強い陣痛・・・過強陣痛について知っておこう

強い陣痛・・・過強陣痛について知っておこう

過強陣痛

お産の進行は十人十色です。陣痛と人括りにしがちですが、陣痛の中にも様々な種類があります。その陣痛の一つである「過強陣痛」についてお話したいと思います。

難産の1つに陣痛が異常な程に強かったり、間隔が短い、子宮収縮の時間が長いなどの症状を伴う「過強陣痛」があります。子宮口がまだまだ開き足りない状態で、出産直前のような陣痛の痛みを伴った状態です。過強陣痛である事に気がつかずにいると、ママと赤ちゃん、両方の命に危険が迫ってしまいます。

過強陣痛の原因と症状

過強陣痛の原因

  • 軟産道強靭
  • 狭骨盤
  • 児頭骨盤不均衡
  • 巨大児
  • 自律神経の不安定や精神的興奮
  • 陣痛促進剤の効果が強く出てしまう
  • 内診や回転術などで子宮へ過度な刺激を与えてしまう

などの原因により、過強陣痛になってしまうことがあります。

過強陣痛の症状

ママは強い痛みが起こるため、興奮状態になります。自分で体を自制すことさえ難しくなり、ベッドや分娩台から落ちてしまうこともあります。過強陣痛になってしまったら、必ず身内の方に付き添ってもらい、そばにいてもらうようにしましょう。

過強陣痛の影響で、お産の進みは急速になり、産道や子宮口の開きが整わないまま強い力が加わってしまい、会陰裂傷・頸管裂傷・子宮破裂・弛緩出血などを起こしやすくなります。子宮破裂になってしまうと、母子ともに危険な状態になります。また、強い陣痛のストレスでおなかの赤ちゃんの状態が悪化、圧迫されて酸素不足となり、仮死状態になることがあるといわれています。

過強陣痛の治療法について知っておこう!

過強陣痛に予防法はありません。症状が現れてから症状を和らげる為の対処をします。陣痛促進剤を使用している場合は、直ちに中止する必要があり、ママの痛みを少しでも改善するように努める必要があります。胎児心拍モニタリングで胎児機能不全が見受けられる場合は、子宮収縮抑制薬の投与を行います。骨盤が狭いなど過強陣痛の原因が改善されない場合やママや赤ちゃんの命に危険がせまっている時などには、緊急で帝王切開に切り替えることもあります。陣痛促進剤によるトラブルについてはこちら

もしも、過強陣痛に気づいたら・・・

陣痛の周期が狭く、子宮収縮の時間が長い、痛みが非常に強い場合は、医師や助産師に相談して、過強陣痛になっていないかを確かめてもらう必要があります。

初めての出産の場合、陣痛がどれくらい痛いものなのか分からずに、過強陣痛になっていることに気づかず、我慢してしまうママが多くいらっしゃいます。陣痛が起きたら、間隔と強さの変化に注意し、少しでも変だと感じたら医師や助産師に相談するようにしてくださいね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク