妊娠悪阻とつわりの違いは?入院や点滴が必要になる原因や症状

「妊娠悪阻」と書いて、「にんしんおそ」と読みます。
妊娠悪阻とは、つわりが重症になった状態です。

つわりは生理的に起こる症状で病気ではありませんが、妊娠悪阻は病的な状態で、治療の必要があります。

「つわりだから気持ちが悪くても仕方がない」「吐いてあたり前」と思っていたら、本人が気づかないうちに妊娠悪阻になっていることがあります。

では、どこからが重症で、つわりと妊娠悪阻の違いはなにでしょうか?
どのような症状があったら病院に行くべきなのでしょうか?

妊娠悪阻とは

「つわりが重症化した状態」が「妊娠悪阻」なのですが、両者の間に明確な線引きはありません。

体重減少の程度や脱水症状の有無などで医師が判断します。
尿検査でケトン体が陽性であることも、診断方法のひとつです。
ほかにも、中毒症状が出ていないかなどの診察がおこなわれます。

つわりは50〜80%の妊婦に起こるのに対し、妊娠悪阻は妊婦全体の1~5%に発症するといわれています。
そのうち、入院して治療が必要になるケースは妊婦全体の1~2%とされています。


つわりはいつからいつまで? ピークは? つわりの時期、症状まとめ

妊娠した女性のほとんどが体験するといわれているつわり。
いつから始まって、いつまで続くの?そのピークは?

妊娠悪阻の原因と発症時期

妊娠悪阻はつわりが重症化した状態なので、原因と発症時期はつわりと同じです。
つわりは個人差が大きい症状で、早い方で妊娠4~5週頃から始まります。
平均的には、妊娠8~11週頃がつわりのピークで、11週を過ぎると少しずつつわりが軽減していく人がほとんどなのですが、なかには重症化する方がいます。

受精卵が子宮に着床すると、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが分泌され始めます。
ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、胎盤を作るための重要な役割をもっています。
つわりがひどくなる時期は、このヒト絨毛性ゴナドトロピンが急激に増える時期とほぼ一致します。
そのため、ママの身体がホルモンの変化についていけず、つわり(重症の場合は妊娠悪阻)が起こるといわれています。

ヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌量は、妊娠16週頃の胎盤が完成する時期には減ってきます。
つわりも妊娠16週頃にはおさまってくることが多いので、ホルモン変化がつわりの原因とする説が有力です。
しかし、医学的につわりの原因が解明されているわけではありません。

妊娠悪阻には段階があります

最初は軽いつわりから始まり、徐々に症状が悪化してきて妊娠悪阻の状態になっていきます。

妊娠悪阻の症状は、軽度の第1期から重症の第3期までの3段階にわけられます。

第1期(嘔吐期)

悪心(おしん)や嘔吐がひどく、食べられません。
悪心とは吐き気を感じたり、胸がムカムカする症状です。
胃の中に食べ物がないのに嘔吐するため、胃液や血液を吐いてしまいます。

食べられない、もしくは食べても吐いてしまうため、体重減少が起こってきます。

水分さえも取れないと、身体が脱水状態になるため、「口の中が乾く」「だるくて仕方がない」「頭痛やめまいがする」といった症状が出ます。

脱水状態のため、尿量が減り、尿中タンパクが陽性になります。
人によっては、便秘になることがあるようです。

第2期(腎障害期)

第1期の症状が悪化し、尿検査でケトン体が陽性になり、代謝異常による中毒症状として血圧低下が起こります。

食べ物、飲み物さえも受け付けないため、ママの身体は飢餓状態になってきます。
飢餓状態になると、人間の身体は蓄えられている脂肪を分解して生命を維持しようとします。

ケトン体は脂肪を分解する過程で作られる物質です。
ケトン体が尿中に出てくることで、飢餓状態になっていると診断されます。

第2期になると、入院が必要になることがあります。

第3期(脳障害期)

幻覚、幻聴、意識障害などの脳神経症状があらわれます。

ここまで重症になると、母体、胎児ともに危険な状態です。
妊婦を継続することで母体の生命に危険がおよぶと医師が判断した場合は、人口妊娠中絶をしなければならないケースが出てきます。

妊娠悪阻は急に第3期の症状があらわれるのではなく、第1期から第2期、第3期へと症状が重症化していきます。

しかし、早い段階で病院を受診し、医師の治療を受ければ大事に至らなくてすむケースがほとんどです。

こんなときは病院受診を

自分のつわりが生理的なものなのか妊娠悪阻なのか、判断に困るママもいることでしょう。
なかには、たかがつわりと楽観的に考えていて、妊娠悪阻の症状に気づいていない場合もあるようです。

以下のような症状がないかどうか確認してください。

  • 1日中嘔吐している、もしくは1日5回以上嘔吐する
  • 食べ物だけでなく、飲み物も口にできない
  • 急激な体重減少がみられる(数日で体重が5kgもしくは10%以上減っている)
  • 尿量(トイレの回数)が減り、尿の色が濃い
  • 日常生活に支障があるほど、つわりがひどい

どれかひとつでも当てはまる場合は、すぐに病院を受診してください
脱水状態になっている可能性があります。

明日にはよくなるだろうと我慢していると、妊娠悪阻の第2期へと進行する可能性があります。
さらに重症化し、第3期になると母体に危険がおよびます。

なるべく早い段階で医師の治療を受ければ、回復も早くなります

続けて、妊娠悪阻の治療についてみていきましょう。

妊娠悪阻の治療

軽症の場合は食事療法で改善することがありますが、通常は輸液治療がおこなわれます。

尿検査において、ケトン体が陽性の場合は、絶食(食べ物を与えない)状態にして、ブドウ糖の入った点滴をおこない、飢餓と脱水状態を改善させます。
点滴には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなども加えられます。

点滴治療は、尿中のケトン体が陰性になるまで入院して続けられます。
また、入院することで妊婦が安静に過ごせます。

薬剤による治療は、妊娠初期の胎児への悪影響が心配されるため、積極的にはおこなわれません。
しかし、あまりにも嘔吐がひどい場合は、吐き気止めの薬が投与されるケースがあります。
胎児に悪影響が起こらないことが確認されている吐き止めが使われますので、心配する必要はありません。

入院の期間は、妊娠悪阻の程度や輸液治療の効果によって変わってくるので、一概にはいえません。
数日で退院できる場合もあれば、数ヶ月間入院したというママもいます。

胎児への影響

基本的には胎児への影響はありません
妊娠初期の赤ちゃんは、母体に蓄えられている栄養でじゅうぶん成長できます。

妊娠悪阻の治療は胎児への悪影響がないようにおこなわれますので、心配はいりません。

ただし、妊娠悪阻が長引いたママから、低出生体重児が産まれたという報告がまれにあります。
赤ちゃんのためにも、妊娠悪阻の症状がみられたらすぐに医師の診察と、治療を受けましょう。

妊娠悪阻で入院した際の費用

つわりは病気ではないので保険は適応されませんが、妊娠悪阻は病気扱いになり保険が適応されるため、医療費の3割を支払います。

ただし、個室代などは適応されませんので、詳しいことは入院時に病院で確認してください。

入院期間が長引いて支払う治療費が高額になった場合は、高額療養費制度が適応されるケースがあります。

ご加入の保険者によって異なりますので、健康保険証に記載されている保険者に問い合わせてください。
国民健康保険の場合の問い合わせ先は、お住まいの市区町村です。

加入している生命保険があれば、入院費が負担されることがあります。
提出書類などは保険会社により異なりますので、加入している保険会社に詳細を確認しましょう。

おわりに

あまりにもつわりがひどいときは、「誰もが経験しているつわり、自分の我慢が足りないだけ」なんて決して思わないでください。

周囲や家族から「つわりで病院に行くの?」と言われることもあるかもしれません。
しかし、妊娠悪阻は放っておくと大変なことになる場合があります
周囲や家族が、妊娠悪阻についてよく知らないときは、病院に行く必要があることをきちんと伝えましょう。

妊娠悪阻は早い段階で治療を受ければ回復も早く、入院せずに治療できるケースがあります。
放置して第3期になり、取り返しがつかないということだけは避けてください。

ストレスなどの精神的な要因がつわり(妊娠悪阻)を悪化させる場合もあります。
入院することになっても自分を責めず、音楽を聴いたりして気分転換をはかりましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク