妊婦の「冷え」に要注意!妊娠中の体の温め方・冷え対策は?

妊娠中は、今まで冷え性とは無縁だった女性でも体が冷えやすくなります。

妊婦さん自身が冷え性でつらいのはもちろんのこと、赤ちゃんへの影響も気になりますよね。

妊娠中の冷えによる胎児への影響や、対策について調べて見ていきましょう。

≫冷え対策と葉酸補給が同時に!便利なサプリの情報はこちら

なぜ妊娠中は体が冷えるの?

原因はいくつか考えられますが、大きな原因としては以下の二つです。

  • ホルモンバランスの変化
  • 姿勢の悪さ

妊娠中はホルモンバランスが通常とは違うために、ママ達は上手に体温調節ができない状態になっています。
そのことが原因で、手足やお腹などが冷えることが多くなります。

また、お腹が大きくなるにつれ、お腹を前に突き出したような体勢になり、姿勢が崩れる方が多くいます。
姿勢が悪くなると、血行が悪くなる為、血流が悪くなり体が冷えることがあります。

妊娠中の体の冷えが及ぼす影響とは?

母親やおばあちゃん世代から「女性は体を冷やさないように」とアドバイスを受けたことはありませんか?

実は、妊娠中・産後におこるマイナートラブルは、冷えが原因になることが少なくありません。
どういった影響があるのか、見ていきましょう。

ママの体への影響

  • 初期にはつわりがひどくなる
  • お腹が張りやすくなる
  • 腰痛や便秘になりやすくなる
  • 足がむくむ、足がつりやすくなる
  • 産後の母乳の出が悪くなる

妊娠初期のつわりの悪化は、冷えがまねくとも言われています。
その他にも、妊娠中に悩む方が多い「便秘」や「こむら返り」「むくみ」「お腹の張り」も冷えが原因で起こることがあります。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=
http://www.babys-room.net/1396.html)

胎児への影響

ひどい冷えの場合は、以下の影響が出ることもあります。

  • 切迫流産
  • 切迫早産
  • 逆子

ママの腹部が冷えると、お腹の中の赤ちゃんは温かい場所を探して動き回り、それが原因で逆子になる事があるといわれています。

妊娠中は、季節に関係なく手足、腹部などが冷えてしまいます。
夏場で冷房の効いた部屋でお腹を出して寝る、などは避けたいですね。
腹巻などを着用する習慣をつけましょう。

どうしたポカポカに?妊婦さんの冷え対策とは?

体は、外側・内側どちらから冷えるのもよくありません。

ただでさえ冷えやすい妊婦さんの体……どうしたらお腹の中までぽかぽかになれるのでしょうか。

体を冷やす食べ物は避けるor工夫して食べる

食べ物や飲み物によって、体を内側から冷やしてしまうことがあります。

漢方には、“陽性食品”“陰性食品”という考え方があります。

「陰性食品」は体を冷やす効果があります。
夏などに積極的に摂取する事で、熱を放出して体を冷やし、夏バテを防いでくれる効果があります。

「陽性食品」は、体を温める効果があるので、体が冷えてしまう冬の時期に積極的に摂取したいものです。

陰性食品は、体を冷やし夏バテを予防する効果がありますが、冬に摂取しすぎると浮腫みなどの原因となってしまいます。

体の熱を体外に放出する(身体を冷やす)「陰性食品」には以下のようなものがあります。

野菜
きゅうり、トマトやスイカ、レタス、キャベツなどがあります。
果物
パイナップル、バナナ、マンゴー、みかん、レモンなどがあります。
飲み物
コーヒー、ジュース、清涼飲料水

体を冷やす食べ物は、夏が旬の食べ物や、暑い地方で栽培が盛んなものが多いのです。
逆に冬が旬の野菜や、寒い地方で育つものは、体を温める効果があるとされています。

以下で見分け方を簡単にご紹介します。

旬で見分ける

  • 夏が旬の野菜や果物は、体を冷やすものが多い
  • 冬が旬の野菜や果物は、体を温めるものが多い

色で見分ける

  • 白や、青、緑色の食べ物は、体を冷やすものが多い
  • 黒・赤・オレンジ色の食べ物は、体を温めるものが多い

白米や白いパン、白砂糖などは体を冷やしてしまいます。
それに対して、黒砂糖・赤身のお肉、海藻類などは体を温める事で知られています。

育ち方で見分ける

  • 土の上で育つ野菜は、体を冷やすものが多い
  • 土の中で育つ野菜は、体を温めるものが多い

陰性食品でもひと工夫加えればOK!

体を冷やす野菜に一手間加えると、体を温める食べ物へと変わります。

そのひと手間とは、熱を加えたり発酵させたりすることです。
白菜やオクラなど、体を冷やす野菜でも、キムチにしたり、漬物にする事で、体を温める食材へと変化します。

ただし、妊娠中積極的に摂取したい葉酸は熱に弱いため、生の野菜や果物を適度にとることも必要です。

どちらかに偏らず、バランスよく食べるようにしましょう。

妊婦さんに必須の「葉酸」 どんな成分?正しくとる方法は?

妊婦さんに必須の栄養素といえば「葉酸」。 そんな葉酸の疑問・不安・具体的な摂り方を知りましょう!

冷たい空気から体を守るには?

内側から暖めることも大切ですが、クーラーや扇風機、冬の冷たい風などの外気からも体を守る必要があります。
体の外側の冷えは、手足だけでなくお腹も冷えてしまいます。

対策方法は、大きく分けて以下のものがあります。

  • 腹巻や腰巻で冷えを防ぐ
  • 体が温まるものを食べる(飲む)
  • 適度な運動(ウォーキングやヨガなど)で血流を改善する

お腹の冷えは、先にあげたマイナートラブルを招く原因となってしまいますので、しっかり対策をとって温めたいですね。

冷え対策できる葉酸サプリメント「オーガニックレーベル」

近頃は、多くの妊婦さんが葉酸サプリメントを飲んだことがあると思います。

葉酸サプリには通常、葉酸のほかにも相乗効果をもたらす栄養がたっぷり。
その中には、冷え対策におすすめしたい葉酸サプリもあるんです。

ぽかぽか成分といえば、代表的なのがショウガ
ショウガを加熱・発酵・乾燥等のひと手間を加えると、体を温める成分「ショウガオール」が生まれます。
ショウガオールには、免疫力を高める効果だけでなく、血流をよくする効果もあり、冷え性の改善が期待できるのです。

そこでオススメしたいのが、ショウガが配合されたオーガニックレーベルの葉酸です。


※画像は「for MEN」となっていますが、リンク先では女性向けの商品を紹介しています。

葉酸データ 食べもの(※)由来の、100%天然葉酸 400㎍
※キヌアスプラウト、103種類の野菜・果物
そのほか栄養成分
  • たんぽぽ:身体の乱れをおだやかに整える
  • ざくろ:女性の機能を整える
  • ショウガ:身体を温める
  • マカ:女性の元気をサポート
  • 高麗ニンジン:栄養のめぐりをよくする
  • ルイボス:ノンカフェインなのにポリフェノールたっぷり
  • ローヤルゼリー:血行をよくし、ホルモンバランスを整える
価格 4,400円(税込)→ 初回実質無料(送料分500円のみ負担)、2回目以降は3,960円
定期コースはいつ解約できる? 7回目分から解約可(解約申込の締切は、次回発送予定日の7日前)
購入方法 オンラインショップのみ

販売サイト

編集部からのコメント

このオーガニックレーベルの葉酸にはショウガが使われているので、内側からぽかぽかケアしてくれます。

しかも、すべて実際の食べものを原料にしており、よぶんな添加物がいっさい入っていないので、ふつうに食事をする感覚で利用できるのもいいところです。

べピサポ成分もたっぷり入っているので、妊活中の人にもとてもおすすめできるサプリメントに仕上がっています。

編集部E「なるべく食事から栄養をとりたい、という人にとてもオススメです!妊活中から長く続けると効果的ですね」

≫ショウガ配合のオーガニックレーベル葉酸 公式サイトを見てみる

体を温めるにはココアも効果的!

最近の森永製菓による研究結果によるとホットココアもショウガ同様に冷え性抑制効果があると発表しています。
研究結果を以下のように発表しております。

手の甲表面温度(体末梢部)については、飲料摂取後の温度上昇の立ち上がりが「ショウガ」の方が速い傾向にあり、その温度上昇程度も高い傾向にありました。しかし、その後「ショウガ」は急速に温度低下が始まるのに対し、「ココア」はその温度低下が緩やかで長く冷えを抑制する効果が持続することが分かりました。

ココアにはカフェインが含まれています。
ですが、コップ1杯(150ml)に10mg~50mg程度と言われており、一日1~2杯程度であれば問題ないといわれています。

毎日の生活にひと工夫でポカポカにマタニティライフを♪

女性にとって、冷えは大敵です。
ましてや妊娠中の女性の冷えは、ママ自身だけでなく赤ちゃんのためにも気を付けたいところですね。

冷房が効きすぎた空間にいない、体を温める食事を心だけるなど、日常生活の中で少し工夫するだけで対策できます。

ぜひ今回の記事を参考に、対策してみてくださいね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク