無痛分娩のリスクやメリット

無痛分娩について

無痛分娩

無痛分娩自然分娩も、どちらにもリスクがつき物です。“無痛”分娩は文字で見る限り、全く痛みがないようなイメージを連想させます。ですが、無痛分娩は陣痛の痛みを緩和させるというだけで多少の痛みはあるという事を覚えておきましょう。

麻酔が効くまでの時間は、自然分娩と同じように陣痛があります。麻酔が全く効かず痛みが緩和されないまま出産してしまったという事例もよく耳にします。無痛分娩は世界的に見て、日本での無痛分娩率はとても低いと言われています。アメリカやフランスは積極的に無痛分娩をする傾向にあるようです。又、無痛分娩には高度な技術も必要とされる為、日本の医療施設では無痛分娩をやっていないところも沢山あります。その他にも日本人は他の国の人よりも痛みに強かったり、自分の母親から私が出来たんだからあなたも大丈夫と言われたり、「お腹を痛めて生んだ子だから・・・」という言葉もあったりといろいろな要因があって日本の無痛分娩の比率が低いのではないかとされています。

リスクについて

無痛分娩には下記のようなリスクもあります。

  • 普通分娩の場合はいきむタイミングがわかるのですが、無痛分娩ではいきむタイミングが分からない為、助産婦さんにいきむタイミングを教えてもらいながらいきみます。又、いきむ力が弱くなったりして分娩に時間がかかってしまう事もあります。
  • 一時的に足が動かなくなり、歩けないなどの症状が出る事があるそうです。
  • 陣痛が弱まり(微弱陣痛)結局、吸引分娩(鉗子分娩)をする事になるママがとても多いそうです。そうなると赤ちゃんへの負担がかかってしまいます。

■もちろんメリットもあります!

  • 痛くない
  • お産の疲労が少なく、回復が早い
  • 何らかの理由(病気など)で通常のお産に耐えられない場合に有効

■赤ちゃんへの影響

無痛分娩での赤ちゃんへの影響はほとんど無いと言われています。無痛分娩が普及しているアメリカでも目立った問題は
起こっていません。

■無痛分娩に向かない人

  • 血が止まらない病気を持っている方
  • 背骨の変形などがある方
  • 背骨の神経に異常のある方

※但し、病気の程度にもよるので、まずは医師に相談しましょう。

費用

無痛分娩の費用は施設によって大きな差があると言われています。施設によっては分娩の費用に含まれていますと言うところもあれば、高額なところだと分娩費用に追加で16万円というところもあります。クリニックだと数万円程度で、大学病院だと十数万円程になる傾向があるようです。

無痛分娩を始めるタイミング

無痛分娩を始めるタイミングは病院によってさまざまですが、多いのは、陣痛がはじまってしばらくしてから始めます。無痛分娩を始める前と始めた後の痛みを実際に経験したママは下記のように感じています。無痛分娩を始める前と後の痛みの違い

無痛分娩を始める前は「かなり痛い」か「非常に痛い」なのですが、無痛分娩を始めた後は「痛くない」か「ほんの少し痛い」まで痛みが和らぎます。

無痛分娩の方法

背中の腰のあたりから管をいれて麻酔をする方法(硬膜外麻酔)です。局所麻酔なので、意識ははっきりしていている為、赤ちゃんが生まれる瞬間はしっかりと覚えている状態になります。

分娩後

胎盤が出て会陰の傷を縫い終わった頃に痛み止めをやめます。その後は普通分娩の場合と同じ痛みを感じるので、点滴や飲み薬の痛み止め
で対処してもらいます。

大切な事

無痛分娩を希望する際に一番大切な事は、無痛分娩は高度な技術が必要とされている為、専門の麻酔科病院や医師をしっかり選ぶ事が大切です。間違った選択によってリスクが大きくなる事もあります。

無痛分娩の他にも様々な分娩方法があります。分娩方法についてはこちらをご覧下さい

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?