マタハラを受けてはいませんか?マタハラの相談窓口

マタハラを受けてはいませんか?

マタハラ

みなさんは、「マタハラ」という言葉を耳にした事がありますか??マタハラとは、マタニティハラスメントの略称で、職場への妊娠報告がきっかけで上司から嫌がらせを受けることを表します。パワハラやセクハラに比べると、まだまだ認知度が低いのが現状で、妊娠をきっかけに、体調不良で休みがちになってしまったり、出来る仕事・出来ない仕事が出てきた為、上司に嫌がらせを受けても、「私が迷惑をかけてしまっているから怒らせてしまったのかも・・・」と、自分自身で抱え込んでしまう方も多いようです。出産前に受けるマタハラの主なものは、出産を期に退職を迫るものが多いようで、「寿退社」が当たり前だった世代の上司がマタハラをしてくる事が多いようです。その他にも、仕事の事で嫌がらせを受けたり、嫌味を言われる方も多いようです。

このような状況を我慢し、産休に入ったとしても、産休を終え職場復帰した時からマタハラは始まります。産休明けに受けるマタハラの多くは、小さな子どもがいる事を理由に、大きな企画には参加させてもらえない、雑務ばかりを押し付けられるなどが多いようです。「長時間の仕事は出来ない」という方には有り難い心遣いにも思えるかもしれませんが、「バリバリ働くぞ!」と意気込み、大きな企画などにも積極的に参加したいと考えてる方にとっては、マタハラになってしまうのです。上司にバリバリ働きたい旨を相談し、それでも子どもを理由に外されてしまうようであれば、コンプライアンス窓口などへ相談するのも手です。

大きな会社にはコンプライアンス窓口やパワハラ相談窓口などが設置されていますが、同じ職場の方には相談しづらいのが本音です。

また、職場内の窓口に相談し、相談を受けた方がマタハラをしてくる張本人に相談内容をバラしてしまい、余計に嫌がらせを受けたり、口止めされることがあります。もしも、マタハラ(マタニティハラスメント)で悩んでいて、どうしたらよいのか、同じ職場の窓口には相談しにくいと考えている方は、会社内の窓口ではなく、社外の相談窓口を活用するのも手です。厚生労働省では、「あかるい職場応援団」と名づけ、いくつかの相談窓口を設置しています。職場でのパワハラ・マタハラは、厚生労働省が設置した対策窓口に相談しましょう。厚生労働省:あかるい職場応援団(外部サイト)

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。