妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療

妊娠高血圧症候群とは?

妊娠高血圧症候群

以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、現在は妊娠高血圧症候群と呼ばれていて、妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧が見られる場合。又は高血圧にタンパク尿を伴う場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。

妊娠高血圧症候群の発症は妊娠しているママの20人に1人の割合とされています。妊娠32週以降に発症する事が多いとされていますが、32週未満に発症した場合は重症になりやすいので、注意が必要です。

症状

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんに沢山の血を送る為に妊娠してない時に比べて血流量が1.3~1.5倍になるのですが、妊娠高血圧症候群の場合は血管が拡張せずに高血圧になり、いろいろな症状に発展して母子ともに危険な状態に陥ることがあります。又、尿にタンパクが現れる事もあります。検査によって尿蛋白検査値が30mg/dl以上および200mg/dl未満の蛋白が検出された場合は妊娠高血圧症候群と診断されます。200mg/dl以上の蛋白が検出された場合は重症の妊娠高血圧症候群と診断されます。

赤ちゃんによる影響は、低出生体重児や、悪化すると常位胎盤早期剥離を起こして早産や胎児死亡を引き起こしたり、新生児仮死や死産などがあります。母体への影響は母体の子癇(けいれん)や高血圧脳症などがあり、母子ともに生命をもおびやかす事があります。

予防方法

上記のような症状は血管が十分に拡張できなることで発症するのですが、現在は予防のできない症候群とされていて、40歳以上の高齢妊娠や肥満体型、ストレスを抱えている方やもともと高血圧だた人などが発症しやすい傾向にあると言われています。しかし、必ずしも生活習慣などが原因ではないので、予防するのは難しいとされています。

治療方法

ほとんどの場合は食事や生活面での改善指導ですが、症状が強い場合は薬物療法を選択する事があります。妊娠を続ける事が良くないと判断される事もあります。その場合は妊娠を終わらせる事でママの症状が回復に向かいます。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク