妊娠中にニキビが増えた!妊婦のニキビの原因と治し方

妊娠をきっかけに急激にニキビが増えた!

実は、そういった悩みを抱えているママはとても多いんです。

今まで目立った肌トラブルがなかったという人でさえ、妊娠後に顔・背中・胸など全身のニキビが増えてしまったり…。

こうした妊娠中のニキビはなぜできて、どうしたら治るのでしょうか。
原因と対策を解説します。

≫妊娠中のニキビ対策に使えるコスメとは?

妊娠をきっかけにニキビが増える原因は?

ニキビは詰まった毛穴の中に皮脂がたまり、皮脂をエサにアクネ菌が繁殖した状態。

そこで炎症が起こり赤く腫れると、ぷくっとはれた赤ニキビになります。

妊娠中のニキビ

特に妊娠をきっかけにニキビが増える原因は、主に次の5つです。

1.ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠後の女性は、妊娠している状態を保つために「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンが盛んに分泌されています。

エストロゲンは肌をみずみずしく保つ働きがある女性ホルモンですが、プロゲステロンには皮脂の分泌を活発にする働きがあります。

特にプロゲステロンが優勢になっている妊娠初期には皮脂が出やすくなっているため、ニキビができやすい肌環境になっています。

また、ホルモンバランスがいつもと違うことで免疫力が低下し、肌トラブルを招きやすい状態になっている可能性もあります。

2.つわりで栄養が偏りがち

つわりの時期は食べられるものが限られるという方も多く、栄養バランスが偏りがちです。

「食べつわり」で甘いものや脂っこいものばかり食べている人は特に、お肌の皮脂分泌が活発化しやすいためニキビができやすくなります。

3.便秘

妊娠中は、以下のことから便秘が起こりやすくなります。

  • 大腸の収縮活動を抑える働きがある「黄体ホルモン」が大量に分泌される
  • 中期以降、子宮が大きくなり胃腸が圧迫され、便通が悪くなりがち
  • 運動不足

便秘は、腸内に排泄物(毒素・老廃物)が蓄積された状態。

それにより、腸内環境が悪化して血流が悪くなったり毒素が排出されずに肌トラブルをまねくことがあります。

対策としては、一般的によく言われている食物繊維や軽い運動はもちろん有効です。

4.睡眠不足

妊娠初期は黄体ホルモンの影響で、何をしていてもダルく眠かったりして仮眠をとることが増えます。

その結果、夜の睡眠の質が落ち、「寝ているようで熟睡できていない」という状況が続くことに。

中期・後期に入ると子宮(赤ちゃん)が大きくなる事で膀胱が圧迫され、トイレが近くなりまとまった睡眠がとれないという人もいます。

睡眠不足はホルモンバランスに影響を与えるので、肌トラブルをまねくきっかけになります。

5.汗かきの影響

妊娠中に大量に分泌される黄体ホルモンには、体温を上昇させる働きもあります。
そのため妊娠中は汗をかきやすくなります。

汗にふくまれる老廃物が毛穴に詰まったり、大気中の汚れを吸着して毛穴をふさぐなどしてニキビの悪化につながることがあります。

いつ治る?妊娠中ニキビができやすい時期は?

妊娠中のニキビは、黄体ホルモンが活発化する妊娠初期にできやすい傾向にあります。

黄体ホルモンの分泌が落ち着きエストロゲンが優勢になる妊娠中期(20週頃~)になると、自然とニキビがおさまっていったという人が多いようです。

ただしこれには個人差があり、出産後、または産後最初の生理後まで肌トラブルを引きずるケースもあります。

妊娠中のニキビケアの方法とは?

ただでさえ大変な妊娠期間、はやくニキビの悩みからさよならしたいですよね。

簡単にできて、ママにも赤ちゃんにも安全なニキビ対策をご紹介します。

1.低刺激の洗顔料で一日2回洗顔を行う

ニキビ対策の基本は、肌を清潔に保つことです。

酸素にさらされている皮脂は、4時間たつと酸化がはじまります。
この酸化した脂が肌荒れのひとつの要因になります。

  • 夜寝ている間に分泌された皮脂を洗い流すための「朝の洗顔」
  • 日中代謝が上がりたっぷり分泌される皮脂を洗い流すための「夜の洗顔」

この2回の洗顔は毎日の習慣にしましょう。

しかし、ニキビ肌専用とされる洗顔料の中には、本来肌に必要な皮脂さえうばってしまうものも。

ニキビで傷ついた肌を刺激せずに清潔を保てる、できるだけ刺激の少ない洗顔を使うようにしましょう。

Non A.(ノンエー)

特徴 甘草の根から抽出される抗炎症成分が配合された薬用洗顔石鹸です。
肌に必要なうるおいを保ちながら、赤ニキビができやすい肌をしずめます。

満足できなかった場合の返金保証もあり。

価格 2,940円(税込)
購入方法 オンラインショップのみ

ノンエーは医薬部外品の薬用洗顔ソープです。

有効成分と、もっちりときめ細かな泡立ちで素肌を包み込み、ニキビの原因を洗い流します。

Non A.公式サイトはこちら

2.食事の改善(栄養バランスを考える・お水を飲む)

赤ちゃんやママ自身の体のためにも、栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。

つわりがひどい人は口にできるものを見つけて、中でも以下の栄養がふくまれている食材を意識して摂るようにしましょう。

【摂ったほうがいい栄養】

  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミンk

皮脂バランスを整えるビタミンC、肌の再生を助ける葉酸やビタミンB群は積極的にとりたい栄養です。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに水分をとられ、知らず知らずのうちに水分不足になっていることがあります。

すると、肌の中の水分量が減り、内側からの原因で肌のコンディションが崩れてしまいます。
ノドの渇きを感じなくても、水は意識的にこまめに摂っていきましょう。

食事でとりきれない栄養はサプリメントで補って

基本的には食事から栄養をとりたいものですが、体調によって十分に食事がとれないときはサプリメントが有効です。

特に吸収されづらい葉酸のように、サプリメントで補うことが推奨されている栄養もあります。

妊娠中のサプリメントでは、葉酸、ビタミン、ミネラル等をバランスよくとれる「美的ヌーボ」や、ビタミン系のサプリメントをすでに持っている人は葉酸や鉄分を補える「はぐくみ葉酸」などがおすすめです。

3.保湿をしっかりと行う

洗顔後、化粧水だけでスキンケアを終わらせていませんか?
化粧水は水分がほとんどなので、それだけではどんどん蒸発してしまいます。

このときに肌は乾燥状態になり、それを防ぐために皮脂を余計に分泌します。

化粧水の後に、しっかりと保湿することで、余分な皮脂の分泌を防ぐ事ができます。

4.ニキビを増やさない化粧品を選ぶ

妊娠中の女性のお肌はただでさえ刺激に敏感になっています。
妊娠前に気に入って使っていた化粧品が肌に合わなくなる、といった声も珍しくありません。

妊娠してから急にニキビや肌荒れに悩まされるようになった、という女性は、ニキビに配慮されている化粧品を使ってみるのもよいでしょう。

たとえば、アクネ菌の栄養にならない成分を使用したノンコメドジェニック化粧品や、ニキビができる刺激を肌に与えない低刺激化粧品などがおすすめです。

ルナメアAC

ルナメアACは、ラインづかいで真価を発揮します。

まずは、ファイバーフォーム(洗顔料)に含まれるファイバースクラブが、毛穴の汚れをからめとって優しく洗い流します。
妊娠中に増えがちな皮脂は、フランス産のクレイが吸着し、きゅっと肌がひきしまるような洗い上がりに。

また、富士フィルム独自のナノ化技術「アクネシューター(R)」が配合された化粧水とジェルクリームで、ベタつかないのにしっとりうるおう肌に整えます。

ルナメアACは、全アイテム共通で、ハーバルモイストエキスを配合。
大人ニキビの原因となる乾燥から、お肌をしっかり守ってくれます。

妊娠中の肌は敏感なので、まずはトライアルから試してみてはいかがでしょうか。

特徴 お肌にやさしい植物由来のファイバースクラブ(※)が、古い角質や毛穴づまりを解消。
独自のアクネシューター(R)技術により、ニキビ有効成分と保湿成分が、ニキビのもとに直接届いてケアしてくれます。
トライアルセットがあるので、気軽にスタート可能です!
※洗顔料に含まれます。
価格 初回限定トライアルセット(1週間分)が、送料無料の1,080円(税込)
購入方法 オンラインショップのみ

ルナメアACトライアルセットの詳細はこちら

妊娠中のニキビケアはここに注意!

妊娠中のニキビケアには、妊婦ゆえに特に気をつけたいポイントがあります。
具体的にチェックしていきましょう。

つぶして治すのはNG!あとが残ることも…

妊娠中は、ホルモンバランスが原因で「色素沈着」を起こしやすい状態にあります。
妊娠前のように、自分で潰したりといった間違った自己処理をしてしまうと、にきび跡が残ってしまいますので気をつけましょう。

妊娠中は肌質が変わる場合がある

妊娠中はホルモンバランスが急激に変化します。
そのため、肌質も変わることが往々にしてあるようです。

妊娠前に相性バッチリだった化粧品がまったく合わなくなることも少なくありません。

合わないと感じたら無理して使わず、他の化粧品を試すなどして様子をみましょう。

自己判断で塗り薬を使用するのは危険

妊娠中は、たとえ塗り薬であっても自己判断で安易に使うのは危険です。
特に成分の強いステロイド系の薬は要注意。

必ずドクターの指示をあおぎましょう。

皮膚科を受診する場合の注意点

ニキビが悪化し、どうにもできない場合には皮膚科にアドバイスを求めましょう。
ただし皮膚科で一般的に処方されるニキビの治療薬には、妊婦さんは避けたほうがよいとされる薬がいくつか存在します。

受診の際には必ず妊娠中であることを伝えましょう。

妊娠中のニキビ治療に焦りは禁物!時には割り切りも

妊娠中のニキビケア方法についてみてきましたが、いかがでしたか。

ニキビ発生のメカニズム自体は通常時と変わりません。
けれど妊娠中はホルモンバランスの変化が大きな要因となり、ニキビはどうしてもできやすい状態になっています。

人によっては、出産までは何をやってもニキビが完治しない場合も。
あまり思いつめるとストレスになり、母体はもちろん赤ちゃんに負担になることもあります。

「時が解決するのを待つ」という余裕を持つことも大切なのではないでしょうか。

まずはお肌を清潔に保ちつつ、ニキビ対策用のスキンケアをためしてみましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク