【妊婦のインフルエンザ】胎児への影響は?予防接種や薬の治療は?

誰しも感染する可能性の高いインフルエンザですが、特に妊婦は気をつけなければなりません。
妊娠中に感染してしたらどうなるのでしょうか。
胎児に影響のない治療方法や薬はあるのかなど、不安に感じてしまう妊婦は多いようです。

インフルエンザの危険性を理解したうえで、治療や予防につとめていきましょう。

それでは、実際に感染してしまった場合や、感染しないための予防接種はどのようにすればよいのかなど、くわしく見ていきましょう。

危険!? 妊婦のインフルエンザ

妊娠中は、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなります。

妊娠中は妊娠していない人に比べて免疫力が低下します
胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに酸素や栄養を送るので、母体の酸素量が減少しがちです。
また、妊娠初期に起こるつわりで満足な食事が摂れないことから、栄養が偏りがちにり、免疫力を低下させることも。

このような状態の妊婦が、インフルエンザに感染してしまうと、重症化のリスクが高くなってしまい、最悪のケースだと死にいたることが考えられます。

インフルエンザで亡くなる妊婦は、抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)の投与が遅れ、重症化してしまったことが原因だといわれています。

また、妊婦は、妊娠していない一般の方よりもインフルエンザに感染した際に集中治療室に入る率が10倍も高いそうです。

季節性と新型のインフルエンザ

インフルエンザは風邪とは違い、症状が急に現れます。

風邪は、鼻や喉から始まり、比較的ゆっくりと発熱に発展します。
インフルエンザは、急に高熱や、全身がだるくなるという症状が出ます。
急に高熱が出る場合は、すぐにかかりつけの病院へ連絡しましょう。

そのインフルエンザは大きくわけて2種類あります。
季節性のインフルエンザと、新型インフルエンザです。

季節性インフルエンザ

昔からよく知られているごく一般的なインフルエンザです。
一度、季節性のインフルエンザに感染すると免疫がつきます。
季節性のインフルエンザには感染した経験がある方は、ほとんどの方がある程度の免疫を持っているということになります。

症状

  • 高熱
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 咳など

新型インフルエンザとは

2009年の春に初めて新型インフルエンザが流行しました。
前年まで、一度も流行したことがない新しいウイルスができたことが原因です。

そのため、ほとのどの人が免疫を持たず、誰もが感染する可能性があります。

新型インフルエンザは体内に抗体が出来ても、その抗体に負けないよう少しずつ進化しているのだそう。
一度かかった経験があるからといって、安心していてはいけません。

症状

  • 季節性インフルエンザとほとんど同じ
  • 吐き気
  • 下痢など

重症化を抑えるには?

WHO(世界保健機関)によると、妊娠28週以降の妊婦がインフルエンザに感染してしまうと重症化するといわれています。

万が一感染してしまった場合は、発症してから48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば重症化を抑えることができます。
感染の疑いがあれば、自分や胎児のためはもちろんですが、周囲の人たちに感染させてしまわないためにも、すぐに病院で受診しましょう。

病院を受診する場合は、いつも受診している産婦人科は避け一般病院へ受診するようにしましょう。
産婦人科へ受診してしまうと他の妊婦さんへうつしてしまう可能性があります。
事前に病院へ妊娠している旨を連絡しておくとよいでしょう。

あらかじめ、感染してしまった事を想定して受診する病院を決めておくことが大切です。
もしも、一般病院へ受診が出来ない場合は、かかりつけの産婦人科へ事前に電話をしてから受診するようにしましょう。
電話をすることで、他の妊婦さんへの感染を防ぐことが出来ます。

気を付けたいインフルエンザの症状

赤ちゃんへの影響は、インフルエンザウイルスではなく、インフルエンザによる症状のほうが考えられるようです。

1:発熱

ひとつめはインフルエンザによる発熱です。

高熱によって羊水の温度が上昇します。
胎児の体温は通常、母体より0.5度程度高く維持されているようです。
胎児は常に細胞が活性しているため、代謝熱があります。
この代謝熱は、さい帯(へその緒)胎盤を通して母体や羊水に逃がして体温調整を行っています。

羊水の温度が上昇すると、赤ちゃんは熱を逃がすことができなくなり、体内に熱が蓄積してしまいます。
母体の発熱期間が短ければ大きな問題はないようですが、数日続くと影響がでるのではないかと考えられています。

2:咳

ふたつめの症状で注意したいのは咳です。

軽い咳であれば大きな問題はなく基本的に安全なようですが、激しい咳には注意が必要です。

激しい咳は腹筋に力が入るため、子宮が張りやすくなります。
激しい咳が続くと、切迫流産や切迫早産のリスクが上がります。

また、喘息のような咳が続くと、うまく酸素を取り込めないため、胎盤に送られる酸素が減ってしまう可能性があります。

妊婦はインフルエンザ予防接種を行いましょう

インフルエンザ予防接種について、赤ちゃんへの影響を気にされる方は多いようです。

インフルエンザのワクチンは「インフルエンザ不活ワクチン」というものです。
これは生ワクチンではないため、比較的副作用が起こりにくいといわれており、妊婦でも安心して接種することのできるワクチンです。

インフルエンザワクチンの予防接種を、妊娠中におこなうと、胎盤を通してお腹の中の胎児にもインフルエンザの抗体ができ免疫力が備わるんだそう。
予防接種を行うほうが胎児のためにもよいようです。

そのためWHOは、妊婦を対象にインフルエンザワクチン優先接種という制度を設けており、この制度は日本でも推奨されています。

インフルエンザの予防接種をしていれば、万が一、感染してしまっても重症化を防ぐことができるといわれています。

ワクチンには2種類あり、あらかじめ注射器にワクチンが入っているタイプの「プレフィルドシリンジ」と、小瓶から注射器へ取り分けるタイプの「バイアル」があります。

「プレフィルドシリンジ」は、防腐剤が使用されていません。
どちらか選べる病院であれば、防腐剤が使用されていない「プレフィルドシリンジ」がよいでしょう。

もしも、「バイアル」しかない場合でも、防腐剤の心配よりもワクチンを接種する方のメリットが大きいので出来るだけワクチンを接種するようにしましょう。

予防接種を行うにあたり、注意しておきたいことは、卵アレルギーの有無です。
インフルエンザワクチンの中には卵の成分が含まれていますので、卵アレルギーの方がインフルエンザ予防接種を受けると、急激な血圧低下や循環異常を起こすアレルギー反応を引き起こすことも。

アレルギーがある方は、医師に予防接種が可能かを確認しておくとよいでしょう。

インフルエンザに感染した場合

予防接種を受けてたとしても、インフルエンザに感染する可能性はあります。
厚生労働省によると、妊娠中の母親がインフルエンザに感染しても胎盤を通してお腹の中の胎児に影響はないと発表しています。

38度以上の発熱など、インフルエンザの症状がでたときは、すぐに病院を受診し、処方された薬をきちんと服用しましょう。

インフルエンザに感染した時に処方される、タミフルやリレンザといった薬は、服用しても胎児への影響はありません。

また、タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、インフルエンザの治療だけでなく、家族など身近のよく接する誰かがインフルエンザに感染してしまった場合に、感染予防として服用できます

インフルエンザの疑いがある場合は、自己判断で市販の薬を服用してはいけません。
妊娠中に市販の薬を服用すると、胎児へ悪影響を与える成分が入っている可能性があります。
また、市販の薬を服用したことにより、インフルエンザ脳症なり、死につながることも。

このようなことを引き起こさないために、インフルエンザが疑わしい場合はすぐに病院を受診し、医師の指示に従って対処しましょう。

すぐに始められるインフルエンザ対策

日ごろからできる、インフルエンザ対策を行いましょう。

  • 人ごみへの外出を避ける。
  • 外出の際にはマスクを着用する。
  • 外出先から戻ったら手洗い、うがいを徹底する。
  • 部屋の温度や湿度を適温に保つ。
  • 無理のない食事でしっかり栄養を摂る。
  • 十分な休息や睡眠して身体を休める。

インフルエンザ予防になることは、予防だけでなく、ママやお腹の赤ちゃんに必要なことです。
パパや同居している家族も、同じように予防しましょう。

楽しいマタニティライフを過ごすために、今からできることをはじめるとよいですね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。