妊娠した時の基礎体温の変化は?グラフの特徴は?下がるの?

妊娠を望む女性にとって、身体の些細な変化は常に気になるものです。

そんな小さなサインを逃さないためにも、基礎体温を記録している女性も多いでしょう。

まずは自分の体のリズムを知ることが、妊娠への第一歩となるわけですが、基礎体温表のグラフの見方や特徴などはご存じでしょうか。

今回は、妊娠した場合に、基礎体温のグラフはどう変化するのか、その特徴や気をつけたいポイントなどを紹介します。

基礎体温ってなに?


そもそも、基礎体温とはどういうものでしょうか。

基本からみていきましょう。

基礎体温と体温の違い

基礎体温とは、人間が生存するために必要最低限のエネルギーを使っているときの体温を示します。

簡単にいうならば、飲まず食わず動かず、ただ呼吸だけしているような状態での体温を基礎体温というのです。

そのため、正しく基礎体温を知るためには、起床直後の体がもっとも安静な状態にあるときに、舌の下に体温計を置いて測ります。

毎日の基礎体温を記録したグラフを見ると、月経周期によって、体温が低い「低体温期」と、低温期から0.3~0.5度高くなる「高温期」の二相に分かれるのが通常です。

高温期と低温期はなにを意味する?

健康でホルモンバランスがしっかりと整っていれば、基礎体温は高温期と低温期の2つの期間に分かれます。

高温期と低温期になる時期では、カラダの中でなにが起こっているのでしょうか。

低温期の状態

低温期の体内では、生理が開始し、排卵が行われます。

この時期には、女性ホルモンであるエストロゲンが大量に分泌されており、このホルモンの影響で体温が低い状態が続くのです。

低温期の最後の日に、排卵が行われていると考えてよいでしょう。

継続的に基礎体温をつけることで、排卵日や生理予定日を予測できるようになります。

高温期の状態

排卵日を境に、体温があがる高温期は、次の生理開始日まで続きます。

排卵すると体内では妊娠しやすい体をつくるための黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌し子宮内環境を整えます。

黄体ホルモンが多く分泌されることで、体温が上昇するのです。

基礎体温の理想的な波形は?

実際にグラフに書き出してみると、どのような波形だと理想的なのでしょうか。

1ヶ月のうち約14日間の低温期と低温期最終日の排卵を経て、約14日間の高温期が続くという2相に分かれたグラフになるのが理想的です。

理想的なグラフの一例ですが、このように、高温期と低温期の2相がはっきり見てとれる波形パターンは、妊娠するにあたって健康的な状態であるといえます。

はっきり2相に分かれれば、排卵日が予測できるのでタイミングがとりやすく、妊娠確率も高くなるのです。

基礎体温の使用方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらから

グラフからわかる妊娠しやすいタイミングについてはこちらから

妊娠したときの基礎体温グラフの特徴は?


基礎体温表をつける習慣をつけていると、妊娠した場合に、いち早く気が付くことができます。
では妊娠した場合は、基礎体温のグラフにどのような特徴が現れるのでしょうか。

妊娠したら高温期が続く

通常であれば、高温期は次の生理開始日から低温期に戻ります。

しかし妊娠している場合は、受精卵の発育を促したり、子宮内、子宮内膜の環境を整えるために黄体ホルモンを分泌しつづけるのです。

黄体ホルモンは、体温を上昇させる作用があるため、妊娠している場合には、この高温期が14日以上続きます。

これが基礎体温のグラフから判断できる、妊娠初期の最大の特徴です。

グラフからみる妊娠の兆候

高温期が続く以外で、妊娠の兆候はグラフに現れないのでしょうか。

個人差はありますが、高温期が続く以外にも妊娠の前兆に起こりうるグラフの変化があります。

高温期が二段階上がりしている

妊娠をしている場合、高温期の中でさらに体温の上昇が起こることがあります。

これを二段階あがりと呼んでいます。

この二段階上がりが起こる原因は、受精卵が着床するときに、着床しやすいよう黄体ホルモンの分泌量や、働きが活発になっているためです。

二段階の体温上昇があった場合は、着床時期に入っている可能性が考えられるため、妊娠しているかどうか判断するひとつの指標になります。

高温期の途中でいきなり体温が下がる

こちらも必ずしも現れる兆候というわけではありませんが、高温期の途中で一時的に体温が下がる時期があります。

これをインプランテーションディップといいます。

上で述べた二段階上がりと矛盾しているようですが、着床時に一時的に体温がさがる現象も、妊娠の前兆のひとつとして考えられているのです。

インプランテーションディップで、基礎体温が低下するのは1~2日程度。

もし3日以上基礎体温が下がっているなら、低温期に入ったと考えましょう。

現段階では医学的に立証された症状ではありませんが、アメリカなどではメジャーな考え方になってきています。

妊娠による高温期はいつまで続く?

妊娠している場合、本来ならば低温期に入っているはずの時期に高温期が続きます。

この時期には、すでに妊娠4週目を迎えており、体内では着々と受精卵の成長を促すための黄体ホルモンを分泌し続けています

黄体ホルモンの働きにより体温は上がるのですが、いったい、いつ下がるのでしょうか。

黄体ホルモンは、胎盤を無事に形成するまで活発に働きますが、胎盤ができあがってしまうと、分泌量は徐々に減少していきます。

そのため、妊娠している場合でも、妊娠14週を迎えたあたりから、黄体ホルモンは減少し、体温も下がり始めます。

このころになると、早い人では妊娠初期症状であるつわりなどを経験する、妊婦さんもいるでしょう。

基礎体温以外の妊娠初期症状についてはこちらから

こんな場合は妊娠できないの?


基礎体温を測ることで、妊娠の可能性を判断したり、女性特有のカラダの異常を発見することができます。

妊娠しやすい身体に整っていることが好ましいですが、身体の状態は個人差がかなりあります。

ここでは基礎体温にまつわる、女性の疑問について解説します。

基礎体温が低いと妊娠できない?

基礎体温が低いと、妊娠しにくくなるといわれていますが、全く妊娠しないわけではありません。

基礎体温が低いと妊娠しにくいといわれる原因には、冷えなどからくる生殖機能の低下があげられます。

体温が低く子宮が冷えると、受精卵が十分に成長できないなどの問題が起こりやすいのです。

また、その他の要因として、基礎体温が低く低温期から高温期への推移が掴みずらく、排卵期が予測できないことがあります。

妊娠は排卵と射精のタイミングが大切なので、排卵日を的確に予測できないことは、すなわち妊娠しにくいといえるでしょう。

低温期と高温期の差が見られない

低温期と高温期の差がほとんどなく、グラフも一相しかない場合は、無排卵であるか、黄体機能不全である可能性が高いようです。

無排卵の場合、排卵自体していないので妊娠の可能性はありません。

排卵日検査薬などを用いて、排卵が正常に行われているか確認しましょう。

排卵はきちんと行われているようであれば、黄体機能不全などの病気である可能性が高いようです。

黄体機能不全の場合は、妊娠に必要な黄体ホルモンなどの分泌が、不十分であることが理由で体温が上がりません。

妊娠が全く望めないというわけではありませんが、お腹の赤ちゃんの健康や流産防止のためにも改善しておいたほうがよいでしょう。

黄体機能不全は、ホルモンバランスの乱れを整えることが大切なので、生活習慣を見直し、適度な運動と良質な睡眠をとり、ストレスを溜めないように工夫しましょう。

改善が見られない場合は病院で産婦人科医にみてもらうことをおすすめします。

基礎体温がガタガタしている

基礎体温がガタガタしている場合、基礎体温が細かく変動するため低温期と高温期の差が分かりにくく、排卵日を予測しにくくなります。

ガタガタしていてもなんとなく2相に分かれている場合には排卵が行われているケースが多いですが、タイミングが分かりにくいので妊娠確率は低くなります。

基礎体温を安定させるためには、冷え対策を意識してカラダを温めることが大切です。

またストレスや日ごろの生活習慣、無理なダイエット、睡眠不足などは大きく影響を与えるので、しっかりと体調管理をするようにしましょう。

その他の基礎体温のパターンを知りたい方はこちら

基礎体温は女性の体調を知るバロメーター


基礎体温は女性にとって、小さなカラダの変化をうつしだしてくれるため、基礎体温をつける習慣をつけるようにしましょう。

とくに妊活中の女性にとって生理周期や排卵リズムを把握できるので必須事項です。

基礎体温を安定させるという点から、体調を整えていくと妊娠しやすい身体づくりができますよ。

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク