妊娠中にニキビが増えた!原因は?治し方は?

妊娠して、にきびが増えたと悩む方が多くいらっしゃいます。
その原因は・・・ホルモンバランスの変化です。
顔だけでなく、背中や胸など、全身のニキビに悩まれる方も多くいます。
ニキビはどのように出来、何を気をつけたら良いのかを知る事で、ニキビを減らすことが出来ると思います。
妊娠中のニキビについて学んでいきましょう。

ニキビ

妊娠中のニキビの原因は?

なぜ妊娠中にニキビが増えるといった症状が出るのでしょうか?

ニキビができる原因はさまざま

そもそも、ニキビはどのようにできるのか知っていますか?
簡単に説明したいと思います。

妊娠中のニキビ

ホルモンバランスが崩れると、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなることがあります。
ターンオーバーとは・・・ふるい角質が垢となって剥がれ落ちる工程です。

通常、ターンオーバーの周期は4週(28日)と言われています。
ターンオーバーが正常に行われくなった皮膚は、古い角質を溜め込み、皮膚の表面が厚くなります。
すると、毛穴がふさがり、皮脂が詰まってしまいます。

詰まった毛穴の中では、アクネ菌が皮脂を餌にして、どんどん増殖していきます。毛穴の中で、炎症が起こり、赤く腫れた状態が私達が知っている「ニキビ」なのです。

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が盛んになり、ターンオーバーの周期も乱れがちになります。
ニキビが出来る条件が整った状態なので、洗顔・保湿・睡眠の質などが一層大切になってきます。

1.ホルモンバランスの変化によるもの

大きな原因としてあげられるのは、妊娠によるホルモンバランスの変化です。
妊娠中は、「エストロゲン(女性ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれるホルモンが盛んに分泌されます。
このうち「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、皮脂の分泌を活発にする働きがあり、皮脂を大量に分泌する為、毛穴がつまり、ニキビとなってしまうのです。
特に(妊娠前)月経期間中、ニキビに悩まされていた方は、妊娠中もニキビが出来やすいと言われています。

2.栄養が偏っている

つわりがひどい方は、食べられないものが沢山あります。
「今は、○○しか食べられない」と言う方も多くいます。その為、栄養バランスが偏り、ニキビが出来やすい状態になっているのです。

3.便秘

妊娠中に大量に分泌される「黄体ホルモン」は、大腸の収縮活動を抑える働きがあります。
その為、特に妊娠初期は便秘になりやすいと言われています。

便秘は、腸内に排泄物(毒素・老廃物)が蓄積された状態です。
それにより、腸内環境が悪化し、肌トラブルをまねくと言われています。

4.睡眠不足によるもの

妊娠初期は「黄体ホルモン」の影響で、何をしていてもダルイ・眠いという日が続きます。
その為、妊娠初期は仮眠をとる事が多くなるので、睡眠不足という事はあまりありません。

ですが、中期・後期に入ると、子宮(赤ちゃん)が大きくなる事で、膀胱が圧迫され、トイレが近くなり、夜2時間ごとに目が覚めるなど、まとまった睡眠をとることが難しくなってきます。

睡眠不足は、ホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーを遅らせるほか、男性ホルモンが多く分泌されてしまうことで、皮脂が余分に分泌されてしまいます。

大きな要因としてあげられるのは、やはり「ホルモンバランスの崩れ」です。

妊娠中のホルモンバランスの変化により、皮脂が多く分泌されている状態で、栄養が偏ったり、便秘、睡眠不足が続くと、ニキビが沢山出来てしまうのも納得できますよね。

皮膚科に受診する場合の注意点

ニキビの治療薬には、胎児に有害な為、避けたほうがよいとされている薬がいくつか存在します。
ニキビに効果のある薬は、殆ど妊娠中の服用は禁止されている為、皮膚科を受診してもアドバイスを求める事しか出来ません。
なので、症状が軽度の場合は、産婦人科に肌トラブルのアドバイスを求めるか、セルフケアで乗り切る事が一番です。
セルフケアでも、どうにも出来ない場合にのみ皮膚科にアドバイスを求めに行くことをオススメします。
皮膚科にいく場合には、必ず医師に妊娠していることを伝えるようにしましょう。

妊娠中のニキビケアの方法とは?

ニキビを乗り切る為の解決策をいくつかご紹介いたします。

  • 低刺激の洗顔料で一日2~3回洗顔を行う
  • 保湿をしっかりと行う
  • 栄養を考えた食事をとる
  • 水をたっぷり飲む
  • 化粧品は「ノンコメドジェニック」と表記があるものを選ぶ

低刺激の洗顔料で一日2~2回洗顔を行う

皮脂は天然の美容液だと考え、1日1回の洗顔で済ませたり、洗顔しても皮脂を落とさないよう水だけで洗うという方がいます。
皮脂は、確かにお顔には必要なものですが、油分である事には変わりありません。
酸素にさらされている皮脂を、長時間放置すると皮脂は酸化してしまいます。
皮脂の酸化は、ニキビだけでなく、シミやシワの原因にもなります。必ず1日2~3回の洗顔を行い、綺麗な皮脂で潤いを保つようにしましょう。

保湿をしっかりと行う

洗顔後、化粧水だけで済ませている方もいるのではないでしょうか。
化粧水は、確かにお肌の為に大切ですが、すぐに蒸発し、顔が乾燥してしまいます。

その為、顔は「水分・皮脂不足」と認識してしまい、過剰に皮脂を分泌してしまいます。
化粧水の後に、しっかりと保湿することで、余分な皮脂の分泌を防ぐ事ができます。

栄養を考えた食事をとる

つわり中は口に出来ない食材が多くあるかと思います。
ですが、偏った食生活を続けるのは、ママのニキビを悪化させるだけでなく、赤ちゃんにも影響が出てしまいます。
ニキビ治療の為、赤ちゃんの為に、食べられるものを見つけて、出来るだけ偏った食生活を改善するようにしましょう。

水をたっぷり飲む

味のついた飲み物ではなく、「水」をたっぷり飲むことが大切です。
水には、肌を綺麗に保つ効果があります。

ノンコメドジェニックの化粧品を選ぶ

ノンコメドジェニックとは、ニキビ(コメド)を作りにくい成分でできている化粧品の事をいいます。
ノンコメドジェニックは、ニキビを出来やすくするオイルや成分を使わず作られています。
お肌の角質が厚くならないようピーリングを定期的に行い、ノンコメドジェニック製品を使用し、予防を心がけてみましょう。

※ノンコメドジェニックテスト済み化粧品を使えば、絶対にニキビが出来ない・ニキビが治るという事ではなく、ニキビ(コメド)を作りにくい成分でできている化粧品という事ですので、肌との相性は実際に使用してみて判断しましょう。

また、ニキビができる原因はストレスや生活習慣などもありますので、根本的な改善もあわせて行っていきましょう。
以下におすすめのノンコメドジェニックコスメをご紹介します。

オルビス クリアウォッシュ

オルビス クリアウォッシュ(医薬部外品)
オルビス

こちらの商品は化粧品で有名なORBISの商品です。
ニキビが治っては同じ場所にできる……といったサイクルを繰り返している人におすすめです。

アクポレス

アクポレス スターターキット
ニキビ

アクポレスは口コミで人気の商品で、こちらもノンコメドジェニックテストもクリアしています。
乾燥気味なのにニキビができる、といったゆらぎがちなお肌の人に。

ラロッシュポゼ エファクラ トライアルキット


こちらの商品は洗顔、ミスト状化粧水、薬用化粧水、保湿クリームがセットになったお得なお試し商品です。
まずは商品を使ってみて効果を確かめてから購入を考えると良いかもしれません。
また、ラロッシュポゼのエフェクトラシリーズはオリー肌用や乾燥肌用など自分の肌に合った商品を選ぶ事が出来ます。

つぶして治すのはNG!あとが残ることも……

妊娠中は、ホルモンバランスが原因で「色素沈着」も起こしやすい状態にあります。

妊娠前のように、自分で潰したりと、間違った自己処理をしてしまうと、にきび跡が残ってしまいますので気をつけましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?