妊娠初期の「おりもの」の色や量、臭いはどんな風に変化する?

妊娠を知らせるサインのひとつに、おりものの変化があります。
おりものは女性の身体を守り、変化を知らせてくれる大切なバロメーターです。

正しいおりものの知識を身に着けておくことで、妊娠検査薬がまだ反応しない時期に妊娠の兆候に気づけるケースがあります。

今回は、妊娠初期に現れるおりものの変化を解説します。

妊娠初期・着床後にみられるおりものとは

ほとんどの女性は妊娠をすると、ホルモンバランスの影響でおりもののが変化します。

おりものの変化は妊娠検査薬が反応しない生理予定日前から現れます。
妊娠によるおりものの変化は個人差があるため、まったく気がつかないというケースもあります。

妊娠初期のおりものの変化はすべてのひとに当てはまるわけではないので、変化が分からなくても心配し過ぎないようにしましょう。

妊娠初期のおりものは水っぽく量が増える

妊娠超初期・着床後にみられるおりものについて、「量が増えた」「水っぽい」という変化を感じる女性が多いようです。

着床がおこなわれず排卵される場合はホルモンの分泌が徐々に減り、やがて生理がきます。
受精卵が着床すると、妊娠の状態を維持するために女性ホルモンが分泌され続けます。

妊娠をすると卵胞ホルモンであるエストロゲンが増えるため、おりものの量が増えます。
また、エストロゲンが分泌される影響でおりものの状態がさらさらと水っぽくなるケースがあります。

妊娠初期におりものが少ない・減るというケースも

妊娠初期はおりものが増える傾向にあるものの、なかには量が少ない・減ったと感じる女性がいます。
おりものの変化は個人差が出やすいため、必ず増えるというわけではないのです。

とはいえ、おりものの量が少ない場合はホルモンバランスの乱れや黄体機能不全とよばれる病気が隠れているかもしれません。
黄体機能不全はホルモンが正常に分泌されなくなる病気で、不妊につながる可能性があります。

おりものの量が少ないほかに、生理不順や不正出血がみられる場合は病院を受診しましょう。

妊娠初期のおりものは白や黄色・クリーム色

着床後にみられるおりものは白く濁っていたり、黄色やクリーム色になるケースがあります。

またクリーム色や白いかたまりのようなおりものがでる場合があります。
妊娠初期にでるかたまりは、5人に1人の割合でみられるおりものなので心配する必要はありません。

着床出血で茶色っぽいおりものがでる場合も

妊娠をすると、着床出血によりおりものが茶色っぽくなるケースがあります。
着床出血により微量の血が混じり、おりものが茶色っぽくなるのです。

一般的に着床出血は妊娠のサインと言われますが、妊娠後にかならず着床出血がおこるわけではありません。
着床出血は個人差が大きいため、茶色っぽいおりものが出たら妊娠の兆候と言い切れるわけではないのです。

茶色っぽいおりものは着床出血のほかに、子宮外妊娠(異所性妊娠)でおこる可能性があります。
おりものが茶色い状態が続いたり、下腹部痛がある場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

ピンク色や赤色のおりものはトラブルのサイン

妊娠初期のおりものがピンク色や赤色をしている場合は、身体にトラブルが起きている可能性があります。
とくに生理のような鮮血が出たり下腹部痛があるときは、流産や切迫流産の兆候、子宮外妊娠の危険があります。

ピンク色や赤色のおりものが必ずトラブルのサインとは限りませんが、子宮筋腫などの婦人科系の病気が原因でおこっているケースもあるため病院を受診をするようにしてください。

妊娠初期との見分け方は?一般的なおりものの特徴

妊娠初期のおりものの変化を見分けるためには、日ごろから自分のおりものの状態を把握しておくのが大切です。

とはいえ、おりものの状態や変化は個人差が大きく、自分のおりものの量や臭いが正常なのかどうか判断に迷う女性は多いものです。
そこで、正常なおりものの状態や変化について解説します。

一般的なおりものは無色・乳白色で酸っぱい臭いがする

正常なおりものは無色透明乳白色・クリーム色をしています。
おりものが下着についたまま乾燥すると黄色に変わります。

乳酸菌の一種であるデーデルライン桿菌の影響で、おりものはやや酸っぱいにおいがします。
おりものがまったくの無臭という女性はいないため、多少酸っぱいにおいや生臭いにおいがしても心配はいりません。

おりものは生理周期で変化する

おりものは自浄作用と受精をサポートする役割があります。
最適なタイミングで役割を果たすために、おりものは生理周期によって状態や量が変化します。

おりものの自浄作用とは膣のうるおいを保ちつつ、細菌の侵入を防いで清潔な状態を維持するはたらきです。
また、おりものは精子が膣内に進入するのを助けて受精しやすくする役割があります。

生理周期ごとのおりものの特徴

生理周期は「卵胞期」「排卵期」「黄体期」に分けられます。

時期 おりものの状態
卵胞期 生理直前~排卵前
  • さらさらとして水っぽい
  • 白っぽい色
排卵期 排卵日前後
  • 量がもっとも多い
  • とろみがある
  • 無色透明
黄体期 排卵後~生理前
  • 徐々に量が減る
  • 透明から白濁色に変わる
  • さらさらとした状態

おりものの状態は個人差が大きいものの、排卵期にもっとも量が多くなるのが一般的です。
大きな変化はなくても、日ごろからおりものを意識して過ごしてみると妊娠や体の異変を敏感にキャッチできるでしょう。

病気が疑われるおりものの変化

妊娠のほかに、おりものの変化は病気でおこるケースがあります。
おりものの色や臭いがいつもと違うと感じた場合は、感染症の可能性も考えて産婦人科を受診しましょう。

おりものに変化がおこる病気一覧

おりものに変化がみられる病気・感染症は以下のとおりです。

細菌性膣炎
  • 灰色で水っぽい
  • 魚が腐ったような臭い
  • 外陰部にかゆみがある
トリコモナス膣炎
  • 泡状で黄緑・黄色
  • 強い悪臭がする
  • 外陰部に強いかゆみがある
淋菌感染症
  • 黄緑色っぽく膿のようなおりもの
  • 悪臭がある
  • 下腹部痛や発熱を伴う
カンジダ膣炎
  • 白くポロポロとしたおりものがでる
  • 外陰部に強いかゆみがある
婦人科系の病気(萎縮性膣炎、子宮頚管ポリープ、子宮頸がん、子宮体がん)
  • 茶褐色・赤褐色・ピンク色のおりもの
  • 悪臭がある
クラミジア感染症
  • 無症状~水っぽいおりもの
  • 下腹部痛や発熱を伴う

おりものの臭いや色、形状が変わった場合は病気のサインかもしれないので早めに受診するようにしてください。

妊娠中の感染症・病気には要注意!

感染症や病気が発覚したときは、放置をせず速やかに治療をおこないましょう。

妊娠中にクラミジア感染をおこすと、流産や早産の可能性が高まります。
感染症は産道をとおり、体内の赤ちゃんにうつってしまうケースがあります。

また妊娠中は免疫力が弱まり、膣内でカビの一種であるカンジダが繁殖して膣炎をおこしやすくなっています。

薬は胎児に影響のないものを処方されるので、感染症に気づいたときは治療に専念してください。

【おりもの以外】妊娠初期の症状と注意点

ホルモンバランスが変わる影響で、妊娠初期はおりもの以外にもさまざまな変化が身体におこります。
妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が増えて、女性ホルモンの分泌量が急速に増加するためです。

ホルモンバランスの変化により、妊娠8~11週目につわりなどの妊娠初期症状が現れ始めます。
とはいえ、妊娠初期の症状がおこる時期や重さはひとによってさまざまです。
着床後すぐに身体の変化を感じるひとがいるいっぽうで、11週目を過ぎても無症状というひともいます。

妊娠初期症状一覧

妊娠初期にあらわれる症状は、以下のとおりです。

吐き気、生理痛のような痛み、下腹部痛、頭痛、めまい、着床出血、下痢、精神面の変化(情緒不安定、イライラなど)、風邪っぽい症状、眠気、胸の張り、トイレの回数が多くなる

ホルモンバランスの乱れから、複数の初期症状があらわれるケースがあります。
受精卵が着床すると妊娠を維持するために黄体ホルモンが増えるため、生理予定後1~2週間後ごろからムカムカしたり、気持ちが悪くなるといったつわり症状を感じやすくなります。

妊娠をすると高温期が続き、基礎体温が高くなるため熱っぽさや風邪のような症状を感じる女性がいます。
じっさいに免疫力が弱まっている状態のため、インフルエンザや風邪をひいてしまうケースもあるようです。

黄体ホルモンの影響で、気持ちが落ち着かなくなる女性は多く、感情をうまくコントロールできないと感じる場合があります。

おりものの変化のほかに、妊娠初期にあらわれる症状を感じた場合は判定可能日以降に妊娠検査薬を試してみましょう。

妊娠初期とPMSの見分け方は持続時間

妊娠初期とPMS(月経前症候群)は症状がよく似ています。
ホルモンバランスの影響を受けて、胸が張って痛くなったり、疲れやだるさ、心的変化を感じやすくなります。

ホルモンバランスの変わった理由が妊娠なのかPMSなのか判断に悩んだ場合は、症状の続いてる期間に注目してみてください。
症状が3週間以上続いている場合は妊娠初期の可能性があります。

普段のPMSよりも症状が重いと感じたり、長く続いている場合は妊娠検査薬を試してみてください。
また排卵後の高温期が2週間以上続き、生理がこない場合も妊娠の可能性が考えられます。

妊娠初期は市販薬の服用に気をつける

妊娠が考えられる場合は、安易に市販薬を服用しないようにしましょう。
ひとつの症状だけで妊娠かどうかを判断するのは難しく、疲れやストレスが原因の症状と考えてしまう女性は多くいます。

とはいえ、妊娠中は胎児への影響を考えて市販薬はなるべく控えるようにしましょう。
初期症状かどうか分からない場合は、自己判断で市販薬を服用するのは控えて受診するようにしてください。

妊娠初期はおりものや体の変化を意識してみよう

おりものの変化は妊娠や病気のサインという可能性があります。

妊娠をするとホルモンバランスの影響で、おりものの色や量が変わります。
とはいえ、おりものは個人差が大きいため、色や量だけで妊娠初期を判断するのは難しいでしょう。

妊娠初期はおりもののほかに、体調の変化に意識を向けるようにしてください。

おりものは身体の変化を知らせるバロメーターです。
普段とはちがうおりものの色や臭いを感じた場合は病気の可能性も含めて婦人科を受診するようにしましょう。

気に入ったらシェア

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク