【妊娠中の風邪】薬を飲んでよい?胎児への影響や病院へ行くタイミング

妊娠中は赤ちゃんへの影響も考え、薬やサプリメントや食事など口に含むものには気を配らる方は多いのではないでしょうか。
妊娠中は体調を崩しやすく、ちょっとした風邪もひきやすくなります。
薬の影響は確かに気になりますが、母体にとっても赤ちゃんにとっても、風邪の症状はできるだけ早く緩和したいところ。

そこで薬の服用も含めて赤ちゃんへの影響のない対処方法を学んでおくことが大切です。
こちらでは妊娠中に風邪薬を飲んでよいのか、風邪をひいたときにどのタイミングで病院へ行けばよいのかなどを解説しています!
薬を用いず症状を緩和させるおすすめの方法も、あわせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中に薬を服用しても大丈夫?


妊娠をすると、それまでよりも風邪を引きやすいと感じることがあるようです。
これは妊娠中の体質の変化により免疫力が弱くなっているためです。

とくにつわりのひどい時期などは一刻も早く、風邪を治したいものです。
そこでまずは、妊娠中に風邪を引いた場合の正しい対処方法をご紹介していきます。

妊娠中でも医師に相談すればOK

妊娠中は、医師や薬剤師にきちんと相談した上であれば問題なく薬を服用できます。

いっぽう、ドラッグストアなどで購入した市販薬を、自己判断で飲むことはあまりおすすめできません。
薬剤師に相談した上で購入したものであっても、妊婦さんの体調や妊娠週数、赤ちゃんの状態に個人差があり、飲んでよい薬は異なるからです。

そのため風邪を引いたと思ったらできるだけ早い段階で病院を受診し、薬の服用に関しても医師や薬剤師に相談することが大切です。

また、妊娠前や妊娠に気づく前に処方された薬を飲むのはやめましょう。

薬が胎児に与える影響は?

妊娠初期の薬の服用は、赤ちゃんの身体の形成に悪影響を及ぼし、奇形などの可能性があります。
また、市販薬には妊婦さんが摂取しないほうがよい成分が配合されている薬もあります。
なかにはお腹の赤ちゃんの心臓に悪影響を及ぼしたり、動脈管を収縮させる成分が含まれていることもあります。
そのためちょっとした風邪の症状を抑える目的であっても、自己判断で薬を服用することは絶対にやめ、必ず医師に相談するようにしましょう。

薬の服用と妊娠週数の関係

薬の服用は妊娠の時期によってはお腹の赤ちゃんへ思わぬ影響を及ぼす場合があります。

妊娠0~4週目

妊娠超初期の赤ちゃんはまだ身体の臓器や器官がつくられていない状態なので薬の影響はそれほどありません。
ただし、この時期に摂取した成分が体内に残って、妊娠4週目以降の胎児によくない影響があるケースがみられます。
妊娠を希望する方は、薬の服用をなるべく控えましょう。

妊娠4~7週目

妊娠4~7週目は赤ちゃんの体内で、器官の形成がどんどん進んでいきます。
そのためこの時期の薬の服用は、赤ちゃんに奇形などのリスクが高まる可能性があります。
薬に関してはとくに注意し、体調を崩した際には速やかに病院を受診し、医師の判断をあおぎましょう。

妊娠8~15週目

赤ちゃんの手足や心臓など、重要な器官の形成はほぼ終わります。
それまでよりも薬の影響は少なくなりますが、まだ身体の形成が進んでいく時期なので薬の服用には注意が必要です。

妊娠16週~

妊娠16週を過ぎた頃には赤ちゃんの身体の形成はほとんど終了し、薬の影響を受けづらくなります。
しかし、薬の成分は引き続きお腹の赤ちゃんへ運ばれますので、薬を選ぶ際には医師に相談するようにしましょう。

上記のように、妊娠の初期は赤ちゃんの臓器や器官の形成が進んでいく大切な時期です。
この時期に薬を服用すると赤ちゃんの身体の形成に悪影響を及ぼすこともありますので、特に注意を払いましょう。
それ以降は赤ちゃんへの影響は少なくなりますが、やはり副作用の可能性はあります。
体調を崩した際は医師に相談することが大切です。

病院を受診するタイミング


妊娠中は身体が重くなるため、病院へ足を運ぶのも億劫に感じることもあるかもしれません。
また、免疫力の低下している妊婦さんは感染症を防ぐために、軽微な症状であれば家で安静にするほうがよい場合もあります。

しかし、38度以上の高熱があるときや強い咳が続くなど症状が一向に症状が軽くならない場合は、病院を受診しましょう。
発熱は羊水の温度が上昇し、咳がひどいとお腹が圧迫されることで赤ちゃんへの影響が考えられます。

マスクをして、温かい服装で病院に行き、病院から帰宅した際は、手洗いとうがいをしましょう。

薬を用いず症状を緩和させる!おすすめの対処法


妊娠中は薬の副作用を避けるためにも、病院での感染症を防ぐためにも、できるだけ自然治癒で治すようにするのがおすすめです。
そのためには症状が軽いうちに治すことが何よりも大切です。

妊娠中に風邪を引きそうな感じがしたら、すぐに対処して症状の悪化を防ぎましょう!
ここでは、薬を飲まずに症状を軽くする方法をご紹介します。

睡眠をたっぷりとる

自然治癒力を促すためには、身体をゆっくりと休めることが重要です。
横になって安静にしているだけでも身体は休まりますが、できるだけたっぷりと眠ることで回復を促進できます。
発熱や頭痛がある場合は寝つきが悪くなってしまうこともあります。
その場合はぬれたタオルや氷枕で頭部やおでこを冷やすなどして、症状を緩和しましょう。

漢方薬

漢方薬は妊娠中でも安心して飲めるものが多く、病院で処方してもらうこともできます。
さらに、漢方薬にはさまざまな種類のものがあり、市販薬と同じように特定の症状の緩和に役立てることも可能です。
ただし漢方薬を使用する場合も、必ず薬剤師や医師に相談の上で服用するようにしましょう。

風邪の症状があるときに、おすすめされる漢方薬

  • 喉の痛み:天津感冒片(てんしんかんぼうへん)
  • 鼻水:小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 寒気:葛根湯(かっこんとう)

身体をあたためる

体温が下がると免疫力が低下するとされています。
風邪を引いたときに発熱し、体温が上がるのは身体に侵入したウイルスを排除するためです。
そのため風邪を引いたら、まずは身体をよくあたためるようにしましょう。
寒い季節には暖房に頼るのはもちろんですが、上着をもう1枚着たり、暖かい飲み物や食べ物で身体の内側からあたためるのも有効です。

また、飲み物や食べ物に生姜や蜂蜜など風邪によいとされている食材を用いることで、相乗効果が期待できます。


妊娠中に気を付けたい風邪の予防方法

免疫力の低下している妊娠中は、薬に頼らずに済むよう風邪を予防することも大切です。
とくに妊娠初期は薬の影響も大きいため、風邪を引かないよう細心の注意を払いましょう。

手洗い・うがいを徹底する

食事や睡眠などのほかに、帰宅後の手洗い・うがいを習慣にして風邪の予防を徹底しましょう。
手洗い・うがいはインフルエンザなどの感染症を予防することも期待できます。

乾燥を防ぐ

風邪やインフルエンザのウイルスは乾燥した状態を好みます。
冬など、乾燥しやすい季節は加湿器を用いるなどして室内の湿度を上げましょう。
こまめに水分を摂取することも大切です。

人ごみに出かける時はマスクをする

人が多い場所に出かける時はマスクをすることで、感染の予防が期待できます。
また、さまざまな患者が訪れる総合病院などの産婦人科に通院している場合は、検診にもマスクをしていくようにするとよいでしょう。

妊娠中の風邪薬は医師と相談の上で慎重に!


妊娠中に飲む薬は、お腹の赤ちゃんに思わぬ悪影響や副作用を及ぼす可能性もあるため、必ず医師や薬剤師に相談の上で服用するようにしましょう。

妊娠初期はとくに薬の影響が強く出てしまいがちのため、薬の服用には細心の注意を払い、そもそも風邪を引かないような対策を生活に取り入れておくと安心です。

総合病院の産婦人科に通っているママは、病院でウイルスをもらってしまうというケースもあるため、マスクなどで予防を徹底しましょう。

また、人混みや病院の検診は、あたたかい服装をしてマスクを着用してでかけましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。