【マタニティマーク】実は危険?いつから付ける?もらい方は?

周囲に自分が妊婦だということを知らせるためのマタニティマーク。

妊娠初期から後期、出産時にマタニティマークを持っていると、周りの人たちはさまざまな面で配慮することができ、妊婦生活において安全性を確保できます。
混んでいる電車で座れない、たばこの煙が気になるなど、妊婦さんのさまざまな苦労を軽減するのがマタニティマークの役目です。

しかし、マタニティマークが原因で、残念ながら思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

マタニティマークはどこでもらい、いつから付けるのでしょうか。
また、マタニティマークを身に付けていることで、どのような危険にさらされる恐れがあるのでしょうか。
マタニティマークの目的や役割と併せてご紹介します。

マタニティマークとは

マタニティマークとは妊産婦であることを周囲に知らせる視覚記号(サイン)です。
厚生労働省が作成したマークで、国民運動計画「健やか親子21」推進検討会で発表されました。
現在では自治体や民間団体などがさまざまな種類のマタニティマークを提供しています。

マタニティマークの目的は周囲に妊婦であることを知らせることで、適切な配慮を行ってもらい、安全性を確保することです。

とくに妊娠初期の妊婦さんは外見で判断しづらいため、気づかない場合があります。
そのときにマタニティマークを身に付けていることで、周囲は妊婦さんに対して気配りをすることができるのです。

例えば満員電車で座る席がない場合、マタニティマークを付けていることで席を譲ってもらったり優先席に座ることが許されます。
近くでたばこを吸っている人がいればこのマークを見せて、喫煙を控えてもらい受動喫煙を防ぐことができます。

お腹が大きくなくて妊婦だということを気づかれにくい、言葉では直接言えないという時に代わりに意思表示をしてくれるのがマタニティマークなのです。

マタニティマークの種類

今やマタニティマークにはさまざまな種類がありますが、一般的なのは自治体などで無料配布されるものです。
ハート形の中で女性が赤ちゃんを抱いている絵柄になっており、マタニティマークの中では最も認知度が高いでしょう。

最近ではデザインに優れたマタニティマークが販売されており、ディスニーキャラクターが描かれたものや、安産祈願のお守りに印字されているものもあります。
キーホルダーになっているものから自動車用のステッカーまで、用途もさまざまです。

マタニティマークはいつから付ける?

マタニティマークはいつから付けるべきという決まりはなく、病院で妊娠が判明してからならいつでも問題ありません。

妊娠初期はお腹は目立たないものの、つわりが酷くなって日常生活に支障をきたす場合もあるので、早いうちに付けておくといいでしょう。
人でごった返しそうな場所に行く際には、赤ちゃんのことを考えてマタニティマークで安全性を確保することが望ましいです。

職場に妊娠を公表するまで待つなど時期を見て付け始める方もいれば、妊娠期間中は一度もマタニティマークを身に付けたことがないという方もいます。

マタニティマークを付ける付けないは本人の意思次第です。
身に付ける場合は自分がいいと思った時に付けるようにしましょう。

マタニティマークはどこでもらえる?もらい方は?

自治体の窓口

自治体はもっとも一般的なマタニティマークの配布場所です。
多くの自治体では母子手帳配布の際にマタニティマークを無料で提供しています。

お住まいの市区町村に妊娠届出書を提出する際にマタニティマークをもらえるか聞いてみましょう。
地域独自のデザインのマタニティーマークがある場合があります。

マタニティマークにはサイズやデザインの規定はありませんので、ユニークなデザインのものでも問題ありません。

鉄道会社の窓口

JRをはじめ、鉄道会社によってはマタニティマークを無料で配布しているところがあります。
妊娠中の女性たちの多くは移動手段として電車を利用しているため、通勤ラッシュなど電車が混む場合でも利用しやすいように配慮しているのです。

通勤電車の駅や鉄道会社の窓口にマタニティマークを配布しているか確認してみましょう。
マタニティマークをもらう際には、母子手帳の提示を求められる場合がありますので手元に用意しておくことをおすすめします。

雑誌の付録

たまごクラブなど妊婦をターゲットにした雑誌で付録にマタニティマークが付いている場合があります。

デザインは一般的なものから、その雑誌独自のものまであります。
雑誌には妊娠中や産後に役立つさまざまな情報が載っているので、マタニティマークをもらうついでに購読してみるといいでしょう。

通販サイト

Amazonや楽天などの通販サイトでもマタニティマークは手に入ります。
通販サイトはさまざまな会社が出品しているだけに、デザインも価格も多様です。
自分が好きなデザインを選べるのも通販サイトでマタニティマークを手に入れるメリットです。

続いて、マテにティーマークで被害にあってしまった例をみていきましょう。

マタニティマークで被害?危険な目にあうことも!

妊婦の安全性を確保することを目的として導入されたマタニティーマークですが、悲しいことに周囲の身勝手な対応でマタニティーマークを付けている妊婦が無視や嫌がらせを受けたり、ときには思わぬ危険にさらされることがあります。
実際にマタニティマークを付けていることで、どのような被害があり得るのでしょうか。

公共交通機関で受けた嫌がらせ

  • バスの優先座席付近でバッグの見える位置にマタニティマークを付けていたにも関わらず、誰にも席を譲ってもらえなかった。
  • マタニティマークを付けて電車に乗ると、あるサラリーマンに「お前より疲れてるんだから立ってろ!」と言われた。
  • 電車内で女性にわざと足をかけられて転倒。「でき婚のくせに!」と言われた。
  • 電車を降りる際にマタニティマークを付けていたら、中年女性にお腹を殴られた。
  • 満員電車にマタニティマークを付けて乗ると体調が悪くなったのでしゃがんでいたら、近くで座っていた女性に「席譲って欲しいからしゃがんだんでしょ?」と嫌味を言われた。

交通機関以外の場所で受けた嫌がらせ

  • スーパーの優先駐車場にマタニティマークのステッカーを貼った車を停めると、見ていた中高年の女性2人が「妊婦は障がい者ではないのに優先駐車場に停めるなんて非常識」とコソコソ話していた。
  • ショッピングセンター内のお店の列に並んでいると、前からやってきた同じくらいの年齢と思われる女性がマタニティマークに気づいて突然肘で身体を押してきた。
  • 産婦人科を受診した際に総合病院の待合室でマタニティマークを付けていると、近くに座っていた女性が席を譲ってくれたが、それを見ていた中年男性に「妊婦は病気じゃない」と言われた。

このようにマタニティマークを付けていることで心ない人たちから理不尽な言動を受け、自分自身とおなかの赤ちゃんの身が危険にさらされることもあるようです。

ご紹介した例はほんの一部の体験談に過ぎません。
妊婦1,400人を対象にした調査では、電車やバスなどの公共交通機関でマタニティマークを付けていても席を譲ってもらえなかった人は7割を超え、およそ10人に1人がマタニティマークを付けて困った経験があると回答しています。

マタニティマークが嫌いだと言う人たち

公共交通機関などでマタニティマークを付けている女性を見つけても、席を譲らなかったり嫌味や身体に害を及ぼす人々は、どのような理由でそういう行動に出るのでしょうか。

マタニティマークを嫌っている人々の中には男性が多く含まれます。
妊娠・出産という大仕事を経験しない男性にとって、妊娠中の苦労は理解しがたいものなのでしょう。
サラリーマンだと仕事で疲れている最中、電車で座って休みたいのに妊婦に席を譲る余裕がないのかもしれません。

同じ女性という立場であってもマタニティマークに嫌悪感を抱く人もいます。
不妊治療をおこなっても、なかなか子どもができないという女性や流産・死産を経験した女性にとって、妊婦はうらやましい存在で嫉妬心が沸き上がったり、辛い感情が溜まってしまうのかもしれません。

マタニティマークを付けている人は「幸せアピールをしている」と思っている人は、少なからずいますし、本当に妊婦なのか疑わしいと思っている人もいます。

逆に、マタニティーマークのメリットをみていきましょう。

マタニティマークで助かるケースも

マタニティマークを付けていることで、周りに助けてもらったというケースももちろんあります。
電車やバスで快く席を譲ってもらったり、労りの言葉をかけてもらったという声を多く聴きます。

マタニティマークを見て妊婦さんに親切な対応をしてくれる人々は、このマークの意味や目的をしっかり理解していると言えます。
すべての人がこのような対応をするわけではない状況だからこそ、気遣ってもらった際にはきちんと感謝の意を伝えたいものです。

また、万が一外出先などで倒れてしまい妊婦であることを伝えられない場合にマタニティマークを付けていれば、救急隊員はそれを見て適切な処置を行うことができます。

マタニティマークに肯定的な社会づくり

マタニティマークに嫌悪感を抱くからといって、妊婦さんに嫌がらせや危険な行為を行っていいわけではありません。
マタニティマークを付けた妊婦さんが安心して暮らせる社会づくりが、今課題になっています。

厚生労働省は、妊婦さんにやさしい環境づくりを目指してマタニティマークポスターの掲示を呼び掛けています。
このポスターには妊婦さんに対するサポートの重要性が記載されており、厚生労働省のホームページから自由にダウンロードすることが可能です。

妊婦さんの負担軽減を目的として広まったマタニティマークですが、海外からの目線で見るとなぜそのマークが必要なのかという疑問がわいてくるようです。

アメリカではマタニティマークのようなものは存在せず、言われなくとも周囲が妊婦さんをサポートするのは当たり前だそうです。
マタニティマークを付けていることでサポートされるどころか嫌な思いをするというのは、日本だけで起こっている現象なのかもしれません。

妊婦さんを高齢者と同じように社会的弱者として認め、電車やバス、交通機関以外の場所でも周囲の人が思いやりの気持ちを持ってサポートできるような環境を作ることが大切です。

厚生労働省がマタニティマークの趣旨がしっかりと浸透するように働きかけを行っていますが、それと同時に企業や民間団体、公共機関などがマタニティマークの普及活動に努めていくことが、妊婦さんが被害にあわないための方法ではないでしょうか。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク