妊娠中にカンジダ膣炎になってしまったら

妊娠中にカンジダ膣炎になってしまったら

カンジダ膣炎

妊娠するとカンジダ膣炎になりやすいものです。ですが、デリケートな部分の話だけに人に相談しずらいものですよね。カンジダ膣炎の原因・症状・治療・感染・赤ちゃんへの影響などを学びましょう。

カンジダ膣炎って何?

カンジダは真菌というカビの一種で、口、喉、膣などの常在菌で、普段は体に影響を及ぼすことはありませんが、病気やストレスなどで体の抵抗力が落ちると、膣内でカンジダ菌が繁殖してこれが炎症を起こす事があり、これが「カンジダ膣炎」です。

妊娠中にカンジダ膣炎になる原因とは?

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすいと言われています。カンジダ膣炎になる原因とは、一体何なのでしょうか?カンジダ膣炎になる原因は以下の通りです。

  • ホルモン変化の影響
  • つわりで体力が落ちる
  • 妊娠中は膣内がアルカリ性に傾きやすい
  • 体温が高めなので、汗をかきやすい
  • おりものの量が増える

普段、膣内は酸性に保たれ、雑菌などの繁殖が抑えられていますが、妊娠するとホルモンバランスが崩れ、膣内がアルカリ性に傾きやすくなります。そのため、真菌が繁殖しやすい環境になりカンジダ膣炎にりやすくなります。妊娠初期は、つわりなどで体力が落ち、カンジダ膣炎を発症しやすくなります。

カンジダ膣炎の症状とは?

カンジダ膣炎には以下のような症状があらわれます。

  • おりものの増加
  • 外陰部のかゆみ
  • カッテージチーズのような白くてポロポロしたおりもの
  • 外陰部の赤みや腫れ
  • おりものに酒かすのような粒が混ざる

カンジダ膣炎は、我慢できないほどのかゆみが出ます。かゆいからといって、かいてしまうと、炎症がひどくなり、皮膚に下着がすれて痛みを感じるようになります。また、膣内にたくさんのカンジダが存在しても無症状の場合もあります。外陰部にかゆみがなくても、おりものがいつもと違うなど変化に気づいたら、ひどくなる前に主治医に相談しましょう。

妊娠中のカンジダ膣炎の治療法とは?

カンジダ膣炎は薬を使って治療します。膣内に抗真菌剤の膣錠(膣に挿入する薬)をいれ、真菌の繁殖を抑えます。また、塗り薬で膣のかゆみや腫れを治療します。治療薬を途中で中止してしまうと、完治せず再発してしまいますので、必ず医師の指示に従いましょう。

妊娠中にカンジダ膣炎に感染した時、赤ちゃんへの影響とは?

妊娠中にカンジダ膣炎にかかっても、おなかの赤ちゃんには悪影響は及びません。ですが、出産までにカンジダ膣炎が完治できていないと、出産時に赤ちゃんが産道を通る際に、カンジダ真菌に感染(産道感染)する恐れがあります。赤ちゃんが感染すると、口の中にカンジダ菌が繁殖して炎症を起こし鵞口瘡(がこうそう)や皮膚炎、おむつかぶれを起こす事があります。カンジダ膣炎は出産までに治療を急ぎ、赤ちゃんへの感染を予防する必要があります。

カンジダ膣炎が完治しないままでの出産

出産までにカンジダを治療できなかった場合、帝王切開になるのではなく、感染防止の点滴を行いながら普通分娩での出産が可能ですので、完治が間に合わなかったからといって心配する必要はありません。

妊娠中はしっかりとカンジダ膣炎の予防をしよう!

カンジダ膣炎を予防するには、できるだけ外陰部を清潔に保つ事が重要です。蒸れを防止するため下着や衣類は通気性がよく、締め付けが少ないものを選びましょう。

また、下着が汚れたらこまめに替えるようにしましょう。ストレスをためないようにし、食事や睡眠をしっかりとり規則正しい生活を心がけましょう。

カンジダ真菌は、パパとの夜の仲良しでも感染するので、治りにくい場合や完治したのに再発した場合は夫婦間でピンポン感染(交互に感染しうつし合い)している可能性があります。その場合は、旦那さんも抗真菌剤の塗り薬を使い、夫婦同時に治療する必要があります。

妊娠中にカンジダ膣炎になってしまうと、ショックを受けてしまう方もいらっしゃいます。ショックを受けたり、恥ずかしがる必要はありません。妊娠中はカンジダ膣炎になりやすいもので、どんな方でも感染する可能性があります。少しでも異変を感じたら、ママと赤ちゃんのために、早めに主治医に相談しましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?