妊娠中に風邪をひいてしまったら

妊娠中に風邪をひいてしまったら

妊娠中の風邪

どんなに気をつけていても、妊娠中に風邪を引いてしまう事があります。妊娠中は免疫力が低下しているため、以前より風邪などの感染症にかかりやすくなっています。「ただの風邪」だと思っていても、熱や咳が長引いてしまったり、時には危険な感染症にかかっている場合もあるので注意が必要です。

妊娠中に風邪かかってしまうと、おなかの赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのか、どのように治していけばよいのでしょうか。

妊娠中は風邪にかかりやすい

風邪の症状は、咳や鼻水、くしゃみや発熱などの症状が現れます。37℃前後であれば、栄養のあるものを食べ、ゆっくり体を休めれば3日程度で治ります。38℃をこえる高熱の場合、ぐったりして、食欲も落ち体力が低下していきます。妊娠中も軽度の症状であれば問題ないとされていますが、高熱が何日も続く場合は、羊水の温度が上がってしまい、おなかの赤ちゃんにも影響が出ることがあります。

また、酷い咳が続くと、おなかに力が入ってしまい、おなかが張りやすくなるうえ、酸欠状態が続くと、赤ちゃんに十分な酸素を送れなくなる可能性があります。

妊娠中、風邪に感染してしまった時の過ごし方とは?

妊娠中に風邪を引いてしまったら、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 安静に過ごす
  • 熱がある場合は、頭・脇のした・首もとのリンパ節などを氷枕を使い冷やしましょう
  • こまめに水分補給をしましょう

妊婦さんの脱水症状をおこしてしまうと、母体もおなかの中の赤ちゃんも危険な状態に陥る危険がありますので、脱水症状を防ぐために、こまめに水分補給をしましょう。

病院受診の目安とは?

風邪を引いてしまった場合、いつ病院へ受診したらいいのか、何科を選べばいいのか悩みますよね。微熱程度で症状が軽い場合は、自宅で安静にし様子をみてもいいでしょう。

病院へ行く目安としては以下の症状がある場合は病院へ受診するようにしましょう。

  • 高熱が出ている
  • ひどい咳
  • だるく、ぐったりする場合
  • 症状がよくならない場合

受診科目は、まずは産婦人科に電話をして症状を説明して指示に従うのが一番だと思います。すぐに産婦人科に受診してしまうと、他の妊婦さんに風邪をうつしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

また、病院へ行く際は必ずマスクを着用しましょう。産婦人科以外を受診する場合は、必ず受付で「妊娠○か月です」と伝えておきましょう。妊娠中であることが分かれば、妊婦さんでも服用できるお薬を処方してくれます。

妊娠中は自己判断で風邪薬はダメ!

病院へは行かず、自力で治したいと思うかもしれませんが、自己判断で市販薬を服用してはいけません。なぜかというと、市販薬の中には、妊婦が飲むと、胎児に何らかの影響を及ぼす成分が入っているものがあります。

例えば、イブプロフェンですが、妊娠後期(妊娠28週から39週)に服用すると、胎児の動脈に影響を及ぼし、血液を送り届けられなくなる可能性があります。ロキソニンは妊娠期間中は服用してはいけないとされています。

このように、妊娠中に自己判断で市販薬を服用することは、おなかの中の赤ちゃんを苦しめる危険がありますので、必ず病院で薬や漢方を処方してもらいましょう。

風邪に似た感染症の可能性も!?

風邪だと思っていても、危険な感染症にかかっている場合があります。トキソプラズマウイルス、サイトメガロウイルスに感染すると、風邪とよく似た症状が出ることがあります。これらのウイルスは母子感染を起こし、まれに赤ちゃんに先天的な奇形を引き起こす危険があります。症状が一向によくならない場合や、症状が重い場合は、早めに病院を受診するようにしてください。妊娠中のトキソプラズマについてはこちらサイトメガロウイルスについてはこちら

風邪を予防するためにできることとは?

妊娠中は免疫力が低下していて、風邪などの感染症にかかりやすくなっています。日ごろから、マスク着用・手洗い・うがい・体を冷やさないなどの基本的な予防と、栄養バランスのとれた食事・十分に睡眠をとる・適度な運動をこころがけましょう。もし、風邪を引いてしまった場合は、無理は厳禁です。自分自身とおなかの中の赤ちゃんのためにゆっくり安静に過ごしましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?