使うことのほうが多いようです。

患者さんの卵巣の状態によって、使われる薬の種類や、量、使用期間は異なります。

効果の高いものは副作用も強いため、使う場合は医師と十分に話し合い、納得の上で使用しましょう。

排卵誘発剤の特徴

  • 飲み薬:副作用は少なく安全性が高い。効き目はおだやか
  • 注射:副作用の頻度は飲み薬より高い。排卵効果は高い

シクロフェニル製剤(セキソビット)

非ステロイド系の錠剤で弱いエストロゲン作用がある経口服用薬です。

クロミッドに比べて、作用が穏やかで、副作用はほとんどありません。

また、クロミッドでは問題になる子宮内膜が薄くなるという副作用もみられませんので、同周期での胚移植が可能になります。

ただし、排卵誘発作用が弱く、発育卵胞はほとんどの場合ひとつのみです。

月経周期3日目から5日間服用されるのが一般的。

効果をみながら、必要があれば、hMG製剤かFSH製剤の注射を併用することもあります。

クロミフェン製剤(クロミッド)

シクロフェニルよりも、排卵誘発効果は高い経口服用薬。

服用薬の排卵誘発剤としては、もっともよく使用されています。

通常2〜3個の卵子を得ることが可能です。

クロミフェンの作用は、「抗エストロゲン作用」で、脳の視床下部に働きかけ、エストロゲンを認識させない働きをします。

エストロゲンが認識できないため、脳は、エストロゲンの分泌を促すために、下垂体に働きかけ、排卵を促進するホルモンが分泌される仕組みです。

注射タイプの排卵誘発剤よりは、作用が穏やかで副作用も少ないのですが、抗エストロゲン作用のデメリットもあります。

脳だけでなく、子宮にも起こるため、子宮頸管粘液の減少、子宮内膜が薄くなってしまうのです。
また、視覚障害、吐き気、食欲不振などを感じる人もいます。

月経周期3日目から5日間服用されるのが一般的。
効果をみながら、必要があれば、hMG製剤かFSH製剤の注射を併用することもあります。

アロマターゼ阻害剤(フェマーラ、アナストロゾール)

本来は、閉経後の乳がんの治療薬として使われる経口服用薬です。

卵巣内で、アロマターゼを阻害する作用があるため、アロマターゼ阻害剤と呼ばれます。

アロマターゼを阻害し、エストロゲンのひとつであるエストラジオールの生成が抑制されることで、FSHの分泌が活性化され、排卵を誘発するといわれているのです。

抗エストロゲン作用が少なく、内膜が薄くなりにくいメリットがあります。

また、クロミフェンで効果が得られにくい、卵巣予備能が低いケースにおいても卵胞が発育した症例があり、クロミフェンで効果が得られなかったケースで適応されることが多いようです。

ただし日本では、あくまでも乳がんの治療薬であり、排卵誘発剤としては適用外使用となるため、費用は保険適用外となります。

また血栓症や、肝機能障害、頭痛、関節痛などの副作用が現れることもあるので、使用するまえに担当医と十分に相談し、慎重に判断する必要がある薬です。

ゴナドトロピン製剤

性腺刺激ホルモンといわれるゴナドトロピンとは、脳下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)のことをさします。

ゴナドトロピン製剤は、閉経後の女性の尿から精製したFSHとLHを含んだ注射薬で、卵胞の発育を促し、排卵させる効果があるのです。

卵巣に直接働きかけるために、効果が高い反面、多胎や卵巣過剰刺激症候群などの副作用の可能性が大きくなります。

ゴナドトロピン製剤には、FSHとLHの両方を含んだhGM製剤、FSHのみのFSH製剤、LHの働きをするhCG製剤があります。

hMG製剤(フェリング、テイゾー)

hMG製剤とは、閉経後の女性の尿から精製したFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の両方を含んだ注射剤で、ヒト閉経期尿性コナドトロピンと呼ばれます。

月経周期3日目から、11~12日目まで毎日投与します。

排卵をコントロールするために、GnRHアゴニスト点鼻薬かGnRHアンタゴニスト注射を併用します。

FSH製剤(フォリスチム、ゴナールエフ)

hMG製剤はFSHとLHの両方が含まれているために、卵胞の発育の効果を得る際、LH活性が障害となることもあります。

このようなケースにおいては、hMG製剤からLHを排除したFSH製剤が使われることになります。

FSH製剤には、上記以外に、遺伝子組み換え技術を使って作られた遺伝子組み換え型FSH製剤もあります。

安定性と安全性は従来のものより高いのですが、費用も従来のものよりも高額になるというデメリットがあります。

試用期間や併用薬は、hMG製剤と同じです。

自己注射

普通、薬剤注射は病院で行われるものです。

9日〜10日間毎日投与が必要な場合は、毎日の通院がかなり負担となります。

最近では、FSH製剤の自己注射が認められるようになりました。

フォリスチムやゴナールはペン型の注射器と注射器用の製剤がセットになっており、病院での指導を受けて、自己注射が自宅でおこなえます。

hCG製剤(プレグニール)

LH(黄体化ホルモン)と同様の作用があり、十分に成熟した卵胞に排卵を促す注射剤です。

hCG製剤を注射すると、約36時間後に排卵がおこります。

通常は、hGM製剤かFSH製剤と併用され、排卵予定日の2日前に注射されます。

GnRHアゴニスト製剤(スプレキュア、ナサニール)

GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)と同じような働きをする点鼻薬タイプのホルモン剤で、鼻の粘膜から吸収されます。

GnRHアゴニスト製剤は、脳の下垂体に働きかけ、卵巣を刺激するホルモンを分泌させる働きがある薬です。

しかし長期間使用することで、排卵を抑える働きをし、排卵をコントロールできます。

体外受精や顕微授精では、成熟した卵子の採取が必要です。

GnRHアゴニスト製剤を使うことで、排卵を抑制し、卵子が十分成熟するタイミングをはかることができ、成熟した卵子を複数個採取することが可能です。

子宮内膜症や子宮筋腫の薬としても使われるもので、子宮の着床環境を改善するためには、数ヶ月使用することが必要となります。

月経周期1週間前か、月経周期の初日に開始され、hMG製剤かFSH製剤の注射を併用するのが普通です。

GnRHアンタゴニスト製剤(セトロタイド)

GnRHアンタゴニスト製剤は、排卵をコントロールする注射剤です。

GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)を抑制し、排卵を抑える働きをするのは、GnRHアゴニスト製剤と同じといえます。

GnRHアンタゴニスト製剤を使うメリットは、GnRHアゴニスト製剤に比べて、排卵抑制効果が長時間継続するため、毎日注射する必要がなく、下垂体の回復も早く卵巣への刺激も少なくてすむことです。

ただし、高額な製剤のため、卵胞の育成に時間がかかると、費用がかさむというデメリットもあります。

通常は、hMG製剤かFSH製剤の注射を併用し、月経周期6日目に3mgのGnRHアンタゴニスト製剤の注射をし、その後4日ごとに、採卵するまで追加されます。

排卵誘発剤の費用


排卵誘発剤の費用は、使う薬剤と試用期間、検査の回数などによって大きく変わってきます。

錠剤を使用した場合

もっとも安いのは経口錠剤で、クロミッドなら自己負担は、月に1,000円以内でおさまります。

しかし、クロミッドの服用に加えて、注射を併用する方式を取る方が多いため、全体では、1周期の排卵誘発剤のトータルは5,000~20,000円くらいになることが多いようです。

注射剤を使用した場合

注射剤になると値段はかなり上がり、1回あたりの薬剤費と注射手技料金は1,000〜3,000円程度です。

これは1回あたりの料金なので、何回注射するかによって料金は変わります。

また、点鼻薬や錠剤の併用もあるので、1周期の排卵誘発剤のトータルは20,000~50,000円くらいになるようです。

また、高額なアンタゴニスト製剤を使用した場合は、トータルの金額が50,000〜90,000円になります。

保険の適用

排卵誘発剤による治療は、保険が適用されます。

しかし、一部の薬においては保険適用外であったり、保険の適用期間が設けられていたり、規制があります。

この記事もチェック!

高額療養費制度が使える


病院での治療が高額になった場合、高額療養費制度を使えるケースがあります。

  • 1日~末日まで、1ヶ月にかかった医療費が高額になった場合

排卵誘発剤の治療は、高額療養費の対象になるケースが多いので、加入している健康保険組合や国民健康保険に問い合わせるとよいでしょう。

あらかじめ高額療養費制度の申請をしておくと、自己負担額を超えた分は、支払わなくてよいので、不妊治療をはじめるときに申請しておきたいですね。

詳しくチェック!

年間の治療費が10万円以上なら医療費控除

年間の治療費が、10万円以上を超えた場合、医療費控除の対象です。

医療費控除は確定申告を行うことで、所得から一定金額が差し引かれることで、支払う税額が減るため、給料から天引きで税金を支払っている会社員などは、還付金を受け取れる制度です。

不妊治療だけでなく、歯医者の治療なども含まれるので、医療機関の領収書は必ず保管しておきましょう。

詳しくチェック!

排卵誘発剤のリスク


排卵誘発剤は、卵胞の発育を促進し、排卵を促す効果が高い薬剤です。

しかし効果が高いほど、副作用のリスクも高まります。

排卵誘発剤による副作用としては、以下の3つが考えられます。

  • 多胎妊娠の増加
  • 卵巣過剰刺激症候群
  • 流産の確率が高まる

多胎妊娠の増加

双子や三つ子といった多胎妊娠は、母体に大きな負担となるだけでなく、早産や低体重など胎児にとってもリスクが高まります。

通常の妊娠に比べて、胎児の健康・母体の健康の維持管理が、困難になるために、副作用のひとつと数えられています。

自然妊娠では、双子などの多胎妊娠の可能性は1%以下ですが、クロミッド錠剤を服用した場合は5~6%になるといわれています。

また、hMG製剤を使用した場合は、多胎妊娠となる確率はさらにアップし約20%ともいわれます。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤は、卵巣に刺激を与える療法です。

しかし、その刺激が強すぎることでひきおこされるのが、卵巣過剰刺激症候群です。

卵巣が腫れ、胸水や腹水がたまるなどの症状も出てきます。

重症化すると、血栓症や、腎不全などの深刻な症状も現れますので、下記のような症状を感じたら、すぐに担当医に相談してください。

  • 吐き気、嘔吐
  • 腹部の膨張感
  • 尿の量が少なくなる
  • 体重増加
  • 腹部の痛み

上記のような症状が出た場合は、使用する排卵誘発剤を変更することもあるようです。

また採卵できたとしても、体調が改善しないと胚移植はできないので、同じ周期に移植することは見送られ、胚は凍結されることになります。

錠剤の排卵誘発剤よりも、効果の高いゴナドトロピン製剤のほうが、卵巣過剰刺激症候群をひきおこすリスクが高いといわれてます。

流産の確率が高まる

排卵誘発剤は、卵胞を育成し、排卵を促すものですが、その反面、子宮内膜が薄くなるなどの副作用もおきてきます。

それが直接の原因かどうかは、はっきりとわかってはいないのですが、排卵誘発剤を使用した場合、流産の確率が若干高くなるという見識を持っている医師の方もいます。

遺伝子異常の胎児の可能性は?

排卵誘発剤を使って、人為的に排卵を促すというと、自然排卵でないという理由だけで、敬遠する女性もまだまだ多くいます。

「障害をもつ子どもが、生まれる確率が高くなるのでは」という声もあるようです。

確かに、人為的にホルモンを投与する治療なので、副作用が全くないとはいえませんね。

しかし、排卵誘発剤で、卵子の遺伝子異常が増えるという報告は、現在までありません。

障害をもつ子どもが生まれる確率は、自然妊娠とほぼ変わらないと考えてよいでしょう。

排卵誘発剤は妊娠率をアップする


排卵誘発剤は、質のよい卵胞を育て、排卵を促すものであり、妊娠率をアップしてくれます。

排卵障害が不妊の原因である場合は、排卵誘発剤による治療がもっとも有効です。

また、自然周期での妊娠が難しい場合も排卵誘発剤が使用されます。

体外受精や顕微授精など、複数個の優良卵子の採取が不可欠な治療においても、排卵誘発剤は使われます。

しかし、効果が高い治療ほど、副作用も大きくなります

そのため、女性の卵巣や子宮の状態も考慮しながら、どのような薬を使うのか、医師と十分に相談し、納得した上で、受けることが大切になってきます。

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク