妊娠中のインフルエンザについて詳しく解説

インフルエンザに注意しよう

妊娠中のインフルエンザ

インフルエンザが流行する時期になりました。妊婦さんは、妊娠していない人に比べて免疫機能が低下している為新型インフルエンザに感染した場合、重症化しやすい事が分かっています。インフルエンザに感染する事で肺炎などを合併しやすくなっています。しっかりとインフルエンザに対する予防法と感染してしまった場合の対処法など頭に入れておくようにしましょう。

季節性インフルエンザと新型インフルエンザの違いは?

季節性と新型の違いが分からない方もいるかと思います。まずは違いを知りましょう。

季節性インフルエンザとは・・・

昔からよく知られているごく一般的なインフルエンザです。一度、季節性のインフルエンザに感染すると免疫がつきます。ほとんどの方が季節性のインフルエンザには感染した経験があるのではないでしょうか??
感染した経験があるママさんは、ほとんどの方が免疫を持っているということになります。《症状》高熱・頭痛・倦怠感・関節痛・筋肉痛・のどの痛み・鼻水・せきなどの症状が現れます。

新型インフルエンザとは・・・

2009年の春に初めて新型インフルエンザが流行しました。前年まで、一度も流行した事がない新しいウイルスが原因となっています。ですから、ほとのどの人が免疫を持たず、誰もが感染する可能性があるといえます。「2009年から今までに新型インフルエンザに感染した経験があるから大丈夫!!」なんて思わないでくださいね。体内に新型インフルエンザに対する抗体が出来ても、インフルエンザ菌は、その抗体に負けないよう少しずつ進化しているのです。一度かかった経験があるからといって、安心していてはいけません。

《症状》季節性インフルエンザとほとんど同じですが、吐き気や下痢といった腸のトラブルを訴える方もいるようです。

新型(季節性)インフルエンザは風邪とは違い、症状が急に現れます。風邪は、鼻や喉から始まり、比較的ゆっくりと発熱に発展します。ですが、新型(季節性)インフルエンザに関しては、急に高熱がでたり、急に全身がだるくなるという症状が出ます。急に高熱が出る場合は、すぐにかかりつけの病院へ連絡するようにしましょう。

では、どのようにして新型(季節性)インフルエンザから身を守ればいいのでしょうか。

厚生労働省より公開されているこちらの記事をご覧ください⇒妊娠している婦人もしくは授乳中の婦人に対しての 新型インフルエンザ(H1N1)感染に対する対応

  • 感染を避ける為、必要時以外の外出は極力避けるようにしましょう。
  • 外出時や人が多い場所に出かける際は、マスクを着用しましょう。
    (ガーゼよりも不織布(ふしょくふ)の方がウイルス対策に効果的です)
  • 外出後や人と接触した後は、手洗い・うがいを念入りに行いましょう。
  • 栄養バランスを考えた食事と十分な睡眠を心がけましょう。
  • 加湿器などで室内環境を整えましょう。
    (ウイルスは低温・低湿の乾燥した空気を好みます。室内での適度な湿度(40%以上70%以下)を維持するよう心がけましょう)
  • 被害が拡大した場合に備えて、体調不良時に連絡や相談が出来るようあらかじめ相談先を確認しておきましょう。

インフルエンザ予防ワクチンを受けても大丈夫?

妊婦さんが新型(季節性)インフルエンザワクチンの予防接種を受けて、重大な副作用を引き起こしたという報告はまだありません。インフルエンザワクチンの予防接種を受けると、二週間ほどでママの体内に抗体が作られます。この抗体は、胎盤を通して赤ちゃんにも送られ、生後6ヶ月頃までママからもらった抗体に赤ちゃんは守られる事になります。インフルエンザワクチンを受ける最大のメリットと言えるでしょう。ワクチンには2種類あり、あらかじめ注射器にワクチンが入っているタイプの「プレフィルドシリンジ」と、小瓶から注射器へ取り分けるタイプの「バイアル」があります。「プレフィルドシリンジ」は、防腐剤が使用されていません。どちらか選べる病院であれば、防腐剤が使用されていない「プレフィルドシリンジ」がいいでしょう。もしも、「バイアル」しかない場合でも、防腐剤の心配よりもワクチンを接種する方のメリットが大きいので出来るだけワクチンを接種するようにしましょう。どうしても防腐剤フリーのワクチンがいいという方は、あらかじめ病院に確認して受診する事をオススメします。※卵アレルギーのママは接種を控えるようにしましょう。ワクチンには卵が使用されており、卵アレルギーの方が接種すると急激な血圧低下や循環異常を起こすアレルギー反応が出る可能性があります。感染しないよう予防をしっかり行いましょう。

新型(季節性)インフルエンザに感染してしまったら?

インフルエンザの症状が出た場合、早めに病院へ連絡し受診するようにしましょう。インフルエンザ発症から48時間以内だと抗インフルエンザ薬(タミフル)が重症化防止に最も効果があります。病院を受診する場合は、いつも受診している産婦人科は避け一般病院へ受診するようにしましょう。産婦人科へ受診してしまうと他の妊婦さんへうつしてしまう可能性があります。あらかじめ、感染してしまった事を想定して受診する病院を決めておく事が大切です。もしも、一般病院へ受診が出来ない場合は、かかりつけの産婦人科へ事前に電話をしてから受診するようにしましょう。電話をすることで、他の妊婦さんへの感染を防ぐ事が出来ます。

抗インフルエンザ薬(タミフル)は、お腹の赤ちゃんに影響はないの?

日本産科婦人科学会の調査の結果、お腹の赤ちゃんに有害な副作用はないと発表されています。催奇形性(薬が奇形の原因になること)に関しても、タミフルは安全である事が報告されています。

新型(季節性)インフルエンザで亡くなる妊婦さんは、抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)の投与が遅れ、重症化してしまった事が原因だと言われています。妊婦さんは、妊娠していない一般の方よりもインフルエンザに感染した際に集中治療室に入る率が10倍も高いそうです。どれだけ妊婦さんにとって新型(季節性)インフルエンザに感染する事は大変な事なのかをものがたっていますね。この時期は家族にも協力してもらい、家族みんなでインフルエンザワクチンを受けるようにし、もしも感染してしまったら48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用する事が大切です。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?