【漢方体験Q&A】40歳3回の流産経験と無排卵状態から漢方で出産へ【体験談】

流産後には、「無排卵」を起きることがあります。

今回の相談者の女性は、「無排卵」が起きた身体の面だけでなく、精神的にも不安定になっていたようです。
漢方で身体のケアからはじめ、子宝を授かるまでに至った体験談を紹介します。

Q:相談内容

40歳 女性。

20代後半に1回の流産、30代で再婚し、36歳と38歳でまた流産。

一時期精神的にもかなり不安定になり、メンタルクリニックに通いながら婦人科にも通う中で、ついに排卵が起こらなくなり生理もストップ

すべての希望がなくなってような毎日を過ごしていた時に今まで試したことのない漢方という選択肢を友人から勧められ、赤ちゃんよりも心の立て直しが出来ればという気持ちで試してみることにしました。

A:タクヤ先生の回答


ご相談にいらっしゃった際にかなり精神、肉体的にも限界に近い感じを受けました。
自分を責め続けていたご様子でしたので、まずは生活養生と食養生からゆっくりと心身を落ち着かせていくように指導しました。

体質について言えば、若い時より胃腸が悪く、生理前の不正出血などにも悩まれていたということで胃腸系の「脾(ひ)」を元気にする漢方薬をもって体の中のエネルギーを効率よく作れるような体づくりを最優先させ、そこに子宝のもととなる「腎(じん)」の漢方薬を加えていきました。

一ヶ月おきにいらっしゃる度に肌の艶や血色が良くなるのが、私としても嬉しく感じていました。

【体験談】子宝までの道のり


食養生、生活養生と合わせて脾をよくする漢方薬を3ヶ月くらい続けられた時に精神的にも随分と安定され、気持ちも前向きになられていたので漢方薬の内容を子宝の方向へ大きくシフト。

消化と吸収する消化機能が高まっていたので子宝漢方薬の効果も良く、婦人科での血液検査のホルモン値も概ね良好、というところまで来た時に妊娠されました。

喜ばしいことでしたが3回の流産経験と年齢的なものでの不安が大きく、相談のときにも繰り返し「大丈夫ですか?」と私に尋ねられていたのが印象深いです。

結果としては、大きな問題もなく41歳のお誕生日の直後に無事第一子をご出産されました。

不安や心配の気持ちは体の働きを妨げるもの。
一人で悶々と悩んでいるとますます体は動きを悪くします。

ぜひ、信用のおける専門機関にご相談に行かれることをお勧めいたします。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

妊活サプリランキング
マカナ 葉酸含有量/400㎍
マカ/有り
定期初回/3,980円
定期/継続しばり無し
>>詳細こちら
ベルタ葉酸 葉酸含有量/400㎍
マカ/なし
定期初回/3,980円
定期/6回継続
>>詳細こちら
美的ヌーボ 葉酸含有量/400㎍
マカ/なし
定期初回/6,912円
定期/継続しばり無し
>>詳細こちら
どうしてマカナが1位?

妊活サプリランキングの詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー